忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第四章  3 ~


         3 

 広い八帖間の和室には上座に床の間があり、手前に炉が
切ってあった。
 すっきりと髪を結い上げ、落ち着いた柄の着物を着た真澄は、
タオルを使って湯気の上がっている茶釜の蓋を開け、中を覗いて
蓋を開けたままにした。そして残った和菓子の入った菓子椀を
持つと、立ち上がって部屋を出た。
「真澄」
 ダイニングで菓子椀を洗っていた真澄に、リビングの戸口に
立った母親が声をかけた。真澄と同じくらいの背格好で、物静かな
感じの女性だった。
「何?」
「生徒さん、帰られた?」
「うん、今さっき」
「ほなちょっと来なさい。お父さんが話があるって」
「はい……」
 真澄は菓子椀を食卓に置いた。

 リビングはL字型になっていて、それによって出来る内側の
スペースに父親の書斎があった。真澄はそのドアを開けると、
中にいた父親の顔をじっと見た。
「そこに座りなさい」
 重厚なデスクの前に座っている父親が、サイドテーブルの
前のソファを指して言った。白髪混じりの髪に銀縁の眼鏡を
掛けた、見るからに温厚そうな紳士という風貌だった。
「何? あらたまって」
 真澄は着物の裾を合わせて浅く腰掛けた。そこへ、トレイに
三人分のお茶を乗せて母親が入ってきた。
「真澄はお父さんの友人の和田(わだ)先生を知ってるね?」
「うん。岩倉(いわくら)にいらっしゃる先生でしょ?」
「そうや。実はその和田先生の甥御さんが、今年二十八歳で
お父上の会社を継がれてね。そろそろお嫁さんを、ということで、
先生を通じて私のところにお見合いの話を頼んでこられたんや」
「それで?」
 薄々話の見当がついた真澄だったが、わざととぼけて訊いた。
「真澄とお見合いを、と言うて来られたんやが……」
「京大の経済学部を出られててね。しばらくは商社にお勤め
やったんやけど、今年の春ロンドンから帰ってこられた機会に
退社されて、家業を継がれたそうよ」
 母親が嬉しそうに言った。
「ふうん」
「家業というのは、輸入家具や雑貨を扱ってる会社らしいよ。
けど代々社長は早めに引退するらしくてね。お父上も五十五で
きっちり彼に後を譲られて、彼は三代目やそうや」
「写真は?」
「ああ、そうやな、忘れてた」
 父親は頷き、デスクの上の封筒を取ってテーブルに置いた。
真澄はそれを取り、中に入っていた釣書とスナップ写真を出した。
 釣書には目もくれず、写真を眺めた。

 写真には、体格の良い、人の良さそうな男性が、白い
ポロシャツに焦げ茶のツイードジャケットを羽織り、ゴルフ
パンツをはいて立っていた。
「ちょっと肥えてはるみたい」
「柔道をやってはるそうよ。四段やて」母親がにこにこと答えた。
「どうや真澄。お見合いしてみるか?」
「う……ん」
 真澄は考え込むように俯いていたが、父親をちらりと見ると
言った。
「どうしてもあたしと、と言うてはるの?」
「いや、本人はどうか知らんが、ご両親と和田先生がね」
「そうか。周りの人から言われたら、お父さんも嫌とは言われ
へんってとこやね」
「まあ、な」と父親は頷いた。「けど真澄ももう二十五やろ。
いつまでもここでお茶やお華を教え続けるというわけにも
いくまい?」
「あたし、結婚してもやめへんわ」
「それは構わんが、結婚はせんわけにはいかん。それとも
真澄は今、つき合ってる人でもいてるんか?」
 真澄は黙り込んだ。
「真澄?」と母親が娘の顔を覗き込んだ。
「あ、はい」
「このお話はあんたも言うたように、和田先生が甥御さんの
ために直接お父さんに頼んでこられたお話よ。そやから
あんまり無下には断れへん反面、ええ加減な気持ちで
お受けしても失礼になるの。会ってどうしても気に入らへんなら
お断りしても仕方がないけど、心の中に別の人がいる状態で
お見合いするのは、お母さんとしてもちょっと勧められへんわ。
黙ってればええっていうのとは違うからね。誠意の問題やから」
「……分かってる」
「そやから真澄、すぐに断るようなことはせんと、しばらく考えて
正直な返事をちょうだい。いいお話やから、もし真澄に特別な
人がいてないのやったら、お母さんは是非ともこのお話を
進めたいと思てるの」
「返事はいつまで?」
「そやな……来月の一週目に歯科医師会で和田先生に会うから、
そのときには返事しようと思ってるんやが」
 父親はデスクのカレンダーを見ながら言った。
「分かりました」
 真澄は答えると、釣書と写真の入った封筒を持って書斎を出た。
 そして稽古場へと続く廊下を歩きながら、まさに今日麗子から
聞いたばかりの、鍋島の失恋話を思い出していた。


 アパートの部屋で鍋島は寝転びながら缶ビールを飲み、
リモコンでテレビのチャンネルを回していた。
 夜中の一時近くになっているのに洗濯機が回り、はっきり
言って近所迷惑なのは分かっていた。今日こそは早く帰って
五日分溜まった洗濯物を片付けようと思っていたのに、今日、
死にかけの山口紫乃を発見したせいで、現場検証や病院
まわりで九時頃やっと署に戻り、十一時半まで会議で足止めを
くらっていたのだ。だからと言って洗濯を片付けないわけには
いかなかった。今日を逃すと、今度はいつになるか分かった
ものではないし、いい加減着る服もなくなってくる。

 山口紫乃は医師の診るところによれば、発見がもう一時間
遅れれば危なかっただろうということだった。頭蓋骨の陥没骨折と
軽度の脳挫傷がその理由で、浴槽の角で何度も頭を殴り
つけられたらしいことは現場検証で分かっていた。左側の
頬骨と大腿骨の一本も折れており、とにかくひどい状態だ。
そしてその残酷な暴行は、隣室の看護師が彼女の部屋を訪れた
午前一時から、看護師たちがマンションの玄関を出入りし始めた
午前七時半頃までの六時間半ほどの間に行われたことも
分かっていた。その時間に女性が誰かと一緒に部屋にいたと
すれば、相手はごく親密な関係の人物と考えて良いだろう。
 山口紫乃は自分の男にやられたのだろうか。それとも
杉原刑事を襲ったのと同じ連中の仕業か、あるいは強盗
──いや、それは違う。必要以上に部屋を荒らし、ベランダに
出る窓を開け、いかにも外部からの侵入者がいたように
見せかけていたが、あれは違う。警察にそう思わせるには、
ちょっと派手に散らかしすぎたようだ。

 洗濯機のブザーが鳴り、鍋島は面倒臭そうに立ち上がって
洗面所に向かった。洗濯機の蓋を開け、中から衣類を取りだして
カゴに入れる。それから大きく欠伸をしながら洗い髪を掻き、
籠を抱えてベランダに向かった。
 真夜中の肌を刺すような冷たい外気のベランダに出て
洗濯物を干していると、玄関のチャイムが鳴った。
 誰や、こんな時間に。鍋島は部屋に戻り、玄関へ行った。
「誰?」
 鍋島はドアに向かって訊いた。
「……あの、鍋島さんですね?」
 ドアの向こうから気弱な感じの男の声が帰ってきた。
「そう。表札に書いてあるやろ」
「夜分にすいません。あの、ちょっと開けていただけませんか?」
 最初とは別の男が言った。鍋島はその苦しそうな声を聞くと、
靴を履いてドアの覗き穴に顔を近づけ、片目を閉じてレンズを
覗いた。
 レンズの中では、きちっとスーツを着たサラリーマン風の男が
二人、その間にまた別の男を両脇から抱えて必死でバランスを
取りながら立っていた。二人とも、反対の手にはコートと鞄を
持っている。真ん中で抱えられている男はぐったりと頭を垂れ、
顔は見えなかった。
 鍋島はドア・チェーンを掛けたままでゆっくりとドアを開け、
顔を出して言った。
「今頃何のセールス?」
   そして抱えられている男に視線を落とす。
「死体やったら、ここへ持ち込まれても困るんやけど」
「あ、あの、僕たち、興和(こうわ)銀行本店営業部の──」
「……ふざけんなよ。銀行屋がこんな時間に非常識な」
 鍋島はむっとしてドアを閉めかけたが、はっと気がついて
その手を途中で止めた。
「興和銀行?」
「はい、そうです」
 ドアが開く側に立っていた男が、ほっとしたような溜め息と
ともに答えた。
「営業部貸付一課の、山本と言います」
「渉外課の青山です」ともう一人の男。
「とすると、こいつは──」
 鍋島は二人に抱えられている男を見下ろした。
「萩原です」と山本が答えた。「ご存じですよね?」
「ええ」
「実は今夜、彼と一緒に飲んでたんですけど、彼、こんなに
酔い潰れてしもて。それでタクシーを呼んで家まで送ろうと
したら、突然、『家には帰りとうない、東三国(ひがしみくに)へ
行ってくれ』って」
「ここへ?」と鍋島は顔を上げた。「ほんでおたくら、ようここが
分からはったね?」
「ええ、係長、タクシーの中では意識もちゃんとしてて運転手に
道案内しくれてたんですけど、降りる頃にはまた……きっと
車に揺られて気分が悪くなったんやと思います」と青山が
説明した。
「あ、そうや、どうぞ」
 鍋島は萩原を抱えた二人を玄関に招き入れた。萩原は
そのまま倒れ込んでしまった。

「萩原、おい、萩原!」
「係長、何かあったんですか?えらい荒れてたけど……」
「さあ」と鍋島は首を傾げた。「おたくらの方がよう知ってはるんと
違うんですか?」
「俺らはさっぱり」と山本も首を振る。「それより、彼の言うまま
ここへ来たけど、ご迷惑でしたよね、やっぱり」
「いえ、いいんですよ。こいつがそう言うた以上はしゃあないし」
「すみません。僕らも迷ったんですが、何しろ萩原がそう言い張る
もんで……」
 そして山本は上目遣いで鍋島を見た。「それに、聞くところに
よると、あなたは警察官でいらっしゃるとか」
 鍋島は苦笑いを浮かべた。「大トラの扱いには馴れてるって
ことですか」
「……貧困な発想で申し訳ない」と山本は頭を掻いた。「それじゃ、
僕らはこれで」
「ご迷惑かけました」
 二人は丁寧に頭を下げ、半開きのドアを開けて出て行った。
 その直後、鍋島ははっと顔を上げると慌てて表に飛び出し、
廊下を行く二人の背中に向かって言った。
「あの、タクシー代……」
 二人は振り返り、山本が顔の前で手を振った。
「あなたからはいただけませんよ。明日、そいつから
踏んだくります」
「そうしてやって下さい」
 鍋島は笑顔で言うと頭を下げた。

 鍋島は萩原を抱え上げて部屋に入れ、彼が相変わらず
眠り込んでいる間に、途中になっていた洗濯物を干し終えた。
 やがて鍋島は水を入れたグラスを持ってキッチンから出てきた。
「……ほんま、迷惑な酔っ払いが……」
「鍋島ぁ……ここに泊めてくれるんかぁ……」
 ネクタイを緩め、ズボンからワイシャツの裾を出して大の字に
なっている萩原は寝言のように言った。鍋島は彼のそばに
しゃがんだ。
「ほら、これ飲め」
「──ほっといてくれ──」
「あっそう」鍋島はむっとした。「ほんなら俺は寝るからな。
明日は勝手に行けよ」
 グラスをテーブルの上に置き、鍋島は立ち上がると隣の部屋に
向かった。
「ちくしょう、俺は許さんぞぉ……」
「え?」と鍋島が振り返る。
「……美雪は俺の娘や……」
 鍋島は戸口に立ったままで萩原を見下ろした。
「……ど、どこの馬の骨か分からん男に──」
 萩原はごろりと寝返りをうった。「美雪の……父親になられて
たまるかって言うん……や……」
 鍋島は重い溜め息をついた。
「──そうか。智子が再婚するんか」
 すると突然、萩原ががばっと起き上がった。
「おい、鍋島勝也」
「何や」
「ええか。おまえなぁ」
 呂律が回らないながらもそう聞き取れる言葉を吐いて鍋島を
指差し、睨みつけた萩原の目は完全にすわっていた。
「よぉ聞け。おまえはやなぁ」
「俺がどうした」
 鍋島は呆れたように言うと腕を組んだ。
「おまえは、麗子を離すな」
「……へ?」
「離すなよ。つかまえとけ」
 そう言うと萩原はまたひっくり返って大の字になり、すぐに
大きないびきをかき始めた。
「……なんじゃそりゃ」
 鍋島は首を傾げながら寝室に消えた。


目次 へ                                           
第四章 4 へ




 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]