忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第一章  4 ~


          4

 その少女は、刃物で背中と左胸を一度ずつ刺されて死んでいた。
 仰向けに倒れていて、開いたままの瞳は上から見下ろして
いる刑事たちを見つめ返しているようにも見えた。
 紺と白のボーダーのTシャツを着て、その上に白地に紺の
縁取りの入ったニットのカーディガンを羽織っていた。丈の短い
紺のプリーツスカートはめくれ上がり、白い太股を露出している。
 白のヘアバンドに白のソックス、紺の
ローファーを履いていた。
右足の方は脱げて、紺のボックス型のバックとともに水たまりに
転がっていた。
 長いストレートの髪が似合う清楚な感じの美少女で、もし
生きていたら自分の洋服がこんなに血で汚れてしまって
いるのをきっと嘆くに違いない。小降りだが決して途切れる
ことなく落ちてくる雨が、背中から流れた血をすぐ脇の
側溝へと
運んでいた。

「──ひでえな。ここまで深く刺したら殺った方もさぞたっぷり
血を浴びてるぜ」
 芹沢は傘を肩に回し、空いた手をズボンのポケットに突っ込んだ
まま少女を見下ろして言った。隣に並んだ
鍋島は少女を見ると、
その顔をゆっくりと芹沢に向けてじっと彼を覗き込んだ。
「何だよ。俺の顔に何か付いてるか?」
 芹沢は少女を見下ろしたまま言った。
「いや──」と鍋島は俯いた。
俺が何か思い出してるんじゃねえかって思ってるんだろ」
「別に。そんなことないよ」
 そう言うと鍋島は決まりが悪そうに腕を組んだ。「通り魔かな」
 現場は地下鉄南森町(みなみもりまち)駅を地上に出て東に
百五十メートルほど行った小学校のすぐ裏の路上
だった。
時刻は午前三時をまわっており、場所的にも時間的にもほとんど
人通りはなかった。今もこうして多くの
捜査員が現場を中心に
あちこち動き回っているのに、足を止めてその様子を眺めるような
人間は一人としていなかった。
 やがて担架が運ばれてきて、濡れぼそった少女はその上に
乗せられた。するとその拍子にスカートが揺れて、
さっきは
見えなかった右の太股の裏あたりが露わになり、そこも大きく
掻き切られているのが見えた。少女には毛布と青いビニール
シートが掛けられた。
「目撃者を捜すのは至難の業だな」
 芹沢はあたりを見渡して言った。「誰もいねえよ」
「ああ。あそこまでしっかり刺して、そのあと逃げる時間が
あったんやからな」
 芹沢は通り掛かった一人の鑑識係員に声を掛けた。「あの、
ちょっと」
「なんや」
 振り返った鑑識係員は、二人より少し年上らしき男だった。
「あのバッグの中から身元を割り出すようなものは?」
「向こうにまとめて置いてある。勝手に探し出せ」
 係員は親指を立てて自分の後方を示した。雨の中の
はかどらない作業に苛立っているらしい。
 二人は係員が示した方向に停めてあったワゴン車まで行き、
開けっ放しにした後部座席にまとめて置いてあった
遺留品を
調べた。
「──これ、定期入れや」
 中には、阪急電車の梅田(うめだ)─岡本(おかもと)間の六ヶ月
定期と、大阪地下鉄の東梅田─南森町(みなみもりまち)間の同じく
六ヶ月定期が入っていた。ともに通学定期だった。
「学生か」と芹沢は言った。「……まだ十八だ」
「岡本って言やぁ──六甲(ろっこう)女子大かな」
「そっちに学生証がある」
 芹沢に言われて、鍋島は座席の遺留品から一枚のカードを
取り上げた。
 やはり彼女は六甲女子大学の生徒だった。しかもまだ一年生だ。
「山蔭留美子(やまかげるみこ)」鍋島は名前を読んだ。「たった
二ヶ月の大学生活か」
「いくら新生活で浮かれてたからって、こんな時間までほっつき
歩いてたら何があっても不思議はないさ」
 
芹沢はにべもなく言った。
 鍋島はふんと短く溜め息をついて学生証を座席に戻した。
確かにその通りだが、だからと言って人を殺すような
やつが
いていいことにはならない。芹沢もそこは分かっているし、
彼なりの正義感も持っているのだろうが、それでも
鍋島は
相棒の聞き慣れたはずの冷めた言い草が時々ひどく嫌になる
ことがあった。

 二人が署を出た頃から、頭上では雨に加えて不気味な
雷鳴が響いていた。そして今、遠くの空で稲妻が
走ったかと
思うと、とうとう激しく降り出した。
「おまえがスーツなんて着てくるからだぜ」
 乗ってきた車を目指して走りながら、芹沢は鍋島に向かって
吐き捨てるように言った。
「……俺もそう思う」鍋島はぽつりと呟いた。  

 
 
 突然、耳元で聞き慣れた着信音が鳴った。
 素早く電話を取ると布団の中に引き入れて音を消し、それから
ゆっくりと布団から手を出して枕元の電気スタンドの
スイッチを
回した。小さな池に小石を落としたように、あたりの視界が開けた。
 電話を明かりにかざし、馴れた手つきでボタンを押して画面に
現れた メールを読んだ。眠っていなかったので目は冴えていた。

 短い文章のメールだった。
 映し出された文字は、 「指令完了」 の四文字のみ。

 まず、一人済んだ。
 薄笑いを一つ浮かべて、明かりを消した。  



目次 へ                                 
第二章 1 へ




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

つづきを読んでます

いつもながら味のあるコンビ。
かっこうもいいですね。

うちの佐藤と中居にも爪の垢を
煎じて飲ませてやりたいと思います。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2010/03/07 (13:53) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます

相変わらずの身勝手コンビです
スイーツマンさんのところの名コンビは
また違った味のたっぷりあるお二人ですね
こちらも爪の垢・・・頂戴しなくては。

訪問ありがとうございました

  • from みはる :
  • 2010/03/09 (01:01)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]