忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第六章  3 ~

 
      3
 
 
 その日の夜、自宅を訪ねてきた三人の刑事たちからすべての
話を聞かされた丸山和子(かずこ)は、しばらくの間呆然として
言葉が出なかったようだ。
「──そうですか……丸山がそんな大それたことを……」
「最近、奥さんに連絡はありませんでしたか?」
 長方形の座卓を挟んで和子の正面に座った鍋島が、相手を
じっと見つめて訊いた。
「去年の十一月に横浜へ行ってから、だいたい週に一度は
連絡を入れてくれてたんですが、二月ほど前からぱったり
途絶えて……」
 和子は俯き加減で言うと言葉を詰まらせた。「真面目に
働いてくれてる もんやと思ってたのに、まさかこんな──」
「まだあなたのご主人と断定されたわけではないんですよ」
 一条が思わず慰めた。
「そうおっしゃっていただいてありがたいですが、田中さんが
殺されてしまった以上、私たちも覚悟すべきだと思っています」
「田中耀子をご存じなんですか?」
「ええ。去年の夏頃から、よく店に来られてましたから」
「そうですか」
「丸山さん、こうなった以上、我々も丸山さんとお嬢さんの身に
危険が及んでいることの否定はできません。それにもしかすると、
犯人は強盗犯も狙ってくるかも知れないんです。これ以上の
犠牲者を出さないためにも、俺たちにお二人を護衛させて
いただきたいんですが、ご協力願えますね?」
 それまで黙っていた芹沢が、極めて冷静とも取れる穏やかさで
言った。
「ええ、でも、美登利(みどり)が何というか──」 
 和子は背にしている襖に振り返った。
 すると、待っていたようにその襖が開いた。中から十五歳くらいの
色白の少女が、気丈そうな顔を見せて母親を見下ろした。
 少女は母親の前に膝を突き、その顔をまっすぐに見て言った。
「お母さん、あたしは大丈夫。刑事さんの言うとおりにするから」
「美登利さんね」一条が言った。
「はい」
「これからあたしたちがあなたやお母さんと一緒に行動するけど、
それでも構わないのね?」
「ええ。お父さんも悪いと思うけど、その殺人犯ももっと悪いもの。
刑事さんたちが捕まえてくれるなら、あたし協力します」
 中学生とは思えない、しっかりとした話し方だった。
「約束するわ」
「じゃあ、お母さんの方も承知していただけますね?」
 鍋島が和子に訊いた。
「私も、ですか?」
「ええ。犯人がどちらを狙ってくるか、分かってるわけや
ありませんから」
「でも、私は勤めが」
「ご心配なく。お勤めの行き帰りやその他の外出の際に
同行させていただくだけですから。普段通りの生活を続けて
もらっていいんです。決してお勤めの邪魔はしませんよ」
「分かりました」
「あ、でも」と美登利が声を上げた。「あたし──部活とか塾は
休んだ方がいいですね?」
「ううん、やってくれていいわ」と一条は微笑んだ。「車の送り
迎えがつくのって、なかなか気分がいいものよ」
「申し訳ありません。元はと言えば主人の不始末からこんな……」
 和子は言うと俯いて涙ぐんだ。
「お母さん」美登利は母親の肩を抱いた。
「気になさらないでください。これがあたしたちの仕事なんです」
「そうですよ」と鍋島も同意した。「あなた方も、被害者なんですから」

 それから三人は明日の朝八時前には二人を迎えにくると約束し、
今夜は別の捜査員がアパートの周辺を張りつくことになっては
いるが、戸締まりはちゃんとするように、そして決して無断で
外出しないようにと言い聞かせてアパートを後にした。

 署に戻る車の中で、三人はそれぞれの役割分担を打ち合わせた。
「俺は母親につくよ」運転席の芹沢が言った。
「それって、一番楽だと思ってるからでしょ」
 後部座席から一条が言って、ルームミラー越しに芹沢を一瞥した。
「そうじゃねえよ」芹沢もミラーを覗き込んだ。「あんたは娘に
つくんだろ。またヘマにつき合わされるのはごめんだからさ」
 一条は黙り込んだ。
「あれ? 結構気にしてるじゃねえかよ」
「……あなたって、本当に陰険なのね」
「そうや。こいつは人の傷口に塩を塗り込むのが大好きなんや」
 鍋島が言って一条に振り返った。「警部、言い返してやれよ。
実はこいつ、一週間前に女にフラれたばっかりなんや」
「あら、そうなの?」一条は面白そうに片眉を上げた。「それだけ
顔が良くっても、そういうことあるんだ」
 芹沢は鍋島を睨んだ。「……人の傷口に塩を塗り込んでるのは、
おまえだろ」
「ええから、どうするんや? 俺が警部と一緒に娘についても
ええけど、おまえ、母親の勤め先がどこか分かってて言うてるん
やろな?」
「──どこだっけ?」
「八尾(やお)。もうちょっと行ったら奈良やて言うてたぞ」
「げっ、そんな遠くまで行ってんのかよ、あのおばちゃん」
 芹沢は声を上げた。 「娘の学校は?」
「近所の公立中学」
「おまえ、八尾まで送り迎えしても構わねえのか?」
「別に」と鍋島は肩をすくめた。「どっちにするんや。早よ決めろ」
「……娘にしとくよ」
 鍋島は一条に振り返った。「ということです、警部」
「いちいち時間が掛かるのね」
 一条は呆れ顔で二人を見た。

 こうして三人は署に戻った後、明日からの大役に備えて入念な
打ち合わせをした。
 事件のおおよその筋書きが明らかになった今、捜査本部にも
やっとこの事実が報告された。捜査一課の連中は頭から湯気を
噴いて怒ったが、今や仲間割れしている時期ではないということが
彼らにも分かっていた。しかも神奈川県警の刑事までもが
西天満署の連中に味方しているとなると、ここは我慢しようと
いうことになったのだろう。連中は一通り不満を口にしたあとは
比較的あっさりと植田課長の示した今後の方針に同意した。
 片や植田課長以下刑事課一係の面々は、おそらく次回
西天満署に捜査本部が置かれたときには、間違いなく今回の
仕返しをこっぴどくやられるだろうということを覚悟しながら、
彼らの冷静な対応に感謝の意を示したのだった。

 そういう過程を経て、刑事たちには犯人逮捕に向けて全力を
上げる意気込みが出来上がっていった。
 こうなったら、徹底して丸山の妻子の周辺に張りつくしかない。
犯人はきっと現れる。捜査員全員、自分たちの勘に断固とした
自信を持って賭けることにしたのだ。
 今まで、あれこれ考え過ぎて駄目だった。大詰めを迎えたときは、
信じる道を突き進むしかないのだ。
 そうでなければ、いつまでたっても幕を下ろすことなどできない
だろう。 



目次
第六章 4 へ



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票 
 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]