忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第四章  2(前) ~


      2 
 
 
 裁判所の裏手にある画廊喫茶で、鍋島はテーブルを挟んで中大路と
向かい合っていた。
 鍋島は煙草を吹かしていた。自分の方がこの男に用があったわけでは
ないので、何も話すことがなかった。だからと言っていつまでもこの
ニコニコ笑っているだけの男を眺めていても仕方がない。人の笑顔を見て
自分も楽しい気分になるほど、今の鍋島には余裕は無かった。だから
彼は切り出した。
「あの失礼ですが、麗子とはどういう──」
「あ、すいません、お呼び立てしておきながら」
 と中大路は目を見開くと、すぐにまた笑顔に戻って言った。
「ご安心ください。三上さんには鍋島さんのお勤め先をうかがっただけ
ですから」
「そうですか」
 鍋島は少しだけほっとした。いくら麗子が男女の区別なく誰とでも
気さくにつき合える女だとは言え、初めて会う男から彼女の名前を
聞かされるとやはりあまりいい気がしなかった。案外、俺も嫉妬深い
方なのかも知れないと、鍋島は思って胸の中で苦笑した。
 ところが、男はさっきまでの笑顔を消した。そして大きく息を吐くと、
重々しく口を開いた。
「──僕がご縁のあるのは、三上さんではなくて……野々村(ののむら)さん
なんです」
「えっ?」と鍋島は顔を上げた。「真澄(ますみ)……ですか?」
「ええ、そうです。真澄さんです」
 中大路は頷くと、じっと鍋島を見つめた。

 野々村真澄は麗子の従妹だった。四年ほど前、まだ友達だった
麗子から従妹だと言って紹介されたのが 真澄と鍋島の最初の出会い
だった。
  真澄は京都に住む開業医の娘で、自宅で茶道と華道を教えており、
アメリカ育ちで自立心の強い麗子とは正反対の箱入り娘タイプの女性
だった。
 そして、そんな彼女がどういうわけか鍋島に恋をした。それに鍋島が
ようやく気づき始めたのが、知り合って三年経った去年の秋頃だった。
周りにさんざんけしかけられたせいもあって、鍋島は一途な彼女の
気持ちに応えようと、自分の誕生日でもあるクリスマス・イヴに真澄を
デートに誘った。しかし、そこで気づいたのは、自分が本当に好きなのは
彼女ではなくて麗子の方なのだということだった。鍋島は卑劣にも──
自分でそう思っているのだが──自分から誘った真澄をふったのだ。
しかも、その日のうちに麗子に気持ちを打ち明け、二人はつき合い
始めたのだった。

 それ以来、鍋島は真澄のことを考えると胸が痛んだ。ふった
相手のことをいつまでも憐れむのは相手に対するものすごい侮辱だと
分かってはいたが、申しわけなく思わずにはいられなかった。それと
いうのも、その日以降も鍋島は何度も真澄と顔を合わせていたし、
その都度、彼女は以前と変わらず明るく振る舞い、そして相変わらず
鍋島に対して好意的に接してくれていたからだ。鍋島はそんな真澄を
見ると、どうしても彼女に対する罪悪感を感じてしまうのと同時に、
自己嫌悪に似た気持ちを抱いてしまうのだった。

「──鍋島さん?」
 中大路に声を掛けられ、ぼんやりと考え込んでいた鍋島は顔を上げた。
「あ……はい」
「僕、今年の一月に野々村さんとお見合いをしたんです」
 鍋島はどきっとした。その見合い話が真澄に持ち上がったとき、
彼女は自分に対する鍋島の気持ち次第ではその話を断ろうとして
いたのだ。鍋島もそのことを麗子から聞かされ、一時は本気で悩んだ
こともあった。
 その後、真澄が見合いをしたことは知っていたが、相手がどういう
人物で、つき合いが続いているのかどうかまでは知らなかったし、
訊けなかった。

「そうですか──それで、おつき合いなさってるんですか?」
「ええ、まあ」と中大路は返事を濁した。
「で、俺に何か?」
 中大路がなぜ自分に会いに来たのか、何となく想像がつきながらも、
鍋島はあえて訊いた。と言うより、そう訊くしかなかったのだ。
「見合いをしてから半年近く経ちます。こんなことを初対面の方に
言うのも何ですが、とてもうまく行っていると思ってます。僕は彼女を
生涯の伴侶にと決めました。彼女の方もそうです。いえ、決して
自惚(うぬぼ)れているんじゃありません。彼女もそういう意味のことは
言ってくれてますし、何より僕に対する言葉や態度から、僕と結婚すると
決めたことが感じられるんです」
「それは良かったですね」
 鍋島は頼りなく言った。しかし、言葉通りにほっとしたというのも
事実だった。
「ところが、僕の中でまだ解決していないことがあるんです」
「……何ですか」
「実は、初めて逢(お)うたとき、彼女、正直に言うてくれたんです。
『まだ心の中にどうしても忘れられない男性(ひと)がいる』って……
おそらく、僕との話を断るつもりやったんでしょう」
「そうなんですか」
 激しい心の動揺とは裏腹に、鍋島はとぼけた対応をすることに
決めた。
「彼女、ほんまは今もまだその気持ちが強いようなんです。自分では
気づいてないようやけど」
「でも、あなたとの結婚を決めたんでしょう? そんな素振りを見せて、
あなたの気持ちを試そうっていうちょっとした悪戯心でしょう。
女の子の好きそうなやり方ですよ」
「でも、式は少し先にしてくれないかと……もう少し時間が欲しいって
言うんです」中大路は心細そうに言った。

 鍋島は何も言わなかった。何を言ってもその相手が自分だという
ことがバレてしまいそうだった。
 その態度に何かを感じたのか、中大路は顔を上げるとじっと鍋島を
見据え、ゆっくりと言った。
「──鍋島さん。やっぱりそうなんですね?」
「は?」
「真澄さんが忘れられない相手というのは、あなたなんでしょう?」

 

目次 へ                                       
第四章 2(後) へ

 

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

おはようございます

テレビや映画ではあるけれど、
実際にこういうことを言ってくる人は
いないでしょう。

しかし親戚になるわけですね、
義理の従兄弟。
近い関係になるから
すっきりしたいということでしょうか。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/02/19 (10:41) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

おそらくこうやって
面と向かって訪ねてくる人はいないでしょう
だけどもしかすると、メールなら…?
世の中が進むと
知らないうちにいろんな人種が生まれてきているかも。

訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2011/02/19 (21:59)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]