忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2011 THE LIVE BANG !!

ライヴレポートというほどのものではなく、覚え書き程度に。
参加するごとに、書き加えていきます。

  ←特設サイトにジャンプ!


★2/24(木) 大阪城ホール

なんと言っても初日。ファンクラブ先行では落選し、
なかなか手に入らなかったチケットでしたが、実に6度目くらいの
トライでやっとゲット。こんなにギリギリで手に入れられたのも
初めてでした。これも龍馬伝効果か^^;
全国から駆けつけたファン友。久しぶりにお顔を見ることが出来て、
これもまたツアーの楽しみです。
初日特有の、少しの緊張感と、たくさんの喜びがマシャを包んで
いたように思います。
同じように、本格的に音楽の世界に戻って来てくれたことの、
私たちファンの喜びも会場いっぱいに爆発してました。

そして、なんと言ってもこの日の特記事項は、この日だけの
特別ゲストの登場。
ドラえもんとしずかちゃんです。
ご存じの方も多いでしょうが、
「映画 ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ天使たち~」に、
しずかちゃんあこがれのスター福山雅秋役の声優に抜擢された
ご縁で、ドラえもんとしずかちゃんが駆けつけてくれたのでした。




セットリストを紹介しておきます(注:ネタバレ)

セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!
05) 18~eighteen~
06) あの夏も海も空も
07) 蛍
08) 石塊のプライド
09) 幸福論
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~
13) Marcy's Song
14) 逃げられない
15) Revolution//Evolution
16) GANG★
17) HARD RAIN
18) RED×BLUE
19) 化身
20) 少年

Encore:
心color~a song for the wonderful year~
明日の☆SHOW


★3/5(土),6(日) 和歌山ビッグホエール

自宅から会場まで、片道3時間弱の往復を2日続けるのは
正直きつかったですが(おまけに主人が土日とも仕事で
私も朝5時半起き)、その苦労を吹き飛ばしてくれるほどの
パフォーマンスに魅了されてきました。
席も2日間とも文句なしの良席で、マシャが5M~10Mの
近さにまで来て歌ってくれることしばしば。相変わらずの
かっこよさは、もちろん一週間前からずっと続いてました^^

それにしても今回のツアーでは、たっぷりギターを聴かせてくれます。
一般的には女性受けする甘いラヴ・バラードを歌う歌手、
と言うイメージで通っているようですが、
私には世界一かっこいいギター弾きです。

セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!
05) HELLO
06) 明日の☆SHOW
07) 蛍
08) 石塊のプライド
09) 幸福論
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~
13) Marcy's Song
14) 逃げられない
15) HARD RAIN
16) Revolution//Evolution
17) GANG★
18) RED×BLUE
19) 化身
20) 少年

Encore:
追憶の雨の中
心color~a song for the wonderful year~
道標(3/5)、桜坂(3/6)



★3/12(土) 広島グリーンアリーナ(中止)

東北地方太平洋沖地震による被害状況を考慮し、延期となりました。
振替え公演は、9/10(土)の予定です。

何より、今は少しでも多くの方の無事が確認されること、被害状況の
把握と被災者の方々の安全の確保、被災地の一日も早い復興を
祈るばかりです。


それから約一ヶ月・・・休止していたツアーも、先週の三重公演より
再開です。

 


★4/23(土) 名古屋・日本ガイシホール

交通費はもちろん高いけど、大阪城ホールに行くのと
ほとんど変わらない時間で行き帰りできたので、便利でした^^
今回は震災後再開された会場から設けられたチャリティー席・
東日本応援シート(その収益が寄付される)と名付けられた席で、
ステージ後方からのマシャでしたが、メインステージまで20m弱
というところでした。
だからマシャが後ろを向いたらきっちり見えました。
後ろにも花道があったので、マシャがそこを通ってきたら10m
くらいだし、目が合ったと思い込むのも可能です^^;
あと、後ろから会場全体が見渡せるので、観客のほぼ全員が
同じ動きをするのはなかなかの見応えでした。

昨日からテレビでO.A.になっている、ゼクシィ(リクルート)のCM曲
「家族になろうよ」が加わった分、
私の好きな曲がカットされてて、ちょっと残念でした。
でも新曲は確かに良い曲で、『依頼を受けたら確実にその期待に
応える』という、こういうタイアップワークに慣れてるだけある、
さすがの仕事師ぶりです^^


次回は6月の静岡公演に参加の予定でーす^^


セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!
05) HELLO
06) 明日の☆SHOW
07) 蛍
08) 美しき花
09) 幸福論
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~
13) Marcy's Song
14) HARD RAIN
15) Revolution//Evolution
16) GANG★
17) RED×BLUE
18) 化身
19) 少年
20) 心color~a song for the wonderful year~

Encore:
家族になろうよ(新曲)
追憶の雨の中
最愛


★6/11(土),12(日) 静岡エコパアリーナ

浜松からJRの在来線に乗り継いで約20分。
愛野駅で下車して徒歩15分の自然豊かな環境に、
エコパアリーナがあります。隣のエコパスタジアムは
ジュビロ磐田の試合が開催される、それはそれは
立派な競技場です。
さすがはサッカー王国。京都サンガのホームグラウンドとは
規模が違うような気がしました。

そのエコパアリーナに、前回の「道標」ツアー以来、
二年ぶりにやってきました。

二日ともスタンドのやや後方の席でしたが、どちらも花道の
延長上の位置で、マシャが花道にやってくると
表情がよく分かりました。

セットリストも少し土曜と日曜で変わって、二倍楽しめました。


次回は二週間後、徳島公演に参加の予定です。


セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!
05) HELLO
06) 明日の☆SHOW
07) 蛍
08) 蜜柑色の夏休み(6/11)、18-eighteen-(6/12)
09) 幸福論
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~
13) HARD RAIN
14) 逃げられない
15) Revolution//Evolution
16) GANG★
17) RED×BLUE
18) 化身
19) 少年
20) 心color~a song for the wonderful year~

Encore:
家族になろうよ(新曲)
追憶の雨の中
最愛(6/11)、道標(6/12)



★6/25(土)、26(日) アスティとくしま

とにかく狭い。だからマシャが近い。
マシャも「ライヴハウスみたい」と、身近に迫る(?)観客に
ちょっとわくわくしてたかな?

久々のファンクラブ枠チケットで、従って二日とも良席でした。
特に日曜日は花道の真下。メインステージにも近く、
終始マシャの表情が肉眼でしっかり見えました。
花道に来たときはもう、ただただ呆然と見惚れるのみ。

そして、もう失神ものの「お手振り」ゲットです!!!
にっこり微笑んで手を振るマシャ…まさに「王子様」 *^^*


最近「顔がちょっとふっくらしてきたかな?さすがに年齢には
勝てないか…」
と思ったりもしていたのですが、何の何の、かっこよすぎです!!


地元の阿波踊り保存会の方々総勢30名(AWD30と呼ばれて
ました^^)の阿波踊りも、
ステージに華やかさを添えてくださり、熱いステージがさらに
盛り上がりました。


次は一ヶ月後、地元関西の追加公演・大阪城ホールに
参加の予定です。


セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!

   ~阿波踊り~ 

05) HELLO
06) 明日の☆SHOW
07) 蛍
08) 蜜柑色の夏休み(6/25)、18-eighteen-(6/26)
09) 幸福論
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~
13) HARD RAIN
14) 逃げられない
15) Revolution//Evolution
16) GANG★
17) RED×BLUE
18) 化身
19) 少年
20) 心color~a song for the wonderful year~

Encore:
家族になろうよ(新曲)
追憶の雨の中
道標(6/25)、最愛(6/26)




★7/27(水)、28(木)、30(土)、31(日)  大阪城ホール


いよいよ来ました。地元関西での追加公演4days。
京都から一時間ちょっとで行けるものの、4往復はさすがに疲れが……。

だけど、その疲れも達成感の一部に代えてくれるほどの、見事な
パフォーマンスでした。

初日と2日目はwowowの3D収録が行われたため、3Dならではの
賑やかな演出が楽しかったです。ちょっと気が散った時もあったけど。

週末の二日間はDVDの収録。
「あなたも映るんですよ~!」とマシャが連呼してましたが、そこを
念押しされなくても十分に盛り上がりましたよ ^^
しかも新曲まで発表してくれて。ノリのいい、またしてもマシャの
かっこよさが存分に堪能できる曲でした。
ライヴに欠かせない曲になりそうです。

この新曲『fighting pose』と、ツアー中に先に発表していた
『家族になろうよ』が両A面でカップリングされ、8/31に発売されます。

31日のステージ上ではジャケット写真も公開されました。






いつものマシャ友のみならず、身内や地元の友人とも一緒に楽しめて、
充実した4日間でした。

マシャ、ありがとう!

次は約一ヶ月後の沖縄公演に参加の予定です。野外なので、
体力を付けておかなければ。


セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!
05) HELLO
06) 明日の☆SHOW
07) 蛍
08) 蜜柑色の夏休み(7/27,30,31)、18-eighteen-(7/28,30,31)
09) 幸福論
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~

 ~7/30,31のみ 新曲 fighting pose 披露~

13) HARD RAIN(7/27,28,30)
14) 逃げられない(7/27,28,31)
15) Revolution//Evolution
16) GANG★
17) RED×BLUE
18) 化身
19) 少年
20) 心color~a song for the wonderful year~

Encore:
家族になろうよ(新曲)
追憶の雨の中
最愛(7/27,28)、桜坂(7/30)、milk tea(7/31)




★8/27(土) 沖縄・西原マリンパーク

~やっとなんだ、本当なんだ、夢じゃないんだ!      
福山☆真夏の初体験 THE LIVE BANG!! in 沖縄~ 
        


 
行ってきました。 マシャ初めての沖縄ライヴ。
野外は一昨年の長崎・稲佐山以来二年ぶり。





心配していた二つの台風も見事に沖縄を逸れ、晴天に恵まれました。

セットリストはツアーとほぼ同じでしたが、
初めての沖縄と言うこともあって、今までのシングル曲も
何曲か演奏されました。
あと、沖縄にふさわしい「夏ソング」も。

アリーナツアーでは見られない、客席周辺のトロッコ移動や
花火の演出も、観客全員のそばまで行きたい、
「お待たせ!こんにちわ!」と言いたいというマシャの強い想いが
伝わってきました。
野外でブロック制の客席だったため、こちらもブロック内を自由に
移動でき、開放感いっぱいで楽しかったです。

そしてこの日は、秋からリニューアル放映される「Asahi Super Dry」の
CM撮影も行われました。いつも以上にタオルを振りました~^^

全25曲、3時間半があっという間でした。
遠くから馳せ参じた甲斐がありました。





今回私は、ファンクラブの企画したツアーによる参加ではなく、
航空券やホテルの予約、会場への交通手段の調査等、何もかも
個人で段取りをして、完全な単独行動だったので、その辺は
ちょっと神経をつかいました。
普段付き合いのあるマシャ友ももちろんみんな参加していましたが、
何しろバラバラの地域から来ているので、それぞれ違った
スケジュールで動いていたため、残念ながら会うことは
出来ませんでした。
でも、現地で見かけたマシャファンの方々の姿が大変心強く、
お互い一人旅ならではのちょっとしたふれあいもあったりして、
それなりに楽しかったです。

現地滞在22時間。関西から一泊二日でという信じがたい
弾丸ツアーでしたが、この旅をやりきったおかげで、国内なら
もうどこへでも行けそうな気がしています ^^


次は二週間後、震災で一時中止となっていた広島振替公演に
参加の予定です。



セットリスト

01) vs ~知覚と快楽の螺旋~
02) Heart
03) MELODY
04) Peach!!

   ~エイサー踊り~

05) HELLO
06) それがすべてさ
07) 明日の☆SHOW
08) 虹
09) IT'S ONLY LOVE
10) あの夏も海も空も
11) milk tea
12) アンモナイトの夢
13) 群青~ultramarine~
14) fighting pose(新曲)
15) 逃げられない
16) 想 -new love new world-
17) RED×BLUE
18) HEAVEN
19) 化身
20) 少年
21) 心color ~a song for the wonderful year~

Encore:
家族になろうよ(新曲)
追憶の雨の中
桜坂
Squall




★9/10(土) 広島グリーンアリーナ


この広島から、振替公演が始まります。
広島を訪れるの初めてでした。熱い太陽の照りつける、残暑の
厳しい一日でした。

3月、東日本大震災が発生した当時は、この広島公演の初日が
終わって、ちょうど中日。
それから一ヶ月の中断を経て、三重公演で再開するまで、チーム
福山一同、いろいろな葛藤があったと思いますが、演出の変更や
東日本応援シートの設置など、震災後のエンターテイメント、
困難時のエンターテイメントというものをきっちり完成させるところは
さすがだと、再開時に初めて参加したときは思いました。

その「新しい形」をひっさげて、」再びやってきた広島。
3月12、13日の公演にのみ参加するはずで、ずっと待っていた
方々も、あのとき後ろ髪ひかれる思いで広島を後にしたに違いない
マシャも、感慨深かったのではないかと思います。

8月31日に今年初めてのCDが発売され、チャート1位を獲得した
直後の公演だったので、新曲「fighting pose」演奏の時は一層
盛り上がったと思います!
「家族になろうよ」では、“家族”にちなんでヨン様のモノマネを……
えっ、今!? 今ヨン様?

スタンド真正面最前列だったので、決して近くはなかったですが、
マシャがどこにいてもよく見えたし、会場全体も見渡せて、
大満足のステージでした。

この日一日だけの参加だったので、翌日はかねてから行きたいと
思っていた平和記念公園を訪れ、原爆ドームと平和記念資料館を
見学してきました。
今、日本がこういう時期だからこそ、たくさんの外国人の方が
来られていたことが、たまたまなのか、いつも通りなのか、どちらか
分からないけれど、私には大きな意味があるように思いました。



次はいよいよツアー最終地、埼玉公演に参加の予定です。


セットリスト

01) vs.~知覚と快楽の螺旋~
02) THE EDGE OF CHAOS~愛の一撃~
03) 想~new love new world~
04) Peach!!
05) HELLO
06) 明日の☆SHOW
07) 蛍
08) 虹
09) あの夏も海も空も
10) はつ恋
11) アンモナイトの夢
12) 群青~ultramarine~
13) fighting pose(新曲)
14) HARD RAIN
15) Revolution//Evolution
16) GANG★
17) RED×BLUE
18) 化身
19) 少年
20) 心color~a song for the wonderful year~

Encore:
家族になろうよ(新曲)
追憶の雨の中
milk tea




★11/19(土)、20(日) さいたまスーパーアリーナ

 ついにこの時がきてしまいました。

当初の予定とは大幅に変更を余儀なくされ、しかし決して期待を
裏切らなかった、実に9ヶ月間にも及ぶ、マシャ史上最大規模となった
ツアーのファイナル。
私にとっても今回のツアーは最多の参加数。埼玉で15、16公演目です。
もう、マシャの一つ一つの動作、歌声、まなざし、すべて見逃すまいと、
気合を入れて挑みました。
席もファイナルにふさわしく上々。土曜日はステージバック中央やや左寄り
3列目。ヴァイオリンのチエさんの斜め後方あたり。
最終日はステージバック左角15列目。せり上がり花道のちょうど斜め前でした。
したがって、マシャが後ろに来た時は、手が届くのではないかと錯覚する
ほどの距離。
実際、土曜日はかなり視線をいただきました^^

土曜日は、始まって早々に涙腺がかなりやばいことに。3曲目でマシャが
後ろに回ってきた時は、涙をこらえるのに必死。泣いてちゃ、目の前に
来てくれたマシャが見えない!
こんなんじゃ明日はどうなってしまうんだろうと思いましたが、
最終日はまたまた「ドラえもん御一行様」の登場で、なんだか湿っぽい
雰囲気はなくなりました。
ただ、ダブルアンコール前にいったん引き揚げていたバンドメンバーが
再登場し、今回のツアーで回った各地を「第九」のメロディーに乗せて
歌ったときは、純粋に「ああ、楽しかったなぁ」と15公演分が思いだされて、
胸に迫るものがありました。

思えば、初日はまだ冬本番の2月24日、大阪城ホール。
FCでもチケットが取れず、モバイル会員エントリー、各種プレイガイドの
度重なる抽選に何度も何度もエントリーしてはハズれ、それでも
一度たりとも諦めず、最後の最後で手にした当日引き換えチケット。
諦めなかったご褒美とばかりに、センター花道中央5列目といういわゆる
「崩壊席」でのツアースタートでした。
一緒にエントリーし続けた友人が埼玉の酒席で教えてくれたのですが、
私たちはこの初日のチケットを手にするために、実に261口ものエントリーを
したらしいです。
我ながら、この執念にはびっくり。それで手にしたあの席は、本当に極上席でした。

私の旅はあの大阪から始まって、
和歌山2days~(広島の前日に大震災~ツアーは一か月の中断~)
名古屋1day~静岡2days~徳島2days~大阪4days~沖縄1day~広島1day~
そしてついに、埼玉2days…。

終わってしまったのは寂しいけれど、ありがとうという気持ちの方が強いかも。
これはまあ、またすぐに来月「大感謝祭」で会えるから、というのが大きいですが。


マシャ、本当にお疲れ様。そしてありがとう。
今までも、これからも、ずっとずっと大好きだからネ!










 

拍手[2回]

PR

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]