忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第四章  4 ~


       4
 
 
「──で、その目撃者は何て?」
 西日の射し込む刑事部屋で、植田課長はハンカチで額の汗を
拭いながら、前に立っている鍋島に訊いた。
「目撃者ではないんです」と鍋島は答えた。「ただ、被害者らしき
人物の声を聞いたとだけ」
「ああ、そうか。で、何て言うてたって?」    
「若い女の声で、『逆恨みもええとこやわ』って」
「確かに、西端千鶴が殺されたとされる時間にそのトイレから
聞こえてきたんか?」
「ええ、そのおばちゃん──証言者のことですが──毎日同じ
時刻に犬の散歩で公園に来るそうです。昨日、あのトイレの前を
通りかかったのもいつもと同じ十一時頃やったって」
「逆恨みか」と課長は俯いた。「西端千鶴が言うたってことやな」
「だと思います」
「彼女が、直接誰かに恨みを買うようなことをしたわけではないと
いうことか」
「はっきりとは分かりませんが、その言葉が真実だとすればそういう
ことでしょうね。 でも、どっちにしろこれでただの通り魔殺人では
ないってことがはっきりしました」
「そうやな」
 そのとき、一条と芹沢が部屋に入ってきた。そしてそのまま早足に
鍋島たちのところへやって来た。
「どうやった」と課長は訊いた。
「例のペンダントは、やはり直接ある人物からタダで受け取った
そうです」
「ある人物って?」と鍋島が訊いた。
「正体は分からねえ。けど、宝石強盗と考えていいだろうな」
 鍋島にそう答えると、芹沢は課長に向き直った。「先週の土曜に
西端千鶴を訪ねてきたそうです」
「先週の土曜というと、盗まれた宝石が大阪で見つかったのと
同じ日やな。例の、蓉美堂に現れたのと同じ人物か?」
「いえ、別の人間です。ウェイトレスにモンタージュの作成に協力して
もらいました」
 一条が答え、課長の前にモンタージュ写真を差し出した。
「若いな」写真を見て課長は言った。「犯人グループは四人や。
そのうちの一人は犯行直後に仲間にひき殺された。残りは三人、
そのうちの二人がこれで分かったわけや」
「この男が犯人グループの一人だとすればね」
「もう、大阪を出てるんと違うか」
「でも、通り魔殺人との関係を否定しきれない以上、まだこの街に
いる可能性はあると思うんですけど」一条が言った。
「あ、そや。西端千鶴は殺される前に、相手に向かって『逆恨みや』
って言うてたらしいんや」鍋島が芹沢と一条に言った。
「本当か、それ?」
「ああ。半日聞き込んで、成果はそれだけ」
「じゃ、やっぱり通り魔殺人じゃなかったわけだ」
「なあ、こういう推理はどうや。このモンタージュの二人が残りの
一人と何らかの理由で仲間割れをして、その残りの一人が
西端千鶴を殺したんや。つまり、西端千鶴とこの若い方の男は
恋人同士か何かで、彼女はそれで逆恨みされた」課長が言った。
「確かに、ペンダントももらってるし」と一条は呟いた。「でも、それじゃ
先に殺された山蔭留美子の方はどうなるんです? 母親に会って
きましたけど、盗まれた宝石もなかったし、強盗との関連も
見当たりませんでしたよ」
「そうか、そっちがあったか」
「二件の殺人は同一犯と見てまず間違いないしな」鍋島が言った。
「この推理には無理があるか……」と課長は溜め息をついた。
「でも、宝石強盗を単独事件として捜査するのは効率がいいとは
言えないかも知れませんよ。手を広げるのは本部との兼ね合いで
面倒やけど、関連があると考えられる以上、うちの人間だけでも
合同でやるしかないでしょう」
「よし。係長と島崎が戻り次第、その線で打ち合わせをやろう。
捜査本部の方には、引き続いてワシの方から話をつけとく」
「そのことなんですが、捜一には話を通してあるんですか」
 芹沢が少し声を低くして言い、鍋島と一条も興味深げに課長を
見つめた。
「強盗との関連か?」
「ええ」
「まさか。言うわけないやろ」
「課長……」芹沢はちょっと呆れたように溜め息をついた。
「あいつらに邪魔されるわけにはいかん」課長は強く言って三人を
見回した。 「ええから、しばらく待機しとけ」
 三人はそれぞれに頷き、その場を立ち去った。芹沢はコーヒーを
入れに行き、鍋島はデスクに戻った。一条はきびきびとした態度で
連続殺人の捜査資料が積み上げられたデスクへと向かった。

「──昼間おまえのところに来た客、誰だったんだ」
 湯気の立ったカップを持って席に着いた芹沢が、鍋島に訊いてきた。
「真澄の見合い相手」鍋島は煙草に火を点けながら答えた。
「真澄って──誰だっけ」
「麗子の従妹」
「ああ、京都のお嬢さんのことか……へえ」
 芹沢はにやりと笑った。「で、おまえに何の話だって?」
「真澄に今でも好きな男がいて、それが俺やないかって」
「まさかおまえ、そうだって白状したんじゃねえだろうな」
「言うかよ、そんなこと」と鍋島は煙を吐いた。「とことん否定した。
完全否認や」
「だよな。その男、それを理由にお嬢さんに断られたってのか?」
「いや、結婚するらしい」
「だったら今さら何が言いてえんだ。お嬢さんに忘れられねえ男が
いて、それをおまえに何とかしてもらいたいとでも言うのか」
「それ以前に、気になってしゃあなかったみたいや。それだけ真澄に
惚れてるんやろ」
「惚れてるか。なるほどねえ」
 芹沢はちょっと白けたように笑ってこめかみを掻いた。「でも、
それがおまえだってよく分かったな」
「──真澄が、麗子に何かと俺のことを訊くそうや。そのくせ、麗子は
答えたがらへんらしい。それで麗子に確かめたら、気になるんやったら
本人に会うて訊いてみろって言うたらしい」
「おまえの彼女がそう言ったのか? その男に」
「ああ」
「……三上サンらしいな」と芹沢は苦笑いした。
「おまえもそう思うか」
「何となくな」
「実際、そんなことなんにも知らんかったんや。まいったで」
「三上サンも気が気じゃなかったろうぜ。おまえ、ちゃんとフォロー
しといてやれよ」
「あいつがそんな女やと思うか? 真澄の心配することはあっても、
俺の心配してるとこなんか見たことないわ」
 鍋島は笑いながら言って灰を落とした。
「そう言うけど、結構デリケートなんじゃねえのか」
「まさか」
 そう言った瞬間、鍋島ははっとした。そしてこの前、夜中に麗子が
自分を訪ねてきたときのことを思い出した。
 そう言えば、あのとき麗子は自分に何か言いたくてアパートの部屋の
前でずっと待っていたようだった。結局彼女は何も話さなかったが、
今から思うと少し様子がおかしかったような気もする。
「──おい、どうしたよ」
 鍋島は顔を上げた。「──いや、別に」
 芹沢はカップを抱えたままデスクに肘を突き、鍋島を一瞥すると
言った。 
「十年来の親友だか何だか知らねえが、いつまでも友達扱いしてんじゃ
ねえぞ。自分の女にした以上、きっちりそういう扱いしてやるのが
ルールってもんだろ。でねえと女なんて生き物はすぐに不安に
なっちまって、よその男に相談に乗ってもらうのなんて言いながら、
気がつきゃそっちとデキちまってるってのがオチだぜ」
「……分かってるよ」
 鍋島は煙草の先に長い灰を蓄えたまま、ぼんやりと言った。   




目次
第四章 5 へ 



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

言葉裏腹

明るく陽気に振る舞う人が
深刻な悩みを抱えていたり、
「気にしませんよ」と言っている人が、
ぼろぼろになっていたり。
察せずに言葉を真に受けると、
とんでもないことになるもの。
鍋島は、芹沢の言葉で三上のデリケートなところを
再認識できた様子。
やはり友ですねえ。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/02/23 (12:15) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

同僚であり、友であり、敵のようなライバルのような。
腐れ縁ですね。
  • from みはる :
  • 2011/02/26 (13:38)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]