忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第六章  6 ~

 
     6  
 
 人気の少なくなった刑事部屋のソファで、一条は呆けたように
だらりと座っていた。
 デスクで課長が黙って彼女の様子を伺っている。しかしどう
言葉を掛けて良いのか分からず、小さく首を振っては手許に
視線を戻すのだった。

 間仕切り戸を開け、鍋島と芹沢が戻ってきた。芹沢は通り過ぎ
ざまにソファの一条をちらりと見たが、すぐに目を逸らして課長の
前へと行った。
「二人を連行しました」芹沢が言った。「女の子の方は少年課で
預かってもらってます」
「ご苦労さん。で、あの子の母親はどうや。知らせは行ってるんやろ」
「……まともでいられる方がおかしいでしょうね」
 鍋島が重い口調で言った。
「どうします? 取り調べますか?」芹沢が訊いた。
「いや、今日はもう遅いからええやろう。だいたいのところは
認めてるんやろ?」
「ええ。三件とも自分たちのやったことだって」
 芹沢がそう言うのを聞いていた一条はがっくりと項垂れた。
彼女は今でも、美登利が共犯だったとは信じられないでいたのだ。
「とにかく、これで事件は半分解決や。おまえらも疲れてる
やろうから、今日のところは帰ってええぞ」
 そして課長は芹沢を見て、「芹沢、おまえ確かアパートは
中津(なかつ)やったな?」と言った。
「ええ。それが何か?」
「それやったら、一条くんを送ってやってくれへんか」
「俺がですか?」
「せや。彼女の宿泊先も中津に近いし。タクシー代は経費で
落とすから。な?」
「はあ……」
「送ってやれよ。彼女、だいぶ疲れてるみたいやから」
 鍋島が真面目くさった顔で言った。
「……ああ」
 そして芹沢はゆっくりと後ろを振り向き、濡れた髪のまま長い
溜め息を漏らしている一条をぼんやりと見た。

 一階のロビーでタクシーを待っていると、後ろから鍋島が
近づいてきて彼に訊いた。
「お嬢さんは?」
「トイレだろ」
「ふうん……」
 鍋島は意味ありげに頷き、にやにや笑って芹沢を見た。
「何だよ、余計なこと言うなよ」
一触即発、やな」
 そう言い残すと鍋島は先に帰っていった。
 その背中を見送りながら、芹沢は困ったように笑って俯いた。
 やがてタクシーが到着した。芹沢は一条が廊下の奥から
出てくるのを待って乗り込んだ。

「──信じられないわ。あの子が共犯だったなんて」
 タクシーの中で一条が口を開いた。
「厳密に言うと彼女は首謀者だ。中年女の方は実行犯って
とこだな」
「あんなに無邪気でいい子だったのに」
「言ったろ。近頃のガキは器用なんだって」
 一条は芹沢を見た。「あなたの穿った見方が正しかったわけね」
「別に、そんなこと言ってるんじゃねえよ」
 芹沢は小さく笑うと、すぐに真顔に戻って一条に振り返った。
「まだ強盗の方が残ってるんだからな。それがあんたの本来の
事件なんだし、いつまでもがっくりしてらんねえぜ」
「分かってるわ」
 そう言いながらも、一条はまた深く溜め息を吐いた。

 タクシーが一条の泊まっているホテルに着いた。ドアが開き、
彼女はゆっくりと両足を下ろした。
「大丈夫か? 足、痛めてるんじゃねえのか?」
「ほとんど治りかけてたんだけど、あのときまた──」一条は
顔を歪めた。
「部屋まで送ってくよ」
「いいのよ。このまま乗って帰って」
「かまわねえさ。ここからなら歩いたってすぐだし」
 そう言うと芹沢は笑顔を浮かべた。「心配するなよ。俺は
送り狼なんかじゃねえからさ」
「そんな意味じゃないけど」と一条も微笑んだ。「……じゃあ、
助けてもらうわ」

 タクシーを降りて二人は中に入った。フロントで鍵を受け取り、
一条は芹沢に支えられながらエレベーターに乗り込んだ。
 部屋の前まで来ると芹沢が鍵を回し、ドアを開けた。そして
一条に鍵とバッグを渡して言った。
「じゃあな」
「いろいろごめんなさいね」
 芹沢は首を振った。「疲れてるんだったら、明日はゆっくりで
いいぜ」
「大丈夫よ。こんなくらいじゃヘコんでらんないわ」
「無理すんなよ」と芹沢は笑った。「じゃ、おやすみ」
「おやすみなさい」一条は俯き加減で言った。 
 芹沢は分厚い絨毯の敷かれた廊下を戻っていった。実際、
彼自身も今夜は相当疲れていた。

「──ねえ、待って」

 声を掛けられ、芹沢はゆっくりと後ろを向いた。
 一条はさっきの様子のままで、ドアにもたれるようにして
立っていた。
 芹沢は何も言わずに彼女の言葉を待った。
「……分かってるんでしょ、あたしが何を言おうとしてるのか」
「そりゃあ分かるさ」
「だったら、お願い」
「いいのかよ、そんなこと言って」
 芹沢はじっと一条を見据えた。「ボーイフレンドがいるんだろ」
「でも、今ここにはいないわ」一条は俯いた。「いるのはあなたよ」
「確かに」
「独りになりたくないの。やっぱり……怖かったから」
 そう言うと彼女は顔を上げた。
「そばにいて」

 芹沢は戻ってきた。そして彼女の手を取ると、空いた手で
ドアを押さえて顔を覗き込み、言った。
「自分は送り狼じゃねえって言ったやつで、実際その通りだった
試しはないんだぜ」
「よく覚えておくわ」
 一条はほっとしたように微笑んだ。その笑顔は、彼女が
大阪へ来て初めて見せた、穏やかで優しい笑顔だったように思えた。
 芹沢は一条にキスをした。二人はそのまま部屋に入り、芹沢が
後ろ手でドアを閉めた。
 
        

目次 へ
第七章 1(前) へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票  

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]