忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第七章  3 ~


    3
 
 
 翌日萩原が部長室に呼び出されたのは、営業が始まってすぐの
九時五分だった。
「──萩原くん、今回のことは実にきみらしくなかったね」
 部長室の大きなデスクの席に着き、本田本店営業部長は
しかめ面をした。
「申し訳ありませんでした」
 前に立った萩原は深々と頭を下げた。「処分は覚悟しています」
「それなんだがねえ、萩原くん……米倉くんが頑としてきみの
降格を求めて引き下がろうとしないんだ。いくらきみの方が役職が
上とは言え、五年も先輩の自分を殴るとは許せないとね。そんな
人物は係長に相応しくないと、そう言い張るんだよ」
「米倉主任のおっしゃるとおりだと思います」
「いや、だからと言うてそう決めたわけやないんや」
 同席していた貸付二課の斉藤課長が言った。「あのときは私も
フロアにいたが、米倉くんもきみにいろいろと言うてたみたいやし」
「はあ」
「それで、これまでのきみと米倉くんとの様子を他の行員たちにも
聞いてみたんだ。山本くんとかね。そうしたら、きみも今まで
いろいろと我慢させられていたということが分かってね」部長は
言った。
「でも、だからと言うて暴力はいけなかったと思います」
 萩原はあえて謙虚な姿勢に出た。別に降格させられても
構わないと思った。今までがちょっと早すぎたのだ。
「そこでだ、萩原くん。せっかく人よりも早く係長になったんだから、
ここできみを内輪のもめ事で降格させてしまったのでは、将来の
あるきみにとっては大きなマイナスだろう。きみの能力に大いに
期待している私としても残念だ」
「……ありがとうございます」
 嘘をつけ。在任中に降格者を出したんでは、自分の出世に
響くからや。萩原には部長の腹が読めていた。
「福岡へ行ってくれるか」
 部長は唐突に言った。
「あ、はい」
 萩原も咄嗟に返事をした。
「博多支店や。最近、向こうの貸付係長が交通事故に遭うてな。
どうやら長引きそうなんで、早急に人員を補充してくれと人事に
言うてきたらしい。何しろ福岡では最大店舗やから、めっぽう
忙しいんや」課長が説明した。
「分かりました」と萩原は頷いた。「それで、いつからですか?」
「向こうは一日も早くって言ってきてるらしいんだが、こっちにも
引き継ぎがあるからね……」
 部長は考え込んだ。「まあ、来週一杯でこっちの仕事を片付けて
もらって、その次の月曜からと返事しておくよ。辞令は明日にでも
出るだろうがね」
「分かりました。ご面倒をお掛けして申し訳ありません」
「早くて半年──遅くとも一年で呼び戻すから」
「なに、きみやったら向こうでもすぐに馴れるよ」
 課長は言った。「きみは人当たりがええからな」
 そう思ってると今度はあんたが殴られるでと、萩原は心の中で
舌を出した。

 部長室を出た萩原を待っていたのは山本だった。
「どうやった? やっぱり降格か?」
 萩原は首を振った。「博多支店やて」
「そうか……」
「おまえ、部長らに俺のフォローしてくれたんやて?」
「殴ったのはおまえやけど、悪いのはあのおっさんやからな」
 山本は腹立たしげに言った。「青山も言うてくれてたぞ」
「いろいろ悪いな」
「気にすんなよ。で、いつからや?」
「再来週の月曜からや。来週一杯は大忙しやな。おまえにも
引き継ぐことがあるやろうし」
「萩原……」山本はじっと萩原を見つめた。「おまえ、ほんまに
それでええんか?」
「サラリーマンがいちいち転勤を嫌がっててどうする?」
「けど、向こうには何のおとがめもなしやぞ。喧嘩両成敗って
言うやないか」
「向こうのことなんてどうでもええんや」萩原は言った。「この街から
出られるんなら、俺はそれでええ」


  その日の午後、萩原より一足先に大阪をあとにしたのが
一条だった。
 宝石強盗事件は思わぬ結末に終わり、一条はまたしても
自分の手で犯人を挙げることができなかった。それどころか、
容疑者全員死亡という最悪の結果を招いたことで、帰ってからの
彼女には極めて厳しい事態が待っているに違いなかった。

「──二週間近く前にここへ来たのが、遠い昔のように思えるわ」
 新大阪駅の新幹線上りホームで、一条は懐かしそうにあたりを
見渡しながら言った。
「ホームに降り立ったとき、みんなが敵に見えちゃって」
「今はどうなんだ?」と芹沢は訊いた。「みんなお友達に見えるか?」
「さあ、どうだか」一条は肩をすくめた。
「まあ、おたくはそんな単純なタイプじゃねえよな」
「鍋島くんによろしくね。彼にもいろいろ言っちゃったけど、
感謝してるって」
「ああ、言っとくよ」
 列車の到着時間が近づき、ホームにいた人々は足下に
書かれ乗降口を示す番号の前に列を作り始めた。芹沢と一条は
もう話すことが思い当たらず、黙ってホームの先を眺めていた。

 やがて新幹線の姿が現れた。夏の光に反射した車体が
陽炎の中に揺れ、ゆっくりとこちらへ近づいてくる。頭上の
スピーカーからアナウンスが流れた。
 一条は芹沢に振り返った。「……じゃあ」
「元気でな」
「ねえ」
 いくぶん切迫した声で一条が言った。
「……あたしが、本気になったって言ったら?」
 芹沢は一条を見下ろした。無感情な顔だった。
「何のことだ」
「あれから、あなたのことが頭から離れないのよ」
「なに言ってんだよ」と芹沢は鼻で笑った。「恋人が首を長くして
待ってんだろ。出張先での遊びのことなんか、さっさと忘れちまえよ」
「遊びなんかじゃなくって──」
「おい、どうしたんだよ急に」
 芹沢はやれやれとばかりに溜め息をついた。 「もたもたしてたら
乗り遅れちまうぜ。そうなったら俺が課長に文句言われるんだよ」
「あなたはどうだったの?」
「いいから、乗れよ」
 芹沢は一条の背中を押して列車に乗り込ませた。中に入った
彼女は乗降口に立ったまま振り返った。
「あのとき、少しでもあたしを──」
「それを訊いてどうなる? 今さらどっちだっていいじゃねえか」
「いやよ。あたしやっぱり──」
 足下に置いたボストンバッグを取り、一条はホームに下りようと
した。
「やめてくださいよ、警部」
 芹沢は彼女の肩を掴んだ。そしてゆっくりと押し戻し、口の端に
少しだけ笑みをたたえて言った。
「……下っ端をいじめないでくださいよ」
「芹沢くん……」一条は眉をひそめた。「そんな言い方しないで」
「いいえ、これが正しい接し方なんです」
「だったらせめて、ちゃんと答えて」
「何をですか?」
「あの夜のことよ」
 そう言った一条の瞳は、微かに潤んでいた。
「そりゃあもちろん──」
 芹沢は顔を上げた。そして白けた眼差しで、
「傷ついてるあんたを慰めた、ただそれだけです」 
 と言うとすぐにその場を離れた。

 ドアが閉まり、列車は動き出した。



 駅を出た芹沢が停めておいた車へ戻ると、そこには鍋島がいた。
「来てたのか」
「ああ、ちょっと息抜きに」
 助手席のドアにもたれかかった鍋島は言った。
「お荷物が帰ったぜ」
「嘘つけ」鍋島はにやりと笑った「名残惜しかったくせに」
「別に」芹沢は車に乗り込んだ。
 エンジンを掛け、後ろから通り過ぎていくタクシーの流れの
切れ間を伺っていると、隣に乗り込んだ鍋島がぽつりと言った。
「マジやったんやろ」
「何のことだよ」
「とぼけるな。彼女のことや」
 芹沢は窓の外を見たままだった。「……男がいるんだぜ」
「身を退いた、ってわけか。おまえらしくもないな」
「どうせあっちもすぐに忘れちまうさ」
 そう言うと芹沢はハンドルを切った。 



目次
第七章 4 へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票  

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]