忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第三章  1(前) ~

 第三章  ブルース──Blues
 
 
      1
 
 
 まだ午後一時をまわったばかりだというのに、陽の射さない薄暗い
刑事部屋では天井に張り付けられた蛍光灯の半分以上が点灯
されていた。
 開いたブラインドの向こうでは、河に浮かんだ中州に建つネオ・
ルネサンス様式の中之島中央公会堂が、透き通った雨に洗われて
鮮やかな緑を蘇らせた木々に囲まれて静かに佇んでいた。手前を走る
阪神高速は東へ向かう車で溢れ、そのタイヤからは飛沫が盛んに
上がっている。三日連続の雨だった。

 昼食を済ませて刑事部屋に戻った鍋島は、向かいのデスクで
出前の炒飯を食べている高野警部補と話し込んでいた。

「──それで、おまえらは怨恨の線は薄いと見てるんか」
 高野が言った。
「ええ、断定はできませんが、その可能性は低いんやないかと思てます。
昨日と今日で、かなりの人員を割いて被害者の周辺を洗いましたが、
まったく評判は悪くないんですよ。学校の友達から近所の住人、
バイト先の同僚まで、みんな口を揃えてええ子やったって言うんです」
「母親の方はどうや? 親への恨みが娘にいったのかも知れんぞ」
「それも当たりました。けど、どうやらそっちもシロですね」
「──やっぱり、頭のイカれた野郎の犠牲になってしもたということか」
 高野はうんざりしたように言った。「気の毒にな」
「ただ──引っかかる点はあります」鍋島は煙草の煙を吐いた。
「何や」
「そんな模範的な娘やった彼女が、何であんな遅くにあの場所に
いたかってことですよ。なんぼ家から歩いて十分ほどのところやて
いうても、真夜中ですよ」
「死亡推定時刻は一時から二時っていうてたな」
「ええ。地下鉄も終わってる時間です」
「誰かと一緒やったとか」
「やっぱりそう考えるでしょ、普通」
「母親に心当たりは?」
 鍋島は首を振った。「バイトが終わったらすぐに帰ってくるもんやと
思てたらしいです。前日の土曜日にも同じバイトがあって、そのときは
九時半には帰ってきてたそうですから」
「──やれやれ、子供を信頼しすぎるのもこうなってしまうと考えものやな」
 高野は食べ終えた皿をデスクの奥へ突いて、上着のポケットから
煙草を取り出した。「電話で喋った友達には、誰かに会うようなこと
言うてたんやろ?」
「はあ。でもあの夜のことなのかどうかは分からへんのですよ。ただ
『もうすぐ逢える』とだけ言うてたらしいから」
 鍋島は煙草を灰皿で潰し、椅子の背に倒れ込んだ。「十八歳の
女の子の恋物語に過ぎひんのかも知れんしね」
「それは言えるな」と高野は頷いた。「ケータイの通話記録の中に、
怪しいのはなかったんか」
「全部素性のはっきりした相手です。アドレスやメールも含めて、
すべてを確認しましたが、今のところ疑わしい人物はいません」
「ともあれ、バイトが終わってから殺害されるまでの行動が空白で
ある以上、偶然通り魔に襲われたとも断定でけへんな」
「そこなんですよ。現場にはほとんど手がかりは残ってへんし、
今のところ苦戦してます」
「芹沢は?」高野は鍋島の隣のデスクを顎で示した。
「所轄の俺らは通り魔の線を調べることになったんで、帳場のパソコン
から本部のデータベースの前科者リストを洗ってます。暴行犯の
危険人物のリスト・アップです」
「なんや、まだやってへんかったんか?」
「とりあえず事件発生直後に一度はやったんですけどね。その全員が
シロやったから、もう少し網目を細かくして調べてくれって、捜一の
班長が」
 高野は同情的な眼差しで鍋島を見た。「いつもの例に漏れず、
本部事件はキツイな。ワシも横浜の事件がなかったら、ほんまやったら
そっちに掛かるとこなんやが」
 鍋島は頼りなく笑った。「どうなんです? 宝石強盗」
「こっちもなかなかのもんや」と高野は意味ありげに笑った。
「仲間に轢き逃げされた男が、こっちの施設で育ったんですってね」
「ああ。その施設から高校まで通って、西宮(にしのみや)の会社に就職
したんやけどな。そこを足がかりに交友関係を洗(あろ)てるんやけど、
とにかく友達の少ないやつなんや──いや、少ないと言うより、ゼロに
等しいな」
「住んでた場所の近所では?」
「挨拶程度のつき合いや。それはめずらしくもないやろ」
「まあね」自分にも思い当たる節のある鍋島は苦笑した。「──で、
宝石をこっちでさばいてるらしいっていう、残りの連中はどうなんですか」
「そっちや、問題は。三人いてるんやけどな。それが今、バラバラに
なってるようなんや」
「と言うと?」
「宝石が見つかった店──ほれ、天満(てんま)の蓉美堂(ようびどう)や。
あそこの主人に言わせると、きちっとした身なりの五十過ぎの男が
問屋やと言うて訪ねてきたらしい。会社が倒産して、現物だけもらって
首切られたって」
「そんな話に引っかかったんですか、あそこの親父」
 鍋島は呆れたようにふんと鼻で笑った。「だいいち、盗品リストが
回ってきてたんと違うんですか」
「回ってたことは回ってたが、親父は見てもいいひんかったそうや。
で、その男が勤めてたって会社の名前がどこかで聞いたことの
あるような感じで、今年の始めに南港で開かれた見本市にも出店して
たって言われて、コロッと騙されたんやて」
「そんなもんですかね」と鍋島は頬杖を突いた。「──で、主任とあの
お嬢さんは?」
「その男のモンタージュ持って、今日は質屋巡りや」
「けど相手は複数で、バラバラに動いてるんでしょ? もう大阪を
出たんと違いますか」
「ワシもそう思うんやけどな。お嬢さんがえらい張り切っててな」
「それで係長は留守番ですか」
「それだけやないて。課長が署長に呼ばれてて、さっきからずっと
署長室や。ワシはそっちの方の留守番や」
「そういや、さっきから静かやと思たらいてへんのか」
 鍋島は部屋の上座を陣取っている課長のデスクに振り返って言った。
「何の用なんやろ」
「そら、この二つの事件の進展状況を聞かれてるのに決まってるやろ。
横浜からエリートの刑事が来てるんや、本部長も注目してる」
「中間管理職のしんどいとこですね」
「ああ。ワシもうかうかしてられん」と高野は腕を組んだ。

 

目次 へ                                
第三章 1(後) 

 

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

大きな展開になりそう

凶悪事件である殺人と強盗。一件関連のない二つの事件がどんなふうに関わってくるのか──かなり大がかりな背景がありそうですね。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2010/05/22 (19:43) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。
さて、関連がありますかどうか。あるとしたらどんな……?

この頃の作品は、刑事たちの心情描写は今より抑えめで、
事件の展開がずっと早かったですね。
今の更新の遅さにはそのあたりに原因が…?

訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2010/05/23 (11:26)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]