忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第七章  4 ~


     4
 
 
 学生たちの論文を読み終えた麗子が寝室に入ってきたとき、
鍋島はベッドに沈んで寝息を立てていた。
 麗子が近づくと、彼は寝返りをうった。額にうっすらと汗を掻き、
洗い髪をくしゃくしゃにしてブランケットにくるまっている。
 昼間チンピラを署に連行するときに殴られたという傷が、左の
目尻に青痣となって残っていた。
 不思議なものだな、と麗子は思った。十年近くの間にすっかり
見慣れたはずの顔だったが、よく見ると気づかなかったことが
意外にも多いのに驚かされた。  
 ガキ大将がそのまま大人になったような頑固そうな顔で、
男のくせに年相応に見られないなんてちょっと恥ずかしいことだと
思っていたが、こうしてじっくり見るとそうでもなかった。自分とは
憎まれ口を言い合っていた間に、すっかり大人の男になって
いたんだなと、麗子は鍋島の顔をじっと覗き込んで感慨に耽った。

 鍋島が目を覚ました。麗子をじっと見つめ、そのまま向き直った。
そしてブランケットから手を出すと、彼女の手に重ねた。
「人が仕事してんのに、いい気なもんね」
 麗子は微笑んだ。
「俺も昼間は働いてたよ」
 鍋島は欠伸をして目をこすった。「明日の休みも、二週間ぶりや」
「だからって、何の前触れもなく来ないでよ」
「おまえもこの前そうやったやろ」
「そうだった?」と麗子はとぼけて笑った。「着替えたら? 食事に
出ましょうよ」
 鍋島は起き上がって、そのまままた麗子をじっと見つめた。
「何よ。顔に何かついてる?」
「いや……」
「じゃあ何よ。何か言いたいのね」
 鍋島は小さく首を振り、溜め息をつきながら俯いた。
「勝也?」
「……いや、ええんや」
 そう言った鍋島を見て、麗子も呆れたように溜め息をついた。
「そうね。まだ言わない方がいいかも」
「えっ?」
「そうやって迷ってるうちは、口にしない方がいいってこと」
 いさぎよい口調で言うと麗子は立ち上がった。
「大丈夫よ。あたしはずっと勝也のそばにいるから」
「うん」
 鍋島は素直に頷いて、それから照れ臭そうに笑った。
 麗子はそんな鍋島を見つめると、自分も嬉しそうに笑って、
もう一度彼のそばに腰を下ろした。
 どちらからともなく顔を近付け、唇を合わせると、鍋島は麗子の
頬に手を添えてゆっくりと撫で、そのまま頭を抱きかかえるように
してベッドに倒れていった。
「ごはん、行かないの……?」
 麗子が囁くように訊いた。
「その前に、ちょっと……こっちの飢えを満たしてから」
 鍋島は麗子のブラウスの胸元に手を伸ばしながら答えた。
 


目次 へ
エピローグ へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票  

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

全部読んでた!
確かに良い作品ですよ!
  • from :
  • 2007/07/26 (12:03) :
  • Edit :
  • Res

惠様

こんにちは。訪問ありがとうございます!
良い作品と言っていただいて、とっても嬉しいです。ちょっと自信にもなります ^^
まだまだ一向に落ち着きのないキャラたちですが、
良かったらこれからも見守ってやってくださいね。
ありがとうございました!
  • from みはる :
  • 2007/10/13 (12:52)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]