忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

【Column】 ~ 登場人物紹介 その2:芹沢 貴志 ~

<プロフィール>

 誕生日           8月5日(初登場時27歳)
 出生地            福岡県北九州市
 居住地             福岡県北九州市の実家、東京都新宿区高田馬場の学生
                          マンション、大阪府大阪市北区の警察独身寮を経て、
            大阪市北区中津(賃貸アパートの三階・2DK)、
                          大阪市北区本庄東(分譲マンションの七階・3LDK)
 家族構成         父(酒販会社経営)、母、長姉(五歳上)夫婦が北九州市
                          在住、義兄が店を継ぐ。次姉(二歳上)夫婦が神戸市在住。
 身長・体重       179cm、63kg
 血液型            A型(RH+)
 顔の輪郭           楕円
 髪型(色)         パーマも整髪料も無しの自然な短髪だが、前髪が少し長め。
                           黒。
 眉                     こめかみに向かって真っ直ぐに伸びている。
 目                 切れ長の二重。『涼しげ』
 視力               両目とも0.2。普段はコンタクト使用、たまに眼鏡も。
 鼻                 高く、先が少し上向き加減。『生意気そうな』
 口                 丸みを帯びた豊かな唇。
 声・話し方        低いが、良く通る声で流暢に話す。少し崩れた標準語。
                           博多弁も話せる
 その他の特徴    空手のおかげで細身ながらも鍛えられた肉体を持つ。
             前髪を掻き上げるのが癖。
 最終学歴         私大(東京都)商学部卒業。
 職業               大卒後、大阪府警察職員採用(警察官)、巡査。
                      二年後、巡査部長。
 特技・資格        空手三段
 趣味                映画鑑賞、ツーリング
 車                   250ccのバイク(
SUZUKI ST250
 音楽                 ブリティッシュ・ロック。映画音楽にも詳しい。ビートルズ
 本・雑誌等         ノンフィクション。新聞もまめに読む。
 服装                 仕事ではスーツかジャケットスタイル、オフでは何でも。
 スポーツ            空手は今も署で比較的熱心に練習する。格闘技ファン。
 タレント            石原さとみ
 煙草                大学生の頃は吸っていたが今は吸わない
 酒                   酒屋の息子らしく酒豪で、特に日本酒と焼酎が好き。
 食べ物              明太子を使ったものは何でも好きで、ラーメンにはうるさい。
 子供の頃の夢      映画監督か作家
 嫌いなもの          大阪人の我が町自慢と東京コンプレックス
 異性の好み         プレイボーイで、厳密な好みはない。強いて言えば清純タイプ。
 性格                 現実主義。大切なことは誰にも言わずに決める薄情なところが
                            ある。一見人当たりはいいが、本当はかなり屈折した性格。
 登場作品番号      全作品

 



<語録>

「嫉妬深い女にだけはつかまらねえこと。愉しく男やっていくにゃ、それが必要最低条件よ」
                    (浮気がばれて妻が夫を刺したという事件現場に向かいながら)

「だってそうだろう、本当なら俺は警官なんかとは一番遠いところにいるはずの人間さ。
間違いなく商売女のヒモで、いずれは人殺しだ」

       (自分をまともな道へと導いてくれた先輩刑事について鍋島に話しながら)

「だったら整形でもするんだな」
                                  (彼の顔立ちを僻むような発言をする鍋島に対して)

「おまえが休もうがどうしようが、その尻拭いなんて俺の知ったこっちゃねえ。
フォローが要ると思うんなら、そりゃあ出て来た後のてめえ自身の仕事だろうが」

                  (鍋島から、休暇を取った彼の代わりに泊まったのかと訊ねられて)

「俺が優しくしていいのかって訊いてるんだ」
「おまえがそう言うんなら、俺は遠慮しないぜ。とことん優しくしちゃうよ?」

         (投げやりになった鍋島から、女に優しくするのはおまえが得意だろと言われて)

「人の私生活に首突っ込むなんて、仕事だけでうんざりだ。知り合いだろうが何だろうが、
あんたが何やろうと興味ねえよ」

                                         (麗子から、彼女の事情を尋ねないのかと訊かれて)

「だとしたら、不本意にも母親になっちまった知り合いを家まで送るのが、せいぜい
俺のできる親切かな。それ以上はごめんだ。話も聞きたくねえ」

                                       (麗子が妊娠し、悩んでいるのではないかと誤解して)

「──やめとくよ。弱ってる女の心のスキに入り込むなんて、ちょっとずるい気がするだろ」
                             (自宅まで送っていった麗子にコーヒーブレイクを誘われて)

「心配要らねえよ。俺はもう辞めねえ。辞めたいと思うことはあってもな」
                  (帰省をきっかけに辞職するのではないかと心配する鍋島に対して)

「あいつ、いいやつだぜ。きっときみにはもったいない」
                                            (女子高生に彼氏との仲直りを勧めながら)

「何を言おうと、あんたは亭主を売ったんだ」
                       (夫のために悪事に手を染めたと主張する杉原奈津代に対して)

「それでいいと思ってんなら、そうすりゃいいさ」
「俺には偽善者にしか見えねえけどな」

                    (ふった相手の真澄には謝るしかないのだと言う鍋島に対して)

「俺が今、ここでどうにかお巡りなんかやってられるのは、あいつがいたからだってことさ」
                                    (鍋島の人柄を麗子に説明する上での表現)

「……あれ、お嬢ちゃんがご機嫌損ねちゃったよ」
「俺もまだまだだね。女にフラれるはずさ」

                                                            (自分の嫌味に一条が怒ったのを見て)

「それをおまえみたいに教科書通りの理屈で押し通して、ガンガン頭ごなしに非難されたら
たまったもんじゃねえよ。女を好きになったり抱いたりするのは、そんな太古の使い古しの
公式みたいに、決まり切った法則で説明のつくもんじゃねえだろ?」

                                              (元妻と不倫した萩原豊を激しく咎める鍋島に対して)

「鍋島……おまえのそう言うとこ、俺は本当に忌々しくってしょうがねえよ」
                      (誰に対しても結局は寛大な態度を取る鍋島にふがいなさを感じながら)

「自分は送り狼じゃねえって言ったやつで、実際その通りだった試しはないんだぜ」
                                                      (一条を宿泊先のホテルの部屋に送り届けて)

「どうせあっちもすぐに忘れちまうさ」
                              (恋人のいる一条とのことで身を退いたのかと鍋島に訊かれて)

「おまえを見てたら、その服、一枚一枚脱がせたくなった」
                         (日帰りの横浜出張を撤回しようとしている理由を一条に訊かれて)

「そりゃそうだろ。だって俺の顔、ほぼ完璧だもん」
               (一条に眼鏡を掛けた顔より素顔の方が好きだと言われて)    

「──あれま、お行儀が悪いったらありゃしねえな」
                                                            (吐瀉物にまみれた死体を見下ろして)
「あいつらを見てると、哀れすぎて何だか逆に腹が立ったんだ」
     (不幸な境遇におかれた田所兄妹に対して態度が冷たいと鍋島に指摘されて)

「何なんですか、今さら同情ですか?」
                                                        (田所兄妹の処遇を心配する小林に対して)

「案外、署に寝泊まりしてお巡りの仕事がどんなものかを観察するのも
いい社会勉強になるかも知れないぜ。将来のためにはな」

                                  (警察署は子供には悪環境だという小林に対して皮肉って)

「なあ、本当にもうすぐ結婚しちまうのか?」
                                               (自分の肩を持ってくれる鍋島純子に対して)

「もらいてえのはやまやまなんだけどよ。純子ちゃんには悪い兄貴がいるからな」
                                          (嫁にもらってくれるかと冗談で訊く純子に対して)

「何なら、今度はそのでっけえオッパイに一発ぶち込んでやってもいいぜ」
                              (母親の自覚のない田所杏子の頬を叩き、暴力警官と罵られて)

「……何でもないんです、ほんとに」
                                             (鍋島の余計な発言によって一条に浮気を疑われて)

「二十年経ったら会いに来てくれよ」
                                                                   (田所菜帆との別れの挨拶)

「鍋島、嘘だろ……?」
「まだ生きてるよな?」

                                                              (射殺された田所菜帆の遺体を見て)

「金は欲しいよ、いくらでも」
「けど、てめえみてえにどんなに汚ねえ金でもほしがるほど貪欲じゃねえんだ、
俺たちの世代になるとよ」

                                     (暴力団幹部に金による事件のもみ消しを持ち掛けられて)

「そんなの分かってるさ」
    (共に警察官をやめる覚悟を決め、事を成し遂げた鍋島からいい相棒だと言われて)

「そういう俺が好きなんだろ?」
                                         (謹慎中に一条から頭がどうかしていると咎められて)

「おまえがそんなに遠くにいて、ちっともやらせてくれないからだよ」
                           (一条から自分に対する信用がないのは自業自得だと非難されて)

「──てめえは、どうしたって俺らをモメさせてえんだな」
      (非番の朝に一条と過ごしているところを鍋島に呼び出されて)


「ぶっ殺してえよ。おまえら全員」

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]