忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第七章  2 ~


      2 
 
 いやな気分やな、と鍋島は思った。
 丸山和子が娘の言うとおり、夫を頼って生きて行くだけしか
能のない女だったというのなら、最後に彼女がやったことには
どんな意味があったのだろう。
 夫に愛人ができたと知ってもじっと我慢した。その夫が犯罪を
犯し、そのせいで自分と娘が何者かに命を狙われていると
知らされても耐えて仕事を続け、生活を守ろうとした。その結果が、
娘の逮捕だった。
 そして夫からの遅すぎるラヴ・コール。彼女はそのとき何を
考えたのだろう。
 娘を人殺しに走らせた憎い連中への報復だったのか。自分
だけが何も知らされていなかったことに逆上し、夫に初めての
抵抗をしたのか。それとも、やっぱり自分独りでは生きていけない
ことに悲観し、思い余って死を選んだのか。
 鍋島にはまるで分からなかった。彼にしてみると、女性に
頼ってこられることは一番の苦手だった。挙げ句に心中なんか
思いつかれたのではたまったものではない。

「──巡査部長」
 声を掛けられて彼は顔を上げた。いつの間にか刑事部屋には
彼一人で、他の連中は見当たらなかった。芹沢の姿も見えない。
 廊下に振り返ると、婦人警官が一人の女性を連れてこちらを
見ていた。
「お客様ですよ」
「ああ……」
 鍋島は立ち上がり、客というその女性に言った。
「久しぶりやな」
 その言葉にチャーミングな笑顔を見せた女性は、野々村真澄
だった。

 署を出て、中之島の堂島川沿いの遊歩道を歩きながら、
鍋島は真澄に振り返った。
「この前会うたん、いつやった?」
「五月よ」と真澄は即答した。「ゴールデンウィーク明けの日。
麗子の家で」
 彼女はいつでもこうだった。鍋島と会ったときのことは、何でも
よく覚えている。
「せやったな」
 逆に鍋島はこれまた相変わらずで、刑事のくせに、過ぎたことは
一つ一つ細かく覚えていない。
「ぱっと見たとき、どこの美人が俺を訪ねてきたんかと思たで」
「また、からかって」と真澄は嬉しそうに微笑んだ。「中年オヤジ
みたいよ」
「そうか?」と鍋島も笑った。「けど、ほんまやで」
 真澄ははにかんで俯いた。そして再び顔を上げたときには
真顔になっており、鍋島をじっと見つめて言った。
「この前、中大路が来たんやってね」
「あ、ああ……そう言えば、来られたっけ」
 鍋島はわざとらしいとぼけ方をした。真澄はそんな彼の様子に
顔をほころばせた。
 鍋島は言った。「ええ人やな」
「普通の人よ」
「それって、大事やぞ」
 鍋島は大真面目だった。「それに──真澄のことをほんまに
大切に思ってはるよ」
「あの人、勝ちゃんにつまらないこと言うたみたいね」
「せやったかな? 何を話したのかよう覚えてへん」
「しらばっくれちゃって。あの人に聞いたから」
「そうか」
 鍋島は頷いた。誰にでも、何でも隠さずに喋る男やなと思った。
「勝ちゃん、否定してくれたんやてね」
「当たり前やろ」
「言えへんわよね、本当のことなんか」
「だいいち、今となってはそんな話は遠い記憶の彼方やろ」
「さあ、どうかな」真澄は悪戯っぽく言って鍋島を見た。「今でも
勝ちゃんの方が好きかも」
「アホなことを」
「でも、何で分かったのかな、あの人」
「それだけおまえに惚れてるって証拠や」
「そう言えば、あたしかて勝ちゃんが麗子のことを好きやって
分かってたもんね。勝ちゃん自身が気づくよりも先に」
「俺のことはもうええから」
「ごめんごめん」
 真澄は笑って言うと、やがてその笑みを消した。「勝ちゃん」
「うん?」
「あたし、あの人と結婚するわ」
「そうか」と鍋島は頷いた。「良かったな。おめでとう」
「あたし、気がついたの。あたしは勝ちゃんのことが忘れられ
へんからあの人との結婚に踏み切れへんかったってだけや
なくて、自分がいい奥さんになれる自信もなかったんやって。
もちろん、あたし今でも勝ちゃんのことは大好きよ。けどそれだけ
じゃなくて、いつまでも気楽に、楽しくワイワイやってたかったって
いうのもあったのよ」
「誰かて、結婚してすぐにええ嫁さんやええダンナになるわけや
ないのと違うか」
「そうなのよね。でも、あたしは世間知らずのくせに何にでも
完璧を求めようとするでしょ。せやからどうしても二の足が
出えへんかったの」
「相変わらず、完璧主義なんやな」
「それに、あたしがいつまでも迷ってると、それだけで麗子や
勝ちゃんに気を遣わせるもんね」
「結婚は他人の顔色を見て決めるもんやない。自分の気持ち
だけで決めることや。だいいち、俺も麗子もそんなこと気にして
ないよ」
「そんなことないわよ。麗子、やっぱりあたしに遠慮してるもの。
ほんまは早く勝ちゃんと結婚したいって思ってるに違いないわ」
「真澄……」
「勝ちゃんはそのつもりなんでしょ?」
「ああ……うん」鍋島は俯いた。
 真澄はそんな彼を見てちょっと困ったように笑った。
「ほらまたあ。自分のことになると急に自信がなくなっちゃうん
やから」
「そんなことないよ。あいつしかいてへんと思ってる」
「それを聞いて安心したわ。麗子もきっと喜ぶわ」
「あ、でも──」
「分かってる。あたしからは何も言わへんから。勝ちゃん、
いつか麗子に言うてあげてね、今の言葉」
「うん」
「嬉しい。あたし、そのうち勝ちゃんと親戚になるんやね」
 真澄は飛びきりの笑顔を見せると、そのまま光が溢れる
堂島川に振り返った。その拍子に、淡いピンク色のワンピースの
裾が、心地よさそうに踊った。
「大阪に来るのも久しぶり」と真澄は言った。「去年までは、
ほんまによう来てたのに」
 その横顔を眺めて、本当に綺麗になったなと鍋島は思った。
 


目次
第七章 3 へ

 


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票   

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]