忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第六章  2 ~


     2 
 
「これで全部繋がったんだわ」
 刑事課のデスクの周囲を行ったり来たりしながら、真っ赤な
ツーピース姿の一条警部は興奮気味に言った。
「昨日、一条警部に怪我を負わせて逃げた男は、西端千鶴の
母方の従兄の工藤(くどう)達彦。高校を出たあと横浜で就職
するって言うて家を出ていったきり、身内とは音信不通やったって、
千鶴の部屋を片付けに来た両親が写真を見て証言しました」
 デスクの一つに着いた島崎が課長に言った。
「やっぱり、二人は知り合いやったんやな。久しぶりに会って、
工藤は思わず盗品を彼女にプレゼントしたんやろ」
「田中耀子も、この丸山譲次(じょうじ)って男と恋愛中でした。
やつの経営していた喫茶店に行ってみましたが、すでに人手に
渡ったあとでした」芹沢が言った。
「そいつの家族は?」
「店を買い取った人物に訊いて、東成区の市営住宅に行ったん
ですが、留守でした。隣人の話だと、女房は勤めに出ている
そうですが、今日は休みらしくて、俺たちが訪ねる少し前に
外出したということです。娘もいませんでした。また後で行ってみる
つもりです」
「となると、残りは山蔭留美子の線や」
「そっちも今、係長が当たってます。母親に会うてもう一度話を
聞きだして来るって」と島崎。
「そこで宝石強盗との繋がりが見つかったとしたら──」
 一条は言って鍋島を見た。
「つまり、犯人は強盗と何らかの関わりのある人物を順に
殺してるってわけや。しかも、ただの顔見知りやなくて、ある程度
濃密な関係の人物を」
「それに『逆恨みだ』って叫んだのが西端千鶴で間違いないと
すると──」
「犯人は強盗にかなりの恨みを持ってるんや。その腹いせに
連中の関係者を一人一人消していってる」
「まさか、被害に遭った横浜の宝石店の関係者じゃ」
「それはないと思うわ。事件が起こったとき、従業員の中に
内通者がいないかどうか、徹底的に調べたもの。だけど誰一人
関西方面に明るい人物はいなかった。よそ者にはこんな
連続殺人を犯すのは無理でしょ?」
「それに、恨んでる相手を直接殺さずにその関係者を狙うあたり、
復讐の色がかなり濃い」島崎が言った。「だからこそあんな
殺し方になる」
 五人はそれぞれに俯き、黙り込んだ。ここまで分かってきている
のだから、あとはその人物さえ特定できればすぐにでも解決する。
しかし、肝心の強盗さえ捕まえられていないのだから、誰が連中を
恨んでいたのかまではすぐに分かるはずもなかった。

「──や、遅くなってすいません」
 間仕切り戸を開け、高野警部補がハンカチで汗を拭いながら
入ってきた。
「どうやった? 何か聞きだせたか?」と課長が言った。
「ええ、どうしても言いとうなかったらしいですけど、こっちの事情を
説明したら、ようやくぽつりぽつりと」
 そう言いながら高野は刑事たちの集まる場所へやって来た。
「留美子の父親が早くに亡くなったって言うの、あれ嘘です。
きっと、大学の友達には言いとうなかったんでしょうね。自分が
未婚の母の子供やってことを」
「山蔭幹江は結婚してなかったってことですね?」
「ああ。留美子本人も知ってたらしい」
「彼女が殺される前に会うって言ってた人物は、きっとその父親
だったんですね」
「母親は知らんかったらしいが、彼女、いつの間にか父親の
消息を突き止めてたんや」
「もしかして、その父親って言うのが──」鍋島は高野を見た。
「藤川敏蔵
(ふじかわとしぞう)、六十二歳。三係に訊いたら、これが
なんと十五年前に足を洗ったはずの金庫破りや」
「また一つ」と一条が言った。
「残りは一人。仲間にひき殺された飯田健や」
「でも飯田は施設育ちで身寄りがなく、勤めていた頃の同僚も
ほとんど彼とはつき合いがないんです。強盗事件が発生した
ときに彼らから何らかの手がかりを掴もうと懸命に調べましたけど、
横浜の交友関係も何も出てこなくて、ほとんどお手上げでした」
「けど、一人くらい出てきても良さそうなもんだよな」
「そんな感じじゃ、殺しの犯人も困ってるやろ」
 島崎が苦笑しながら言った。 「殺そうにも、その対象となる
人間がいてへんのやから」
「だいいち、恨むって言ったって、彼だって死んでしまってる
わけでしょ。いわば被害者の一人と言えなくもないのよね──」
「それや!」
「何や、鍋島」課長が驚いて振り返った。
「犯人は連中に見捨てられて死んだ飯田の関係者ですよ。
それで復讐のために残りの連中と関係のある人物を一人一人
殺したんや。しかも、女性を殺すことによって俺らに通り魔殺人と
思わせようとした。当人同士は無関係なわけやから、どうしても
こっちはそう考えるでしょ。おまけにあの殺し方や。残忍な
殺害方法を見ると、警察はすぐに犯人が変質者か異常者やと
考えるけど、そんな人種が世間で当たり前の存在になる前は、
さっき主任が言うたみたいに、酷い殺しはほとんど復讐による
ものやったはずです。それをすぐに変質者か異常者の仕業やと
思い込むなんて、俺らはあまりにも不条理な殺人に馴らされて
しもたんや」
「……そうだな」芹沢が深く頷いた。
「でも、どうやってその人物を割り出す? 一条警部の言うとおり、
飯田と関わりのある人間を捜し出すのは難しいぞ」
 高野が言った。
「強盗にまた尻尾を出してもらうしかないかしら」と一条は自嘲
気味に言った。
「それだよ、俺が気懸かりなのは」
 芹沢が言って課長に振り返った。「丸山の妻子ですけど、
恋人だった田中耀子が殺されたからって、これで終わりだって
言えるんですかね? 山蔭留美子も西端千鶴も、強盗とは一応の
血縁関係にあるわけでしょ。それが最後に不倫相手では、
殺しの犯人にとっちゃ何となく弱いって思うんじゃないですか」
「しかし、丸山とは男女の仲やぞ。繋がりは十分強いんやないか」
「……そんなもんですかね」と芹沢は鼻白んだ。
「おまえには分からんやろ」鍋島が小声で言った。
「しかし、芹沢の言うことも無視できんな。となると、まず本人らに
知らせるのが先決や」
 課長は芹沢を見た。「女房がどこへ出掛けたのか、隣人は
知らんのか?」
「ええ、そこまでは」
「植田課長、課長はその二人に護衛が必要だとお考えですか?」
 ここで一条が口を挟んだ。
「ああ。その方がええやろな」
「じゃあ、それはあたしにやらせてください」
「きみが?」課長は顔を上げた。「しかし、きみ……」
「大丈夫です。今度はヘマはやりません。それに、母親と娘の
護衛なら、女のあたしの方がいいんじゃないでしょうか」
「その代わり、おたくの護衛も要るぜ」
 芹沢が言って小さく笑った。「何でそういうのを横浜から連れて
こなかったんだよ」
 一条は芹沢を無視し、課長を見つめた。「駄目でしょうか」
 課長は困り果てて首を傾げた。そして上目遣いで高野を見ると、
ゆっくりと顔を上げた。
「係長、どう思う?」
「そうですな──」
 高野は頷きながら鍋島と芹沢に振り返った。「この二人と
一緒ならいいんじゃないですか」
「「ンなんでっっっ!!」」
 二人は同時に叫んで高野を見た。
「せやな、うちの課きっての大立ち回り好きの二人や。一条くんも
心強いやろ」
 課長は頷いた。「鍋島、ええな?」
「……芹沢がええって言うんなら」鍋島は投げやりに答えた。
「どや、芹沢?」
「鍋島……おまえのそういうとこ、俺は本当に忌々しくってしょうが
ねえよ」
 頭を抱え込むようにして俯いていた芹沢が呟いた。しかしやがて
諦めたようにのらりくらりと顔を上げると、今度は一条に言った。
「名誉挽回のチャンスもねえまま、横浜へ帰りたくねえんだろ」
「ええ、そうよ」
「だったら仕方ねえよ」と芹沢は目を逸らした。「お供させて
いただきますよ」
「これだからあなたたちって憎めないのよね」
 一条は嬉しそうに微笑んだ。


目次 へ
第六章 3 
 



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票  
 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]