忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第一章  2 ~

 
       2


 ベッド脇のサイドテーブルに置いた目覚まし時計が鳴った。
 ブランケットから手が伸び、探るようにして宙を泳いだかと
思うと、時計のてっぺんにあるボタンを押してベルを
止めた。
そのまま手は時計を掴み、まだ枕に沈んでいる頭のそばへと
運んでいった。
「五時か──」
 当たり前だ。五時にアラームをセットしておいたのだから。
 レースのカーテンを通して射し込んでくる夕方の眩しい
太陽の光が、寝返りをうった途端に目に入ってきた。思わず

顔に手を当て、そのまま無意識に目をこする。やがてゆっくりと
身体を伸ばして片目を開けた。六畳の和室は、
オレンジ色の
セロハンを貼り巡らせたように美しい朱色に染まり、写真の
現像でもできそうだった。
 欠伸をしながら鍋島勝也(なべしまかつや)は起き上がった。
上半身は裸で、左側の脇腹には大きな傷跡があった。
それから
同じく左の二の腕にも7cmほどの縫い傷。

 彼は警官だった。刑事になってからは三年半が経つ。その
あいだにこうした怪我をさせられたのだから、これらは
すべて
彼の警官としての証なのだった。
 腹の傷は去年の秋に逃走中の若い男に刺されたときの
もので、そのときは右足の太股にも傷を受けた。腕の方は

同じ年の正月にサラ金強盗ともみ合ったときにやられた。
今はもう鉄格子の向こうへと送り込んだとはいえ、彼は
決して
相手のことを忘れてはいなかった。一歩間違えば、西日の
射し込むこの部屋のベッドではなく、冷たい
墓石の下で先祖
代々の魂とともに眠る羽目になっていたのだ。目覚まし時計で
自由に目を覚ますというわけにはい
かない。それに彼はまだ、
少年のようなあどけなさの残る顔立ちをした、二十九歳の
独身青年だったのだ。

 たっぷりと時間を掛けてシャワーを浴びたあと、彼はタオルで
髪を拭きながらキッチンに入った。冷蔵庫からスポーツ
ドリンクの缶を取りだし、プルタブを開けながらリビングの
ロー・テーブルの前に来て座った。シャワーの
前から
つけっぱなしにしていたテレビが、休日の長閑(のどか)
ニュースを流していた。
 ドリンクを一口飲み、缶をテーブルに置いた。そのあいだも
髪を拭く手は止まっていない。彼の髪は短い方で、
乾かすことで
手入れの半分以上が済んだことになり、あとはローションか
何かで整えれば終わりだったから、つい乾かすのに夢中に
なってしまうのだ。
 寝室に戻り、クロゼットの中に並んだ洋服をごそごそと
かき回していると、玄関のチャイムが鳴った。どうやら
そのことを
予測していたらしく、彼は特別慌てもせずにバスタオルを肩に
掛けたまま廊下を進んだ。
 玄関まで行くと、何も言わずにドア・チェーンを外し、ロックを
回してドアを開けた。
「──なんや、風呂なんか入ってたんか」
 ドアが開くなり、立っていた萩原が言った。
「寝てたから汗かいたんや」
「……ひょっとして、麗子(れいこ)が来てるんか?」
「アホか。連れが来るって分かってんのに、女と寝てる奴が
どこにいてる?」鍋島は呆れ顔で振り返った。「夜勤や。

今夜十二時から働かなあかんのや」
「あっそう。ご苦労なことで」
「ええよな、完全週休二日のやつは」

 この二人は大学時代からの親友だった。二人とも一浪して
いて、受験した大学が同じで、しかもそのうち不合格を
もらった
学校までが同じだったとあって、附属高校からの現役入学生が
多い中で始めから妙に気が合った。
 卒業したあとは銀行と警察に進路が別れはしたが、それ
以降も学生の時と同じようにつき合ってきたのだ。
 そして今日も二人は揃って同級生の結婚式の二次会に
招待されており、会場となっているレストランが近いこともあって
萩原がわざわざ
鍋島のアパートまで、彼を迎えに来たのだった。
「早よせえよ。六時からやぞ──あと二十分で用意して行けるか?」
「何とかなるやろ。ちょっとぐらい遅れたって文句言われるわけでもなし。 
俺ら新郎新婦やないんやで」
 鍋島はクロゼットに取り付けられた鏡の前に立ち、のらりくらりと
ドレスシャツのボタンを留めながら言った。
「ほんま、おまえって時間にルーズやな、せやから誕生日って
いうとあちこちから時計をプレゼントされるんや」
「俺は時間で区切って動けるような仕事には就いてへんからな。
時間が来たらさっさとシャッターを下ろす
どっかの業種みたいに」
 鍋島は面白くなさそうに萩原を一瞥し、吊り下げられたネクタイの
束から三本を抜き取ってハンガーに掛けた
ジャケットに当てた。
真ん中の一本を残し、あとは元に戻した。
「それはそうと、他に誰が来んのか知ってんのか?」
 ロー・テーブルの前に戻って、萩原は鍋島に訊いた。
「さあ、二次会やからそこそこみんな来るんやろうけど、よう
知らんな。陽一の連れていうたら、俊樹(としき)とか
上原(うえはら)
とか、あと由貴(ゆき)ちゃんとかそのへんやろ」
「由貴ちゃんか……」と萩原はテーブルに肘を突いた。「来るんかな」
「気になるか」鍋島は戸口から顔を出した。
 萩原は答えなかったが、嬉しそうな迷惑そうな、何とも複雑な
表情をしていた。
「知らんのやろ、おまえらが離婚したの」
「知らんと思うで、誰かから聞いてなかったら」
「おまえ、また言い寄られるかもな」鍋島は面白そうに言った。
「……なに喜んでるんや」
「別にぃ」鍋島はにやりと笑って寝室に引っ込んだ。
 萩原は舌打ちすると、さっき鍋島が飲んでいたドリンクの缶を
取って一気に呷った。
「──おい、早よしろよ。置いて行くぞ!」  

 
 その夜、同級生の結婚二次会に出席したあと、鍋島と
萩原の二人は北新地(きたしんち)の外れにある
ピアノバーへ
やって来た。
「──陽一のやつ、ごっつ美人の嫁さんもらいよったな」
 バーのカウンターに頬杖を突き、萩原はため息混じりで
言った。
「ああ、あんな可愛い子、そうどこにでもいるもんやない」鍋島も
深く頷いた。
「社内恋愛やて言うてたな」
「確かに、あいつは昔からそう言う姑息なとこがあった」
 萩原は言うと、じっと鍋島を見つめた。「──ところで、

おまえらはどうなってるんや」
「俺ら? 俺らって?」
「とぼけるな。おまえと麗子(れいこ)のことや」
 麗子というのは彼らのもう一人の親友で、同じく大学の
同級生だった。そして今では、鍋島の恋人でもあった。
「結婚せえへんのか」
「まだ早いやろ」
「早い? 何で」
「その──あいつとそういう関係になってから、まだ半年しか
経ってへんし」
「つき合い出してからは半年かも知れんけど、知り合って
からはもうそろそろ十年やぞ。今さら、何を迷うことがある?」
 鍋島は煙草を箱から一本引き抜いて、それを右手の中指を
使ってくるくると回した。「もうちょっと、気楽っていうか
──
自由でいたいって気持ちがあるんや」
「自由か」と萩原は呟いた。「いつまでも自由なんて言うてると、
結果的には俺みたいなことになるぞ」
 鍋島は返事に困って萩原を見た。萩原の離婚理由の一つが、
彼がアメリカにいた頃の自由な生活を、帰国
してからも忘れる
ことができなかったからというものだったのだ。
「そういや、言うてなかったな」萩原は言った。「先月、智子が
再婚したんや」
「そうか」と鍋島は手許のグラスに視線を落とした。
「今日の昼に会うてきたけど、すっかり花屋の女房やってた」
「ちょっとは安心したやろ。そうなると今度はおまえや」鍋島は
わざと明るく言った。
「何が」
「せやから、誰かええ相手見つけろよ」
「俺はええよ。ちょっと結婚は考えられへん」
「仕事一筋ってやつか? おまえも変わったなぁ」
「まさか、そんなんやないって」
 と萩原は顔の前で手を振り、すぐにちょっと考え込むような
表情になって言った。
「そうやな──もっと気楽なつき合いやったらしてもええけどな。
結婚とか、子供とか、そういうややこしいこと抜きの」
「誰かてしたいやろ、そんなんやったら」
「まあな」
 バーには照明らしい照明はなかった。それぞれのテーブルの
上と、長いカウンターのところどころに置いた
蝋燭の明かりが
店内をぼんやりと浮かび上がらせていた。四角形や円形の
テーブルに囲まれるようにして
置かれたグランドピアノで、
繊細な顔立ちのピアニストが、さっきから流れるような旋律の
曲を演奏している。なかなか
上手いな、と萩原は思った。
「あのピアニスト、美人やな」
 鍋島が萩原の視線をたどって言った。萩原はしたり顔で
鍋島を一瞥した。
「麗子の方が数段上やと思てるくせに」
「……別に、関係ないよ」
「素っ気ないな」
「あいつは自分が美人やて言われるのを嫌がってる。俺も
そんなことはどうでもええと思てるし」
「まあな。おまえら二人とも、つき合いはじめてからもそれまでと
全然変わらんもんな」
「今となったら変われるもんでもないで」
「投げやりやな。うまいこと行ってへんのか?」
「そうやないけど」
「ほな何が気に入らへんのや」
「……よう分からん」と鍋島は肩をすくめた。
「またか。おまえは自分のこととなるとほんまに歯切れが
悪すぎるぞ」
 萩原は眉をひそめて溜め息をついた。
「そう、それも相変わらずや」と鍋島は情けなさそうに笑った。

 演奏が終わり、何人かの客がぱらぱらと拍手をした。
ピアニストは座ったまま軽く頭を下げた。すると、彼女の
すぐ
そばのテーブルにいた年配の男の客が、何かの曲をリクエスト
した。
 ピアニストはにこやかに笑って、再び両手を鍵盤に置いた。
 萩原は耳を傾けた。明るく、ちょっととぼけた感じのテンポの
その曲は、 『Twelfth Street Rag』だった。 




目次 へ                                  

第一章 3




 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

少しずつ読んでます

順調なすべりだし。いつもの軽快なテンポ。
まだなにもみえませんけれど
わくわくするのはなぜでしょう。
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2010/01/17 (11:28) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

お世話になります。
気の置けない友達って、男同士ではこんな感じですか?
女の場合、いきなりは遠慮のない忠告とかはしないんですが。
とにかく、探り探り書いてます。

訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2010/01/17 (14:54)

まぶだちとの日常について

----まったく問題ないです。OKですよ。

少なくとも学生時代、
学生時代の延長である結婚前の新入社員時代、
こんな感じです。
結婚すると、花嫁に遠慮して、少し礼節がでてきますね。

 
  • from 狼皮のスイーツマン :
  • URL :
  • 2010/01/24 (08:13) :
  • Edit :
  • Res

狼皮のスイーツマン様

いつもありがとうございます。遅くなってすいません。
結婚前の若い頃、まさに彼らがそうですね。
(あっ、萩原はバツイチですが)
雰囲気が伝わったのなら幸いです。
訪問ありがとうございました。
  • from みはる :
  • 2010/02/01 (03:17)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]