忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ Ⅶ.Golden Earrings ① ~

Ⅶ.Golden Earrings 
 

 昨日の仕事帰りに古書店で見つけ、朝から夢中になっていた
書物が切りのいいところまで来て、麗子は顔を上げた。目の前に
置かれた小さなデジタル時計を見ると、五時三分だった。
 背筋を伸ばし、本を閉じてボールペンのキャップを被せた。
そして立ち上がると後ろにあるクロゼットの扉を開き、中の
引き出しから何枚かの衣服を出して閉め、部屋を出た。

 浴室から出た麗子はバスタオルで髪を拭きながらキッチンへと
入ってきた。冷蔵庫からミネラル・ウォーターのボトルを出し、
食器乾燥機の中に一つだけ残っていたグラスに半分ほど注いで
一気に飲み干した。ふうっと一息つくとシンクにグラスを置き、
また髪を拭きながら出ていった。

 部屋に戻った麗子はまたさっきのクロゼットを開けて、今度は
ハンガーに掛かって並んでいる洋服の一つ一つを手早く見て
いった。そしてときどき気になったところで手を止める。彼女は
特別衣装持ちという訳ではなかったが、それでも五年近い
独り暮らしのあいだに、この造り付けの大きなクロゼットに
ほぼ一杯になっていたのだった。
 一通り眺め渡したところで、麗子は白い厚手のジャケットタイプの
ダブルのシャツと、くすんだピンク色の混ざったようなグレイの
前開きのロング・スカートを選んでベッドの上に広げた。それらを
しばらく眺めたあと、今度は引き出しから白いシルクのブラウスが
入ったケースと、焦げ茶、煉瓦色、桜色の三色のスカーフを
出してその横に並べた。
 入浴後に着ていたカットソーの上下を脱ぎ、麗子は並べた
衣服を身に着けた。
 最後にベルトを締め終え、クロゼットの扉内側にはめ込まれた
姿見で全身をチェックし、小声で「よし」と呟くと、乾いた髪を
手際よく後ろにかき集めながらドレッサーの前まで来た。
そして大きなヘアバンドでまとめると、今度は化粧を始めた。
 普段、仕事に行くときなどはたいていが時間に追われている
こともあって十五分もあれば仕上げられるのだが、今日は
そうしなかった。かと言って初めて化粧をする中学生でもないので
三十分以上も掛かるようなこともなかったが、それでも眉を
描いたりアイラインを引いたりするのは、いつも以上に
丹念な作業になった。
 やがてそれも終わると麗子は立ち上がり、ヘアバンドを外して
もう一度髪をまとめなおし、大きいけれど目立たない黒い髪留めを
つけた。そしてドレッサーの隣に置いたスリムチェストの一番上の
引き出しを開けて中のアクセサリーをがさごそと掻き回し始めた。
 そこから一組の大きなピアスを手に取った。飴細工のように
柔らかな曲線を描いた、少し重そうなゴールドのピアスだった。

 麗子はピアスを右の掌に乗せて、しばらくのあいだ見つめていた。

 それから一つ短い息を吐くと引き出しを閉じ、ドレッサーを覗いて
耳に付けた。
 さっきまで本を読んでいたデスクの前に行ってシガレット・ケースや
ライター、眼鏡ケースなどを大きめのバッグに入れ、腕時計を
はめながらもう一度ドレッサーで自分の姿を確認して、麗子は
ドアのそばのコートハンガーから白いコートを掴んで出ていった。
 階下に下りてそのまま玄関ホールに出るとスリッパを脱ぎ、
シューズボックスからスカートと同じ色の踵の低いパンプスを
出してきて履いた。そしてコートとバッグを持ち、バッグから
キーホルダーを取りだして外に出た。
 門を出て、一つ目の角を曲がったあたりで麗子は自分の
歩調が少し早くなっているのに気づいていた。腕時計を見ると
六時十五分だった。約束の時間まではあと四十五分だ。
それだけあれば、待ち合わせ場所まではゆっくり行ける。
それなのに彼女の足は、一時限目の講義に遅れそうになっている
ときのように速くなっていたのだった。

 なぜなら、今夜勝也に会うのは実に三週間ぶりだったからだ。
 


 今日に限って、勝也は約束の二十分も前に待ち合わせ場所に
やってきた。
 別に日頃の遅刻癖を反省した訳でも、早めに来て麗子を
驚かせてやろうと思った訳でもなかったが、彼は六時十分には
すでに西天満署を出て梅田に向かっていた。今日の昼になって
突然麗子を誘ったのは彼だったし、そんなときくらいは遅れずに
行った方がいいだろうと思ったのだ。
 この二週間あまり、管内で連続して三件も起こったOLだけを
狙った傷害事件の捜査本部に入ったせいで、連日帰宅時間が
深夜に及び、あるいは徹夜なんかもやったりして、勝也は少し
バテ気味になっていた。その犯人をおとといようやく逮捕する
ことができて、今朝の昼前、めでたく送検する運びとなり、
勝也は刑事部屋から麗子に電話して、今夜晴れて三週間
ぶりに彼女と会うことになったのだ。
 事件に関する仕事を切り上げたのは五時頃だった。そこで
勝也は残りの雑用を適当に片付けて、実に二週間ぶりに、
出勤したその日のうちに帰途に就くことができたのだった。

 勝也は今、HEPナビオの一階エレヴェーター付近に立ち、
出入口を行き来する人の流れを何気なく眺めていた。
 ここを待ち合わせ場所に選んだのは麗子で、彼女はこの
ビルの八階にある映画館で上映されている映画を観たいと
言ったのだ。勝也は、こんなに早く来れたのなら、麗子が
何の映画を観たいのか訊いておけば良かったと思った。
そうすれば、今のうちに上へ行ってチケットを買っておくことが
できるのに。映画などを観るのは本当に久しぶりだったし、
麗子の意向を無視してまで観たいと思うものもなかったので、
勝也はこのまま麗子が来るのを待つことにした。
 昼間の麗子との電話のあと、勝也は貴志に今夜ここで映画を
観ることを話した。映画好きで、女の子とのデートでもしょっちゅう
映画を観ている貴志は、このビルの劇場で今どんな映画を
上映しているのかを、あたかも自分の親兄弟の名前を教える
ようにすらすらと言ってのけた。そのほとんどが洋画だった。
 貴志は、「全部観たけど、どれもまあまあってとこだな」と
無感情に言い、最後に勝也をちらりと見て、「途中で眠っち
まわねえように気を付けろよ」
と忠告した。そのくらい、最近のロードショー映画には秀作が
少ないらしい。
 まあええわ、と勝也は思った。それより、そのあとどこへ
行くかや。食事をするにしても、映画の後だとそう遠くまで
足を運ぶ時間もない。どうしてもダイニング・バーのような
ところになるなと思いながら、勝也は行き交う人々の平和そうな
笑顔を見ていた。

「勝也」

 思いがけず名前を呼ばれて、勝也は振り返った。
 ゆとりのあるディスプレイが施されたショー・ウインドウの
ずっと向こうに、白いコートを腕に掛けて、バッグの紐を掴んだ
麗子が、急ぎ足で向かってくるところだった。いつも肩の上に
下ろしている栗色の髪を後ろにまとめて、めずらしくロング
スカートをはいている。そのせいか少し歩きにくそうだ。頬を
微かに紅潮させ、ちょっと息を切らせてもいる。全体から漂う
知的でエレガントな雰囲気は、決して大袈裟でも何でもなく、
フランス映画から抜け出てきたヒロインのようだ。勝也は
もうすでに一本の映画を観ているような錯覚を覚えた。

 ──この美人は、俺の長年に渡る親友だ。親友から、
今は恋人に代わりつつある。彼女は俺を必要としているし、
俺もそれ以上に彼女を大事に思っている。彼女は何て綺麗
なんだろう。俺は今、初めてそう思った。目で、心で、肌でそう
感じた。だから今俺は、彼女がそばに来たら、抱きしめたいと
思う。そうしたくてたまらない。なぜなら、彼女は俺を見て
あんなに美しく目を輝かせて、俺を見て、俺だけを見て、
ただまっすぐ歩いてくることだけに一生懸命になっている
からだ。もしかしたら、俺はものすごくラッキーな男なのかも
知れない──。

 勝也の前まで来た麗子は、肩を使って大きく息を吐き、
嬉しそうな笑みを浮かべながら言った。
「……早かったのね。めずらしいじゃない」
 勝也は何も言わずに麗子を見つめていた。穏やかな顔を
しているものの、妙に真面目くさった表情でただじっと見ている。
「勝也──?」と麗子は首を傾げた。「どうかしたの? また
事件?」
 突然、勝也は麗子の腕を取って引き寄せ、エレヴェーターの
脇へと連れていった。
「何? どうしたの?」
 勝也は答えなかった。そして彼女の両手を掴んで向き直り、
思い詰めたような顔でまっすぐに彼女の目を見て言った。
「──ええか、こんなこと、今しか言わへん。今思ったから、
一回だけ言う。そのあとにおまえに何か答えてもらおうなんて、
そんなことも思てへん。みんなに優柔不断やとさんざん
言われてる俺がはっきりと言うんやから、ちゃんと聞いとけよ。
笑わんとな」
 麗子は勝也のただならぬ勢いに驚いていた。そしてぐっと
息を呑むと、覚悟しましたとでも言うように勝也を見つめた。
「分かった。何でも言って」
「俺──」
 と、勝也は口を開くとぱっと下を向いた。麗子はむっとした
ように口を結んだ。
「もう、そうなっちゃ駄目なのよ。言いなさいよ」
「……俺、心底おまえに惚れてるよ」
「え?」
 勝也は顔を上げた。「おまえの気持ちが今どう揺らいで
いようと、俺はもうおまえ以外は考えられへん。俺は絶対に
おまえでないと嫌やからな」
「勝也──」
「そんな勝手なって言われても、ほんまにそうやねん。今、
それがはっきり分かったから、ちゃんと言うとく」
「……分かったわ」
 今度は麗子が俯いて、こくりと頷いた。

 


目次へ                           
The Golden Earrings ② 


 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

秋の夜長はラヴストリーですねえ

相思相愛、ますます深まりますねえ。

にいい読み物です。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/10/12 (10:23) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。

ハイ、見ている(?)こっちが恥ずかしくなるような盛り上がりでしょう?
これも若さでしょうね。周りなんて見えていない、視界の中は相手だけ。

身に覚え、おありですか?^^
  • from みはる :
  • 2009/10/12 (23:10)

盛り上がること

たくさんあります。急転直下の辛酸もたくさん舐めました。自慢ではありませんが、すべてふられました。ふったことはないです。(無意味な力説)
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/10/17 (08:36) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

ずいぶん昔になりますが、何かのドラマでとある兄弟が口喧嘩していて、
弟が「オレはフラれたことがない」と得意げに言ったのに対し、
兄が「そんなの自慢にならないよ」と言い返したのを見て、
「その通りだ」と思ったのを思い出します。
この台詞は深い。私はそう思っています。


  • from みはる :
  • 2009/10/18 (01:43)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]