忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第四章  3 ~


       3
 
 
 カレーハウス『プチ・デリー』は五方向に広がる地下街のほぼ
中心部にあった。十坪ほどの店内は昼食時を過ぎてそろそろ客足が
途絶え始め、カウンター席に二、三人の客が残っている他はすべて
空席で、次の客を待ってきちんとテーブルセッティングされていた。

 芹沢と一条警部の二人は厨房の奥にある従業員の控え室で、
三人のウェイトレスと一人のコックを前に話を訊いていた。昨日の
うちに芹沢が頼んでおいたとおり、店長が従業員の全員を呼び
出しておいてくれたのだ。
 ウェイトレスの一人は学生のアルバイトだった。あとの二人は
フリーターで、ほとんど毎日この店で働いていた。昨日出勤していた
のは学生とフリーターの一人、コック、そして西端千鶴の四人だった。

「──それで、西端さんは何時にお昼の休憩に入ったの?」
 一条が学生に訊いた。
「十一時頃だったと思います。いつも十二時少し前頃から忙しく
なるんで、その前にまず一人が休憩にはいることになってますから」
「休憩の間に、誰かと約束があるようなこと言ってなかった?」
「さあ、特に聞いてませんけど──」
「あなた知らない?」
 学生の言葉を全部聞き終わらないうちに、一条はその隣に座った
若いコックに振り向いて訊いた。
「知りません」コックはむっとした表情で答えた。
「じゃあ、彼女が休憩に入る前に来たお客の中で、彼女と話していた
人物はいなかった? オーダーを取る以上に長い話を」
「そんなに気にして見てなかったのもあるけど……なかったと思います」
 そう、と一条は溜め息をついた。そこで今度は芹沢が訊いた。
「特に昨日だけのことじゃなくてもいいんです。最近、西端さんに誰か
新しい知り合いや友達ができたとかいうような話をお聞きになった
ことはありませんか? そう──横浜あたりから来た人物と」
「さあねえ……」
 コックは呟くと、三人のウェイトレスに振り返った。「自分ら、
知ってる?」
「──あ、そう言えば」学生が他の二人を見て言った。「一週間ほど
前、西端さんに会いに男の人が来たね」
「あ、そうそう」
 無造作な感じのショート・ヘアーを明るい茶色に染めたウェイト
レスが頷いた。
 一条はバッグから天満の宝石店に問屋を装って現れた男の
モンタージュ写真を取り出し、彼女に見せた。
「それ、この男じゃない?」
「ううん、ぜんぜん違う」
 残りの化粧っ気のないウェイトレスが言った。「もっと若かった」
「詳しく説明していただけませんか? どんな男で、何と言ってきたか」
と芹沢。
「一週間ほど前。確か……土曜日でした」学生が言った。
「えっと──二十二、三歳。西端さんと会う約束してるからって
言うて。夕方近かったと思います」茶髪が受ける。
「ああ、思い出した」とコックが口を挟んだ。「でも千鶴ちゃんは確か
その男のこと、最近アメ村で知り合うたようなこと言うてたけどな。
横浜の男なんて言うてなかったけど」
「そう。それにその人、関西弁やったし」
「何か特徴を覚えてらっしゃいませんか?」
「あんまり背は高くなかった。中肉中背。あ、前髪のあたりだけが
金髪で──顔はグラサン掛けてたから、よく分かりません」
 手帳にメモを取りながら芹沢は訊いた。「それで、その男と西端
さんはどうしました?」
「店の奥のテーブルで、三十分近く話してたかな」
「でも、あたしには最近知り合った相手って感じには見えへんかった
けど」学生が言った。
「と言うと?」
「すごく喜んで、親しそうにしてました。何て言うか──久しぶりに
会ったって感じ」
「そういや、高そうなペンダントもらってたもんね」
 芹沢と一条は素早く目を合わせた。そして一条がバッグからもう
一枚写真を取り出すと、ウェイトレスたちに見せた。「これだった?」
「あ、そう、これやわ」と茶髪が頷いた。「千鶴ちゃん、あれから毎日
着けてたもんね。よっぽど気に入ってたんと違う?」
「その日以降、その男はここに現れましたか? 電話とかでもいいん
です」
「いいえ、あれっきりでした」と薄化粧が首を振った。
「昨日にしても、何も言うてなかったし」とコックが言った。「ただ、
昼休みに入るあたりからちょっと元気がなかったから、具合でも
悪くなってそのまま早退したんやと思ってました」
 あたしらも、と昨日出勤していたウェイトレスが口々に言った。
「そうですか」
 芹沢は溜め息混じりに頷いた。山蔭留美子の場合にしろ今度の
場合にしろ、若い連中のバイト先での人間関係は実にあっさりした
ものだなと思った。自分の学生時代には、良くも悪くもバイト先の
繋がりはこんなに希薄ではなかったように思う。自分の場合は
それが煩わしかったものだ。僅か五年ほどの間に、バイトもただの
ビジネスになってしまったらしい。

 それから二人はウェイトレスの二人を連れ、署へ戻って西端千鶴を
訪ねてきたという男のモンタージュ写真を作成した。そして彼女たちを
再びカレーハウスまで送り届けたあと、今度は山蔭母娘のマンションへ
向かった。母親に会って留美子の所持していたアクセサリー類を
見せてもらうためだ。

 車の助手席で腕組みしながら、一条は芹沢に言った。
「あの女の子たち、あたしにはまるで素っ気ないけど、あなたには
ずいぶん愛想が良かったわね」
「そうだっけな」
「まあ、あなたはとりわけハンサムだものね」
「お世辞は要らねえよ」
 芹沢は前を見たまま、つっけんどんに言った。一条は肩をすくめた。
「──こっちの女の子の中には、標準語を話す男に弱いのもいるん
だよ。そのくせ、標準語の女は嫌いなんだ」そう言うと芹沢は一条を
見た。「特におたくみたいに高飛車なのはな」
「悪かったわね。それにしても、露骨だったわ」
「俺にはあんたの偉そうな態度の方が露骨に思えるけど」
「偉そうなって──」
「そういう態度は署の中だけにしといた方がいいぜ」芹沢は言うと
すぐに首を傾げた。「いや、これからも現場でやって行くつもりなら、
むしろ署の中だけではやめとくんだな」
 一条は納得できないとでも言うように首を振り、窓の外を見た。
「──騒がしい街ね。横浜や東京とは違う騒がしさ──そう、
ここは人間が騒がしいのよ」
「この街の連中は、飾るのが嫌いなんだ。みんな本音しか認めねえ。
相手に対しても自分に対しても、気持ちを剥き出しにするんだよ。
そりゃあストレートだぜ」芹沢は愉しそうに言った。
「あなたはそれに合わせられるのね」
「最初は抵抗あったさ」と芹沢は苦笑した。「……今でもあるかな」
「あなたはどうして大阪に? 学校が関西だったの?」
「いや、東京」そう言うと芹沢は一条に振り返った。「おたくは? 
ひょっとして東大法学部ってやつか」
「そうよ」
「……やっぱり。そりゃそうだよな」
 芹沢は前に向き直りながら独り言のように呟くと、思わず溜め息を
ついた。
「それが何か?」
「いいや、別に」
「あなたの話よ。大学は東京で──出身はどこなの?」
「福岡」
「関東じゃないのね」
「悪いかよ」と芹沢は一条を一瞥した。「尋問はそれくらいにして
もらえますか、警部」
「……分かったわよ」
 そう言うと一条も短い溜め息を吐いた。


目次
第四章 4 へ



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票
 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

「誰じゃ、つんつん娘は」って日本公共広告機構だったか、プチアニメにありましたよね

エリート上司でつんつんの一条に
これまた辛辣な芹沢
ようやく立場というものを彼女に教えてやる人が
現れたというかんじですねえ
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/02/20 (04:58) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

はい、そんな感じですかね
でもどこか似たとこもありそうなこの二人…???
  • from みはる :
  • 2011/02/26 (13:35)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]