忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第三章  1(後) ~


 間仕切り戸を開けて芹沢が入ってきた。片手に数枚のデータらしき
用紙を持って、俯いて近づいてくる。 渋い顔をしていた。
「どうやった」鍋島が声を掛けた。
「あんまり。二次調査だから、これって言うやつはいねえわ」
 芹沢はリストをデスクに投げおいた。「念のために二人だけリスト・
アップしてきたけど」
 鍋島はリストを取って眺めた。「どうなんやろな。この二人のうち
どっちかの仕業なんか──犯行時間が時間なだけに、この二人に
ちゃんとしたアリバイがあると思うか? はっきりせえへんかったら、
曖昧な容疑者が増えるだけや」
「当たってみるしかねえだろ」
 芹沢は投げやりに言って頬杖を突いた。「所轄の刑事にゃ、こういう
仕事がお似合いってことさ」
「……そうやったな」
 鍋島は言うと高野を見た。高野は気の毒そうに頷いた。

 その時、威勢の良いヒールの音を立てて廊下を一条刑事が歩いてきた。
刺繍の入った白のオープンカラーの ブラウスにサーモン・ピンクの
スーツ姿で、上品さを漂わせている。そしてその後ろから、島崎が面倒
臭そうに歩いてきた。まるで、わがままな社長令嬢とやる気のない
ボディーガードのようだ。

「高野警部補、お願いしたいことがあります」
 部屋に入ってくるなり一条は言い、こちらに向かってきた。
「はい、何かな」
「あたしを一人で動かせてください」
「何で」
 高野は無感情に言うと一条を見上げ、そしてすぐに島崎に視線を
移した。
「何かあったんか」
「……俺とじゃ、ご不満らしいですよ」
 島崎はふてくされて言った。いつもの飄々とした、どこかのんびり屋の
島崎にしてはめずらしいことだった。
「一条さん、どういうことです?」
「別に島崎さんに対して不満があるわけではないんです。ただ、あたしの
思い通りに捜査がしたいと思っているだけです」
 一条は腕を組んだ。「二人で動いていると言ったって、交替で同じ
ことを訊いてるだけじゃ効率が悪すぎるわ。人手不足はどこの警察
だって同じことなんだし」
「けどね、犯人が複数である以上、一人で動いてもらうわけには
行かんのや。どこでどんなことに出くわすかも分からんしな。それに
あなたは──」
「女だからっておっしゃりたいんですか?」
 一条は高野の言葉を遮った。「見くびらないでください。これでも
きちんと研修を積んで、警部の階級にあるんですから」
 島崎がやれやれと言わんばかりに溜め息をつき、鍋島や芹沢と
視線を交わした。
「そんなこと言うてるんやないよ。あなた、ちょっと被害妄想になって
るんやないですか?」
「そうでしょうか」
「ねえ、そこまで言うってことは、一人ででも犯人を挙げる自信が
あるってことなんやろうね?」ここで島崎が言った。
 鍋島はおっ、という感じに顔を上げて島崎を見た。芹沢はさっきの
リストを眺めながら口の端だけで笑った。
「自信がなけりゃ、横浜から一人で来やしません」
「あ、そう。ほならどうぞ、お一人で思い通りに動いてくださいよ、
警部どの」
 島崎は大仰に頷き、高野に振り返った。「係長、ええでしょ? 
そうしてもらいましょうよ」
「何を言うてるんや、そんなもん許可できるか」
「彼女がそうお望みなんやから、ええやないですか。それで何が
あっても彼女が自分で責任を取ればええことです」
「責任問題を云々言うてるんやない。よそ者の彼女一人で動いた
ところで成果が上げられるのかってことや」
「あら、ずいぶん軽く見られたものね」
 一条は憎々しげに言った。「とにかく、あたしのことは放っといて
もらえません? ちゃんとそちらに迷惑の掛からないようにやりますから」
「それやったら何でうちに来たんや」
 とうとう鍋島が口を挟んだ。
「やめとけ」と芹沢が言った。「俺たちにゃ関係ねえんだから」
「そうよ。こんなとこにじっと座ってこっちの話聞いてないで、さっさと
自分の仕事に掛かりなさいよ」
「あんたに指図されることでもねえ」
 芹沢は一条に振り返り、突き刺すように言った。「上司気取りか? 
なに勘違いしてる?」
「口を挟んできたのはそっちでしょ?」
「ええ加減にせぇ」
 高野が言った。一条は俯き、芹沢と鍋島は立ち上がって部屋を
出ていこうとした。
「おい、二人とも待て。おまえらにも言うてるんや」
 二人は渋々戻ってきた。鍋島はふてくされて自分の席にどっかりと
腰を下ろしたが、芹沢は立ったままだった。
「おまえらみんな、何でもっと穏やかにやれへんのや。日頃から女の
捜査員がいたらええのにって言うてたやないか。鍋島、おまえには
妹がいてるやろ? 同じような年頃やないんか、一条さんと」
「知りませんよ、そんなこと」と鍋島は吐き捨てた。
「高野警部補。ひとこと申し上げておきますけど、あたしだって別に
可愛がってもらおうなんて思ってませんので。そういう子ならここに
だっているでしょう、制服の子が」
「あんたもや、一条さん」高野は一条を見た。「こっちも、早よ犯人を
挙げてやろうという気持ちには変わりはないんや。お互い協力しようと
いう気持ちが必要なんと違うか? 現場のワシらとは比べもんに
ならんスピードで偉うなっていくキャリアのあんたが、あえて現場に
出て、しかも今回の事件では一人で大阪(こっち)に来てるぐらいやから、
あんたは横浜(むこう)でも信頼されてるんやろけど、こっちにも
それなりの経験と自信がある。あんたの言うとおり、少ない人員で
山ほどの事件を抱えてるんやから、もっとスムーズに仕事できるように
協力してもらえへんもんかな?」
 一条は黙っていた。
「とにかく、それでもどうしても一人がええって言うんやったら、課長に
聞いてみ。それで課長がええと言うたら、そうすればええ。ワシらも
文句は言わへんし」
「……分かりました」
「鍋島、芹沢、悪かったな。もう行ってくれてええぞ」
 二人はぎこちなく頭を下げ、黙って部屋を出ていった。

 階段を下りながら、芹沢は低い声で言った。
「おい、二度とあの女に絡むなよ。俺は金輪際加担しねえからな」
「……分かったよ。悪かった」
 鍋島は小さく頷いた。

 

目次 へ                                      
第三章 2 

 


 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

日曜の読書感想文

鼻ぱしらが強く、課内で浮いた感じのする一条警部補。けっして意地悪でない鍋島が絡みたくなるのもうなづけるところ。それにしても芹沢──クール。

つぶやき
「私の本棚」 ← これいいですね。導入しようかな。
『龍馬伝』 ← 運命の人。お龍さんと出会いましたね。明治何年まで生きたのでしょうねえ。興味が湧きます。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2010/05/30 (22:58) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。
こういう女性はどうですか。私はわりと好きなんです。
ムキになる鍋島とクールな芹沢。この反応がこの先
変わっていくのか行かないのか…。
お付き合いくださいな。
  • from みはる :
  • 2010/06/02 (00:07)

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]