忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第五章  2(後) ~


 一方、一条は辛うじて男を見失わずに追っていた。
 学生時代は短距離の選手で、インターハイの出場経験もある。
おかげでパンプスでも競技用シューズを使用しているときに近い
走りができていた。その割には今一歩のところで男を捉えることが
できずにいるのは、はいているミニのタイトスカートのせいだった。

 その上、彼女にはまったく土地勘がなかった。だから近道を選んで
男の前に先回りをするということができず、ただひたすら男が
走ったのと同じ行程をこなさなければならなかったのだ。

 突然、男が進路を左に変えた。一条があとを追うと、そこは
パチンコ屋の裏の狭い通路だった。建物の細長い窓から吹き出す
クーラーの排気風がちょうど首筋に当たり、ものすごい暑さを覚えた。
狭い通路の足下にはいろいろなゴミが散乱し、思うように早く進む
ことができなかったが、それでも彼女は走り続けた。

 やがてまた表通りに出て、今度は向かいのサウナの横に伸びる
通路へと男は入っていった。
「いい加減にしてよ……」
 一条は大きく息を吐きながら呟いた。周囲の通行人は彼女と男が
そばを通り過ぎるときだけ驚いたように振り返ったが、一緒に
追いかけてきたり止めに入ったりするようなことはなかった。
 彼女は誰かに代わってもらいたいと思った。芹沢はどうしたの
だろう。応援を呼んでくれたのだろうか。五階から下りて来るには
それなりの時間が掛かったに違いない。そして今頃自分を捜して、
あちこち走り回っていることだろう……。

 突然、目の前の視界が広がり、雑草に覆われた野原が現れた。
走ってきた通路の突き当たりにトタン板に囲まれた空き地があった
らしく、その板の隙間から空き地に逃げ込んだ男を追って、一条も
そこに飛び込んだのだ。
 一条はあたりを見渡した。正面の高い雑草の向こうに、男がトタン
板を背に肩を揺らして彼女を見ていた。
「ちょっと……何で俺を追いかけるんや……」
 男は言った。その声は、微かだが確かに震えていた。
「……逃げたってことは、分かってるんでしょ……」
 一条も息を弾ませて言った。「あなた、カレーハウスに西端千鶴を
訪ねてきたでしょ?」
「……何のことや」
「そして彼女にペンダントをプレゼントした」
「知らん、そんなこと」
「だったら、一緒に来て申し開きをしたらどう?」
「どこへ」
「決まってるでしょ、警察よ」一条は言った。「あたしは警官よ」
「……何でそんなことせなあかんのや、俺が」
「何もやましいことがないなら、何で逃げたのよ?」
 そう言いながら一条は背中に回したバッグにゆっくりと右手を入れ、
中のブローニング二十二口径の銃身を掴んだ。
「盗んだペンダントで女の子の気を引こうなんて、せこいと思わ
ないの?」
「くそっ……!」
 男は一条に背を向け、高くジャンプして塀にしがみつき、乗り越え
ようとした。
「下りなさい!」一条は拳銃を構えた。「……下りないと撃つわよ」
 男はゆっくりと振り返った。右脇でしっかりと塀を抱え、板にできた
窪みに足を掛けて掴まっている姿は一見、アンバランスに見えたが、
かと言ってずり落ちてくる気配もなかった。足元の雑草のそばに、
ジャンプしたときに外れたサングラスが落ちていた。
「逃げられっこないのよ」
 一条はゆっくりと男に近づいた。「あなたが盗んだんじゃなかったら、
あのペンダントはどこで手に入れたって言うの?」
「……何のことだかさっぱり」
「そう。だったらこの話はどう? あなたたちが乗ってたワゴン車に
跳ねられた飯田健(いいだけん)。彼がどうなったか」
 男の顔色が変わった。
「死んだわよ。知ってるんでしょ?」
「う……」
 男は短く呻いたかと思うとみるみるうちに泣き出し、塀にしがみ
ついた肩を震わせた。
「やっぱり、あなたたちだったのね」
 男の真下まで来た一条は溜め息とともに言い、厳しい眼差しで
彼を見上げた。「さあ、下りなさい」
 男は涙で顔をくしゃくしゃにしながら首を振った。そして素早く
左足を高く上げて塀に掛けると、身体を引き上げて乗り越えようと
した。
「撃つわよ!」一条は叫んだ。「行きたいの? 飯田健や西端千鶴の
ところへ」
 男は振り向いた。「……何て?」
「死にたいのかって言ったのよ」
「千鶴が──どうしたって?」
「とぼけるんじゃないわよ。そっちも割れてるのよ。あんなひどい
殺し方したらすぐにばれるわ」
「千鶴が殺された?」
「いいから下りてきなさい。話はそれからよ」
「千鶴が……」
 男は視線を宙に漂わせた。汚れた顔に黒い涙の筋ができていた。
「さあ、早く」
 そのとき、右前方の塀の隅にできた穴から小さな野良猫が顔を
出し、ニャーとか細く鳴いた。一瞬、一条はそちらに気を取られ、
銃口が少しぶれた。
 その瞬間を男は見逃さなかった。右足で塀を蹴ったかと思うと、
両手を大きく広げて一条に向かって飛び掛かってきた。一条は肩を
突き飛ばされ、右半身を下にして倒れた。拳銃は右手に握られた
ままだったが、男に上から激しく蹴られて腕が身体の下敷きになり、
動かすことができなかった。
「痛っ……!」
 背中を思い切り蹴り上げられ、一条は呻いた。倒れた拍子に左の
足首を挫いたらしく、そこにも激痛が走った。
 そして何より、自分の一瞬の隙を見事に突かれたことのショックが
大きく、彼女は何も抵抗できずに男のなすがままになっていた。
 一条が抵抗する力を失っているのを見て、男は蹴るのをやめた。
それからゆっくりと後ずさりをし、ぱっと背を向けて来た道を走って
いった。
「ちくしょーっ! 千鶴!」
 男は遠ざかりながら叫んでいた。

 その声をちょうど塀の外側で聞いたのは芹沢だった。咄嗟に
振り返り、塀に沿って走った。そして細い通路を見つけると中に進み、
ブルゾンの懐から拳銃を抜いた。
 いきなり現れた空き地に飛び込むと同時に、彼は拳銃を突き出した。
あたりを見渡し、正面の突き当たりに茂っている雑草の脇に、放心
状態で座り込んでいる一条を見つけた。
 芹沢は拳銃を直しながら駆け寄った。「大丈夫か?……」
 一条は何も答えず、ゆっくりと首を縦に振った。
「やつは?」
「……逃げられたわ」
「そうか」
「絶体絶命のところまで追い込んだのに」
「よくあることさ」
 芹沢はあっさりと言った。そして一条の足下に落ちていたサングラスを
見つけると、ブルゾンの袖口を指先まで引っ張ってそれを拾い上げ、
一条を見た。
「収穫はあったじゃねえか」
「もう少しだったのよ……!」と一条は俯き、拳で地面を叩いた。
「そうくよくよすんなよ。銃を抜く暇もなかったんだろ?」
「抜いたわ」
 一条は雑草の陰に落ちている自分の拳銃を顎で示した。
「蹴り飛ばされたのか」
「いいえ、ずっと手に持ってたわ」
 芹沢はゆっくりと一条に振り返った。「……何で撃たなかった?」
「……分からない」
「やられてるときは無理でも、やつが逃げるときには撃てただろ。
殺すわけじゃねえんだぜ。威嚇発砲で十分なんだ。それに、やつが
あんたにした仕打ち次第じゃ、立派な正当防衛になる」
「それは分かってたわ、でも──」
「でも? でも何だよ?」芹沢はすかさず言った。「相手は強盗と
殺人の有力容疑者なんだぜ。ここで逃がすとどうなるか──あんた
だってこの六日間、いやもっと長く、必死で奴らを追ってたんじゃ
ねえのか?」
 一条は何も言わなかった。
「空砲だったのか?」
「入ってるわ」
「まさか、撃ち方が分からねえってんじゃねえよな?」
 芹沢は苦笑しながら言った。一条は首を振った。
「そうか、分かった」
 芹沢は今度は得心したように頷いた。「発砲したことをブン屋に
叩かれるのが嫌だったんだろ。よその土地で、しかもエリートの
女刑事が拳銃を抜いたとなると、連中は大喜びしてあれこれと
書きたてるからな。そうなりゃ出世に響くって、そんな計算でも
働いたか?」
「違う!」
「じゃあ何で引鉄(ひきがね)を引かなかった!」
 芹沢に怒鳴られ、一条は怯えたように顔を強張らせて彼を見た。
 そしてごくりと唾を飲み込むと、観念したように呟いた。
「……怖かったのよ」
「怖かった? 撃つのがか?」
「それもあるけど──相手が」
「相手が怖かったって?」
 芹沢は信じられないとでも言うような眼差しで一条を眺め、大きく
溜め息をついてその場に座り込んだ。
「なぜだか分からないけど……とにかく怖かったの」
「……だったら一人で動くなよ」
「聞き込みに出ようと思っただけなのよ」
「俺たちゃ小綺麗なオフィスで働くビジネスマンとはわけが違うんだ。
相手にする連中の種類を考えてみろよ」
「悪かったわ。でも、まさかこんなことに──」
「予測のつく仕事がしたけりゃ、転職するこったな」と芹沢は吐き捨てた。
 一条は俯き、唇を噛みしめた。
「女だからって、いつも男との同行なんて嫌だったのよ。それに──」
「自分は警部なのに、組む相手にはナメられる。しかもそいつの方が
階級はずっと下だってのにな。何よりそれが嫌だった」
 芹沢は言った。「違うか?」
 一条は答えなかった。
「確かに俺もあんたよりずっと下っ端さ。そんな俺に偉そうにされる
のが我慢ならなかったんだろ。あと一年もすりゃ警視になって、
どこかの署長か本部の役席に就こうかって自分が、俺みてえな
ノンキャリアの巡査部長ごときにいちいち許可を取って動かなきゃ
ならねえなんて理不尽だって、そう思ってたんじゃねえのか?」
「……そうかも知れないわ」
「下の階級にナメられるのが嫌なら、現場なんかに出ねえで
管理職の道を歩むんだな。そうすりゃたとえ上っ面だけでも敬意を
表してもらえるさ。上司の推薦は昇格には不可欠だからな、俺たち
下っ端が出世するには」
「それじゃ嫌なのよ」
「あんたの好き嫌いなんか聞いてねえよ」
 芹沢は強く言うと一条を見た。「遊びでシュミレーションゲーム
やってるんじゃねえんだぜ」
「分かってるわ」一条は目を閉じて溜め息をついた。
 芹沢はゆっくりと腰を上げ、膝を突いて一条に肩を出した。
「ほら、つかまれよ。足挫いてるんだろ」
「……ありがとう」
 一条は拳銃を拾ってバッグに入れ、両手で芹沢の肩を持つと
重心を移して立て膝になった。芹沢はその腕を抱え、静かに立ち
上がると彼女の腰に手を回して身体を支えた。
「戻ったら、ホテルに帰って荷物まとめて横浜に帰りな。殺人との
関連が明らかになった以上、事件はうちで引き継ぐこともできる
だろうし、そうするように手配してもらうよ。あんたエリートなんだから、
無理に手柄なんか立てなくたって出世は約束されてるんだぜ。
そのために採用されたんだからよ」
「…………」
「聞いてんのかよ、お嬢さん?」
 芹沢は苛立たしげに言った。とうとう、鍋島ほど真面目でないはずの
彼までもが怒ってしまったのだった。
 一条は何も言わなかった。堅く口を結び、まっすぐに前を見つめていた。
 芹沢は諦めたようなため息を漏らし、そして最後にこう言った。
「いっぱしの警官になりてえんだったら、筆記試験の結果から生まれた
一銭の価値もねえプライドなんて捨てるんだな。そんなもん、人殺しや
ヤク中には通用しないぜ」
「……そうね」
 一条は言うと俯いた。髪で隠れて見えなかったが、その気位の
高そうな瞳は、今は自己嫌悪の涙で一杯だった。 




目次 へ
第五章 3 へ 




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

暑い朝となってます

容疑者は被害者を殺していないけれども、わけありの様子。
一条が殺さなかったのは幸運なような気もします。
つんつんしていても基本ドジなのが
可愛いところかもしれません。
芹沢のお気に召すことを祈って
合掌。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/08/14 (08:18) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

お暑うございます。いつもお世話になります。

一条の空回り、ちょっといい気味でちょっと痛々しくて
なかなか可愛いでしょう。
さて、芹沢はどう受け止めるのか?
お楽しみに。


訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2011/08/14 (16:26)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]