忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第三章  2 ~

 

      2
 
 
 萩原の方も、さっきから相当腹に据えかねていた。
「──なあ、萩原。おまえは何か勘違いしてるんやないのか?」
 貸付課のロー・カウンターの椅子に座り、米倉が萩原を
目の前に立たせて咎めるように言った。フロアには客は
見当たらず、昼時とあって行員の数も少なかった。
「……申し訳ありません」
 萩原は俯いて言った。しかし、その口調に反省の色は感じられ
なかった。
「いくらおまえが預金課の人間やなくても、お客にとったら
そんなこと関係ないやろ。それを、ATMの使い方を訪ねてきた
お客を無視するやなんて──おまえ、何年銀行員やってるんや?」
 米倉はわざとらしくのらりくらりと言った。
「ちょっと急ぎの用件があって──こっちもお客さんを待たせて
いたものですから」
 萩原は小声で答えた。自分の仕事場で、よその課の人間に
注意を受けているのが恥ずかしかったからだ。しかも米倉は
そんな彼の気持ちを計算ずくで、わざわざ一階から上がって
きているのだ。萩原にはそれがよく分かっていた。
「たかだか振り込みだけの客より、一億の融資を依頼してきた
客の方が大事やということやな」
「まさか、そんなこと──」
 顔を上げた萩原に、米倉は陰険な眼差しでにやりと笑い、言った。
「さすがに、家庭を犠牲にしてまで出世してきたやつは違うな」
 萩原は黙って拳を握り締めた。
「──米倉さん」
 カウンターの中から山本が声を掛けた。自分のデスクに腰を
掛け、受話器を手で覆ってこちらを見ている。
「なんや」米倉は迷惑そうに振り返った。
「預金課(した)からです。すぐに下りて来てくださいって。預金証書を
預かっていたお客さんが取りに来ておられるそうですよ。米倉さんに
預けたっておっしゃってるそうです」
「分かった」と米倉は頷き、萩原に振り返った。「萩原、今の話、
よう肝に銘じとくんやな」
「はい」
 米倉は威圧的な態度で椅子から立ち上がり、冷めた目つきで
萩原の全身を眺め渡すと、階段へと去っていった。
 萩原はその姿を見送ることなく、そのまま立ち尽くしていた。
しかしやがて米倉の足音が消えると、大きく息を吐いて
腹立たしげに首を振り、今まで米倉の座っていた椅子を
蹴り上げた。その音でカウンターのすぐ向こうの女子行員が
驚いて顔を上げ、萩原をじっと見つめた。
「萩原……まあ落ち着けよ」
 山本が席を立ち、カウンターを回って萩原のそばまでやって来た。
「ああ、悪いな」と萩原は情けなさそうに笑った。
「ええから、ちょっと来いよ」
 そう言って山本は萩原をフロアの隅の一角にある来客用
ソファーへと促した。
 二人は向かい合って腰掛け、そしてほぼ同時に溜め息をついた。
萩原は山本から視線を逸らせ、俯いたままだった。
「なあ。あんな言われっ放しでええんか?」
「しゃあないやろ。一応は大学の先輩なんやし」
「先輩て言うても、学生の頃から知ってたわけやないんやろ? 
就職の時に世話になったわけでもなさそうやし」
「まあな」
 萩原は足を組み、ワイシャツのポケットから煙草を取り出した。
「それに大学のことはどうだろうと、今はおまえの方が役職は
上なんやから。 もっと毅然としてたらええんや。なにもあの
おっさんに細かいことでいちいちうるそう言われる筋合いは
ないんやで」
 山本は舌打ちした。「──ったく、気分の悪いおっさんや」
「おまえには感謝してるよ」
「俺のことはええから」
 山本は照れ臭そうに手を振って言うと俯いた。「正直言うて、
おまえがアメリカから帰ってきてここへ来た頃は、俺も今の
あのおっさんみたいな気持ちになったこともあったよ。でも
実際こうして同じ職場でおまえのこと見てると、だんだんと
おまえの出世が理解できるようになってきたんや」
「やめてくれよ、気持ち悪いな」と萩原は笑って灰皿に灰を
落とした。
 そうか、と山本も笑ったが、すぐに真顔に戻って萩原をじっと
見た。 
「とにかく、おまえの出世はインチキでもまぐれでもないんやから。
もっと堂々としててもええんやぞ」
「係長でか?」と萩原は困ったように笑った。
「主任よりは、っていう意味や」山本も頬を緩めた。
「──萩原係長、三番にお電話です」
 カウンターの中から、さっきの女子行員が萩原を呼んだ。
「あ、ありがとう」
 萩原は立ち上がり、山本を見た。「おまえもサンキューな」

 デスクに戻った萩原は、気分を切り替えようと大きく深呼吸
してから電話機のボタンを押し、受話器を取った。
「──お電話代わりました。萩原です」
《萩原豊さんですね?》若い女性の声が、明るく訊ねてきた。
「ええ……失礼ですが、どちら様でしょうか」
《あ、私、神戸中山手(なかやまて)幼稚園の守屋(もりや)と言います。
あの──美雪ちゃんのお父様ですよね?》
「あ、その、実は──」
 どう答えていいか分からず、萩原は言葉を濁した。
《ええ。事情は存じ上げています。でも……お父様ですよね?》
 向こうも言いにくそうだった。
「まあ、そうですが。美雪に何か?」
《実は、萩原さんにお願いがあるんですが》
「何でしょう」
《来月の三日の土曜に、七月生まれの児童たちのお誕生会が
あるんですが……それで、その──》
「ええ、彼女も七月生まれですね」萩原はわざと素っ気なく言った。
《それで、美雪ちゃんから聞いたんですが、萩原さんに来て
いただけるとか》
「えっ?」と萩原は身を乗り出した。「それは違いますよ」
《ご都合がお悪いんですか?》
「いえ、そういうことじゃなくて……彼女がそう言ってるだけで、
こちらにもいろいろ事情がありまして、その──」
《ええ。私どももそのことを考えまして、さっきあちらのお宅に
電話でお伺いしたんです》
「母親に?」
《いえ、ご主人とお話をさせていただきました》
 相手はここで一息をつくと、すぐに続けた。《そうしたら、
萩原さんさえ良ければ出席していただけるとありがたいと
おっしゃって》
「それ、本当ですか?」萩原は驚いて言った。
《ええ。何より美雪ちゃんの希望でもあることですし》
 萩原は椅子に深く身体を預け、再びゆっくりと深呼吸をした。
《萩原さん?》
「──あ、失礼」
《それじゃ、お願いしてよろしいでしょうか》
「申し訳ありませんが、少し時間を頂けませんか? その……
仕事の都合もありますので」
《そうですか……分かりました。それじゃ、なにぶんよろしく
お願いします》
「なるべく早くお返事しますので」
 萩原は相手が電話を切るのを確かめてから、自分も受話器を
置いた。
 そして今度はスーツの内ポケットから携帯電話を取り出し、
アドレスから一つの電話番号を呼び出して電話を掛けた。
呼び出し音が鳴っている間、目の前の書類を取って眺めていた。
「──あ、もしもし?」萩原は顔を上げた。「あの……萩原ですが」
 少しの間、相手の話すのを黙って聞いていた。顔には僅かでは
あるが険しさが伺えた。
「実は今、幼稚園の先生からお電話をいただきまして」
 煙草を咥え、ライターを持った。「──ええ、その話です」
 電話の相手は、智子が再婚した榊原耕平(さかきばらこうへい)と
いう男だった。美雪の今の保護者だ。
「榊原さん、そのことでお話がしたいんですが。いつかお時間
取っていただけませんか?」
 そして煙を吐き、デスクの灰皿に煙草を打ちつけた。
「──今夜ですか?」
 萩原は煙草を持ったままの右手に電話を持ち替えると、
左手の腕時計を覗いた。今は二時二十分だった。
「結構ですよ。八時には身体を空けられると思います」
 そう言うと萩原は相手の話に耳を傾けた。「──そうですか。
じゃあお願いします。──ええ、ではそのときにまた。失礼します」
 萩原は電話を切った。そしてしばらくのあいだは腕を組んで
煙草を吹かしていたが、やがて火を消すと左手にペンを持ち、
椅子を引いて仕事に掛かった。

 

目次 
第三章 3(前) 

 

 

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

狼皮のスイーツマン

×1で娘あり、モテ男、出世──島耕作のような萩原。事件と関係があるのでしょうけれど……。私なら容疑者とかにしていきますけれど。みはるさんはいろいろ考えていらっしゃるのでしょうね。
  • from 例の如くの感想文です :
  • URL :
  • 2010/06/01 (19:19) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

続けてありがとうございます。
萩原が島耕作とは、本人が聞いたら(?)喜ぶことでしょう。
いろいろどころか、たいして考えてはいませんよ。
正当派ミステリーと言うより、ミステリーと青春小説と
群像劇の要素も取り混ぜた、ちゃんぷるーな物語のつもりですので…。
いろいろごちゃ混ぜで楽しんでいただければと。


  • from みはる :
  • 2010/06/02 (00:15)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]