忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第三章  5(前) ~

 

      5
 
 
 男の名前は戸田毅(とだたけし)と言い、芹沢が本部のデータベースから
リスト・アップした前科者二名のうちの一人だった。もう一人は調べが
済んでおり、残念ながら山蔭留美子が殺された夜には立派なアリバイが
あり、すでに容疑者からは外されていた。
 戸田が山蔭留美子殺害の容疑者として芹沢の目に留まったのは、
彼が五年前に起こした女子大生連続暴行事件で、暴行の手口が
文化包丁を使って女子大生の足ばかりを狙い、浅い切り傷をつける
というもので、今回の被害者に残されていた太股の傷がそんな戸田の
やり口を連想しないでもない、という理由からだった。

「──何で逃げた?」
 戸田と向かい合って座っている芹沢が訊いた。
「あんたらが追いかけてきたからや」
「何言うてんねん、逃げたから追いかけたんや」
 壁にはめ込まれたマジック・ミラーの真横に腕組みして立っていた
鍋島が言った。
「そうやったっけな」と戸田は笑った。
「おい、遊んでるんじゃねえぞ」芹沢は低く言った。「今度は足腰
立たねえようにしてやろうか?」
「……分かったよ」
 戸田は笑うのをやめ、小さく溜め息をついた。「賭場へ出入り
してたから、それがバレたんやと思て」
「それだけか? 嘘やろ?」
「ほんまや。あんたらのこと、防犯係の刑事やと思たんや」
「西天満署刑事課って名乗ったはずだぜ」
「いちいち聞いてるかいな」
「今の俺たちの担当は殺しだよ。博打なんて知ったこっちゃねえ。
だからおまえは殺人で起訴されるってわけだ」
「違う、俺は誰も殺ってない!」
「じゃあ何で逃げた!」
「せやから言うたやろ。カードで金を賭けてたから……」
「ふざけんなよ。おまえがそんなことやってたって証拠がどこにある?」
 芹沢はふんと鼻を鳴らした。「博打ってのは、ありゃ現行犯でねえと
逮捕できねえんじゃねえか。俺はよく知らねえけど」
 戸田は顔を上げた。「ほな、見逃してくれるんか?」
「ああ、その代わり殺しで死ぬまで刑務所暮らしだ」
「せやから俺は──」
「じゃあ素直に吐けよ。おまえが逃げたのは、四日前の殺しがバレたと
思ったからだってな。おまえには前科がある、今度しくじりゃ間違いなく
二度とシャバへは出てこれねえ、そう思ったんだろ? でねえと
あそこまで 必死で逃げねえよな。おまけに人のツラ、こんなに
しやがって」
「俺はもっとひどくやられたよ」
「冗談だろ。おまえのツラと俺のツラじゃ、そりゃもう絶望的に
値打ちが違うんだよ」芹沢はまた鼻白んだ。「釣り合いとるにゃ、
おまえにはまだ全然やり足りねえな」
「……なんちゅう刑事や」
 戸田は吐き捨てるように言うと、不愉快そうに芹沢を見た。「あんたらが
訊いてるのは、南森(なんもり)で殺された女子大生のことやろ?」
「そや。よう分かってるやないか」鍋島が言った。
「そりゃそうだよな。てめえの仕業なんだからよ」
「違う。俺かてテレビは見るし、新聞くらい読むよ。マスコミがえらい
騒いでるやんか」
「騒がせてんのは誰なんだよ」
 戸田はうんざりしたように顔をしかめた。「なあ、そんなゴリ押しで
人を陥れるなんて無理やで。お互いトーシローやないんやから、
ちゃんと訊いてくれたら答えるよ」
「ずいぶんと偉うなったもんやな」と鍋島が言った。「ほな訊くけど、
四日前の夜中の一時から二時頃、おまえどこで何してた?」
「四日前って言やあ──日曜か?」
「ああ、正確には月曜が始まってすぐや」
「アパートで寝てた」
「それを証明しろ」
 戸田は首を振った。「そんな時間にきっちりしたアリバイが
あるやつの方が怪しいのと違うか」
「知った口を利くんじゃねえよ」と芹沢が言った。「けど、それじゃ
済まされねえ。おまえがあの子を殺ったんじゃねえってことを証明
できねんなら、おまえをこっから帰すわけにはいかねえな」
「何と言われようと、その夜はほんまにアパートで寝てたんや。
土曜の夕方から日曜の昼過ぎまで仕事で、疲れ切ってたから」
「仕事って、何の仕事だ」
「運送屋や」と戸田は答えた。「あんたら、それも知らんのか? 
データを管理してるやつに言うときや。情報ってのは新しないと
意味がないってな」
「運転手か?」鍋島が構わずに訊いた。
「いや、相棒が運転して、俺は荷物の積み卸しや」
「宅配便?」
「違う、長距離や。土曜日は下関まで行ってた」
「仕事から上がったんは何時や」
「だから昼過ぎ。一時頃」
「それからどうした?」
「会社の近所で昼メシ食うてからパチンコに行って──一時間もせん
うちに切り上げてアパートに帰った。あっという間に一万円スッたから。
あとはずっと部屋にいた」
「誰かが訪ねてきたとか、電話があったとかもないんやな」
「夜中の一時やろ。あるかいな」
 ふうん、と芹沢は頬杖を突いた。「──ところで、おまえは前の事件で
女の子の足ばっかり狙ってたらしいな」
「……そうか。俺に目をつけたのはそのせいか」
 戸田は納得したように頷きながら言った。「殺された女、太股を
切られてたんか」
「ちょっと今回はエスカレートし過ぎたんじゃねえのか」
 芹沢は静かに言うと戸田をじっと見た。
「だから、俺やないって」
「だったら、ちゃんと俺たちを納得させてみろよ」
「それが出来ひんと思たから逃げたんや」
 俯いていた戸田は顔を上げた。 「──な。信じてくれよ。今の職場の
社長は、俺の担当の弁護士が保証人になってくれたから俺を前科者と
承知で雇ってくれてるんや。それを今さら同じ事件(ヤマ)を踏んで……
しかも殺すやなんて、俺にとっても自殺行為もええとこやで」
「だからと言うて、その理屈がおまえのシロの証明にはならへんな。
現におまえ、博打って言う違法行為はやってたんやろ」
「どうしたらええんや……」戸田は途方に暮れたように呟いた。

 鍋島も芹沢も、どうやら戸田の言うことに嘘はなさそうだと考えていた。
戸田にちゃんとしたアリバイがない以上、あっさり彼をシロだと認める
わけにはいかなかったが、ここは証拠不十分で釈放するしかない
だろう。やはり山蔭留美子は顔見知りの者に殺されたのだろうか。
それとも他の変質者の仕業か。芹沢はまたしても苦労が無駄に終わり
そうなことにうんざりした。鍋島にいたっては、すでにこの事件から
下りたくなってきていた。

 そこでドアがノックされ、顔を見せたのは一条だった。
「何?」鍋島が振り向いて言った。
「ちょっと」
 一条は軽く頷き、鍋島に部屋から出てくるように合図した。鍋島は
芹沢と顔を見合わせると、同じように小さく頷いて部屋を出た。

「何かあったんか?」ドアを閉めると同時に鍋島は訊いた。
「おおありよ」答えた一条の表情は厳しかった。「たった今、通報が
入ったわよ。天満橋ってとこの公衆トイレで、若い女性の刺殺死体が
見つかったって」
「この真っ昼間にか?」鍋島は唖然として一条を見つめた。
「横浜じゃめずらしくないわ」
 と逆に一条は平然と言って肩をすくめた。「とにかく、伝えたわよ」
 一条はくるりときびすを返し、刑事部屋に戻っていった。残された
鍋島は取調室のドアに背をつけ、天井を仰いでぼんやりと視線を
泳がせた。自然と大きな溜め息が出た。
「鍋島巡査部長
 鍋島が見ると、間仕切り戸の前に立って腕を組んだ一条が、さっきの
厳しい表情のままこちらを見ていた。
 一条警部は命令口調で言った。
「何してるの? 早く芹沢刑事を呼んで、現場に急行しなさい」
「──分かりました」
 そう言った途端に、また顎が痛み始めた。


目次 へ                                
第三章 5(後) 

 

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

おはようございます

容疑者がいると思いきや
白の様子
しかも同じ手口で
新たなる殺人
真犯人がいるのですね
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/01/22 (07:28) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

この先、どうなるのか……。
刑事たちの奔走ぶりをお楽しみください

訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2011/01/22 (23:59)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]