忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ エピローグ ~



 Epilogue 


 
 それから一週間が過ぎた。
 鍋島と芹沢の勤務状態はいつも通りのローテーションに戻って
おり、今夜は宿直だった。
 静まり返った刑事部屋で、芹沢はさっきから電話で喋っていた。
 デスクに肘を突いて受話器を耳に当て、空いた手ではキャップの
締められたままのボールペンがくるくると曲芸を演じている。
 そのリラックスした様子から、相手が仕事絡みの人間ではない
ことが容易に想像できた。
「──いい? 言うよ。北九州市八幡西区桜ヶ丘町──そう、平仮名じゃ
なくてカタカナの方」そこで芹沢は一呼吸おいた。「書けた?」
 鍋島は部屋の後ろに並んだ書類キャビネットの引き出しの一つに
両腕を置き、さっきからずっと中のファイルをひっくり返していた。
「連絡入れとくから、何かあったら遠慮しないで訪ねて行ってよ。
ちょっと離れてるけど、姉貴の旦那はいい人だし、良くして
くれると思うぜ」
 そう言うと芹沢は相手の話すのに耳を傾け、笑顔になった。
「……そうばい。博多んもんはみなかい人間ばかりなけん、
なぁんも心配することはなかよ」
 芹沢が博多弁を使うのを初めて聞いた鍋島は、思わず
振り返って彼を見た。
 目が合うと芹沢はにやっと笑って視線を外し、続けた。
「上司が一年で戻ってこいて言うとっても、そん頃にはあんたが
帰りとうなかと思うに決まっとるけん、安心して行けばよかよ。
何やったら、そっちの女ば嫁にもろうてみ」
 そして彼は受話器から耳を外し、鍋島に言った。「もう何も
言っとくことねえか?」
「これに懲りて、もう先輩なんか殴らんことやなって」
「聞こえた?」芹沢は笑いながら言った。「──そうさ。自分
だってきっと同じことやるくせによ」
 鍋島は電話の向こうの萩原が自分の悪口を言っているのが
分かるのか、ふんと鼻を鳴らすと引き出しを閉めて間仕切り戸へ
向かった。
「どこ行くんだよ?」
「交通課。盗難届の出てるバイクの中に、昨日の犯人の乗ってた
やつと
似てるのがないか、もう一回調べてくる」
 鍋島は廊下へ出ていった。

 芹沢は受話器を持ち直した。「──じゃあ、元気で」
 そう言うと芹沢は慌てたように付け加えた。「あ、一つ言っとく
ことがあったんだ」
「俺、この前言ったよね。たった一日で恋に落ちたとしても、
それは本物じゃねえって」
「……あれ、撤回するよ」 
 
 
 一階のロビーに出て、すぐ前の交通課に向かおうとしたところで、
鍋島は玄関に入ってきた女性を見て立ち止まった。
 鮮やかなローズ・ピンクのスーツに身を包み、ずいぶん用心深く
あたりを見渡しながら彼女は中へ進んできた。その心細そうな
表情からは、つい三週間前の鼻につくほどの気位の高さは
影を潜めていた。
 やがてすぐ前の鍋島に気がついて、彼女は足を止めた。
 鍋島は穏やかに、しかし十分得意げに微笑んで言った。
「そろそろ来るんやないかと思てたよ」
「そう……」
 一条も口許に笑みを浮かべ、伏し目がちに頷いた。
「あいつは上にいるよ」鍋島は言った。「今、一人や」
「鍋島くん──」
「そうやな、あと三十分したら戻るって言うといてくれるか」
 鍋島は大袈裟な身振りで腕時計を覗いて言い、すぐに顔を上げた。
「……分かったわ。ありがとう」
「どういたしまして、警部」
 鍋島はにっこり笑って言うと軽く敬礼をした。
 
 
 間仕切り戸の前に現れた一条を見て、芹沢は呆然と
立ち上がった。
「……何でだよ?」
 一条はゆっくりと部屋に入ってきた。そして芹沢から少し
距離を置いて立ち止まり、向き直った。
「昼間ここに電話したら、今日は宿直だって」
 そう言うと彼女は深く深呼吸をした。「電話を切って、気が
ついたら上司に休暇を願い出てたわ」
「それで?」芹沢はわざと冷めた口調で訊いた。「またそっちの
犯人が逃げてきたのか?」
「あたしが逃げてきたって言ったら?」
「どういうことだよ?」
 一条はふっと笑った。「冗談よ」
「冗談なんて訊いてねえよ」
 一条は頷き、芹沢を見据えた。
「あたしはカタをつけたわよ。恋人と別れて、父にもずっと刑事は
辞めないって言ったわ。だから今度はあなたの番よ」
「俺の番?」
「そうよ」
「俺に何をしろって言うんだよ?」
「嘘をつくのはやめてもらいたいのよ」
「俺がいつ嘘をついたって?」
「あたしが最後にあなたに訊いたことの答えよ」
「……ずいぶん自信たっぷりだな」
「当たり前よ」と一条は腕を組んだ。「あたし、刑事だもの」
 芹沢は呆れたように笑って溜め息をつき、そして言った。
「言っとくけど、俺は自分の女に別に好きな相手ができたから
別れてくれなんて言われて、素直にその通りにするあんたの
元カレみたいな、そんな優しい男じゃないぜ」
「そのようね」
 一条は肩をすくめて言うとにっこり笑った。「そこに惹かれた
みたい」
 芹沢はふんと鼻を鳴らすと、デスクの引き出しから黒地に
白のアルファベットが書かれたブックマッチを取りだし、一条に
投げた。
「茶屋町の『フローベール』って店。ビルの三階。何時に
行けるか分かんねえ」
 一条はマッチを受け取ると、例の、人を見下したような眼差しで
芹沢を見た。
「あたしの勝ちね」
「まだこれからじゃねえの」芹沢は鼻白んだ。 
 
 「──巡査部長?」
 署の表に出て煙草に火を点け、長い煙を吐きながら顔を上げた
鍋島に、近づいてきた制服警官が声を掛けた。
「うん?」
「何なさってるんですか?」
「時間潰し」
「え?」
「あと十五分や」鍋島は腕時計を見た。
「十五分後に、何があるんです?」
「さあ。別に取り立ててなにも起こらへんやろな」
「はあ……」巡査には何も分からなかった。
「借りは返してもらうから」
「は?」
「いや、こっちの話」
 そう言うと鍋島は悪戯っぽく片目を閉じ、数歩前に出て軒下から
空を見上げた。

 雨上がりの夜空に、星が一つ瞬いた。 
 




                                         <了>



目次 へ
あとがき へ



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、クリックお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説 投票

人気blogランキング 投票 

カテゴリ別小説ランキング 投票

人気ブログランキング!ブログ王 投票
 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]