忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第三章  4(後) ~

 署に戻った二人は男を一旦地下の留置所に放り込むと、刑事課に
上がった。
「──それで、その男の逮捕容疑は?」
 芹沢をデスクの前に立たせて、植田課長は言った。
「公務執行妨害です」
 芹沢は答えた。男に殴られた目尻には絆創膏が貼ってあった。
「頷けるな、そのありさまを見たら」と課長は笑った。「犯人と見て
よさそうか?」
「まだ分かりません。あそこまで必死で逃げたところを見ると、捕まり
たくない事情でもあるんだろうし」
「鍋島は?」
「口の中を切ったみたいで、今、救護室で手当してます」
「相変わらずおまえらはやることが派手やな。気ィつけんとそのうち
また大怪我するぞ」
「自分たちではやりたくもないんですけど」
「鍋島の手当てが済んだら、その男の調べにかかってくれ」
「分かりました」
 芹沢は自分のデスクに戻ってきた。向かいの島崎の席には一条が
座っていた。上目遣いで芹沢を見ると、顔をしかめて首を振った。
 芹沢は絆創膏を剥がした。見れば血が滲んでおり、彼は頭を振って
傷口を指でそっと触った。
「痛っ……」思わず顔をしかめた。
「──触らない方がいいわよ」
 芹沢が顔を上げると、一条が眉をひそめて彼を見ていた。
「もっと大きなのを貼った方がいいんじゃない?」
「……平気だよ」と芹沢は俯いた。
「でも、何だか腫れちゃってるみたいよ」
「大丈夫だって。放っといてくれよ」
「あ、そう」一条はつんとして言い、手許に視線を戻した。
 芹沢はそんな一条を見て小さく笑った。そしてデスクの引き出しから
絆創膏の箱を取り出し、新しく傷口に貼った。

 そこへ鍋島が戻って来た。彼の方も口許に大きな絆創膏を貼り、
左手で顎を押さえている。右手には血の付いた タオルを持っていた。
「どうだ、治まったか」
 こちらに向かって歩いてくる鍋島に芹沢が言った。
「あかん。止血剤を飲んだんやけどな。効いてくるのはもっとあとやろ」
 鍋島は顔を歪めて席に着いた。
「何も食えねえんじゃねえか」
「どうせ何食うても血の味や。舌噛まへんかっただけマシってやつやな」
「あれほど手荒なやつだとは思わなかったぜ。正直、油断したな」
「靴の踵で思い切り蹴り上げよった」
 鍋島は言うとタオルを顎に当てた。 「……まだガクガクしてる」
「どうする? 無理なら、俺一人で野郎を締め上げてもいいぜ」
「大丈夫や。その前にもう一回、口の中洗うわ」
 鍋島は立ち上がり、窓際に備え付けられた小さな洗面台の前まで
行った。蛇口を捻り、両手で水をすくって口に含む。吐き出した水は
ピンク色に染まっていた。
「──ねえ、ほんとに大丈夫なの?」
 再び一条が芹沢に声を掛けてきた。
「何が」
「何がって──彼よ。あんなに血が出て……」
 一条は鍋島の様子を眺めながら言い、芹沢に振り返った。「ちゃんと
お医者さまに診てもらった方がいいんじゃない?」
「平気だよ。あいつはそんなヤワなやつじゃねえから」
 と芹沢は顔の前で手を振った。「今はちょっと出血がひでえだけで、
すぐに何でも大食いするようになるさ」
「そうかしら」
 一条はちらりと芹沢を見ると、また鍋島に視線を移した。
 芹沢はにやりと笑った。「意外に心配性なんだな」
「……別に」と一条は俯いた。
「あんたも気をつけなよ。自分の事件だから自由にやりたいってのも
分かるけど、相手によっちゃ俺たち二人でもこのザマなんだぜ」
 芹沢は真顔でじっと一条を見つめた。「──まあ、あんたは俺たちと
違って優秀な刑事(デカ)なんだろうけど」
「いやな言い方ね」と一条は口を真一文字に結んだ。
「嫌味じゃねえよ。もしものことがあったらそれで終わりだ。エリート
コースもそこでストップ。それにだいいち、お嫁さんの口がなくなっちまう
だろ、マジでさ」芹沢は笑っていなかった。
「ご心配なく。あたしが刑事になったことを喜んでくれてるボーイフレンドが
ちゃんといるから」
「あ、そう」と芹沢は片眉を上げた。「そりゃ余計なお世話だったな。
どうも失礼しました」
「よろしくてよ」
 一条はわざと高飛車に言うと、見下したような眼差しで芹沢に
笑いかけた。
「ちっ、いやな女」

「──お愉しみのところ申し訳ないけど、俺はもうええぞ」
 鍋島が戻ってきて、芹沢の肩越しに囁いた。
「なに言ってんだよ」
 と芹沢は眉をひそめて鍋島を睨んだ。それから一条に振り返り、
意地悪く笑って言った。
「おまえのことを心配してくださってるんだよ、一条警部が」
 鍋島はちらりと一条を見た。「そらどーも」
「……最初で最後よ、これが」と一条は吐き捨てた。
「さ、早いとこ片づけよ」
 鍋島は受話器を取り、内線のボタンを押した。「あ、刑事課の鍋島です。
さっきの男、上へ上げてもらえますか──そう、あのバカでかい男です。
──お願いします。荒っぽいから気をつけて」

 男が連行されてくるのを待っているあいだ、二人は黙って席に着いて
いた。芹沢はデスクに向かって手の中に隠れてしまうくらい小さな鏡を
覗き込み、赤く腫れた目の上をじっと見つめている。鍋島は相変わらず
手を顎に当てながら苦虫を噛み潰したような顔をして椅子にもたれ
かかり、両足を手前に出した引き出しの上に乗せていた。まだ昼前
だったが、二人はすでに一日分の仕事をしたような疲労を感じていた。

 廊下をさっきの大男が現れた。両手に手錠を掛け、腰に巻かれた
紐を制服警官にしっかりと引っ張られて、ふてくされながら歩いてくる。
捕まるときに芹沢に殴られた跡が、顎から左の頬に掛けて青アザと
なって残っており、左の鼻の穴には止血のための綿が詰められていた。
 鍋島と芹沢は、男が三つある取調室の一つに入っていくのを見ると
黙って立ち上がり、まるでこれから自分たちが取り調べを受けるかの
ような重い足取りで刑事部屋を出ていった。
 二人のそんな様子を見ながら、一条は警官という職業が決して
テレビや映画に出てくるときのように格好の良いものではないなと思った。


目次  へ                                      
第三章 5(前) 


 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

おはようございます

いまのところ高飛車を気取る一条
芹沢たちが可愛いと思ってくれる
ときがいつかくることを願っています
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2011/01/21 (02:19) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

連日ありがとうございます

高飛車な女性→ ①実はツンデレで可愛いところもあった
        ②ただの傲慢女

どっちに転ぶか、すべては本人の品格のような気がします
さて、一条さんはどっち?

訪問ありがとうございました。
   
  • from みはる :
  • 2011/01/22 (02:05)

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]