忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第一章 3(前) ~

         3


 午前八時を回り、周囲では一日の活動が始まっていた。
 冷たく澄んだ新しい空気の中、両側に大きな屋敷の並ぶ広い坂道を、
学生や勤め人たちがそれぞれの目的地に向かって歩いていく。
窓から見える2ブロック先の通りのバス停には、行き先を駅前と
表示したバスが並んだ客を乗せるのに停車していた。

 その頃になると、真澄はようやく緊張の糸がほぐれたのか、引き替えに
疲れと睡魔が襲ってきたようで、麗子の部屋で少しの間眠ることにした。
麗子が付き添い、他の三人はそのままもとの部屋に残った。
 しばらくすると、麗子が戻ってきた。
「眠ったわ。あっという間だった」
 麗子は自分も少し疲れた声で言うと、鍋島が後かたづけをしている
キッチンのカウンターの椅子に腰を下ろした。
「無理もないよ。丸一日寝てないんや」鍋島が言った。 
「しかもこの状況だもの。あまりにも過酷だわ」
 麗子は溜め息をついた。そしてリビングの芹沢と一条に振り返ると、
ぺこりと頭を下げながら言った。
「お二人にも、ホントに無理させちゃって」
 芹沢は首を振った。「慣れてるよ」
「そうよ。ほとんど毎日こんな感じだもの」と一条。
 麗子は二人の気遣いに再度頭を下げ、ようやく微笑んだ。そして
カウンターに置いてあった自分の携帯電話を取ると、ボタンを押して
画面を眺めた。
 画面には、中大路から真澄に送られてきた例のメールが表示されて
いた。五人で相談の結果、このメールは今後何かのヒントとなるかも
知れないから全員で共有しようということになり、鍋島を覗く三人の
携帯にも転送されたのだ。(鍋島は相変わらず携帯を持っていない。
それについてはこのときもまた、芹沢と麗子からひとしきり文句が出た。)
「ねえ、ひょっとして中大路さん、五日のうちに帰って来れる確信が
あるんじゃないかしら──って、無駄な期待?」
 麗子は言った。
「せやな。真澄を安心させるために言うてるだけやろ」
「そうよね。自分でどうにかなる話なら、こんなに間際になってやる
はずがないわね。しかもこんな方法で」
 麗子は自分の楽観的な考えに眉をひそめ、そしてすぐに何かを
思い出したように顔を上げた。
「そうだ、叔母様に電話しておかなくちゃ」  
「真澄の家か」
「ええ。ゆうべここに来る前に一度電話は入れておいたらしいわ。
うちへ来るって言ってあるそうだから、あたしからも連絡しておかないと」
 麗子は携帯のボタンを押しながら廊下へ出て行った。
「そうか、だからご両親からは連絡が入らなかったのね」
 ソファ越しに麗子の様子を伺っていた一条が、きちんと座り直して
言った。
「と言うと?」
 向かいの芹沢が訊いた。
「普通、実家住まいの娘を持つ親なら、日付が変わっても娘が帰って
こなかったら電話の一つも入れてくるわ。たとえ男と一緒にいるって
分かってても、とにかく釘を刺しておきたいものなのよ」
 そう言うと一条は廊下に振り返った。「特に野々村さんは、そういう
ところはしっかり教育されてるみたいだし。結婚を間近に控えてたって、
相手の男性との付き合い方にもちゃんとけじめをつけるように言われて
たんじゃないかしら」
「そんな感じだな」
 芹沢は言って、一条をじっと見た。すると一条は肩をすくめた。
「あたし? こんな仕事に就いちゃったから、両親はとうの昔に諦めてるわ。
そうでないとここでこうしてることも不可能でしょ」
「……まぁな」
 そこへ麗子が戻ってきた。
「どうやった」
 食卓のテーブルで煙草を吸っていた鍋島が訊いた。
「あたしの声を聞いて、ほっとしてらしたわ。ゆうべ真澄が自宅に
電話したのは十二時過ぎだったらしいから、その直後にうちに連絡を
入れようかどうか迷ったそうなんだけど、時間が時間だったから
遠慮してたんですって。一時には来てらっしゃいましたよってごまかして
おいたけど、近頃はみんな携帯で連絡をとるから、結局はどこに
いたって分からないのよって、ちょっと嫌味言われた」
 麗子はもとの席に着いて、大きく溜め息をついた。
「……めんどくせぇ」
 自分の膝で頬杖を突いていた芹沢が鼻の真ん中に皺を作って吐き
捨てた。
「そういうもんなの。年頃の女の子の親は気が気じゃないのよ。世間には
あなたみたいなのがウヨウヨしてるから」
 一条が釘を刺した。「……そうだ、それで思い出した」
「思い出さなくていいよ」と芹沢は口元を曲げた。
「マンションの部屋を出てエレベーターに乗るとき、ちょうどお隣の
娘さんと一緒になったわ。『奥さんの妹さん?』って訊かれたんだけど、
どういうこと」
 一条は芹沢を睨み付けた。
「……全くの誤解。はは、なに言ってんのあの娘(こ)?」
 芹沢はぎこちない笑顔で言うとすぐに真顔に戻った。
「だといいけど。しかもその彼女、初対面のあたしに何のつもりだか
露骨に敵意むき出しだったわよ」
「あの女子高生が?」
「あの女子高生が、よ。意味わかんない」一条は憤慨した。
 そこで鍋島が口を挟んだ。
「一条、それっておまえハメられてるぞ」
「どういうこと?」
「おまえのことを芹沢の彼女って分かってて、そんな嘘言うたんや。
芹沢の浮気疑惑をでっちあげて、おまえらをもめさせようとしてるんやろ」
「そうだよ、おまえ、あの娘に騙されてるんだって」
 芹沢はいきなり活き活きとして言うと、鍋島に向かって(サンキュ)と
目配せをした。
「騙そうとしてるのは、あなたじゃないの?」
「違うって。おまえともあろうモンが、そんな幼稚な企みに簡単に
ひっかかっちまうなんてな。どうかしてるぜ」
「………………」
 一条は口を噤(つぐ)むとバツが悪そうに俯いた。十代の小娘に、
まんまと騙されかかっていた自分が恥ずかしかったからだ。
「そういうこと言うなって」
 短くなった煙草を灰皿に押しつけながら、鍋島が諫めた。
 ずっと黙ってこの様子を見ていた麗子は、芹沢の言葉にある種の
同調を感じていた。さっきまであれだけの聡明ぶりを発揮していた
彼女が、たった一度顔を合わせたばかりのアカの他人の女子高生に、
こうも簡単に担がれてしまうとは。
 それもこれも、すべては恋の成せる技なのだなと、このとき麗子は
自分にも身に覚えのある、恋する人間の脆(もろ)さというものを
一条の中に見たのだった。

「さてと、そしたら今日これからのことやけど」
 鍋島は言いながら三人を見回した。
「その前に、まずはこの件での方針確認をしておきたいんだけど」
 鍋島と麗子のいるダイニングに身体を向けて、一条が言った。
「……そうやな」
「野々村さんは、婚約者が違法行為に手を染めるような人じゃないって
言ってたし、あたしも彼女がそう信じて主張するのは理解できるわ。
だけど、あいにくあたしたちはそうは考えない」
「もちろん。どんな可能性かて頭に入れとくべきや」
「で、残念なことに違法行為の事実あるいは証拠が判明した場合の
ことだけど」
 一条は鍋島をじっと見つめた。「その先はどうするの」
「どうって……?」鍋島は微かに首を捻った。「どっちにしても連れ
戻さなあかんやろ」
「そう、野々村さんのもとに連れ戻しさえすればいいのね。それで
ミッション完了? それ以上は一切無しでいい?」
「それは……」
「それでは済まされない、ってことなのね」麗子が言った。
「いや、そうとまでは言ってないよ。つまり、そこで手を引くのかどうか
ってことさ」
 芹沢が言った。「万が一婚約者が何らかの罪を犯していたとしても、
とりあえずは本人を見つけて、もしも誰かに行動の自由を奪われて
いるような状況だったら、そこから奪還はする。その後のことは
野々村さんに任せて、犯した罪に関してはそれ以上の追求はしないって
ことなのか、それとも警察官である以上、野々村さんが何と言おうと
摘発するのか、どっちなんだって、みちるは訊いてるんだ」
「………………」
 鍋島は黙り込んだ。
「俺たちは警察だけど、今回はあくまでそのスキルを使って消えた男を
捜し出した『頼りになる友達』ってだけで、そこで終わりでいいんだな?」
「勝也、どうなの?」
「どっちにするにしても、今回は鍋島くんに従うわよ。あたしの性格上、
不問に処すっていうのはホントは難しいんだけど」
「もちろんよ。当然だわ」
 麗子は強く頷いた。「それに、もしも中大路さんが何かの犯罪に
手を染めてるなら、そのまま結婚したって真澄は幸せになれないわ」
「それは野々村さんが判断することだと思うぜ」
 芹沢が即座に言った。「従姉の意見として分かるけど」
 いいじゃない、と一条は芹沢を制し、そしてもう一度鍋島をしっかりと
見据えた。
「どうするの、鍋島くん。あたし、できれば最初にそこのところをはっきり
してもらいたいんだけど」
「………………」
「勝也?」
「……もしもあの男が何か罪を犯してるんやったら」
 鍋島はようやく口を開いた。そして顔を上げた。
「見つけ出して、そこで終わりにはせえへんよ」
 芹沢は頷いた。「彼女に恨まれるかも知れないぜ」
「たとえ真澄に恨まれても」 
 鍋島は語気を強めると、一人一人の顔をゆっくりと見回し、そして
迷いのない眼差しでダイニングのドアの一点を見つめ、はっきりと
断言した。
「最後まで追いつめる」



目次 へ
第一章 3(中) へ


   

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

おはようございます^^

鍋島青年
警察官のかがみ!
  • from スイーツマン :
  • 2016/05/19 (03:06) :
  • Edit :
  • Res

Re:おはようございます^^

さて、どうでしょう…^^
  • from みはる :
  • 2016/05/24 (12:21)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]