忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第六章  5 ~


         5
 
 一週間後、山口泰典は検察庁に身柄を送られた。
その二日前に退院し、じっくりと取り調べを受けての送致だった。
殺人未遂の重い罪名である。
 杉原奈津代と河村忠広もすでに送検済みで、拘置所で
それぞれ検察官の調べを受けている。河村はやっと喋り始めて
いるらしい。
 山口紫乃と杉原信一刑事は順調に快復しており、紫乃は
退院も近いらしい。
 杉原刑事は病室から辞表を提出し、依願退職が認められた。
懲戒免職もやむなしと頭を抱えていた幹部たちは、一瞬では
あったが安堵のため息を漏らした。
 事件は警察の手を離れた。しかし当事者たちにとっては、
まだなお長い苦悩は続く。
 それからさらに一週間が過ぎた。

 その日の午後、芹沢は家庭裁判所の前にいた。強行犯係の
刑事である彼にとってはあまり馴染みの深い場所ではない。
相変わらず絶望的に長い勤務中に訪れるのは、もっぱら地裁
ばかりだ。それでもわざわざ足を運んだのは、今日、ここで
生島修の最後の審判が行われるからだ。
 厳密に言えば、芹沢は生島修の一件から外れたはずだった。
その直後に杉原の事件が起こり、正式に引き継いだ少年課が
手薄になったために何かと関わりを持たされてきたが、
彼にはもはや捜査担当者としての責任はないはずだった。
だから、生島修が父親を刺した罪をどう償うよう告げられるのかを
見届ける責任も、芹沢には一切負わされていないのだ。

 それでも彼は今日、ここへやって来た。審判開始予定時刻まで
あと十分。余裕で間に合う時間である。
 彼はもう一度家裁の建物を見上げてから、ゆっくりと足を
踏み出した。頬を切るような冷たい風が、よく晴れた空から
足もとに走り抜けていった。
 玄関の階段を二つ上がったところで、芹沢は顔を上げて
まっすぐ前を見た。
入口の小さなホールの中央から左右へと、石造りの階段が
ゆったりした曲線を描いて伸びている。その壁には、数個の
文字と矢印の書いた表示板らしき白い板が貼り付けてあった。
 つまり、ロビーを入ったどこかにあるだろう受付か、あるいは
案内板のようなもので生島修の審判が行われる部屋を
確認しなければならないと言うことだ。至極当然のことだった。

 その作業をするのが、芹沢は突然面倒になった。
 彼はその場で立ち止まった。

──杉原さん、俺にはあんたと同じことはできないよ。

 みんなが俺のことを、あんたが全幅の信頼をおいた後輩
みたいに言うのは分かってる。人嫌いの俺が、あんたにだけは
素直だったことも否定はしない。だけど、そんなあんたが
辞めてしまったからって、俺があんたの意志を継いで同じような
ことができるかって言うと──
 それは無理な話だ。俺にはあんたの真似なんてできない。
 そう、俺は俺だ。事件に関わった人間のフォローもできなければ、
そういう連中と一緒に身を滅ぼす気も毛頭ない。

 芹沢はくるりと後ろを向いて階段を下り、たった今くぐってきた
門に向かって歩き出した。

 

 この日はよく晴れた土曜日で、大阪城公園の噴水の前の
ベンチに腰掛け、萩原は久しぶりに清々しい気分でいた。
 彼は目の前で噴水の池を覗き込んでいる美雪の姿を眺めた。
美雪は胸のあたりに大きなぼんぼりのついたグリーンの
厚手のセーターを着て、 黒いスパッツをはいている。
そして彼女には少し大きめの真っ赤なキルティングのフードつき
コートを羽織っていた。
 少し早めのクリスマス・カラーのつもりらしい。
「パパ、お池の中にお魚がいる!」
 美雪は萩原に振り返り、大きく目を見開いて叫んだ。
「そうか。あんまり底まで覗き込んだらお洋服が濡れるで」
「うん」
 美雪は小さく頷くと、今度は噴水を見上げた。
 彼は両手をベンチの背もたれにまわした。こうして休みの日に
公園でのんびり過ごすことなど久しぶりだった。
 銀行なんかで働いていると、土、日の休みは疲れ切って
家でゴロゴロしていることがほとんどで、あとは持ち帰った仕事を
しているか、出勤させられているかのどちらかだった。
 そういえば、前回こうして公園で過ごしたのはワシントン勤務の
頃だった。もう二年近くも前のことだ。

 彼はワシントン時代を思い出した。休みの日にはアパートの
近くの小さな公園で、十センチ近くもあるワシントン・ポストの
日曜版に缶ビールとサンドイッチで午前中いっぱいを過ごした。
穏やかな陽射しと名も知らない小鳥のさえずりが彼の心に
安らぎを運んでくれた。
 そして午後には笑顔のチャーミングなエレナのアパートへ──。
 エレナは銀行のオフィスが入って いたのと同じビルの
保険会社に勤める役員秘書だった。
 二人は一目でお互いを気に入り、二度目にエレベーターに
乗り合わせたときには、彼は気づいたら彼女をランチに誘って
いた。
 それからはもうお決まりのパターン。
 ただ、彼の渡米目的からしても、お互いその関係が長く続くとは
思っていなかった。
 やがて彼に帰国の辞令が出て、二人はきれいに別れたの
だった。
 ところが、帰国しても彼にはアメリカ生活との切り替えがまるで
できなかった。
 エレナのせいではない。彼の日本での第一歩が、望み通りの
部署には迎えられなかったという大きな失望から始まったせいだ。
 その上、長く離れて暮らしていたせいか、妻の智子は彼に
夫として、父親としての自覚と責任を強く求めてきた。
 彼女に言わせれば当たり前のことだったのだろうが、アメリカでは
何もかもが別天地の出来事のようだった彼にとって、そうした
平凡な生活は色褪せて見えたのだった。
 それだけ、彼はまだ大人になり切れていなかったのだ。
 そういう意味では、大学を卒業してすぐに結婚をしたのは
早急だったようだ。

 帰国してふた月ほどたった五月のある週末、いつものように
疲れ切ってマンションのインターホンを鳴らした彼は、迎えに出た
智子の顔を見るなり言った。

──別れてくれ。

 当然、智子は承知しなかった。それからの毎日は、今
思い出しても首を振りたくなるような暗さだった。
 そして、とどのつまりがあのセリフ。「クズ」。

「パパ、お腹減った」
 いつの間にか美雪がそばへ来て、彼の洋服の裾を
引っ張っていた。
「あ、そうか。じゃあ何か食べに行こか」
と彼は笑顔で言った。「何が食べたい?」
「うんとね──ハンバーグ!」
 美雪は元気いっぱいの声を上げた。
「よし、ほな行こう」
 彼は美雪の肩に手を回して言うと、そのまま抱き上げた。
 これ以上自分のわがままにこの母娘を巻き込んではいけない
のだと、彼はこのときようやく確信した。
  
 TWIN21ビルにあるレストランを出た萩原は、美雪を連れて
智子との待ち合わせ場所である天満橋の京阪シティモール前へと
向かった。
 途中、二人は天満橋の水上バス乗り場から河を眺めた。
対岸の一帯は天満の街で、鍋島の勤める西天満署の
所轄管内であるはずだった。
「──美雪、ここから水上バスに乗ってずうっと河を
巡ったことあるか?」
 萩原は美雪とつないだ手を前後に揺らしながら言った。
「すいじょうバス?」と美雪はたどたどしく復唱した。「なに? それ」
「そうか、知らんのか」
と萩原は笑った。「今度ママに連れてってもらうとええよ」
「パパは連れてってくれへんの?」
「パパはな──」萩原の顔が曇った。「ママがええて言わんと、
ダメやな」
「ふうん」
 美雪はがっかりしたように俯いた。萩原はそんな彼女を見て
心が痛んだ。そして何とか彼女の喜びそうな話題を考えた。
「そうや美雪、クリスマス・プレゼントは何がいい?」
「クリスマス?」と美雪は顔を上げた。「パパ、プレゼントくれるの?」
「当たり前やないか。去年もあげたやろ」
「ほな、クリスマスはパパも一緒?」
「それは──」と思わず口ごもった。「それもママに訊いてみんとな」
「パパ。パパはまだママとけんかしてるの?」
 美雪は大人じみた心配顔で萩原をじっと見た。まるで恋人と
喧嘩した友達を気遣っているような顔だった。
 萩原はたまらなくなって美雪を抱き上げた。我が子とクリスマスを
過ごすことのできる平凡な幸せも、今の彼には簡単に手に入る
ものではなかった。当たり前のことが当たり前でなくなったとき、
人は初めてその大切さを知るのだと彼は痛切に感じていた。
アメリカから戻ったとき、彼はそのことに目を背けてしまって
いたのだ。後悔先に立たず。使い古されたことわざに、彼は
やっと気づいたのだった。

 五時をまわって、空からは夜が降りて来ていた。
いよいよ本格的な冬を迎え、頬を撫でていく風の冷たさも
研ぎ澄まされてくるこの時期は、ゆく年を惜しむのには
似合いの季節と言えた。
 そして、家族の暖かさとありがたさが急に恋しくなるのもこの
時期だ。
「あ、ママだ!」
 突然美雪が声を上げた。
 萩原はあたりを見回した。すると前方から、藤色の訪問着に
白い帯を締め、左の腕にきちんとたたんだコートを下げた智子が、
少し戸惑った表情を浮かべながらこちらに向かって歩いてくるのが
目に入った。
 その隣には、見るからに好感の持てる体格の良い男性が、
彼女を包み込むようにして付き添っていた。
「あ──」
 萩原はしまりのない声を出した。

 目の前まで来ると、智子は軽く会釈してから隣の男に振り返った。
「あの、この方が──」
「萩原です」と彼はぺこりと頭を下げた。
「初めまして。榊原耕平(さかきばらこうへい)です」
 男は穏やかな笑顔で言った。仕立ての良さそうな焦げ茶の
スーツに趣味のいいネクタイを合わせ、智子と同じように腕に
コートを持っていた。
 萩原は二人の姿を見て、少しバツの悪い思いがした。
それというのも今日の彼はブルー・グレイのシャツの中に
ハイネックのセーター、さらにその上に着古したGジャンを
着て、下もまたかなりはき込んだ感のあるジーンズに茶色の
ショートブーツという格好だったからだ。いくらそれらがかなり
値の張るヴィンテージものだったとしても、目の前の二人との
差は割り引かれるものではなかった。そしてその腕に美雪を
抱く姿は、小さな娘を持てあましているだらしのない父親の
ようだった。

「──あなたには、一度お会いしたいと思っていました」
 榊原は萩原から視線を外すことなく言った。その顔には、
どこか男としての自信のようなものが伺えた。
 逆に萩原には言葉が浮かばなかった。いつかは顔を合わせ
なければならないのだろうと思ってはいたものの、あまりに
突然に、何の心の準備もできていない無防備な状態で美雪の
養父となるだろう男が目の前に現れたのだから、それも仕方が
なかった。
 萩原は無理に笑った。そして美雪をそっと下ろすと、自分も
彼女と同じ目の高さになるようにしゃがみ、そして言った。
「美雪、パパはここで帰るしな。次に逢うまで、いい子で
いるんやで」
「いや、もっとパパといる──!」
「何言うてるんや。ママが迎えに来てくれてるやろ」
 萩原に優しく言われ、美雪は智子に振り返った。しかし
その隣にいる榊原をじっと見つめると、またすぐに萩原に
抱きついて顔を埋めた。
「いや、いや──!」
「美雪、そんなわがまま言うんやったら、パパはもう知らんぞ」
 萩原は声を強めた。その声で美雪は余計に頑なになり、
そしてとうとう泣き始めた。
「──あの、萩原さん」
 榊原が進み出て言った。
 萩原は顔を上げた。そしてゆっくりと美雪の腕を自分の
肩から外し、立ち上がった。
「すいません、あの──」
「いえ、違うんです。どうぞ、私に気を遣わないでください」
「いえ、ダメですよ。この子にも、もうそろそろ分かってもらわないと
困るんです」
 そこまで言うと萩原は情けなさそうに笑った。「俺がこんなこと
言えた義理やないですけど」
「萩原さん……」
 萩原はもう一度しゃがみ込み、美雪と向かい合った。
「ええか、美雪。ママの言うこと、よう聞くんやで」
「パパは……?」美雪はベソを掻いていた。
「パパはいつも通りや。また来月になったら、美雪に会いに
来るから。クリスマスのプレゼントは、サンタさんに渡しとく」
「ほんま……? 約束……?」
「ああ、約束するよ」と萩原は頷いた。「そのかわり、美雪も
パパが今言うたこと約束できるな?」
 美雪は仕方なさそうに頷いた。そして諦めたようにゆっくりと
萩原に背を向けると、項垂れたまま智子のもとへと歩き出した。

 萩原はそんな美雪の姿をぼんやりと眺めながら立ち上がった。
そして智子と榊原を代わる代わる見つめ、やがて榊原に
向き直った。
「この娘のこと、どうか可愛がってやってください」
「萩原さん」
「俺にはできませんでしたが、あなたになら──」
 萩原は俯いた。ジーンズのポケットに両手を突っ込み、
やがて決心したように顔を上げた。
「彼女たちを幸せにしてもらえそうですね?」
「それはお約束します」
「じゃあ、俺はここで」
「萩原くん」
 ここで初めて智子が口を開いた。
 萩原は振り返った。そして今の彼に出来る精一杯の穏やかさで
彼女に微笑んだ。
「ありがとう」と智子は声を震わせた。
「あの、萩原さん」
 榊原が思い立ったように言い、萩原は彼を見た。
「あの、クリスマスは美雪ちゃんと過ごしてあげて下さいませんか?」
「え? でも」
「いいですよね、智子さん?」と榊原は智子に振り返った。
「ええ」
「……ありがとう」
 萩原はその伏し目がちの瞳で足もとを見つめた。なぜだか
とても安らかな気持ちになった。そしてこれはたぶん榊原の
せいなのだろうと思った。彼はきっとそういう男なのだ。確か、
前に智子もそう言うてたっけ。
 萩原は来た道を戻り始めた。川面に映ったビルの明かりが
ゆらゆらと踊り、まるで炎のようだった。
「パパァ、バイバイ!」
 後ろから美雪が叫んだ。萩原は振り返らなかった。ポケット
から煙草を取り出し、口に挟んだ。
 
 
  土曜のせいで普段のサリーマン客が見当たらず、二、三組の
二人連れが離れて座るこぢんまりと落ち着いた居酒屋で、萩原の
話すのを黙って聞いていた鍋島は、話が終わると一気にグラスの
冷酒を呷った。
「辛いとこやな」
 彼は吐き捨てた。
「全部俺の蒔いた種や。ここへ来てようやく摘み取ったんや」
「それにしても、その再婚相手がおまえから見てもええやつ
やったっていうのが ──何とも悔しいやないか」
「あの男やったら、俺とは違て家庭を大事にするタイプみたいに
思える。安心や」
 そう言って萩原は微笑むと、灰皿の中で煙草を潰した。
「美雪ちゃんはどうなんや」
「あの娘も、しばらくは拒絶するやろう。けど、そのうち分かって
くれると思う」
 萩原は俯いた。「きっと俺が逢うのをやめたらええんやろうけど」
「そこまでええカッコすることないぞ」
「ええカッコか。そうかもな」
「それに、おまえまでがそんなことしたら、美雪ちゃんはどこに
自分のほんまの気持ちをぶつけたらええんや」
「そうやな」
 萩原は空になったグラスを傾け、氷を鳴らした。
「けど、美雪ちゃんを引き取るってあれだけ頑張ってたのに、
よう決心したな」
「いつまでも子供みたいに駄々こねててもしゃあないしな」
 萩原は笑って言うと鍋島を見た。「おまえと麗子に一斉に
説教されたら、俺もよう踏ん張れん」
「おまえ、ほんまにそれでええんか」
「ええわけないやろ」
「おい、それやったら──」
「それでも決めたんや。自分のためにもそれが一番ええんやと
言い聞かせて」
「そうか」と鍋島は溜め息をついた。「大きい代償やな」
「ただのクズやった男が、再生ゴミにくらいにはなれたかな」
「おもろないぞ、なんにも」
「ええから。おまえも早よ決心しろよ」
 萩原は鍋島の肩をつついた。
「何やそれ」
「今朝、純子ちゃんから電話もろてな。『お兄ちゃんにはっきり
言うてやってください』って頼まれたぞ」
「……余計なことを」
 鍋島は舌打ちした。そして首を伸ばしてカウンターの中の店員に
声を掛けた。
「すいません、冷酒もう一本」
「ごまかさんでええから。真澄ちゃんが見合いするんやて?」
「みんなでよってたかってその話ばっかりや。俺と真澄の問題やろ」
「おまえがいつまでもうじうじしてるからやろ。はっきりせえよ」
「真澄が俺みたいなんとつき合うて上手いこと行くと思うか?」
「おまえにはその気はないんか」
 萩原はボトルのウィスキーをグラスに注ぎながら鍋島を見た。
「あるとかないとか──そういうことの前にその考えが先に
立つんや」
「何で」
「ほら、あいつはああいうコやろ。素直で純粋やけど、
世間知らずのお嬢さんや。 俺に対する気持ちもよう分かる
だけに、自信がないって言うか」
 鍋島はカウンター越しに出された冷酒のボトルを手に取った。
「自信がない、か」
「その、どうしても構えてしまうんや。ずっとええカッコしてな
あかんみたいで」
「それを彼女の前で続けられる自信がないというわけか」
 萩原は頷いた。「まあな。あのコにはおまえの存在は絶対
みたいやから。おまけにつき合うには、その絶対的存在を
崩すことは許されへんみたいな感じはある」
「潔癖性やからな」
「けど実際は、おまえは言いたいことを何でも言える女の方が
合うのと違うんか」
「別にそうでないとあかんとは思わへん。要は、楽でいられたら
ええみたいなんや」
「果たして彼女がそういう相手かどうか、ってことなんやな」
「確かに、あいつのことを好きなんやなっていう気持ちもある。
けどいざその気持ちを出そうとすると、なんか引っかかってしもてな」
 鍋島はため息をついた。「自分でも、ええ加減はっきりせえよって
腹立つときもある」
「麗子はどう言うてるんや」
「早く答えを出してやれって。あいつ、俺が七年前と同じことを
また繰り返すんやないかって、それを心配してるんや」
「なるほどな」
「どっちの答えを出そうと、そこまで指図するつもりはないとも
言うてるけど──何しろ従妹やからな。暗にええ返事を
して欲しいっていう信号を送ってきてるのが分かる」
「真澄ちゃんがああいうコだけに、傷つけて欲しくないってのが
あるんやろな」
「そんなこと、あいつに言われんでも分かってるつもりや。
従姉妹同志でも、あいつとは全然違うんやからな。真澄は」
 そう言って冷酒をグラスに注ぐ鍋島を萩原はじっと見た。
「おまえ、心の底に眠ってる気持ちに正直になった方がええぞ」
「何やそれ」と鍋島は顔を上げた。
「よう考えたら分かるはずや」と萩原は笑った。
 鍋島は首を傾げ、ようやく杖なしで歩けるようになった右足を
さすった。
 二人で飲むのは久しぶりだった。そのせいかそれから彼らは
何軒もはしごして飲み歩き、結局最後に屋台のおでん屋の前で
別れたのは午前二時近くのことだった。

 
 

 自室のロー・テーブルの前に座り、鍋島は電話を前に考え込んで
いた。
 部屋の壁掛け時計は午前二時半を指していた。どう考えても、
人に電話を掛けていいような時間ではない。こんな時間に電話が
鳴ったら、誰だって悪い予感しか抱かないだろう。
 ただ、今を逃すとまたずるずると考え込んでしまう自分が
分かっていた。
 そしてきっと、最後には逃げてしまうことも。
 鍋島は丁寧にボタンを押した。自宅ではなく、携帯電話に
掛けていることが
せめてもの救いだった。
「──もしもし?」
 相手を確かめるように言った。「あ、俺やけど──」
 彼は俯いた。「ごめんな、こんな時間に。──ううん、違うよ。
うちから掛けてる」
「あの、真澄」彼は咳払いをした。「その──二十四日は予定は
あるんか?」
 それから相手の返事を待った。「そう、おまえを誘ってるんや」
「ええのか?」ほっとしたような表情になった。「そうや──え?
俺の誕生日はどうでもええから、とにかくその日はおまえと──」
「うん、仕事はある。うん、分かった。そしたら六時に。──え? 
大丈夫や。行けるよ」
 そして彼は電話を切ろうとした。しかしまたすぐに受話器を耳に
当てた。
「もしもし、真澄?」
「その──やっぱりええんや」
 そして今度は本当に受話器を戻した。しばらくのあいだ両手を
電話の上に置いたままじっとしていたが、やがてゆっくりと
ため息をついてその手を外した。

 


目次へ                                     
第七章 1 

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]