忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第七章  1(後) ~


「──あの三人に、あたしやオバサンと同じ思いをさせてやろうと
思ったのよ」
 美登利が言った。「二人でさんざん泣いたあとで、迷わずそう
思いついた」
「どうやって、三人の女性を捜し当てたの?」一条は訊いた。
「意外と簡単やったわ」美登利は得意げだった。「藤川には
十九年前に別れた女との間に子供がいて、その娘が藤川を
探し出して逢いたいって言うてきたんやって、あのおっさんは
横浜に行く前にあたしに言うてきた。『美登利ちゃん、ワシの娘、
大学目指して受験生やってるんやで。あんたみたいに賢い子に
なったんや』って。それで、横浜での仕事がうまく行ったら逢う
約束したんやって。そのときは店も暇やったし、あたしは藤川の
相手をしてその娘の話聞いてやった。まさかそれがあとで
こんなことに役に立つとは思てへんかったけど。名前は
山蔭留美子って言うて、そのときは高校三年やった。で、あたし
思い出したの。確か夏の府内のバドミントン大会で準優勝した
学校のキャプテンやった生徒と同じ名前やったって。ほら、
あたしもバドミントンやってるから、高校の試合もよく見に
行ってたし。それで犯行のとき、高校へ行って卒業アルバムで
進路先を調べたのよ。同じバドミントンをやってる無垢な中学生が、
おたくの高校に憧れの選手やった人がいて、その人の進路先が
知りたいって言うたら、教頭先生は喜んで教えてくれたわ」
「そこから大学へ行って調べたのね」
「ううん、オバサンが仕事の関係で六甲女子大の人を知ってて、
その人のルートから名簿を手に入れてくれたわ。それであたしが
電話した。もちろんあとで通話記録を調べられる可能性のある
ケータイじゃなくて自宅の電話に、お母さんの留守時を選んで」
「どうやって呼び出したの?」
「『あたしの父と藤川さんが仕事仲間で、藤川さんが父を通して
留美子さんに逢いたいって言うてきた』って。向こうも自分の
母親には内緒にしたかったみたいで、バイトのあとでこっそり
逢いたいって言うたわ。こっちにしたらその方が都合が良かった」
「でも、どうやってあの時間まで引き留めたんや?」
「彼女とバイト先のデパートの前で待ち合わせをして、それから
キタの東通りの居酒屋でたっぷり飲ませた。彼女、自分の父親に
初めて逢うってんで、ちょっと興奮してたみたいね。あたしが
『景気づけに』って勧めたら、『そうよね』ってどんどんジョッキを
空けた。それで一時半頃まであちこち連れ歩いて、彼女が
相当酔っ払ってしもてから、オバサンと待ち合わせたところへ
連れて行って彼女を引き渡した。オバサンは自分を藤川の
現在の妻と名乗って、藤川のいる場所へ案内すると彼女を騙して、
それであそこへ連れて行ったのよ。彼女が帰宅途中に通り魔に
襲われたように装うために」
 いっちょまえに役割分担か、と鍋島は思った。
「そんな時間まで、きみもよう外出できたな。オフクロさんは?」
「あの日は会社の偉いさんの家に不幸があって、泊まり込みで
手伝いに行ってた。そうでなかったら、もっと早くにオバサンと
バトンタッチするつもりやったわ」
「西端千鶴のときは?」
「あれは偶然やった」美登利はすぐに答えた。「土曜日の放課後、
塾へ行くまでの時間潰し……ううん、ほんまは翌日の山蔭
留美子の計画の最終下見に、梅田へ出かけた。そこで偶然、
達彦を見かけたのよ。やっぱり自分らだけおめおめと戻って
きてるんやと思った。そのときには健の身元が判明したって
ニュースも流れてたし。それを考えると腹が立って、いつの
間にかあいつを尾けてたわ。そしたらあいつ、カレーハウスに
入って女と親しそうに話してるんや。あたしは、山蔭留美子が
済んだら次はこの女やと思った」
「後日、彼女を呼びだしたのもあなたなの?」
「ううん、オバサンよ。あたしは学校があったから、オバサンが
近いうちに一人でやるって」
 そう言うと美登利は苦笑した。「白昼堂々、あのオバサンも
ようやるよね」

「……カレーハウスに行って、彼女に耳打ちしたんです」
 悦子は言った。「そのペンダントは実は盗品やから、お昼休みに
南天満公園に来てくれたら高く買うって」
 盗品には違いないが、千鶴もどうしてそんな話に簡単に
乗ってしまうのだろうと芹沢には理解できなかった。そんな品なら
警察に届けやしないか。いや、頼まれてもいない正義感を出して
身内を裏切るより、買うと言ってきた人間に高く売った方が
よほど得をするというものだ。特別悪質な人間でなくても、
そのくらいのことは普通に考えるものなのかも知れない。
「彼女に『逆恨みもええとこやわ』って叫ばれたときにはひやっと
しました。でも、誰かが気づいてトイレに入ってくるようなことは
ありませんでした。あそこはそういう場所だと、目星をつけて
いたとおりでした。それで私は犯行のあと、血の付いたレイン
コートとブーツを脱いでトイレを出ました。それは後日、博物館の
焼却炉で燃やしました」
 芹沢は頷いた。血さえ付いていなけりゃ、普通のオバサンだ。
「あんた、被害者の足に必ず深い傷をつけておくけど、あれは
何か意味があるんか?」島崎が訊いた。「それともあんな
儀式的な痕跡を残して、いかにも猟奇的な殺人鬼の仕業に
見せかけようとしたんか?」
「あたしの足と同じようにしてやろうと思ったんです」
「え?」
「二十歳のとき、暴漢に襲われて傷つけられました」
 悦子は机を見つめたまま言った。「何なら、あとでお見せします」
「……いや、ええ。分かった」
 島崎はいやなことを訊いてしまったという感じで眉をひそめた。

「──田中耀子のことは以前から知ってたの?」一条は訊いた。
「知ってたも何も、あの女はまるで遠慮なしやったもの」
 美登利は怒りを露わにしていった。「オフクロでさえ知ってたん
やから」
「強盗のことは?」
「あの女が知ってたかってこと? うん、そうみたいよ。あたしが
彼女を呼び出そうと電話したとき、『お父さんがしくじったの?』
って訊いてきたから。それであたし、咄嗟に『うん、今こっちに
逃げてきてて、あんたにだけ逢いたいって言うてるから、
大阪港に来て欲しい』って言うた。そしたらあの女、『あら、
ええわよ』やて。あたしは今に見てろって思った。あたしと
オフクロから親父を奪ったくせに、勝利者気取りなんやもん。
あんな親父やけど、オフクロはほんまに頼りにしてたのよ」
「で、耀子は港に来たってわけか」
「殺されたってことは、そういうことよ。何しろあたしは山蔭留美子を
連れ回したとき以外は夜は家を出られへんかったし、全部
オバサンに任せたから。あたしはもっぱら誘い出し専門やったと
いうわけ」
「……昨日あたしを狙ったのも、計画的だったのね」
「そうよ。この前あんたらがうちに来て護衛の話をして帰ったあと、
すぐにオバサンと連絡を取った。あんたがあたしと間違えられて
殺されたら、きっとあんたらは警察はこれ以上あたしを護衛した
ところで犯人が近づいてくることはないと考えるやろうと思った
から」
「でも、あたしと芹沢刑事の二人だと、ちょっと無理だとは
思わなかったの?」
「そう、そこが大変やったわ」美登利は小さく笑った。「あたし、
あんたに言うたでしょ? あんたら二人がずいぶん仲がいいって。
そう言うたら、きっと意識してつい二人が離れるんやないかと
思たのよ。刑事っていつも二人で動くって聞いてたし、まさか
あんなに簡単にあんたが一人になるなんて思わへんかったわ」
「恐れ入ったわ」と一条は溜め息をついた。「でも、言っとくけど
あのとき彼が車を離れたのは偶然よ」
「そうなん」
 美登利はそんなことはどっちでもいいと言いたげな顔で
一条を見た。
「──あの刑事、軽口ばっかり叩いて見かけ倒しの能無しかと
思たけど、最後の最後で抜かりのないとこ見せてくれたわ。
もうちょっとであんたを殺れたのに」
 とんでもない女や、と鍋島は思った。もはや美登利を子供として
見ることができなくなっていた。

  二時間ほど経ち、また昼も近づいてきたので、取り調べは
いったん打ち切られた。
 犯行の大筋が明らかになって行くに従って、刑事たちはいつも
どんどん気持ちが沈んでいった。容疑者がやむにやまれない
理由で犯行に及んだときはもちろん、いとも簡単な動機で自分の
手を汚したときでも、彼らは同じように後味の悪さを感じた。しかし、
およそ犯罪とはそういうものなのかも知れなかった。

 刑事課のデスクで取り調べから帰った刑事たちと高野を加えた
五人がぼんやりと座っていると、廊下から課長が走ってきた。
「えらいこっちゃ、やられた……!」
 その声に刑事たちは顔を上げた。
「何です?」代表して高野が訊いた。
「たった今、水上警察から連絡が入ったんやが……」
 課長は息を呑んだ。「今朝、大阪港で乗用車が海に飛び込んだ
そうや。乗ってた四人は遺体で引き上げられたんやが、その四人と
言うのが──」
「まさか……」
「ああ、丸山の一味や」
 刑事たちは唖然と口を開いて課長を眺めた。
「車は盗難車で、トランクからは盗まれた宝石の一部が出てきた」
「でも、四人って?」
「丸山譲次、藤川敏蔵、工藤達彦──」
 そこまで言うと課長は顔を曇らせた。「運転してた残りの一人は、
丸山和子」
「嘘だろ」
 と芹沢はきつく目を閉じて舌打ちした。
「……どうしてなの?」一条は独りごちた。
「彼女のバッグから遺書が見つかったらしい。それによると、
昨夜遅くに丸山から連絡が入って、彼女は彼らと心中するつもりで
会いに行ったようや。『この手で彼らに罪を償わせます』と書いて
あったって」
「──やっぱり、誰かがついとくべきやったんや」
 鍋島は言って頭を抱えた。 「娘がダンナのせいで殺人犯に
なったんやから、そんな気にもなるやろ」
「今となっては仕方がない」課長が言った。「係長、行ってくれるな?」
「ええ、分かりました」
 そう言うと高野はがっくりと肩を落とした四人の仲間を眺めた。 



目次 へ
第七章 2 へ





ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]