忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第六章  1(前) ~

 第六章  ララバイ──Lullaby
 
      1
 
「──最初は十八歳の真面目な女子大生、次は二十一歳の強盗と
知り合いのウェイトレス。そして今度は三十三歳の離婚歴のある会社員か」
 運転席の窓を開けてそこから片肘を出し、左手だけでハンドルを
持った芹沢は自棄気味に言って鍋島を見た。その渋い表情は
効きの悪いエアコンのせいであり、事件の被害者がまた一人
増えたせいでもあった。
「この次は四十代の家庭の主婦と違うか」
 助手席の鍋島はうんざりという感じで言って苦笑した。
「そのまた次は五十代のオールド・ミスかも」芹沢がさらに続ける。
「最後は百歳の双子だったりして」
「そこまで行ったらもう俺らの管轄外や」
「とにかく、これ以上続けられちゃたまらねえ。丸一週間、休みなしだ」
「しかも一日十八時間──いや、もうちょっとで二十時間労働や」

 二人の乗った車は東淀川区の下新庄(しもしんじょう)付近を、
阪急京都線を右に見て走っていた。今朝の五時に発見された
第三の被害者・田中耀子(たなかようこ)の別れた夫を訪ねるため
だった。車のデジタル時計は九時十五分を指しており、早くも夏の
強い陽射しがフロントガラスの真正面から照りつけていた。

「西端千鶴は殺られる前に逆恨みだって言ってたんだろ」
「ああ、トイレから聞こえてきた声の主が彼女やとしたら、やけど」
 鍋島は煙草に火を点けながら答えた。「まず間違いないやろ」
「それが正しいとしたら、彼女自身には殺される理由はないって
わけだ。しかもこの三件の犯人が同じやつだと考えられる以上、
犯人はこのうちの誰か一人とだけ繋がりがあるってこともありうるぜ」
「それでもやっぱり三人とも、犯人を知ってる誰かとは関係がある
はずや。でないと逆恨みってことさえ成立せえへんやろ」
「そうか、となるとやっぱり鍵になるのは三人に共通する人物って
ことか」
「宝石強盗の方はどうやろ。連中の一人が偶然西端千鶴と知り合い
やったってだけなんかな」
「そうだろ。昨日お嬢さんが逃がした男、西端千鶴が殺されたって
聞いてやけに驚いてたってよ」
「芝居やないんか?」鍋島は怪訝そうに言った。
「さあ、何とも言えねえな。けどそもそも横浜で強盗事件を起こした
連中が、逃走先でわざわざこんな派手な殺しに関わるってのも
どうかと思うぜ」
 まあな、と鍋島は頷いた。「やっぱり、殺しそのものとの関連性は
認められへんってことか」
「あれこれ推測するより、三人の被害者の身辺を徹底的に洗う方が
この際手っ取り早いんじゃねえの」
「……ええ加減、こんなパズルゲームみたいな話にはうんざりや」
 そう言うと鍋島は両手を後ろに回し、咥えていた煙草から勢いよく
煙を吐いた。

 やがて車は古ぼけたコンクリート造りの七階建ての建物が規則
正しく並ぶ公団住宅に到着した。二人は三棟の前で車を降り、
そして建物中央にある広いだけでまるで殺風景なエントランスへと
入っていった。
 六階の突き当たりの部屋で二人を迎えたのは、背だけがやたらと
高くて他にはこれといって特徴のない、三十代半ばの不健康そうな
男だった。
「山崎賢作(やまざきけんさく)さん?」
 鍋島が天を仰ぐように男を見上げて言った。
 男はじっと二人を見て頷いた。「警察の方ですね」
「西天満署刑事課の鍋島と芹沢です。今朝はわざわざお電話を
いただいてありがとうございました」
 鍋島は儀礼的とも言える手早さでブルゾンのポケットから警察
手帳を出し、男に示すとすぐに引っ込めた。
「テレビを見てたら、耀子の名前と顔写真が映し出されたもので」
 男はぼんやりと言った。「とにかく、お入りください」
「失礼します」

 2LDKの部屋は綺麗に整頓され、掃除も行き届いていた。しかし
そのこぢんまりとまとまった家具や無駄のない電化製品からは、
ここが男の一人所帯であるということが容易に伺い知れた。
鍋島にせよ芹沢にせよ、こことたいして変わりのない部屋で長い間
暮らしているので、こういう色気のない部屋には見ただけでピンと
くるものがあったのだ。

 山崎賢作には、自分の元女房が死んだ今でも、あまり驚いたり
悲しんでいる様子はなかった。二人の刑事を客間に座らせ、自分は
落ち着き払って台所でコーヒーの豆を挽いている。しかも、わざわざ
警察に自分の存在を知らせる電話を入れるなんて、別れたとはいえ
ちょっと冷静過ぎやしないか。
 自分から別れを告げた女房に今になって未練たらたらという、
始末の悪い友達を持つ鍋島ではあったが、目の前の山崎のような
男も、逆に何となく気に食わなかった。別れた男と女のあるべき姿と
しては、いったいどっちが正しいのだろうと、鍋島は真剣に考えたり
していた。

「最初に言うておきますが」
 ダイニングの椅子に腰を下ろし、山崎は客間の二人に向かって
言った。
「耀子を殺したのは私ではありませんよ」
「そのようですね」と芹沢は面白くなさそうに言った。「ただ、一応
それを証明していただかないと」
「アリバイですね」山崎は頷いた。「彼女が何時に殺されたのかは
知りませんが、昨夜の八時以降なら証明できると思います」
「どなたかとご一緒やったんですか」鍋島が訊いた。
「ええ、今朝の六時頃までずっと」
 そう言うと山崎は立ち上がり、キッチンの流し台に置かれた
コーヒーメーカーのところまで行った。「ここへは七時前に戻って
きました」
 女のところだな、と芹沢は思った。そして、この男はそれを訊いて
もらいたがっている。自分から嬉しそうに女の存在をひけらかす
あたり、入れあげているのはこの男の方だ。じゃあ女はどうなんだ?
……ふん、誰が羨ましいもんか。
「相手はどなたです?」鍋島が無感情に訊いた。
「新地のクラブでフロアレディをやっている女性です」
 カップにコーヒーを注ぎながら、山崎は嬉しそうに答えた。
「そうですか」鍋島は小さく溜め息をついた。
「ホステスだと信用できませんか?」
「いえ、そういうわけでは」と鍋島は顔の前で手を振った。「その方の
お宅に伺ってもいいでしょうか。急ぎますので、この後すぐってことに
なりますけど。夜のお仕事をなさってる方の中には、朝早くお宅に
お伺いするのを嫌がる方がいらっしゃるもので」
「構わないと思いますよ。ただ──事前に連絡を入れていただいた
方がいいかと」
「お留守とか?」
 トレイの上に三つのカップを乗せて、山崎は黙って客間に入ってきた。
 そして低いテーブルの上にそれらを並べると、二人の向かいに
座って言った。
「化粧してないかも」
 二人は思わずのけぞった。──馬鹿か、こいつは。
「別に、クラブの客として行くんじゃありませんよ」芹沢が笑って言った。
 そりゃそうですね、と山崎は照れ臭そうに頭を掻いた。「あ、どうぞ、
コーヒーを」
 二人は軽く頭を下げ、カップを少し手前に引き寄せた。




目次 へ
第六章 1(後) へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票  

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

こちらで拝見

冒頭の芹沢氏の毒舌が輝いてますね

久しぶりにこちらから拝見しました

  • from 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン) :
  • URL :
  • 2012/06/24 (07:09) :
  • Edit :
  • Res

奄美 剣星様

こちらに来て頂いてたのですね^^ ありがとうございます
最近はここはめったに動きがないので、見逃してしまうところでした^^;
ストーリー、覚えて下さっているでしょうか^^;

芹沢くんは相変わらずです 
  • from みはる :
  • 2012/06/24 (21:27)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]