忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ Ⅴ.Does Your Heart Beat For Me ③ ~



 そのあと二人は市内の宝ヶ池(たからがいけ)から岩倉(いわくら)の
あたりを車で回り、さらには雪のちらつく鞍馬(くらま)まで足を
伸ばした。それから戻ってきて北山(きたやま)で食事をしたあと、
少しだけ夜の京都を歩いて、大阪に戻ってきたのは夜の十時を
半時間近く回った頃だった。

「寄って行けよ」
 アパートの玄関先に車を寄せ、サイド・ブレーキを上げただけで
エンジンを切らずにいる麗子に勝也は言った。
「明日も仕事でしょ?」と麗子は作り笑いを浮かべた。「もう遅いし」
 勝也はじっと麗子を見つめていたが、やがて苦笑いをしながら
俯き、そしてすぐに顔を上げた。
「用心深いな」
「別に──」
 麗子の視線はフロントガラスの向こうを見ていた。不安のような
期待のような、何とも複雑な戸惑いの気配を漂わせていた。
「ええよ、無理せんでも」と勝也はドアを開けた。
「無理してないわ」
 そう言うと麗子はエンジンを切った。「じゃあ……ほんとに
遅くなるといけないから、少しだけ」


 部屋に入ると勝也はキッチンのシンクで手と顔を洗い、
冷蔵庫からコーヒー豆とミネラル・ウォーターを取り出して
コーヒーを入れ始めた。麗子はしばらくぼんやりと立ち尽くして
いたが、やがてリビングのロー・テーブルの前に腰を 下ろすと、
バッグから煙草を取り出した。
「酔い醒ましにコーヒーがいいって言うの、あれはでまかせ
だって知ってた?」
 麗子が言った。
「そうやろうな。気分的なもんやろ」
「一時的にはしゃきっとするかも知れないけど、それで酔いが
醒めるなんてことはないものね」
「俺はあかんな、コーヒーくらいでは」
 勝也はカウンターを回って出てきた。他愛もない話は
それ以上は続かず、かと言って何も言わずに麗子の隣に
座る勇気もない彼は、その場で突っ立っているだけだった。
 煙草に火を点けようとしていた麗子が勝也を見上げた。
「どうしたの?」
「いや……」
「まさか、煙草を吸う女が嫌いって訳じゃないわよね?」
「今さらおまえにそんな馬鹿げた注文せぇへん」
 麗子はにっこりと笑った。「あんたといると安心。何を気取る
必要もないんだもの」
 勝也は笑わなかった。諦め顔で溜め息をつき、小さく首を
傾げた。そして重い足取りで麗子のそばまで来ると、足を
かばいながらゆっくりと腰を下ろして彼女を見つめた。
「あんまり嬉しくないな」
「……そうよね。ごめんなさい」
 麗子は頷きながら煙草を元に戻した。そして悪戯を咎め
られている子供のように頼りなさげな表情で勝也を見上げると、
瞳の端に微かな憂いをたたえて微笑んだ。
 おいおい、まいったなと勝也は思った。そんな顔で見つめ
られると俺は──。
 勝也は麗子の背中にそっと手を添え、少し首を傾けて
ゆっくりと顔を近づけた。
 唇が重なると、麗子も勝也の腕に手を掛けて、そのまま
肩まで辿らせていった。
 同時に勝也の手が麗子の腰に伸びて、彼女の身体は彼に
引き寄せられた。
 長かった最初のときよりもまだ長い、二度目のキスだった。

 やがて顔を離した二人は微笑み合った。麗子は恥ずかしそうに
俯いて、勝也はその額にキスをした。
「帰らなきゃ……」
「何で? 今来たばっかりやないか」勝也は麗子の耳元で囁いた。
「もう遅いわ」
「来たときから、遅かった」
 そう言うと勝也は麗子の首筋に唇を寄せた。 「……泊まって
行けよ」

 勝也に強く抱きすくめられて、麗子は身動きができなかった。
彼は思ったよりキスや抱擁がうまく、麗子は思わずすべてを
委ねそうになった。今や恋人同志である二人にとって、それは
ごく自然な流れだった。しかし──
「勝也」
 麗子がそう言い終わるか終わらないかのうちに、勝也の
右手が彼女のジャケットの襟元に入って来て、ブラウスの
ボタンを外し始めた。
「ねえ、待って──」
「嫌や」
 勝也は短く言うともう一度麗子の唇を塞いだ。ボタンを外して
いた手はさらに中へと入り、キャミソールの上から麗子の
柔らかな胸に触れた。
 麗子は全身を硬直させた。今はどうしても駄目だったのだ。

「──お願い、やめて」
 麗子の哀しい声で勝也の手が止まった。そしてゆっくりと
彼女の身体から離れ、彼の膝の上に落ちた。
「ごめんさない……」
 麗子は胸元をかき寄せた。
「いや、俺が悪いよ」
「この期に及んで、何を今さらって思ってるでしょ。初めてでも
ないのにって」
「そんな言い方するなよ」
「もったいつけてるんじゃないのよ。ましてあんたが嫌なわけでも
決してないの。ただ──」
「ただ?」
「何だかあたし……まだこだわってるみたいなの」
「前の相手か?」
 勝也は初めて麗子の前の男のことを口にした。
「分からない──ううん、違うと思う」
「……真澄のことやな」勝也は溜め息をついた。
「そうかも知れないわ。でも、はっきり分からないのよ。本当に」
 麗子はすがるように勝也を見つめた。「ねえ、分かって。
あたし、あんたのことは本当に大事にしていきたいのよ。
勝手な話かも知れないけど、ちゃんと気持ちが向いてないのに
簡単に進めたくないの。そうでないと、また簡単にこわれ
ちゃいそうで──」
「何か言い訳がましいな」と勝也は苦笑した。
「そう思われても仕方がないわ。でも、勝也と初めてそうなる
ときのこと、あたしずっと覚えておきたいから」
「麗子……」
「そうでしょ? やっぱり」
「ああ、そうやな」
 勝也の言葉に、麗子は目を閉じて頷いた。

「なあ麗子」
「何?」
 勝也は意味ありげににやにや笑い、落ち着いた声で言った。
「おまえ、思ったよりオッパイ小さいな」
「もう!」
 麗子はぱっと顔を赤らめ、両手で拳をつくって振り上げた。
勝也はくすくすと笑いながらその手を受け止めると、静かに
自分の膝の上に下ろして麗子を見つめた。
 麗子は目頭が熱くなるのを感じて俯き、ゆっくりと勝也の胸に
身体を預けた。

 


目次 へ                                
Day By Day ① 

 

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

小さいな

「おまえ、思ったよりオッパイ小さいな」

 ──私は絵もかきますが、〈そちら〉のほうが巨乳より美しいと思います。家内をモデルとした創作意欲がわかずに自作小説に専念できます。妻に感謝。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/09/29 (06:10) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。

サイズ、カタチ、それぞれ好みがあるのでしょうけど。
麗子はスタイル抜群だけれど、どうしても巨乳のイメージはなくて、
必然的にこういう表現になってしまいました。
  • from みはる :
  • 2009/09/29 (22:53)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]