忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第六章  5(前) ~

 
      5
 
 
 護衛も三日目を迎えた。
 鍋島は毎朝決まった時刻に丸山和子を八尾の職場まで送ると、
しばらくはその周辺を車で巡回した。しかしいつも特に不審な
人物は見当たらず、何となく心細い気分で大阪市内へ戻って
いくのだった。
 そして昼間は仲間に裏切られて無念の死を遂げた──きっと
殺人犯はそう思っているのだろうが、鍋島はちっともそんな風には
考えていなかった──飯田健と関わりのある人物の割り出しに
懸命になった。
 しかしすでに一条が同じことをやって徒労に終わっている通り、
それらしい人物は浮かび上がってこなかった。

 飯田健は孤児だった。市内の施設から高校まで通い、その後は
西宮市の小さな文具メーカーで真面目に働いていた。それが
なぜだか去年の秋、突然退職してしまったのだ。
 時期的に考えて丸山に誘われたのだな、と鍋島は考えた。
それから先の行動は、大阪ではまるで判らなかった。
 やがて今月の五日、自ら強盗に入った横浜の宝石店の前で、
ひき逃げ死体となって発見されたのである。

 孤児の飯田には当然、肉親はいなかった。刑事たちは同じ
時期に施設にいた人間や関係者を洗い出し、全員で手分けして
消息の分かる限り調べてまわったが、施設を離れてからの飯田と
親しい者は誰もいなかった。
 それどころか、ほとんど全員がその頃の話をしたがらなかった。
無理もないなと鍋島は思った。誰だって望んでそんなところで
育ったのではないはずだ。

 やがて太陽が西に傾き、街の隅々までが朱に染まり始める
五時をまわると、鍋島は再び八尾へ向かって車を走らせるのだった。



 芹沢と一条の方は、もう少し護衛に忙しかった。
 丸山美登利は中学三年生で、東成区の公立中学に通っていた。
  女子バトミントン部の部長で生徒会の副会長でもあり、成績優秀、
当然クラスの人気者だった。決して家庭的に恵まれているわけでは
ないのに、本当に明るく、活動的な学校生活を送っている。いったい
どうしたらこんなに気丈でいられるのだろうと、芹沢も一条も
美登利の様子を不思議にさえ感じていた。

「──刑事さん、お待たせ」
 五時半をまわって生徒たちの姿が途絶え始めた校内から
出てきた美登利は、校門の向かいに停めてあった車のウィンドウを
叩いて中の一条に微笑んだ。  
 身長165cm、体重52kgの育ち盛りの身体を白いブラウスと
千鳥格子のプリーツ・スカートで包み込み、上半身を直角に屈めて
窓を覗いている。耳のあたりでカットした丸いシルエットのショート
ボブの髪型が、まだあどけない顔によく似合っていた。
「お帰り。どうだった? 部活は」
 一条は笑顔で言うと後部座席に振り返ってドアを開けた。
「試験が終わるまで今日でいったん終わりやていうのに、集まりが
悪くって。いくら試験前やて言うても、ちょっとひどすぎるわ」
「仕方ないわよ、みんな美登利ちゃんみたいに成績がいいわけ
じゃないんだもの。試験前になると慌てて勉強し出すのよ」
「刑事さんはどうやったの?」
「もちろん、成績優秀だったわ」一条はさらりと言った。「一学年
三百人中、いつも三番以内よ」
「……すごい」
「と言っても、女子校だったからね。男子がいないのって、
あまりたいしたことないのよ」
「それでもトップ3なんてすごいわ。あたし、一条さんのこと
尊敬する」
「ありがと。で、どうするの? このまま塾へ直行?」
「もう一人の刑事さんは?」
「新聞買ってくるって言って、環状線の駅まで行ったんだけど──」
 一条は時計を見た。「まったく、何やってんのかしら」
「ねえ、一条さんって、あの刑事さんのこと好きなん?」
「……何でそういうこと考えちゃうわけ?」
 一条は唖然とした顔で振り返った。
「だって、見てたらそんな感じやし」
「あのね、美登利ちゃん」一条は噛みしめるように言った。「あたしと
芹沢刑事は仕事で組んでるの。好きで一緒にいるわけじゃないのよ」
「分かってるけど──二人ともなんか愉しそうやし」
「あなたを不安がらせないように、わざと明るく振る舞ってるの。
みんな打ち合わせ済みのことなのよ。大人って、あなたが思うほど
単純じゃないのよ」
「そうかなあ」と美登利は首を傾げた。「でもあの刑事さん、
超オトコマエよ。あたし、あんなにかっこいい男の人に会ったの、
初めて」
「何言ってんの、男は顔じゃないわよ。よく覚えときなさい。あのテの
男は逆に要注意よ。ルックスを武器に、女を食い物にするのが
多いからね。まあ、食い物にされる女も馬鹿なんだけど」
 ふうん、と美登利は感心したように頷いた。

 そこへ当の芹沢が戻ってきた。左脇に新聞を挟み、手には
ソフトドリンクの缶を二つ持っている。右手には自分の缶コーヒーを
持ち、飲みながら歩いてきた。
「よ、お帰り、お嬢ちゃん」
 車に乗り込みながら芹沢が言った。「待ってたよ。その可愛い
笑顔を早く見たくてさ」
 そんな芹沢を指差し、一条は美登利に振り返った。
「ね。調子がいいでしょ」
「誰がだよ」
「あなたよ。何やってたのよ、今まで」
「うるせえなあ、そうガミガミ言うなよ。ほら、お土産だってちゃんと
買ってきてやったんだから」
「そんなの買ってきてって言ってないわよ」
「何だよ? 何とんがってんだよ」
 そう言うと芹沢は後ろの美登利に振り返った。「このお姉さん、
どうしちまったんだ?」
「一条さんも女だから、いろいろあるんよ」
「美登利ちゃん、余計なこと言わないの」
 芹沢はまじまじと一条を見て、すぐに何か思いついたように
目を細めた。 
「ああ──始まったのか
「バカっ!」
 一条は思い切り芹沢の腕を叩き、顔を真っ赤にして前に向き
直った。「ほら、早く出しなさいよ!」
「──ったく、何だってんだよ……」
 芹沢は腕をさすりながらキーを回した。 





目次 へ
第六章 5(後) へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票  

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]