忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【Notes】 ~ 読書・映画・音楽日記 ~


~ 映画2本、小説2作、CD2枚、ライヴ1本 ~


突然ですが~

ブログを立ち上げて二ヶ月とちょっと。

その間にも、趣味の音楽&映画鑑賞、本読みなどは合間を見て
ちょこちょこっとやっておりました。

大した意味はないのですが、それをここでちょいと紹介してみたいと思います。
っていうか、自分のための覚え書きみたいなもんです。


 …MOVIE  …CD LIVE  NOVEL

 3/1(木)     『ドリームガールズ(DREAMGIRLS)』   公式サイト
           2006年 アメリカ  UIP映画 
           監督・脚本 : ビル・コンドン 
           出演 : ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、 
               エディ・マーフィー、ジェニファー・ハドソン
 人気ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。
 ひさびさにハリウッドらしい映画を観た、って感じでした。
 ダイアナ・ロスたちはこんな感じでスターダムに上がって行った
 のか~と興味深く観れたし、女性たちの圧倒的な歌唱力
 にも感動しました。
 ジェニファー・ハドソンは、何やったら主演ちゃうのん、とすら
 思うほどええ役でした。
 エディ・マーフィーもひさびさに観たが、あの手のエンターテイメント
 作品ではさすがの器用さが出てた。ビヨンセも最後の方はダイアナ・
 ロスに激似。              
 『ジャクソン5』らしきグループもちょいとだけ出て来てご愛嬌、って
 とこでした。
 この頃のマイケルさんは可愛いかったやろに…。        
           
 4/11(水)   『DREAMGIRLS』 
           オリジナル・サウンドトラック  ソニーミュージック
 映画でのパワフルなボーカルがまた聴きたくて、思わず購入。
 ドルビーサウンドには及ばないものの、やっぱりあの歌の
 巧さには う~んと唸らせてもらいました。  
           
              『東京にもあったんだ/無敵のキミ』
           福山 雅治  ユニバーサル
 通算22枚目のシングル。
 映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の主題歌と、
 コーセー化粧品「KOSE ESPRIQUE PRECIOUS」のCMソング。
         
 4/14(土)  『FUKUYAMA MASAHARU 
          WE'RE BROS. TOUR 2007 ~17 nen mono~』
 
            (於:愛媛武道館)
 2/3(土)の大阪公演(於:大阪城ホール)に次いで、今ツアー
 二度目の参戦。 
 なぜ愛媛まで行ったかというと、足かけ四ヶ月にわたるツアーの  
 最終地だったからです。ファイナル、っちゅうやつですな。
 それから、大切な大切な友達に会うためと。
 感想については、あえて何も申しますまい。
 ただただ、胸を焦がし、目頭を熱くしてみつめておりました。
          
 4/16(月)  『幻夜』
           東野 圭吾
                       集英社文庫
 『白夜行』もそうだったけれど、かなりのボリューム(文庫で779P)
 であるにもかかわらず、一気に読ませる力には脱帽です。
 物語のきっかけとなった阪神・淡路大震災では、友人や知人の多くが
 被災し、私自身も実際に今まで経験したことのない大きな揺れに
 怯えたので、あの頃を思い出し、きっと極限状態の人間にはどんな
 ことでも起こりうるのだろう、と考えたり……。
  
 4/30(月)  『片想い』
           東野 圭吾
                       文春文庫
 性同一性障害、同性愛、真性半陰陽……
 私のような凡人にはおよそ想像しがたい、そしてまとまった見解を
 持つのは極めて難しい問題を扱いつつ、謎解きもたっぷりと楽しませて
 くれる秀作。これもまた一気に読みました。
  
 5/1(火)   『バベル(BABEL)』  公式サイト
            2006年 アメリカ  ギャガ・コミュニケーションズ
                   監督 : アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
             出演 : ブラット・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、
                 菊池凛子、ガエル・ガルシア・ベルナル
 ストーリーはさほど複雑でも難しくもなく、どっちかって言うと
 簡単だけど、なかなか考えさせられるテーマでした。
 でも『重い…』っちゅうほどでもなく、『複雑…』でもない。
 見どころはやはり菊地さんの体当たりの演技です。言葉を発しないで
 感情を表現する場面がほとんどだし、手話はもちろんオールヌード
 までもと、ホンマに頑張ってはりました。
 オスカーは逃したけど、存在感はバッチリです。
 でもハリウッド的には『ドリームガールズ』の方がウケたんやなぁってのも
 よく分かった。やっぱり、アメリカ人は哲学的なテーマよりも、何しろ
 単純明解なのが好きなのね。




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

ブログ王ランキング

 

 



 

拍手[0回]

PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]