忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第二章  1 ~


 第二章  ノクターン──Nocturne
 
 
      1
 
 
 萩原の勤務する興和銀行は、本店を中央区の淀屋橋に
置く関西系の都市銀行だった。
 関西系とは言え、都銀の中ではその規模・業績ともに常に
上位にランク入りしており、銀行を中心とした系列会社は
五十以上に上るという、全国レベルにおいても最大手企業の
一つだった。
 萩原はもともと、就職というものに対してあまり積極的では
なかった。やりたい仕事もなかったし、就職先が決まらなければ
卒業後二、三年は海外にでも行って好きなことをやってみようと
さえ思っていた。それで、友達の就職活動につき合って何の
脈略もなく会社訪問をしていただけだったが、結果として内定を
もらった企業は五社もあった。しかもそれらはどこも一部上場の
優良企業と言われる会社ばかり。その中からこの銀行を選ぶ
ことになるのだが、それも一番最初に内定をもらったからという
以外の理由は何もなかった。
 そんな彼がこんな大企業に入っても、たいした出世は望めないと
思われた。それどころか、きっとすぐに辞めてしまうに違いないと
周囲の誰もが考えていた。いくら卒業してすぐに結婚し、子供が
産まれたとはいえ、萩原がお堅い銀行員に向いているとは
思えなかったのだ。親友の鍋島でさえ、彼がいつ銀行を
辞めたいと言い出すか内心ひやひやしていたくらいだ。
 だが、またしても萩原は本人と周囲の予想を大きく裏切り、
同期入行の中でも先陣を切って出世した。
 入行二年目にはワシントン支店のただ一人の二十代の
スタッフとして渡米し、その二年後には早くも主任になった。
そしてそれもわずか二年半ほどで通過し、去年の九月、
今度は係長に昇格した。
 決して出世欲旺盛な方ではなく、むしろそう言ったものには
いたって無関心な彼がどうしてこんなに早く出世したのか。
それは紛れもなく、彼の天性とも言える頭の切れの良さと
運の強さに他ならなかった。
 銀行というところは、行員をひとところにあまり長く置いて
おくようなことはしない。長くて三年、短いと半年で替わって
しまうこともある。同じ部署で長い間他人の金、しかも巨額の
金を扱っているうちに、何か良くないことを考えないとも
限らないという危惧があってのことだというのはもはや周知の
事実だ。
 そういう意味で、萩原は自分もそろそろ転勤させられる
頃だろうと考えていた。

 この本店営業部貸付二課での仕事も二年を過ぎた。彼自身、
融資の仕事には決して満足していなかったし、ずいぶん前から
転属願いも出してあった。
 実際に半年前、上司がその意向を汲んで、彼に法人部への
異動の内示が出た。しかしなぜかそれが直前になって撤回
された。どうやら法人部内で何らかのトラブルがあり、萩原の
代わりに他部署へ異動するはずだった人間がそのまま部内に
残ることになったのだ。
 その事情を喜んだのは萩原の上司である。彼は部下の
仕事ぶりを高く買っており、本心では彼を手放したくはなかった
のである。そのため、萩原は今まで通り、係長として二十九歳で
部下に命令までする羽目になっていた。

 彼は今、本店営業部の二階にある貸付課の自分のデスクで、
膨大な資料と格闘していた。去年の秋に大口の新規融資を
成功させて以来、大きな融資や複雑な案件は必ず彼のところへ
回されてきた。現在取り扱っている案件も、かなりわがままだが
古くからの得意先の息子が、新しく設計事務所を開くにあたって
融資を依頼してきたというものだった。内容自体は決して
難しくはないのだが、融資を受ける本人よりもその親が何かと
うるさく言ってきて、無理難題をふっかける。渉外課でこの客を
担当しているのは青山(あおやま)という三年目の行員で、融資に
関してはまだまだ不慣れな点が多かった。それで結局、簡単な
事務の雑用から厄介な書類の作成まで、すべてが萩原の
ところへ持ち込まれてくるのだった。

「──あの、係長……」
 その青山が、萩原のデスクに近づいてくるといかにも機嫌を
伺っているかのような口調で声を掛けてきた。見るからに育ちの
良さそうな顔立ちの、華奢な男だった。
「え、何?」
 煙草の煙に目を細めながら、萩原は少し面倒臭そうに顔を
上げた。
「あ、すいません、あの……」
「ええよ、構へんから言うて」
「はい、あの……塚田(つかだ)さんの稟議書、できてますか……」
「まだやけど。個人調書の年間収支状況を書き入れるのに、
前年度分の申告決算書のコピーをもらってきてくれって言うたの、
あれはどうなった?」
「あ、まだです」と青山は俯いた。
「そうやろ」
 萩原は煙草を消し、椅子の背に身体を預けた。「それに、
自分が書いてくれた不動産担保調査書も、あれでは不十分
やったで」
「──申し訳ありません」
「別に責めてるわけやないよ。その──そんな感じでいろいろ
あるんやから、そう簡単にはいかへんってことが言いたいだけ
なんやから」
 萩原は笑顔で言った。こんな些細なことでも、きちんと言って
おかないと後輩をいじめる嫌な先輩だと誤解されかねない。
これが主任の時だとここまで丁寧に言う必要はなかった。
とかく「長」の付く立場は煙たがられるものなのだ。萩原は内心、
こんな状況に嫌気がさしていた。
「──よう、係長さん、あんまり後輩をいじめてやるなよ」
 萩原が振り返ると、ロー・カウンターの向こうから預金課の
米倉(よねくら)
がいやらしい笑みを浮かべて二人を見ていた。
「米倉さん、違うんですよ──」青山が慌てて手を振った。
「萩原、青山は預金課にいた頃はほんまにようやってくれて
たんやから、融資が不慣れやからってガミガミ言うてやるなよ。
辞められたらおまえの責任やぞ」
「……ガミガミなんて言うてませんよ」萩原は俯いて言った。
「その辺のところをよう考えろよ。なんぼ若うても係長なんやろ。
自分の仕事だけやってたら出世できるってのは、主任までやぞ」
 米倉は今年三十四歳になる預金課の数少ない男子行員で、
萩原の
大学の五年先輩でもあった。しかし同期の行員たちの
ほとんどが係長になっているのに対して彼だけはいまだに
主任で、先の見通しも暗かった。
 そのせいか、同窓の萩原が異例のスピードで出世していくのが
面白くないらしく、彼が係長になった頃からこうして先輩風を
吹かせては嫌味ばかりを言いに来るのだった。脂ぎった丸顔に
見るからに陰険な細い目をした、早くも中年肥りの始まった
暑苦しい体型をしていた。
「米倉さん、それで何か?」
 萩原はあえて笑顔で訊いた。
「……別に。おまえのでかい態度が目に余ったから、ちょっと
注意しただけや」
 米倉はむっとしたように言うと、二人に背を向けて階段に
向かって歩いていった。
「……すいません、僕のせいで」青山は申し訳なさそうに萩原に
振り返った。
「ええよ、気にしてへんから」
 萩原は小さく笑ってデスクの書類を手に取り、視線を落とした。
「あ、じゃあ僕、不動産担保調査書を書き直します」
「いや、もうええよ。俺が書いといたから」
「──そうですか」
 萩原は顔を上げた。「あ──悪いな。次の機会にゆっくり
説明するから」
「分かりました」
 青山はぺこりと頭を下げると、そのままその場を立ち去った。
 萩原は溜め息をついた。青山は真面目な男だったので、
教えたことは多少の時間がかかっても必ず習得していた。
だから萩原も本当なら彼にやらせてやりたいと思ったのだが、
米倉にあんな言われ方をしたあとではどうしてもそんな気に
なれなかったのだ。
「──おい、萩原」
 今度は誰や、と思って萩原が振り返ると、同じ貸付課にいる
同期の山本(やまもと)が、近くの空いた椅子を引いて萩原の
そばに座ろうとしているところだった。
「何や、邪魔するなよ」萩原はわざと自分の椅子を引いた。
「米倉さん、相当おまえに絡んでくるな」
「さあな。どういうつもりなんか知らんけど」
「おまえの出世が気に食わんのに決まってるやろ。どう考えたって、
あっちには無理な話やからな。おまえみたいに出世するのは」
「実はおまえも気に食わんのと違うか」萩原はちらりと山本を見た。
「俺は人の出世に興味はないよ」
 山本は顔の前で手を振ると、萩原のデスクから煙草を取った。
「おまえは特別やもんな。チャンスは必ずものにする」
「別に、出世のことなんて考えてないんや。おまえと一緒で、
そんなもんに興味なんてないし」
「分かってるよ。けど、周りの人間はそうは思てないで」
「やろうな」萩原は山本を見た。「ほんまは米倉さんの言うように、
与えられた仕事をやってたってだけなんやけど」
「それがおまえのやり方やからな」と山本は煙を吐いた。「とにかく、
あんまり気にしぃひんことやな。あのおっさんもそのうち転勤
しよるやろ」
「分かってる」
 萩原は俯き加減で頷いた。

 

目次 へ                              
第二章 2(前) 




 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

おはようございます

さすが、金融機関内部の空気がよく描けてます。警察内部もお詳しいですけれど。

萩原氏が事件とどう結びついてくるのか。伏線でしょうから、意外な展開を期待してます。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2010/04/19 (06:59) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

おはようございます。いつもありがとうございます。
金融機関の詳細につきましては、あくまで個人的解釈に
よるものです。金融機関によって違うでしょうし、
フィクションですのであてにはなりません^^;

萩原が事件に絡んでくるのか来ないのか…。
さて、ご期待に添えますでしょうか。

ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2010/04/19 (08:51)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]