忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第五章  5(後) ~


 それから萩原は部屋に上がり、今までの経緯を告白した。
 今夜のことだけでなく、榊原に対する美雪の今の態度や
誕生会のこと、そして萩原が榊原に会って話したことのすべてを、
まるで朗読でも聞かせているかのように打ち明けた。
 鍋島は萩原が話し終わるまでは時折簡単に質問をする程度で、
あとは黙ったまま何の意見も言わなかった。それはあたかも、
彼がいつも西天満署の取調室でやっているのと同じような光景
だった。
 芹沢はというと、ダイニングのテーブルで一人頬杖を突きながら、
一歩退いた感じでリビングの二人の様子を眺めていた。

「──自分でも、ひどいことをしたと思うよ」
 ロー・テーブルの前に座って俯きながら、萩原は今にも消え入り
そうな声で言った。
「はっきり言うて、そのひとことに尽きるな。おまえがそこまで
自制心のないやつやとは思わへんかった」
 萩原の向かいに座った鍋島は不愉快さを露わにして言った。
「そう言われても仕方ないんや」
「これっきりにしようと決めたからと言うて、俺はそれで済んだとは
思わへんけど」鍋島は萩原を見た。「あっちの旦那にはもちろん
内緒なんやろな」
「もちろんや」と萩原は顔を上げた。「智子が良くても、俺は──」
「そらそうやろ、見事に裏切ったんやからな。美雪ちゃんのことで
おまえにいろいろ気ィ遣ってくれた人やていうのに」
「……その通りや」
「おまえと智子の間に、どういう気持ちの行き来があったかは
知らんけどな。智子はおまえの方から離婚を言い出した
相手やぞ。言うてみりゃ、おまえが捨てた女や」
「ああ」
「しかも、今は他人の女房なんやで」
 鍋島は畳みかけるように言うと煙草を吹かし、苛立ちを隠そうとも
せずにその煙草を灰皿に押しつけた。
 そして今度は突き放すように言った。
「不倫や、不倫。おまえら今どき不倫してるんや」
「鍋島、そう食ってかかるなよ」
 ここで初めて芹沢が口を開いた。鍋島は振り返った。
「その人だってそれがよく分かってるから、ひどいことしたって言って
苦しんでるんじゃねえか」
「苦しむぐらいやったらそんなことせえへんかったらええんや」
「……刑事(デカ)の考え方だ な」と芹沢は鼻白んだ。
「違う。俺自身の考え方や」と鍋島はムキになった。「萩原は
犯罪者やないんや」
「じゃあそういうことにしといてやるよ。けど、今はそう言ってても、
お前だってその人の立場に立ったらどうなるかなんて、本当の
ところは分かったもんじゃねえぞ」
 そう言うと芹沢は萩原を見た。「俺は彼女の方にも責任はあると
思うけど。離婚の時はどうであれ、少なくとも再婚は自分の意志で
決めたんだろうしさ。それを今になっておたくへの気持ちをあれこれ
言ってくるなんて、それが誘い水になるってことが分からねえ
わけじゃねえだろうに。ちょっと罪だぜ」
「智子にも、それはよう分かってるんや」
「そりゃあ俺だって気持ちは分かるよ」と芹沢は笑った。「俺だったら、
相手に亭主がいようといまいと関係ねえからな」
「おい、芹沢」と鍋島が口を挟んだ。
「分かってるよ」
 芹沢は鍋島に言うと頬杖を突いて続けた。「まあ、誰に限らず、
結婚しちまうと途端に隣の芝生が青く見え出すって言うじゃねえか。
そんな場合、別の新しい相手に目が行くやつがほとんどだろうけど、
中には昔の恋人を思い出すやつだっているだろうし」
「いや、俺と智子はそんな──」
「もっと純粋だって言いてえの?」芹沢はすかさず言った。「たった
一日で恋に落ちることもあるとは思うけど、俺はそれがまったくの
純愛だなんて思えないけどね。結局のところ、自分たちの現状が
あまり面白くねえってことの現実逃避から始まってるんじゃねえの?」
 萩原は黙っていた。鍋島の半ば感情的とも言える批判には、
彼との長い間のつき合いで慣れっこになっていたが、鍋島を通して
数回顔を合わせただけの芹沢とは、ろくに話したことなどなかった。
それだけに、彼の冷ややかだが的を得た話し方は、その考えの中に
いくぶん屈折した渇きのようなものを感じながらも、萩原には耳の
痛いものだった。
 やがて顔を上げた萩原に、芹沢は最後にこう言った。
「今夜のことを正当化したり、綺麗な思い出にしない方がいいと思うぜ。
でないと、いつまでも抜け出せなくなるからさ」
 そして彼はゆっくりと視線を逸らし、
「経験者は語る、ってやつよ」と呟いた。

 
 依然として激しい後悔の念に押し潰されそうになりながらも、萩原は
引き留める二人を押し留めて、逃げるように帰っていった。
 玄関先まで出て彼を見送った鍋島と芹沢はやがてダイニングに
戻ってくると、共に大きなため息を漏らして腰を下ろした。

「あんなにひどく後悔するあたり、ほんとにデリケートなんだな」
 芹沢は言うと缶ビールの残りを飲んだ。鍋島はテーブルの煙草を
取って一本抜き取り、火を点けた。そして勢い良く煙を吐き出すと、
そのついでに言葉も吐き出すような言い方で呟いた。
「──あいつがどう言い繕っても、結局は亭主の留守中に
その女房を寝盗ったってことやろ」
「そう言うなよ。誰だって昔の女にしなだれかかってこられちゃ、
手を出さねえ方がおかしいってもんだろ」
「そう考えるおまえが特別なんや」
「どうだかな。そんなの紙一重じゃねえのか? おまえでもよ」
「俺をおまえらと一緒にするな」
 鍋島は心外だとでも言うようにふんと鼻を鳴らした。
「へえ。てめえだけずいぶんお高いところへ持ち上げてるんだな」
 芹沢は振り返り、彼もまた嘲笑うように鼻白んで言った。
「何かよ。美人の秀才とつき合うことがそんなに偉いのかよ」
 鍋島は顔を上げた。「おい、どういう意味──」
「確かに」と芹沢は鍋島の言葉を遮った。「確かに、俺はもうとっくの
昔に女なんて誰でもよくなっちまってるよ。おまえの友達(ダチ)だって、
前の女房と未練たらしいことをやってるかも知れねえ。けど本当は
誰だってそんなことにはなりたかねえんだ。みんな、おまえとおまえの
彼女みたいにやれればいいと思ってるのさ。けどそれができねえ
から悩むんだろ。他人の女房に手を出したって言うけど、知らなかった
わけじゃねえ。ちゃんと分かってて、それでもやっちまうんだから、
後でああやって落ち込むんじゃねえか」
 鍋島は憮然として腕を組んだ。芹沢は続けた。
「それをおまえみたいに教科書通りの理屈で押し通して、ガンガン
頭ごなしに非難されたらたまったもんじゃねえよ。女を好きになったり
抱いたりするのは、そんな太古の使い古しの公式みたいに、決まり
切った法則で説明のつくもんじゃねえだろ?」
「それやったら何をしてもええって言うんか」
「どうせ分からねえんだよ。何でも真正面から向かっていくことしか
知らねえおまえにはよ」
 芹沢は言うと立ち上がり、椅子の背に掛けていたブルゾンを
掴んで鍋島を見下ろした。
「どうするよ。帰れって言うんなら帰るぜ。ここまで言われちゃ
おまえだって気分悪りぃだろう」
 鍋島は煙に目を細めながら芹沢を見上げた。じっと視線を
逸らさずに睨みつけると、やがてふんと笑って目を閉じ、言った。
「ここで帰れなんて言うたら、やっぱり了見の狭いやつやて
言われるに決まってるしな。俺はそんな器の小さい人間やない
つもりや。どうぞいてくれて結構」
「前半の台詞がなきゃ、もっとでけえ人間だって言われただろうぜ」
 芹沢は顔を背けた。 
 
 
 大阪港周辺は一部に水族館やマーケットプレイスが建設され、
大阪のウォーターフロントのリゾートタウンの先駆けとして、今や
休日ともなると多くの若者や家族連れで賑わっていた。しかし
それ以外の一帯はどこにでもある工業地帯で、夕陽に照らされると
不気味に輝く石油タンクが群立する中をコンテナ船やフェリーの
行き来する、決して美しいとは言えない光景が広がっていた。

 今度の死体は、そんな殺風景な夜の海に浮かんでいた。
 死んでいるのはやはり女性だった。静かに揺れる海面から半分だけ
姿を現し、波に揺られて時折コンクリートの岸壁に打ちつけられていた。
港の街灯に照らされて鈍く輝く海水に洗われ、一見無傷のようにも
見えた。けれども着ている洋服の背中が切られており、彼女が溺れて
死んだのではないことが分かった。長い髪を束ねていた白いリボンが
いつの間にか解け、今は首に絡みついている。うつ伏せで顔は
見えなかったが、洋服の色が決して年配向きとは言えない鮮やかな
オレンジ色で、ここで殺されなければ彼女はまだ先の長い人生を
送ることのできる年齢なのだと推測された。

 今は真夜中の二時で、この死体に気づく者は誰一人として通る
気配はなかった。この汚い水の中から引き上げてもらうには、
気の毒だが彼女はもうあと三、四時間は我慢しなければならない
だろう。
 その上、この死体のおかげで、大阪港とは十キロも離れた
西天満署の二人の刑事が、一週間ぶりにもらったわずか半日の
休みを返上させられる羽目になるのである。

 いったい、誰がこんなことを繰り返しているのだろうか。




目次 へ
第六章 1(前) へ





ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]