忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第六章  3 ~


         3 


 夕方になって、鍋島は杉原奈津代の自宅に向かった。
 足のせいで車の運転が不可能な彼にとって、単独で張り込みを
するのは無謀と言えた。しかし、奈津代がこの事件に何らかの
関与をしている可能性があることについて、彼らはまだ上司には
報告していない。
 したがって二人揃って隠密行動をとることはまず無理だという
ことになり、退院したばかりでまだ本調子ではなく、即戦力としての
数には入れられていないであろう鍋島が行くことにしたのだ。

 昼食を済ませたあと、鍋島はまず、薬を横流ししていた土橋の
供述の裏付けに島崎と出掛けていった芹沢を見送り、しばらくは
刑事部屋で休んでいた間に溜めていた書類仕事に精を出した。
 そのあと、行きたくはないが病院がどうしてもリハビリに来いと
言ってうるさいのだと課長に嘘をつき、早退届けを出して署を
出たのだった。 すべて芹沢との打ち合わせ通りだった。
 それから彼はタツを呼びだした。情報収集以外の用件で
彼の協力を仰ぐのは初めてだった。
 そしてもちろん、最後にするつもりだった。

 四十分後、タツは知人に借りたと言う車でやって来た。
 彼も捜査協力のようなことをさせられるのはとても迷惑そうだった。
しかし、その現場がいわゆる普段の自分の縄張りとは離れた
郊外だと聞いてしぶしぶ承諾したのだ。
「──どこ行くん」
 鍋島が後部座席に乗り込むなり、タツは訊いてきた。
「とりあえず新御堂(しんみどう)を北へ走ってくれ。道案内は
その都度するから」
 タツは黙って車を発進させた。

 杉原夫妻のマンションの前までやってくると、鍋島はタツに
言ってマンションの出入口が見える一番遠い場所の舗道脇に
車を停めさせ、張り込みの体制に入った。
 タツは居心地悪そうに運転席でもじもじしていたが、やがて腹を
くくったのか、自分もシートを倒してスポーツ新聞を読み出した。
 半時間以上が過ぎた頃、杉原奈津代がマンションから出てきた。
 明らかに変装と分かる派手な格好をしていたが、二度会って
話をしたことのある鍋島には判別できた。
 ショルダー・バッグの他に大きなボストンバッグを抱えていた。
「出て来た」
 鍋島が言うと、タツは読んでいた新聞をがさりと下ろして
マンションの玄関を見た。グリーンのコートに黒いブーツを履いた
女の後ろ姿が遠ざかって行くところだった。
「尾けるんか」
「うん。頼むわ」
 タツはシートを起こし、これだけ離れていては聞こえないと
分かっていても静かにエンジンを掛けてゆっくりとサイド・ブレーキを
下ろした。
  そして、歩いている奈津代とは二十メートルほどの間隔を開けて
ゆるゆると車を進めた。
 国道からの脇道に出た奈津代はタクシーを拾い、国道を北へと
向かった。 
 しかしまたすぐに脇に逸れ、今度は西に進路を変えた。
「空港ちゃうか」とタツが言った。
 ああ、と鍋島は答えてタクシーを見つめた。

 杉原刑事が瀕死の状態にあってなお同僚に頼み込んだひとこと。

──これは警官襲撃やない。事件にせんといてくれ。

 それはこういうことだったのだ。もちろん、鍋島には前を行く彼女が
今から何をしようとしているのかは分からない。
しかし杉原が刑事としての立場を放棄し、山口と一緒に河村の
ところへ乗り込もうとしたのも、すべては彼女を守るために違いない。
 それは確信があった。
 山口姉弟を救うためだけなら、杉原は絶対に刑事であり続けた
はずだ。
 しかしその一方で、今日になって杉原に援助交際の疑惑も
浮かび上がってきた。それを知っていたかどうかは分からないが、
奈津代は一日も欠かさず杉原の病室を訪れて看病を続けている。
 この事実だ。

「──なあ自分、結婚してるんか」
 気がつくと、鍋島はタツにそう訊いていた。
「何でまたそんなこと訊くん」
 タツはルームミラーの鍋島を見た。
「そういや訊いたこと無かったなぁと思て」
「してたことはあるけど」
「別れたんか」
「うん」
 ふうん、と頷いて鍋島はまた奈津代の乗ったタクシーを見た。
 後部座席の彼女の後頭部が、気のせいか少し項垂れている
ように見えた。
「窮屈そうやな。夫婦でいる言うのんは」
 鍋島は溜め息混じりに呟いた。

 

 予想通り、タクシーは大阪空港に着いた。
 正面玄関で車を降りた奈津代は、まずその大きな荷物を
コインロッカーに預け、それから航空会社のカウンターへと
向かった。
 鍋島は少し遅れて、人混みに紛れながら彼女を追いかけた。

 やがて彼女はカウンターを離れ、エスカレーターのそばでバッグ
から携帯電話を取り出した。鍋島は彼女から目を離さないように
注意しながら、彼女が手続をしていたカウンターへ行った。
「あの、ちょっと失礼」
 鍋島は低い声で言うと、まわりに気づかれないように警察手帳を
カウンターの中にいたグランド・サーヴィスの女性に提示した。
 係員は表情を変えることなく、たっぷりと時間を掛けて手帳を
確認すると、美しい笑顔で言った。
「はい、何か」
「今、ここへ来た女性のことですけど」
「とおっしゃいますと?」
「ほら、あそこで携帯で喋ってる女の人のことです。グリーンの
ロングコートを着た」
 鍋島はエスカレーターに振り返りながら言った。
「ああ、はい」
「彼女がどの便に乗るか分かります?」
 係員はまた笑顔を見せると、手もとのパソコンのモニターに
視線を落としてキーを打った。
「本日十九時十分発の羽田行き一三七便にお席のご予約を
頂いております」
「乗り継ぎするかどうか、分かりますか」
「お待ちください」
 係員は手際よくキーを叩いた。そしてしばらくするとこれまでで
最高の笑顔を見せて言った。
「千歳行きに搭乗されるご予定です」
「……ありがとう」
 係員は深々と頭を下げた。
 鍋島はここまで感情を出さずにいつも笑っていられる女の神経を
疑った。
 プロ根性と言えばそれまでだが、こんな女とつき合うと、自分なら
いったい何を考えているのだろうと終始疑心暗鬼に陥ってしまう
だろうと考えた。
 同じ美人でも、麗子の方がもっと表情が豊かだ。
 それとも、麗子も学生たちの前ではあんな風に儀礼的に笑って
いるのだろうか。いや、まず絶対と言ってそれはないだろう。

 奈津代の方は電話を終えると、空港ビルを出てタクシー乗り場の
列に並んだ。鍋島は彼女に気づかれないように別の出口から出て、
タツの待つ車に戻った。


 それから奈津代はミナミにある、河村の店とは別のクラブに
やってきた。 時間がまだ早いとあって、広い店内は高校生くらいの
客がほとんどだった。
 巨大なアンプを揺らしてフロアいっぱいに流れる大音響は、
病み上がりの鍋島には最悪のサーヴィスだった。
「くそ……殺す気か……」
 鍋島は頭を抱えるようにしてテーブルに突っ伏していた。
よりによってこんなときにクラブとは、俺もついてない。

「──お兄さん、ひとり?」
 今しがたまでフロアで踊っていた少女が、鍋島の隣へ来て言った。
「ああ、ええから」鍋島はゆっくりと手を振った。
「何で。一緒に踊ろうさ」
 そう言うと少女は鍋島の顔を覗き込んだ。派手な化粧をして
大人っぽい格好をしているが、口許にまだあどけなさが残っており、
どう見ても十五、六歳のガキだった。
「おまえ、いくつや」
 鍋島は少女の顔をじっと見て言った。
「何よ。あんたサツの補導係?」
「俺がお巡りに見えるか?」と鍋島は笑った。
「ううん。どう見てもプーやわ」
「せやろ」
──このガキ、おまえかてどう転んでも大学生には見えへんぞ。
「ね、誰かと待ち合わせ?」
「ああ。もうすぐ連れが来るんや。悪いな」
 鍋島は早くこの少女を追い払いたかった。こうしている間にも
フロアの隅のテーブルにいる奈津代が動き出すのではないかと
気が気でなかったのだ。
「女と待ち合わせ?」
 少女はしつこく食い下がった。
「当たり前や」
「ほな、その女やめてあたしと、と言うのはどう?」
「さぁなぁ。女と相談してみんことにはな」
「その女とあたしと、どっちが若い?」
 そう言うと少女はぐっと身体を寄せてきた。意識して腕を組んだ
せいで、広く空いた胸元からは谷間がはっきりと見えた。
「なあ、お嬢。若けりゃええって思い込むのは子供の証拠や」
「あたし、ええモンもってるんよ」
「そのようやな」
 鍋島はちらりと少女の胸元を見ると笑った。「また今度試させて
もらうわ」
「違うって。あんたなんか勘違いしてる?」
 少女は呆れた顔で鍋島を見た。「スケベ」
「あ、そう。ほなええモンって何や」
「……分かってるくせに」
 鍋島の表情が厳しくなった。「クスリか」
「そう」
 少女は上目使いで鍋島を見ると、このときだけ妙に大人っぽく
笑った。
「今、持ってるんか?」
「うん。あんたも欲しかったらあげるけど。この店でも手に入るよ」
「ここで?」
 思いがけない話に、鍋島はすっかり夢中になっていた。
「買ってみる?」
「ああ」
「ほら、あれ見て」
 少女はカウンターに振り返った。「あそこの男が持ってるねん」
 鍋島が見ると、カウンターの隅に一人の従業員がおり、注文された
ドリンクを作ろうとしていた。
 そして今まさに、さっきまでテーブル席にいた奈津代がカウンターに
寄り掛かり、その男に話しかけたところだった。

「ほら、あの女もきっと買おうとしてるんやわ」
「え」
 鍋島は少女を見た。
「ええから、見ててみ」
 鍋島はもう一度カウンターを見た。ちょうど従業員がカウンターの
中から出てきたところだった。
「裏口の方の人目につかへんとこで受け渡しや。それからきっと、
あの女は戻ってきてトイレに行くはず──」
 少女が話している途中で、鍋島は立ち上がった。彼女の言う
とおり、二人が店の奥へと歩き始めたからだ。
「ち、ちょっと……どこ行くの?」
 少女も慌てて立ち上がり、鍋島の背中の脇を掴んだ。
 すると、その手がブルゾンの上からホルスターの拳銃に触れた。
「あんた──」少女の顔色が変わった。
「近頃はお巡りのバリエーションも豊富でな」
 にやりと笑ってそう言うと鍋島は少女に詰め寄った。
 そして今度は凄みのある声で囁くように、
「けど俺の正体をばらすなよ。おまえのことは見逃してやるから」
と言った。
「──分かった」
「分かったんやったら、クスリをそのテーブルに置いておとなしく
おウチへ帰れ」
 そして鍋島は奈津代たちの後を追った。
「ねえ! 何する気?」
 大音響の中、少女は鍋島の背中に向かって叫んだ。
 鍋島はうんざりしたように振り返り、少女をじっと見た。
「……消えろって言うてるんや」

 引きずる足で急いで人混みをかき分け、店の奥へと進んだ
鍋島は、さらにその先の「STAFF ONLY」と書かれたドアから
奈津代と従業員が別々に出てくるのを見た。急いで引き返し、
相変わらず気違いじみた音量が溢れ出てくるアンプの陰で
様子を伺っていると、奈津代はこれもまた少女の言う通りに
化粧室に入っていった。


 ドアの前まで来た鍋島は、静かに耳を寄せた。中でカチャカチャと
音がした。
「イチかバチかや」
 そう呟いて、鍋島は勢いよくドアを開けた。
 目の前の洗面台で、奈津代は小さな注射器を持っていた。
 そばにピルケースのようなものが置いてあった。
 奈津代は驚いた様子で顔を上げると、鍋島を見て目をむいた。
 鍋島はドアに手を掛けたまま言った。
「……何でですか?」
 奈津代は悲しい眼差しを彼に返した。
「──寂しかったんです」
 鍋島は溜め息をついて首を振った。

 冗談やない。俺のおふくろかて寂しかった。けどひとことの
文句も言わずに死んでいった──。

 やがて鍋島はゆっくりと奈津代の前まで行った。そして彼女の
手からそっと注射器を取り上げると、粉の入ったケースと一緒に
彼女のバッグの中に入れた。
「杉原は知ってたんですね」
「たぶんね」
と鍋島は頷いた。「行きましょう。これ以上杉原さんの名前を
傷つけることを俺たちは許さない」
 


 

目次へ                                   
第六章 4




 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]