忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第四章  1(前) ~


第四章  セレナーデ──Serenade  
 
 
      1
 
 
 通り魔殺人事件──昨日の時点で連続通り魔殺人事件となった
──の捜査本部に入ってから、鍋島と芹沢の勤務体制は普段とは
まるで変わってしまっていた。通常は、朝八時半から夕方五時半
までの日勤が四日続いたあと、夕方五時から朝九時までの宿直が
一日、そしてそのまま翌日一杯までが非番となる。この七日間を
ワンサイクルとしたローテーションを刑事課一係から四係までの
十六組の刑事が二組ずつ、つまり八つのグループで回している
のだが、捜査本部事件や長引く事件を担当してしまうと、たちまち
その規則性は崩れてしまう。と言うより、実質この勤務体制は
宿直当番以外はなきに等しかった。
 刑事課のメンバーは課長を含めて三十七人、その全員が毎日の
ように出勤しており、しかもほとんどが十五、六時間は働いている。
宿直が明けてもそのまますぐに帰宅できるようなことは滅多にない。
つまり彼らは一日、いや一週間、いや一年のほとんどをこの西天満
周辺で過ごしていると言っていい。
 そして彼らのほとんどは、かつて警官になるにあたって一番恐れて
いたのが殉職であったことに馬鹿らしさと懐かしさを感じており、
同時に今は、自分は間違いなく過労死で天国なり地獄なりへと
逝くのだと確信しているのだった。

 今回の事件もそうだった。鍋島と芹沢が宿直の時に事件が発生
して以来、二人は大幅な勤務時間の拡大を強いられていた。それ
どころか、犯人を逮捕できないとずっとこのままだ。非番など当然なしだ。
 おまけに、普段二人が同じ事件を追うことの多い高野や島崎は
宝石強盗の方に回っているから、西天満署から捜査本部入りしている
人員は少なく、その中では彼らが中心となって動かなければならな
かった。肉体的にも精神的にも、相当疲れが溜まってきていた。
 今日も二人は朝七時には刑事課に上がってきていた。昨夜この
部屋をあとにしたのは午前二時を回っており、二人とも署から三十分
以内のところに住んでいるおかげで他の捜査員たちのように署に
泊まる必要こそなかったが、帰ってから三、四時間も経つともう
出勤時間がやってくると言う毎日が続いていた。
 鍋島は起きがけにシャワーを浴びてきたのか、洗い髪に無精髭の
まま出勤してきた。日頃身だしなみには気を遣っている芹沢も徐々に
そんな余裕はなくなってきたらしく、はき古したジーンズに黒のデニム
シャツを無造作に羽織り、手櫛で適当に整えた髪の下から眠そうな
目を覗かせていた。
 そんな疲労をため込んだ刑事たちを見て、捜査本部の幹部たちは
必要以上に長い会議は連中の士気を奪っていくだけと、凶悪な事件に
してはめずらしく短い時間で朝一番の会議を切り上げた。

 会議では、次の点が確認された。
 司法解剖結果──胸と背中を中心に合計三ヶ所の刺し傷、腕などに
合計八ヶ所の切り傷があった。また、一件目の被害者と同じく太股にも
一ヶ所深い傷を受けていた。致命傷は背中から心臓に達した一突き。
死因は失血死、血液型はO型。性交渉の痕跡なし。死亡推定時刻は
六月二十四日午前十一時から正午の間。
 現場検証結果──凶器は未発見。犯人らしき人物の指紋は採取
できず。現場には無数足跡があり、血痕によって出来たものもあったが、
いずれも不鮮明のため履いていた靴やサイズ等は判明できず。
現時点で有力な目撃証言等もなし。
 被害者について──西端千鶴(にしはたちづる)、二十一歳。
梅田地下街のカレーハウス『プチ・デリー』店員。住所は天王寺区
大道(だいどう)。ワンルームマンションで独り暮らし。なお、被害者の
当日の所持品と思われるものは現場周辺や職場から一切見つかって
いない。
 そうやって今日も長い一日が始まり、すでに時計は午前十時を
指していた。昨日に引き続いての現場検証から戻った二人は、
捜査本部の置かれている会議室で植田課長に報告を入れていた。

「やっぱり何も見つからんかったか」課長は言った。
「ええ。二日掛かりで捜索して駄目ってことは、凶器も含めて犯人が
持ち帰ったと考えていいと思います」芹沢が答えた。
「実家とは連絡取れたんやな」
 今度は鍋島が答えた。「はい、何しろ身元が割れたのがゆうべ遅く
やったでしょう。せやから今朝早くにようやく」
 殺害されたとき、被害者は身元の判るものは一切身につけて
いなかった。その身元が判明した経緯はこうだ。
 昨夜十時頃のニュースで事件を知ったカレーハウスの店長が、
報道されている被害者の特長が自分の店のウェイトレスによく似て
いるようだと言って署に連絡してきたのだ。そのウェイトレスは昨日の
昼休みに店を出ていったきり戻っては来ず、携帯に連絡したが応答が
なかったので店長も不審に思っていたという。
 そして店長が遺体を確認したのだが、彼女はつい二週間ほど前に
引っ越したばかりで店長はまだその住所を知らされておらず、また
急募によるアルバイト雇用だったためにまともな履歴書も提出されて
いなかったので、携帯の電話番号から彼女の住所を突き止め、
部屋を捜索して実家を割り出したのが今日の未明のことだった。
実家は兵庫県の篠山(ささやま)で、父親が町役場の職員、母親は
中学校の事務職員をしている。お堅い家だった。

「先に病院に行ったあと、こっちに来る予定です」芹沢が言った。
 課長は溜め息をついた。「こうなったものの、西天満署(うち)からの
増員はちょっと無理やな。係長と島崎は例の横浜の事件(ヤマ)から
離れられへんし、湊(みなと)と北村(きたむら)は老松(おいまつ)通りの
骨董屋強盗の事件が大詰めを迎えてる。小野(おの)が研修から戻る
のもまだ先や」
「ええ、分かってます」と鍋島は言った。「それで、さっき捜一の班長にも
許可を取ったんですけど、今日から俺らは別々に動くことにしました。
俺は派出所の連中と一緒に、現場周辺を中心に目撃者探しです」
「こっちは被害者の同僚に聞き込むことになってます。昨日は店長
からしか話が聞けてないみたいなんで」芹沢が続けた。
「そうか」と課長は頷いた。「この二件は間違いなく同一犯や。という
ことは、昨日の戸田って男は釈放したんか?」
「ええ。奴を尋問してる間に事件が起こった以上、奴にはこれ以上ない
完璧なアリバイが出来たんですから」
 二件目のドタバタで自分たちが報告しなかったとは言え、このおっさんは
何も知らんなと思いながら鍋島は答えた。
「それから」と芹沢が言った。「この二件は、いわゆる通り魔的な性質の
ものとは違うと思うんです」
「それは……対象が無差別ではないと言う意味やな?」
 ええ、と芹沢は頷き、鍋島に振り返った。「な?」
 鍋島は頷くと続けた。「昨日殺された西端千鶴は、仕事の昼休みに
やられてるんです。休み時間が終わっても戻って来ぇへんから、
おかしいと思てたんやって店長が言うてます。けど普段から割と
気紛れな子で、今までにも無断欠勤したことがあったらしくて、昨日は
店も暇やったから早引きでもしたのかと思てたらしいんです」
「それにしたって昼休みにわざわざ梅田から天満まで来るなんて、
ただ休憩するだけにしちゃ不自然でしょう。おまけにあんなところで」
「つまり、誰かに呼び出されたということか」
「山蔭留美子の場合だってそうです。バイトが終わってから五時間も
あとに殺されてる。すぐに帰ったらそんな目に遭わなくて済んだのに。
しかも、その五時間の行動がいまだに不明なんです。捜一の連中が
徹底的に洗ってますがね。二人とも、誰かに会ってたと考えるしか
ないでしょう」
「結局は二人の共通点を探すことになるか。そこに共通の人物が
いるかも知れん」
「そういうことです。俺たちがすぐに通り魔の線から外されたのが
その証拠です」
「板東(ばんどう)と浜崎(はまさき)は──テレクラを当たるって言うて
たが──」
 課長は顎に手を当てながらゆっくりと言って、二人の後ろに視線を
移した。
「どうかしましたか」と鍋島が言った。
「いや、さっきから彼女が──」
 二人が振り返ると、後ろに並んだ長机の灰皿を片付けていた婦警の
市原(いちはら)香代が、伺うようにこちらを見ていた。彼女は刑事課で
庶務を担当しているのだが、こうして刑事課の関わる会議があるとき
などは後片付けなどを手伝いに来る。
「おまえに用があるんとちゃうか」
 課長は小声で言って芹沢を見上げた。 「ほれ、聞いてやれ」
「何でも俺に振らないでくださいよ」
 芹沢は顔をしかめて課長に抗議した。それでも結局は振り返り、
例の完璧な笑顔で声を掛けた。
「香代ちゃん、どうかしたの?」
「──あ、いえ」
 香代は芹沢を見ると、ちょっと恥らうように微笑んだ。しかしすぐに
真顔に戻り、課長の座っている長机の後ろのホワイトボードを見て
言った。
「あの、そこの写真なんですけど──」
 三人はホワイトボードに振り返った。そこには、西端千鶴の事件に
関するさまざまな確認事項が書かれており、空いた場所に現場や
被害者の写真がマグネットで留められてあった。
 机を拭いていたふきんを持ったまま、香代は近づいてくると写真の
一枚を指差した。「その、被害者の胸元の拡大写真のことです」
「これがどうかしたか?」と課長が言った。
「そこに写っているペンダントですけど──あたし、それに見覚えが
あるんです」
「というと?」
「……横浜の事件の盗品リストの中にありました」
「何だって?」
 芹沢は言うと思わず鍋島を見た。鍋島も驚いた表情で香代を見ていた。
「……どう言うことか、詳しく話を聞こう」
 課長は静かに言うと立ち上がった。「ただしここではまずい。うちの
部屋に行こう」
 鍋島と芹沢は課長の思惑を理解した。ことがことだけに、間違いは
許されない。はっきりしたことが確認されるまでは、捜査一課の誰かに
聞きつけられてはまずいと思ったのだろう。そしてそれは、明らかに
所轄署としての縄張り根性の裏返しでもあった。

 刑事課に戻る途中、香代は小声で話した。
「──先週、一条警部が来られるよりも先に事件の捜査資料が
送られてきたんですが、その中に宝石店から盗まれた商品のリストと
その写真もあったんです。ところが写真は封筒の中でバラバラに
なってました。それで私が係長に頼まれて、リストと照らし合わせて
写真の裏に一つ一つ商品名を書き入れる作業をしたんです」
「そこにこのペンダントらしきものがあったってことか」
 課長は上着の左胸を叩いた。その内ポケットに、ボードから外してきた
西端千鶴の胸部の傷を写した写真を入れてあるのだ。
「ええ、そうです」
 課長は後ろの二人に振り返った。二人は黙ったままだった。


目次 へ                                       
第四章 1(後) へ

 


 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

4章まできました~♪

セレナーデ
誰が誰を口説くのでしょうね

新しい展開の予感
では後日の楽しみに

  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/02/13 (07:17) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

続けてありがとうございます。
お時間のあるときに、ご無理の無いように。
  • from みはる :
  • 2011/02/13 (16:28)

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]