忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ Ⅴ.Does Your Heart Beat For Me ① ~

 
Ⅴ.Does Your Heart Beat For Me
 

 それから十日ほどが経った。
 麗子の大学では学年末試験の開始を一週間後に控え、
どの学部でも休講となる講義が目立ち始めていた。
 しかし麗子の担当する二科目の講義は違った。昨年の
十一月に彼女が体調を崩して二週間も休んでしまったため、
最初の講義予定からはずいぶん遅れをとっていたのだ。
麗子はカリキュラムを変更し、それでも無理がある場合は
学生たちのひんしゅくを買うのを承知で補講を開いた。
 そしてそのおかげで何とか予定を修了することができて、
あとは試験問題の作成を残すだけとなった。麗子は肩の荷が
どっと音を立てて下りるのを感じた。
 自分としたことが何とも目測誤りだと、彼女はこのとき深く
反省した。

 この日の午後、朝からの最後の講義を終えた麗子は、
夜勤明けでアパートにいるはずの勝也を訪ねた。先に大学の
研究室から電話を掛けたが、勝也は一度寝るとなかなか目を
覚まさないという習性があったので電話には出なかった。
(彼の職業を考えた場合、そんなことでいいのだろうかという
不安は拭えないが)
 麗子は諦め、そのまま車を飛ばして彼のアパートへやって来た。
そして今度は根気よくチャイムを鳴らし続け、その甲斐あって
五分ほどするとようやく部屋の中からドア・チェーンの外される
音を聞けたのだった。


「あれ──」
 案の定、勝也は寝起きの状態だった。いつもは整髪料を
使って整えている髪がばさばさと広がって、童顔をますます
幼く見せていた。
パジャマ代わりと思われる長袖のボーダーシャツにグレイの
スウェット姿で、素足だった。
 そして眩しそうに片目を閉じて麗子をぼんやりと見つめた
かと思うと、その顔に微かな笑みが広がった。
「お待たせされちゃったわ」
 麗子も笑顔で言った。勝也の顔を見ると、ごく自然にほっと
するのだった。
「……何か約束してたっけ……?」
「……呆れた。約束があったかどうかも自信がないの? 
それでよく社会人が勤まってるわね」
「悪い。謝るよ」勝也は小さく舌打ちした。
「やだ──ほんとなの?」
「せやから謝るって。すぐに支度するから、ちょっと待ってて
くれよ」
 そう言うと勝也は廊下を戻り掛けた。
「勝也、ねえったら」
「うん?」勝也は振り返った。
「……違うのよ」麗子は溜め息混じりで言った。「あたしが
勝手に来たの」
「何や……」
 勝也も溜め息をついたが、すぐに真顔になって麗子を
見つめた。
「何かあったんか?」
「別に。何もないと、来ちゃ駄目なの?」
「いいや。仕事が忙しいんやと思ってたから」
「とりあえずは一段落着いたの。それで──」
「それで?」
「それでまあ──ね?」
「ちゃんと言えよ」勝也はにやりと笑った。
「ちょっと顔が見たくなったから……」
「ほなもう見たやろ。じゃあな」
 そして勝也は今度は本当に廊下を奥へと向かった。
「ちょっともう──からかわないでよ」
「分かってるって。着替えるから、上がって待ってろよ」
 勝也は麗子に背を向けたまま言うと、すぐ先の洗面所に
姿を消した。麗子はやれやれとばかりに肩をすくめ、部屋に
上がった。

 勝也が寝室となっている部屋で着替えているあいだ、麗子は
キッチンのカウンターの前で分厚い書物を開いていた。
 ときどき顔を上げて閉まっている和室の引き戸を見たが、
当然、中の気配は伺い知ることはできなかった。そして彼女は
もちろん、その戸を開けるようなこともしなかった。すぐに視線を
戻すと、やがてその本に没頭し始めた。

「──ドイツ法か」
 頭の上で声がして、麗子は驚いて顔を上げた。オフホワイトの
セーターとオリーヴ・カラーのパンツ姿に着替えた勝也がいつの
間にか部屋から出てきていたのに気づかなかったのだ。
「ええそうよ」と麗子はにっこりと笑った。「よく分かったわね」
「おまえの専門がそうなんやろ。俺は今頃見ても分からんよ」
「昔だってよく分かってなかったものね。試験前になったら、
いつもあたしが模範解答を作らされてたわ。論文だってそうよ」
「ゼミの先生にはバレてたな。『鍋島がこんな素晴らしい論文を
書けるはずがない』なんて」
 勝也は懐かしそうに笑って言った。「卒業できたのはおまえの
おかげや」
 麗子も懐かしそうに微笑むと、本を閉じて頬杖を突いた。
「ねえ、京都へ行ってみない?」
「今からか?」
「大丈夫よ。車で来てるから」
「らしくないな。ノスタルジーに浸ろうなんて」
「人を冷血人間みたいに言わないでよ」
 そう言いながらも麗子は微笑んだ。

 

目次 へ                       
Does Your Heart Beat For Me ② へ

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

 「きちゃった」という麗子嬢がかわいい。模範解答、卒論までやってくれた。女神様のようなお方です。
 ──けれど勝也氏が尻にしかれるように思えるのは私だけでありましょうか。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/09/27 (15:58) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。
カカア天下か亭主関白か、この二人はどちらのタイプなんでしょう?
というか、どちらがしっくりくるのかな?
カカア天下になるには、麗子はそこまでの仕切り体質ではないようです。
かと言って亭主関白はまずあり得ない。
でも本当は、尻に敷かれると楽だと思いますよ^^
  • from みはる :
  • 2009/09/29 (01:06)

尻に敷かれるということは

はい、尻に敷かれるのは楽です。(笑)
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/09/29 (05:56) :
  • Edit :
  • Res

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]