忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第四章  5 ~


      5
 
 
 夜になってまた雨が降り出した。さほど激しい降りではなかったが、
その代わりこの季節にしてはいくぶん温度の低い、霧のように細かな
雨が音もなく空から落ちてきて、潮風に揺れる窓辺のカーテンのように
優しく街を包んでいた。
 地下鉄の淀屋橋駅に向かう途中、鍋島は夜道に浮かぶ電話ボックスに
入った。彼は携帯電話を持っていない。財布から小銭を出し、何枚かを
投入口に入れてボタンを押した。
 相手の電話が呼び出し音を鳴らしている間、鍋島はガラス一面に
張り巡らされたテレクラのシールをぼんやりと眺めた。同じ一係の
板東と浜崎が今日一日テレクラ巡りをしたが、山蔭留美子も西端
千鶴も、今のところは浮かんできていない。
《──はい、三上です》
「麗子」
 鍋島はほっとしたような溜め息とともに言った。
《勝也? どうしたの?》意外そうな麗子の声だった。
「……疲れたよ」鍋島は言った。「毎日朝の七時から夜中まで、ずっと
働きっぱなしや」
《……そう聞かされるだけでいやんなっちゃうわ》
 と麗子も溜め息をついた。 《今、部屋から?》
「地下鉄の駅の上」鍋島はガラスにもたれ、外を見た。「雨が降ってる」
《早く帰らないと風邪ひくわよ。傘持ってるの?》
「持ってへん」
《ほら。早く帰りなさいよ。タクシーでもいいじゃない》
「──今日、真澄の見合い相手が来たよ」
《……そう》
「おまえに教えてもらってきたって言うてた」
《ええ。あたしが会うように勧めたのよ。いけなかった?》
「いいや」
《それで……何て答えたの?》
「俺やないって言うたよ。俺であるはずがないって」
《……そう言った方がいいわね、やっぱり。その方が中大路さんも
安心だもの》
「おまえにも心配掛けたみたいやな」
《あたしが? あたしは別に》と麗子は笑った。
「この前俺んとこに来たのも、ほんまはその話があったんやろ?」
《そうだったかしら》
 今度は鍋島が小さく笑った。強がるあたりが麗子らしいと思い、また
可愛くも思えた。
「言いにくかったんか?」
《……そうね》
「何でや? 俺が怒ると思たんか?」
《分からないわ》と言って麗子は短く沈黙した。《そうね──言った
あとのあんたの反応を見るのが怖かったのかも》
 鍋島は俯いて微笑んだ。そして言った。
「麗子」
《なに?》
「逢いたいよ」
《勝也……》
「今から行ってええかな」
《何言ってんのよ》
 言葉とは裏腹に、麗子は嬉しそうだった。《十一時半よ。明日も
早いんでしょ?》
「ええねん。おまえの声聞いたら、顔も見たくなった」
 麗子はまた溜め息をつき、そのまま黙っていた。鍋島も何も言わな
かった。決断を麗子に委ねることによって、彼女にイエスの返事を
させるつもりだったのだ。
《──分かった。じゃ、あたしがそっちへ行くわ》
「え?」麗子の意外な答えに、鍋島は少し戸惑った。「でも、おまえ──」
《いいのよ。あたしは明日講義がないし。大丈夫よ、タクシー呼ぶから。
どこなの? そこ》
「淀屋橋の南詰。銀行の前や」
 鍋島は外を見ながら言うと、電話に振り返った。「いや麗子、俺は──」
《あたしも逢いたい。四十分で行くわ》
 そう言うと麗子は電話を切った。
 鍋島は受話器を見つめてふうっと息を吐いた。しかし、諦めたように
受話器を戻すと、返ってきた小銭を取ってドアを開けた。

 麗子の方は切った電話ですぐにタクシーを呼び、大急ぎで着替えを
した。やがて到着したタクシーに飛び乗り、車中で化粧を直した。
タクシーは彼女が乗り込むときに注文した通りハイスピードで国道を
飛ばし、思ったよりも早く淀屋橋に到着した。

 タクシーを降りた麗子はあたりを見渡した。銀行の前に鍋島の姿は
なく、おそらく彼がここから彼女に電話を掛けたのだろうと思われる
電話ボックスにも人影はなかった。相変わらず霧のような雨は降り
続いていた。麗子は手に持った傘を広げ、頭の上にかざしてもう一度
鍋島の姿を探した。
 広い車道を隔てて北へ掛かる淀屋橋の欄干のそばに人の姿が
あった。橋の向こうから近づいてくる車のヘッドライトに背中から
照らされ、シルエットで浮かび上がって顔は見えなかったが、
麗子にはそれが鍋島であることが分かった。
 麗子はゆっくりと歩き出した。車道を横切り、鍋島に近づくにつれて
足早になっていった。鍋島は麗子が駆け寄ってくるのを見守りながら
数歩前に出た。そして彼女が目の前まで来ると、その手を取って
抱き寄せた。
 しばらくの間何も言わなかった。麗子は鍋島の肩に両腕を回し、
鍋島は麗子の背中を抱え込んだ。お互い、相手の鼓動が感じられる
ほど、しっかりと身体を寄せ合った。やがて麗子の方が小刻みに
震え、泣き出しそうになっているのが分かった。
「勝也、ごめんね」麗子が弱々しい声で言った。「あたし……ずっと
真澄に遠慮してたんだわ。どうしても彼女からあんたを奪ったような
気がして仕方がなかったの。だから中大路さんがあんたのことで
あたしを訪ねてきたとき、あたし、毅然とした態度でいられなかった。
真澄があんたのことを好きだなんて、そんなはずない、勝手な勘違い
しないでくれって言えなかった。あんたに会われると迷惑だって、
恋人だったら当然言うはずの嘘が言えなかったのよ」
「分かってるよ。おまえにそんなことができひんことぐらい」鍋島は
優しく言った。
「──あたし、どこかまだあんたの恋人になり切れてない。あんたを
好きな真澄の従妹のままなのね」
「……麗子」
「だけど、本当は不安だった。勝也のことよく分かってて信じてる
つもりでも、何だか心配で……真澄が今でもあんたのことを忘れられ
ないでいるって知ったら、少しでもあんたの気持ちが揺らぐんじゃ
ないかって」
 そこまで言うと麗子は感極まったように息を呑み、そして続けた。
「分かるでしょ? あたしはこんなだけど──あんたが大切なの。
真澄にも、誰にも渡したくないのよ」
「ああ」
 鍋島は頷くと麗子からそっと身体を離し、彼女の顔を覗き込んだ。
 麗子の瞳は潤んでいた。しかし、強気な表情で鍋島を見上げると、
かすれきった声で憎まれ口を言った。
「……笑いたきゃ、笑いなさいよ」
「笑わへんて」
 そう言って鍋島は穏やかな笑みを浮かべた。それから彼女の額に
自分の額をくっつけ、ゆっくりと顔を近づけながら囁いた。
「……俺はおまえのもんや」
 麗子の表情が歪み、唇が重なった途端に細い涙が流れた。




目次
第五章 1(前) へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票
 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

麗子さんは可愛いですね

声を掛けたら
真夜中にタクシーでやってくる
麗子さんは
なかなか可愛いですね
結婚したくもなります


真澄さん
こちらも可愛い
男運がないのは
お嬢様の宿命でしょうか?

(一か月ぶりの休暇。夜、首都圏にUターンします)
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/05/22 (05:49) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

お忙しい中、いつもありがとうございます

やはり男性はこういう健気なところが可愛いと
思えるものなんですね。
特に日頃強気な一面しか見せないでいると、
ギャップがあってどきんとするものなのでしょうか

  • from みはる :
  • 2011/05/22 (17:02)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]