忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ Ⅵ.Day By Day ② ~



 三日目。十時頃帰宅した勝也のところへ、今度は麗子から
電話が入った。
《お帰りなさい》
「よう分かったな。今帰ったばっかりやて」
《十五分ほど前にも掛けたの》
「留守電に入れといてくれたら、こっちから掛けたのに」
《特別な用件のない時にメッセージ入れるのって苦手なの》
「おまえらしいな」
《色気がないってことね》
「どうした? 機嫌が悪そうやな」
《……今日、嫌なことがあったわ》
「大学で?」
《あそこでしか嫌なことはないわ》
「仕事なんて、嫌なことの繰り返しや」
《ねえ。あんたは刑事を辞めたいって思ったことある?》
「毎日とは言わへんけど──しょっちゅうあるよ」
《きつい?》
「少なくとも大学の先生よりはキツイと思うで」
《そうよね。あたしったら、バカみたい》
「話してみろよ。何があった?」
《……うちの学部には、毎月、定例の教員会って言うのが
あるの。教授から
講師まで、講義を担当している全員が 出席することに
なってるんだけど、今日が今年度の最後の定例会だったのよ》
「うん」
 勝也は右足を強く曲げないように気遣いながらベッドに
横たわった。
《そこで、思いもかけないことを言われちゃったわ》
「何て?」

《会議の終わり頃に、ある助教が言い出したの。『先生方の
中には、実力以上の評価を受けて現在の地位に就かれている
ばかりに、それを死守しようと色仕掛けで学生たちの機嫌取りを
しておられる方がいらっしゃるようですが、これはゆゆしきこと
です』って》
「何やそれ?」勝也は思わず苦笑した。「おまえのことやって
言いたいんか?」
《直接あたしを名指しして言った訳じゃないけど──色仕掛け
なんて、女のあたしにしか当てはまらないことだわ。他はみんな
中年男だもの》
「それって、セクハラやないんか」
《微妙なところね》
「考えられへんな、教育者のくせに」
《しかも法律家よ》
「他の連中の反応は?」
《みんなただ黙ってあたしを見てたわ。中には変に納得した
ように頷いてたのもいたけど》
「それでおまえはどうした」
《何も言わないわ。呆れ返っちゃって、終わるとすぐに退席して
やったわよ》
「そこがまた気に入らんのと違うか。可愛げがないって」
《あんたはそう思うの?》
「いいや」
《確かに、あたしは学生たちに講義内容や人柄以外のところで
支持を得てるところがあるのは認めるわ。でも、一度だって
それを自分から売り物にしたことなんてないのよ、そんなこと
するはずないじゃない》
「先生方は知らんのやな。おまえが容姿で判断されるのを
極端に嫌ってるってことを」
《若いってことも、彼らには不満なんだろうけど》
 ここで麗子は言葉を切った。
《ただね。確かにあたしが講義を二つも受け持つには、時期
尚早で、しかも充分な実績を作ってないっていう懸念が
なかったとは言えないのよ》
「そうかな」
《分からないけど……》
 と麗子は溜め息を漏らした。《あんなこと言うくらいだったら、
最初から意地でもあたしの就任に反対すればよかったのよ。
それを今さら──》
「きっとおまえがちゃんとやってるから、余計に腹が立つんやろ。
ええ加減なことしてたら、もっと正面から批判してくるよ。
それこそ名指しで」
《何だか、一生懸命やってるのが馬鹿らしくなってきたわ》
「意外とそれが向こうの狙いなのかも知れんぞ」
《そうなのかしら》
「まあ、オヤジ連中のみっともないジェラシーやと思って、
聞き流すんやな」
《勝也は、自分がそんな目に遭ったことがないから、そんな風に
言えるのよ》
 麗子は不満げだった。
「それがそうでもないんや」
《どう言うこと?》
「キャリアや内勤の連中と違って、ずっと捜査畑でやって来た
現場の刑事は、巡査部長っていうたらたいがいが三十も半ばを
過ぎてるのが普通なんや」
《へぇ、そうなの。知らなかった》
「朝から晩まで仕事に明け暮れて、自分の時間なんてないからな。
二十代で昇格するのはまず難しいって言われてる」
《勝也は、いつ昇格したんだっけ?》
「府警に入って二年目。二十五歳の時」
《また特別早かったのね》
「新米のくせに、名目上はあくまで部長刑事や。課長も困ってたよ、
どう扱ったらええか」
《当然、みんなには妬まれるわけね》
「俺の場合は、親父がよそで署長やってたやろ。まずは七光りって
ことから言われた」
 勝也はその時のことを思い出しているかのように眉をひそめた。
「ひどいヤツなんか、親父を通じて試験問題の漏洩があったなんて
話をでっち上げて」
《勝也のお父さまが聞いたら、激怒されたでしょうね》
「おまえの場合と比較にならへんほど俺は実績ゼロやったから、
何を言われてもただ黙ってるしかなかった。早よ犯人を挙げて
やろうと思って、かえって空回りして」
 勝也は小さく笑った。「今考えたら、ずいぶん滅茶苦茶なこと
したよ。芹沢ともぶつかったし」
《今はどうなの?》
「いまだに言われてる。さすがに露骨な陰口は聞こえてきいひん
けど──ほら、去年中之島で会うた制服が『巡査部長』って
俺のことを呼んでたやろ。あれ、ただ階級で呼んだのと違うんや。
『あんたは刑事長やない』って意味で誰かが呼び始めたのが、
いつの間にかみんなに浸透してるんや」
《怒らないの?》
「もうそんな気も失せたよ。今ではうち班の先輩が代わりに
怒ってくれてるけど、俺は聞き流すことにしてる。だって、
巡査部長には違いないんやからな」
《いちいち憤慨してる暇もないってところね》
「ああ。それに俺は男やから、セクハラまがいの目に遭うことは
ないし。その点では助かってるよ」
《嫌味言われて、寝る暇を削って犯罪者を追いかけて、おまけに
大怪我までして。何だってそんなきつい仕事を選んじゃったの?》
「さあ、分からん」
《血統かしら、やっぱり》
「俺はそれを言われるのが嫌なんや。おまえが美人やって
言われるのを嫌うみたいに」
《……そうだったわね、ごめん》
「ええよ」

 麗子がずいぶん素直なので、勝也にはちょっと意外だった。
そして言った。
「普通の会社員になるのが嫌やったし、普通の公務員もつまらん
かったやろな。だって、普通のサラリーマンが、仕事絡みで会うた
初対面の相手に、十分後に殺されかけるなんてことは絶対に
ないやろ? 刺激的やと思わへんか?」
《何言ってるのよ?》
 と麗子は厳しい口調で言った。《冗談のつもり? だったら
相当ひどい出来ね》
「あれ、あかんか」
《当たり前でしょ。それでなくたって、あたしはあんたがまた
いつあんなことになりはしないかって、毎日気が気じゃなくて、
ハラハラしてるんだから》
「へえ……心配なんや」
《だから、当たり前でしょって言ってるじゃない》
「いつからそんなことを?」
《さっき言ったお巡りさんに会った日よ。あんた勤務中で拳銃を
持ってたでしょ。それを聞いたときから》
「そんなこと、今に始まったことやないのに」
《あのとき、弾は入ってなかったの?》
「ああ、たいがいは空砲や。けどこの前刺されてからは、場合に
よっては入れてるときもある」
《最近は、銃を使った犯罪が激増してるって言うけど……勝也の
管内でもそうなの?》
「もうええやないか。言うたらまた心配するんやろ?」
《明日にでも内勤に異動願いを出してって言うかも》
「そんなことするくらいやったら、それこそ普通のサラリーマンに
なってるよ」
《だったら、明日から毎日電話して》
「毎日?」勝也は思わず訊き返した。「そういうの、俺には無理って
知ってるやろ?」
《……そうだったわ》麗子は溜め息をついた。《じゃああたしが
掛けるわ。構わないでしょ?》
「ええよ」
《じゃ、もう切るわ。あんたのおかげで気持ちも晴れたし》
「うん」
《明日いつ電話が掛かってくるか、楽しみにしててね》
「まあ、な」
《じゃあね。おやすみなさい》
「おやすみ」
 そう言って勝也が受話器を戻そうとしたとき、向こうで麗子が
彼を呼ぶ声が聞こえた。
《あ、勝也》
「え?」
 勝也は再び受話器を耳に当てた。
《あのね、あたし──》
「うん」
《この頃、よく分かってきたの。やっぱりあたしにはあんたしか
いないってことが》
「そうか」

 ──俺には最初から分かってたよ。勝也は心の中でちょっと
得意になった。


目次へ                                     
Day By Day ③ 

 


 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

 できる人たちもそれなりに苦労している。エリートな主人とたちが嫌みに感じなくなり、共感するようになってきます。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/10/01 (06:23) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。

私自身、完璧な人間というのがどうも好きになれなくて、
それは小説の主人公でも同じなので、
自作の小説でも登場人物にはどこかしら欠点(コンプレックス)を
抱かせるようにしています。
麗子のコンプレックスは、贅沢と言ってしまえばそれまでだけれど、
彼女なりにずっと葛藤してきたことでもあるので、
少しでも共感してもらえるように書いているつもりです。

今後も見守ってやってくだされば幸いです。
  • from みはる :
  • 2009/10/03 (01:36)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]