忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第五章  1(前) ~

 第五章  ラプソディ──Rhapsody


      1


 翌朝、さすがに鍋島はいつもより三十分ほど遅れてロッカー・
ルームに現れた。
 今日もまた洗い髪のままで、Tシャツにライトブラウンとパープルの
マドラチェックの長袖シャツをボタンも留めずに羽織り、ジーンズを
はいていた。
 ロッカー・ルームは中央を走る通路の両側に十二ずつのロッカーが
十五列並んでいた。鍋島のロッカーは入口から数えて五番目の
右側の列で、彼がその前まで行くと、先に来ていた芹沢が長椅子に
座ってシャツの上から拳銃の入ったホルスターを装着している
ところだった。
「今朝はごゆっくりだな」芹沢は鍋島を見上げて言った。
「ああ。でも、遅刻ってわけではないやろ」
 鍋島は欠伸をしながら答えると、ロッカーを開けて手に持っていた
ホルスターを内側のフックに掛けた。
「別に早出を強制されてるわけじゃねえもんな」
 芹沢は言った。「半日でもいいから休みが──いや、寝る時間が
欲しいぜ」
「そろそろ限界や。これ以上続くと先がもたへん」
「一日十八時間、それが連続六日間。これのどこが公務員だ」
 芹沢は吐き捨てるように言うと脇に置いたブルゾンを手に持ち、
立ち上がった。
「……あれ?」
「何や」鍋島は芹沢を見上げた。
「……まいったな、ちくしょう」
 と芹沢は額に手を当て、気恥ずかしそうに鍋島を見た。「おまえ、
それで来るのが遅かったのか」
「……何や。分からんぞ」
「マジで言ってんのかよ?」
「せやから何やねん?」鍋島は苛立たしげに言った。
 芹沢は相変わらず呆れ顔で鍋島を一瞥し、もう一度長椅子に腰を
下ろすと言った。
「香水の匂いがするぜ」
「……へ」
「気がつかなかったのか?」と芹沢は首を振った。「よく嗅いでみろよ。
明らかに女の香水の匂いだ」
 鍋島は自分の右腕を鼻先に近づけた。そしてすぐに片目を閉じて
小さく舌打ちした。
「……しもた……」
「ま、そう言うことだな」と芹沢は意地悪く言った。「いいよなあ
おまえは。仕事がきつくても、他にちゃんと愉しみがあってよ」
「そう言うなよ。おまえかて、さんざん好きなことやってきたんと
違うんか」
「今は淋しいもんさ」
「ほんまか? どんな女も手当たり次第のくせに」
「人聞きの悪いこと言うなよ。本命の女の好みは譲れねえ分、
遊ぶときの受け皿は大きくしときたいだけさ。そうでもしねえと
いつまで経っても一人だぜ」
「そういう風に切り替えが利くのが俺には理解できひんのや」
 Tシャツの上にホルスターを着けながら、鍋島はすねたように言った。
「俺のポリシー」と芹沢は気取った。
「ええように言うて、ただの女好きやないか」
 そう言うと鍋島は声をひそめた。「──知ってるぞ。おまえが署の
独身の女子全員と寝たってこと」
「そりゃガセだな。年増のおばちゃんはパスだから」
「知るか」と鍋島は背を向け、ジャケットを羽織った。
「羨ましいか」
「おまえみたいな奴は、公表できひん病気で死ぬんや」
「そう食ってかかんなよ。ちょっとばかりバツの悪りぃことを
突っ込まれたくらいでよ」
 芹沢は立ち上がり、鍋島の後ろを通って通路に向かいながら
言った。「ま、仕事に響かねえ程度にしとくんだな」
「それはこっちの──」
 振り返った鍋島は面白くなさそうに芹沢の背中を見送ると、
ロッカーを閉めながら吐き捨てた。
「……スケベ野郎」 
 
 
 芹沢よりも十分ほど遅れて刑事部屋に上がった鍋島は、一条
警部が課長のデスクの前で熱心に話しているのを眺めながら
自分の席に着いた。
「──何や、あの女。朝からえらいテンション高いやんか」
「またわけの分からねえこと言ってるみたいだぜ。係長と主任、
呆れ返って出ていっちまったよ」と芹沢は鼻で笑った。
「ってことは、今日は俺らがあのお嬢さんのお守りか?」
「俺は昨日十分にお相手させてもらったからよ。今日はおまえだ」
「そんなんありか? 二人でってことにしようや」
「甘えるんじゃねえよ。人手が足りねえんだし、捜一の連中にも
言い訳が立たねえだろ」
 芹沢はにべもなく言った。
「おまえさっき、本命の女以外のキャパは広いって言うてたやないか」
「こんなところで持ち出すなよ。『ただの女好きや』って言ってくれた
のは誰だ」
「──芹沢くん、まあそう根に持たずに。お互い長いつき合い
やないか」鍋島はにこにこ笑って媚びてみた。
「知 ら ね え」
 鍋島はがっくりと項垂れ、大きく溜め息をついた。それを見た芹沢は
勝ち誇ったような笑顔になった。

「──おい、そこの二人、ちょっと来てくれ」
 デスクから課長が読んだ。
「お呼びだぜ」と芹沢は立ち上がった。
 二人が課長のところへ行くと、それまでデスクの正面に立っていた
一条がふてくされたような顔で腕を組み、デスクの脇に回った。膝上
10cmくらいの鮮やかなペパーミント・グリーンのワンピースに揃いの
半袖ジャケットを着て、白のパンプスを履いている。これでにこにこ
笑ってさえいれば可愛い子なのに、と鍋島は実際は二階級上の
彼女を見て思った。
「何ですか」鍋島は訊いた。
「いや、一条くんが無茶なことを言うてな──」
「いつものことなんじゃねえのか」俯いた芹沢が小さく呟いた。
「ちょっと、聞こえてるわよ」
「聞こえるように言ったんだよ」
「それで?」と鍋島は二人を無視して課長に訊いた。
「一条くんが、通り魔をおびき出すために囮になるって言うんや」
「……話にならねえな」
「あんた、自分をCIAの諜報部員かなんかと勘違いしてるのと違うか」
 鍋島が一条に言った。「その手の映画の見過ぎやろ」
「いたって本気よ。囮捜査が日本で認められてないことも当然知ってる
わ。でも、このままじゃ一向に犯人にたどり着かないもの。そのうち
ほんとに大阪からも逃げられるわ」
「どうやってやろうって言うんや。大阪も結構広いぞ」
「殺人は二件とも西天満署の管内で起こってるわ。とりあえず、
あたしが西端千鶴の遺したペンダントを着けて管内を歩くというのは
どう? あなたたちは離れたところからあたしを護衛してくれれば
いいわ。隠しマイクか何かで連絡を取りながら」
「やっぱ自分をボンドガールと思い込んでら」と芹沢。
「それでどれだけの効果があると思うんや?」
「やってみなきゃ分からないわ、そんなこと」
 一条は鍋島を見据えた。 「このまま手をこまねいてるよりマシでしょ。
ペンダントのことだって、いつまでも捜一に黙ってるわけにも
いかないし、こうやってあたしたちがコソコソやってることだって、
向こうはもう気づいてるかもよ」
「きみにもしものことがあったらどうするんや」課長が言った。
「課長さんが心配してらっしゃるのは、そうなったときのご自分の
責任の取り方でしょう? 警察官が保身を第一に考えるように
なったらお終いですよ」
「何も分かっちゃいねえな。俺たちに代わって、責任の取り方を
心配するのが課長の役目なんだよ」芹沢が食ってかかった。
「アホらし」と鍋島が舌打ちした。「それほどやりたきゃ、やったら
ええやないか」
「おい、鍋島」と課長は慌てた。
「ええやないですか。彼女は神奈川県警の刑事さんなんやし、
よその刑事がこっちへ来て何をしようと、大阪府警の俺らには
関係ありませんよ」
 そう言うと鍋島は一条を見た。「ただし、俺らはあんたのボディ
ガードなんかやらへんぞ」
「ほら、結局そうなのよね。あたしだって、宝石強盗さえ逮捕できたら
そんなことまでするつもりなんかないのよ。それがこっちの殺人が
いまだに解決できずに死体ばかり増えて、おまけに強盗とも関係
ありそうだなんて言い出すから──」
「俺らが犯人を挙げられへんのが悪いとでも言うのか?」
「そうは言ってないわ。でも、どうもやり方がのんびりしてるような
気がするのよ」
「……はは」
 芹沢は笑ってしまった。腹立たしいのを通り過ぎて、可笑しくなって
きたのだ。
 しかし鍋島は様子が違っていたようだ。
「あんまりええ気になるなよ。キャリアの新米で、しかも女やと思って
大目に見てやってるんやから」
「新米だと思ってくれなくて構わないわ。それに、女だと思ってくれなく
ても結構」
「人のこととやかく言うんやったら、その前にさっさとてめえの管内で
パクっとけ! 二週間も放ったらかしにしてから、のこのこ来や
がって──」
「よせよ」と芹沢が鍋島の腕を掴んだ。
「放っといてくれ、俺はもうキレた」鍋島は手を振り解いた。「課長、
神奈川県警にこのお嬢さんを呼び戻すように言うてくださいよ。
ほんで、できればもっと有能で話の分かる刑事を寄越せって。
なんぼでもおるでしょ、こんな非現実的な姉ちゃんよりましなやつ。
いくら信用ガタ落ちの神奈川県警と言うても」
「……許せないわ、こんな侮辱初めて」
 一条は精一杯落ち着きを保とうと腕を組んだ。
「そうやろうとも。だいたいあんたみたいなお嬢さんには無理なんや、
刑事なんて仕事は」
 もはや芹沢と課長は呆れ果てて何も言えなかった。芹沢はもしも
鍋島が一条に掴みかかるようなことがあった場合にだけ止めに入る
ことにして、あとは彼の好きなように言わせようと思っていた。
芹沢には、鍋島が本当に怒るとこちらが何を言っても無駄だと
いうことを百も承知できていたのだ。



目次
第五章 1(後) へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

「スケベ野郎」二人

具体的なシーンを出さずに相棒の鍋島に、「香水」と語らせるところが憎い演出。芹沢はそうでした休猟期でしたね。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/07/18 (19:03) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます
相棒の「芹沢」ですね。
彼は単純に鍋島を羨ましがっているみたいですよ^^

訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2011/07/18 (23:14)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]