忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ Ⅲ.I Can't Get Started  ② ~

 とにかく麗子と勝也はつい一週間前まで、長い間の親友
には違いなかった。
 そして実はもう一人、彼らの親友と呼ぶべき人物がいる。
 萩原豊(はぎわらゆたか)だ。
 豊も大学の同級生で、そもそも勝也とは入学して最初の
講義で席を隣り合わせたときからの仲だった。二人とも
一浪しており、しかも他に受験して落とされた大学も同じ
だったのですぐに意気投合し、それからは遊びでも講義でも
たいてい一緒に行動していた。
 麗子はいわゆる帰国子女だった。数学者の父親の都合で
アメリカ東部のボストンに生まれ、十八歳までをそこで過ごした。
 そして九年前の夏、高校を卒業した彼女は両親とともに
帰国し、九月から京都にある私立大学の法学部に編入学した。
 その時の基礎演習のクラスで一緒だったのが勝也と豊で、
二人は麗子があまりにも綺麗なのに感激し、早速クラス幹事の
立場を利用して彼女に近づいた。しかし結果はごらんの通り。
麗子がその容姿からはかけ離れて色気のない性格だったのが
その主な原因だっが、豊は後に妻となる女性とつき合っていたし、
勝也にも彼女らしき相手がいた。麗子も学問に夢中でボーイ
フレンドどころではなく、他の男子学生も彼女のことを高嶺の
花だと思っていたので、麗子には特別な相手はいなかった。
 卒業して三人の進路は分かれたが、彼らはその後も変わらず
つき合っている。

 そしてこの日──暮れも押し迫った十二月二十九日──の
午後、麗子は興和(こうわ)銀行本店営業部に電話を入れ、
貸付二課の萩原係長を呼び出したのだった。


「──麗子おまえ、この二日間が銀行にとってどんな日か
分かってんのか?」
 銀行の筋向かいのビルの地下にある喫茶店で、豊は席に
着くなり目の前の麗子に言った。
 卵型の顔の中で最も印象的なのはその伏し目がちの
二重の目で、長い睫毛の間から茶色がかった瞳を覗かせて
いた。太くはないが凛々しい眉がこめかみに向かって伸びて
いる。銀行員らしいかっちりとした濃いグレーのスーツに
糊の利いたシャツを着て、落ち着いた柄のネクタイを締めていた。
 どこから見ても典型的なホワイト・カラーの好青年だったが、
実際の性格はさほど爽やかではない。繊細で、寂しがり屋で、
頑固なくせに気紛れで、そしてちょっとナルシスト。扱いにくい
末っ子タイプのこの青年は、しかしながら自身の離婚と、
それを巡るさまざまな苦い経験によって今やそれなりに逞しく
成長していた。

「ごめんごめん、でも少しくらいいいでしょ?」
 麗子は小さく肩をすくめ、悪戯っぽい目で豊を見た。
「二十──いや十五分やな」
 豊はシャツのポケットから煙草を出しながら腕時計を見つめ、
低い声で言った。
「三時までに片付けなあかん仕事が山ほど残ってるんや」
「構わないわ」麗子は真面目な顔で頷いた。
 麗子の深刻な様子を見て、豊も真顔になった。「──で、何や」
「実は……勝也のことなんだけど」
「鍋島のこと?」豊は灰皿から顔を上げた。「あいつ、また
怪我でもしたか?」
「ううん、違う違う」
 そこへ豊の注文したエスプレッソが運ばれてきて、二人は
ウェイトレスが立ち去るまで黙っていた。

「──あ、分かった」
 豊はひらめいたような表情をした。「あいつと真澄ちゃんの
ことやろ?」
「ええ、まあ……」
 麗子は豊から視線を外した。真澄の名前を口にされると、
つい胸が痛んだ。
「あいつ、真澄ちゃんとは駄目やったんやろ?」
「知ってるの?」麗子は驚いて豊を見た。
「知らんよ何も。でも、だいたい分かってたから」
  豊はカップを置いた。「俺は、あいつには真澄ちゃんは
向いてへんと思てたんや」
「そう……」
「おまえ、余計な世話焼くなよ」
「えっ?」
「おまえの立場や性格からして、どうしても口出ししとうなる
のは分かってるけどな。これはあいつの問題なんや。それを
おまえがあれこれ言うのは違うぞ」
 豊は諭すように言った。「真澄ちゃんに対しても、そっと
しといてやるのが一番やと思うで」
「それは分かってるわ。でも──」
 麗子は上目遣いで豊を見た。「だけど今度はほんとに、
あたしが黙ってるわけには行かなくなったのよ」
「何で」
「イヴの夜、勝也があたしのところへ来たの。真澄に本当の
気持ちを言ったって」
「あとでおまえが知ったら怒ると思たんと違うか」
「ううん、そうじゃなくて──」
「やめとけって、あれこれお節介してやるな」
「お節介とか、そういうのじゃないのよ」
「ええから放っとけって。こういうデリケートな話は、第三者が
首を突っ込んでもロクなことにはならへんのやから。どんなに
時間が掛かっても、当人たちが乗り越えるべき種類の問題
なんやって」
「ねえ豊、ちょっとあたしの話を聞いて」
「──あ、悪いな。タイムリミットや」豊は時計を見た。
「ええ、もう? それはないんじゃない? 十分も経ってない
わよ」
「そんなこと言うたって、こんな日に呼び出すおまえが
間違ってるんや」
 豊は煙草をスーツのポケットに押し込んだ。「課長に嫌味
言われるのは俺なんやからな」
「まだなにも話してないのに──」
「続きは今度聞くよ。ほら、正月にまた飲み会やろうって
言うてたやろ。何日やったっけ?」
「その時じゃ遅いのよ」
  麗子は立ち上がる豊をすがるような目で追った。
「じゃ、今夜にでも電話くれよ。十時過ぎやったら帰ってると
思うし。もっと遅くなっても、携帯に掛けてくれたらええから」
 そう言って豊はテーブルのレシートを掴み、顔の前に左手を
立てて片目を閉じた。「悪いな」

 レジで精算を済ませ、急ぎ足で店を出ていく豊を見送りながら、
麗子は深く溜め息をとついて椅子の背に身体を倒した。そして
腹立たしげに腕を組み、うんざりしたように首を振った。
「……自己嫌悪だわ」

 その夜、約束通り麗子は十時過ぎにまず豊の自宅に電話を
掛けた。案の定彼はまだ帰っていなかった。彼の母親が
応対に出て、息子が帰ったら遅くても差し支えなければ電話を
させますと言ってくれた。

「──麗子さん、またうちにも遊びに来てね」

 と言う、九年前から変わることのない優しい豊の母親の
言葉に麗子は思わず笑みを漏らし、豊さんが戻られたら
今夜はきっとお疲れだろうし、また時間も遅いので後日
改めて連絡すると伝えて欲しいと言って受話器を置いた。
 ぼんやりと電話を見つめながら、あたしは何をやってるん
だろうと麗子は思った。 


目次  へ                                                
I Can't Get Started ③ 



 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

勝手な憶測――
萩原豊氏の登場、三角関係パーターンには(……ならないだろうなあ)
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2009/09/21 (16:53) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

またまたありがとうございます。

うーん、さすがにこの三人では・・・さてどうでしょうか?
  • from みはる :
  • 2009/09/21 (20:41)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]