忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第六章  2 ~

       2
 
 
 研究室のデスク一面に分厚い書物を所狭しと並べて、
麗子は度の強い眼鏡を少しずらして掛け、無心にペンを
走らせていた。
 大学はもうすぐ冬休みを迎えようとしていた。その冬休みが
明けて二週間もすれば、学年末試験が始まる。
麗子はそれまでに自分の担当する科目の講義が何時間
残されているかを考えた。それぞれあと四、五回だった。
 自分の勝手で休んだせいで、どれも少しずつ遅れが出ており、
最初の予定までは終えられそうになかった。
彼女はカリキュラムの変更を余儀なくされた。

 ドアがノックされた。麗子は左手で眼鏡を上げ、ドアを見て
言った。
「どうぞ」
「失礼します」
 入ってきたのは、手に一冊のノートを持った男子学生だった。
麗子には見覚えのない顔だ。
「はい……?」
「あの、先生、ちょっといいですか」
「いいわよ。何か?」
「あの、ゼミ論のことなんですけど……」
「きみの? きみはあたしのクラスの生徒じゃなかったわよね?」
「いえ、あの──吉本(よしもと)教授のゼミです」
「吉本先生?」と麗子は首を傾げた。「だったらどうして
吉本先生のところへ行かないの?」
「教授は……生徒の人数が多いせいか、あまり一人一人には
丁寧じゃなくて──」
「仮にそうでも、やっぱりあたしのところへ来るのは筋違いって
ものよ」
 麗子は立ち上がった。「まあいいわ、今日は特別。でも、
他の生徒たちには言わないようにね」
「すいません」と学生はほっとしたように息を吐いた。
 麗子はノートを受け取り、手早く目を通した。
「──そうね。あたしが言っても差し支えのないところだけを
指摘すれば──判例の引用が多すぎるわ」
「あ、やっぱり」
「自分でも分かってるみたいね。どうして? 枚数稼ぎ?」
「いえ、そんなつもりは」
「まずその点から直してみたらいいわ。それから、判例集
以外にももっと多くの文献に目を通すことね」
 そう言うと麗子は学生にノートを返した。
「あの、争点に対する意見の進め方は──」
「それ以上は吉本先生に聞きなさい」

 そこで突然、デスクの端っこにかろうじて引っかかるように
置いてあった携帯電話が鳴った。麗子は電話を見下ろして
言った。
「いいかしら。あたし、ちょっと忙しくしてるの」
「あ、はい。ありがとうございました」
 学生は一礼して出ていった。麗子は溜め息をついて軽く頷き、
振り返って電話に手を伸ばした。
「はい、三上です」と幾分冷たい口調で言った。「あら、真澄?」
「いいえ、どういたしまして。──うん、すぐに帰れたわよ。
家に着いたら十一時頃だったかな」

 そして麗子はしばらくのあいだ真澄が話すのを聞いていた。
途中、ゆっくりとデスクを廻って椅子に腰を下ろした。
「──そう、するの」と麗子は溜め息をついた。「それで、
日取りは決まったの? いつ?」
「一月十日? 祝日ね」
 麗子は煙草に火を点けた。苦虫を噛み潰したような表情
だった。
「──そうよね。別にこれで結婚が決まったってわけじゃ
ないんだし。そうよ。勝也だって考えるって言ってくれてるん
だから。そう。何も悲観的になることなんてないのよ」
 麗子は左手に電話を持ち替え、開いた右手でペンを取った。
そして手もとの紙にのらくらと落書きをする。

 『見合い 見合い 1/10  勝也のバカ』
と書いてあった。

「うん。じゃあね。また……」
 麗子は丁寧にスイッチを切った。大きく溜め息をつき、
椅子に深く背を預ける。そしてしばらくは考え込んでいたが、
突然もう一度電話を掴み取ると、アドレス帳を呼び出して
ある番号を検索し、通話ボタンを押した。
 何度か呼び出し音を聞いたところで、突然スイッチを切った。
「やめた……!」
 麗子は電話をデスクに放り出した。
「追いつめるだけよね──」
 そして眼鏡を掛け直し、開いたままの書物に視線を落とした。


 

「──何や、今のは」
 鍋島はむっとして目の前の電話を見つめ、指に挟んでいた
ボールペンで受話器を叩いた。
「いちいち気にすんなよ。そんな電話、ここじゃしょっちゅうだろ」
 デスクに戻ってくるところだった芹沢が、呆れたように言うと
席に着いた。鍋島は溜め息をついてボールペンを投げ出し、
代わりに煙草の箱を取った。
「阪神薬品の土橋。ちょっと凄んだらあっさり吐いたってよ」
 芹沢は手にしていたコーヒーを一口飲むと言った。
「島崎さんから連絡が?」
「ああ、いま課長が電話聞いてた。会社の方も、怪しいんじゃ
ねえかって内定を始めたとこだったそうだ」
「嘘やな。警察に踏み込まれて、焦ってそんなこと言うとんの
やろ」
 鍋島は咥え煙草のまま言うと煙を吐いた。
「ま、どっちだっていいさ」
 芹沢は頬杖を突くと目だけで辺りを見回し、最後にその
視線を鍋島に留めた。コーヒーのカップを口許に寄せ、
鍋島にしか聞こえないような小声で言った。
「それで。女房のことはどうする」
「おまえちょっと、電話してみろよ。杉原さんとこの番号、
そこに入ってるんやろ?」
 鍋島は芹沢のデスクにある携帯電話を顎で示した。
「電話してどうすんだよ」
「山口紫乃の名前出して、揺さぶり掛けてみ」
「そんな正面突破でボロ出すかよ。山口紫乃だって、本当の
ところは何も知らされてないんだぜ」
 芹沢は言うと紫乃の病室での鍋島の様子を思い出した。
「おまえ、ほんっとにあの姉弟にいいようにされちまったな」
「うるさい」と鍋島は顔をしかめた。「せや、アケミ姉さんは何か
知らんか」
「どうだろうな。あの女は紫乃のことは河村に頼まれて店で
預かったりして世話してたみたいだけど、それだけじゃねえのか」
「なんでそう言い切れる?」
「これは俺の推測だけどよ──推測は嫌いなんだぜ──
河村は杉原奈津代も自分とつながってるってことを、誰にも
知らせてなかったんじゃねえかと思うんだ」
「誰にもってことは──アケミや紫乃にはもちろん、子分たち
にも内緒ってことか」
「たぶんな。彼女は特別扱いだった」
「そらまたなんでや」
「彼女が刑事の女房だってことさ。それって本人はもちろん、
河村にとっても大きなことだったんじゃねえか。彼女を相手に
するにゃ、奴にも相当の覚悟が要る。つまりは誰にでも喋れる
ことじゃねえ」
 芹沢はコーヒーを飲み干すとカップをデスクに戻し、今度は
肘をついた両手を組んでその二本の親指で顎を支えた。
「ほな、今でも完黙を貫いてるってのもその影響でか?」
「ああ。てめえがパクられた時点で、紫乃の一件との関連が
露呈するのは時間の問題だと考えてただろうが、杉原さんの
女房のことはまず俺たちには知れることはねえと思ってるんじゃ
ねえか。現にこうして、彼女に目を付け始めてるのは俺たち
だけだぜ」
「そこまでして山口を仲間に引き入れたかった理由は
何なんやろ」
「それもそうだが、俺には奴の完黙にはもっと別の理由が
あると思えてしょうがねえ」
「別の理由?」
「野郎が紫乃や女房に近づいたそもそものきっかけは、
山口を組織の仲間に引き入れようとしたことだったかも
知れねえけど、あいつ、結局は紫乃とは薬の取引って言う
うまい儲け話を見つけだしたみたいに、杉原奈津代とも
何か別のところでつながってたんじゃねえかって気がするんだ」
「推測やろ。おまえの嫌いな」
「推測さ。けどそこそこ妥当な推測だと思ってる」
「てことはやっぱ、奴から聞き出すしかないな」
 鍋島は小さく頷きながら最後の煙を吐くと、短くなった煙草を
灰皿に押しつけた。「今度は俺が、そらもう超~ぉシビアに
締め上げたるわ」
「変わり身早ぇな。俺にはやりすぎんなって言っといて」
 芹沢はふんと笑って鍋島を見た。「それにおまえ、そんな体で
どう締め上げるって言うんだよ」
「任せてくれ。こっちには武器もある」
 鍋島はデスクに立てかけた杖を指差した。
「マジかよ?」
「ま、それは冗談として──こうなったら背水の陣や」
と言って鍋島は両手を頭の後ろで組んだ。「おまえに、山口
姉弟にええようにされてるなんて思われたままでは、腹立って
夜も寝られへん」
「アホか」と芹沢は溜め息をついて俯いた。
「それに、おまえには別の用事が待ってるみたいやし」
「? なんだそりゃ?」
 鍋島の言葉に芹沢はしかめ面の顔を上げた。鍋島はにやにや
笑って顎を上げ、相棒に後ろを見るよう合図した。
 芹沢が振り返ると、少し離れたところに制服姿の岡部美弥が
立っていた。
「──いってらっしゃい。イケメン刑事(デカ)」
 鍋島は実に嬉しそうに言った。
「……面倒臭ぇな」
 芹沢は小さく舌打ちして呟いた。そして恨めしそうに鍋島を
一瞥すると、どうやら諦めがついたらしく潔く立ち上がり、
親しみのこもった気軽さを造って美弥に声を掛けた。
「よっ、ひさしぶり」
 それまで不安げだった美弥の顔が、たちまち心から嬉しそうな
笑顔に変わった。
 
  岡部美弥を芹沢に任せると、鍋島は内線で留置所に連絡を
入れて河村を二階の取調室へ上げるように頼んだ。


 十分ほどして手錠と腰紐をつけられた河村が上がってきた。
鍋島はその様子を目の前に積み上げられた書類の間から
じっと伺った。
 やがてゆっくりと立ち上がり、少し離れたところのデスクで
庶務の婦警と話している芹沢に振り返った。
「無茶すると傷に響くってことを忘れねえようにな」
 芹沢は突き放すように言った。
 鍋島は黙って頷き、右足をかばいながら部屋を出ていった。

 取調室で鍋島は河村に向かい合って座った。
 河村は部屋に入って来るときからずっとぎこちない動きをする
この刑事を面白そうに見つめていた。
「──ああ、分かったぞ。兄ちゃん、あんときあのガキに
刺されたんやな」
 無精髭を生やし、芹沢にやられたらしい生傷や青痣を
顔中のどこかしこに作った河村は、大袈裟に驚いた表情で
言ったかと思うと愉しげに笑い出した。鍋島は黙っていた。
「で、傷の具合はどないや?」
 鍋島はそれには答えず、じっと河村を観察していた。
 暴走族あがりで、思いがけない商才を武器にたっぷりと
スタミナを蓄えた上り調子の男。ヤクザとは一線を画している
ようで、その実まるで同じような非合法組織を作り、その
てっぺんに自分をのし上げようとしている向こう見ずな野心家。
 目の前の男には、いかにもそんなふてぶてしさがあった。
 しかしそれは、この事件ではある意味狂気じみている芹沢の
執拗な締め上げにも屈せず、杉原刑事のことも紫乃のことも、
何一つ喋ろうとしない強い意志の男のイメージとはどうしても
一致しなかった。

──別の顔、というやつか。

 しかし、なぜ今ここでその二つめの顔でいる必要がある?
 相変わらず腹立たしいまでの満面の笑顔で自分を見つめて
いる河村を眺めながら、鍋島は考えた。
 そして、極めて自然に一つの結論にたどり着いた。

 鍋島は顔を上げると、彼もまた清々しい表情でまっすぐに
河村を見据え、力強い口調で言った。
「俺はな、何も訊かへん。訊いても無駄らしいし。その代わり
一つだけはっきり言うとくわ」
 鍋島の言葉が少し意外だったのか、河村は黙って彼に先の
言葉を促すかのように肩をすくめた。
 鍋島は河村の態度を真似るように不適な笑みを浮かべると、
腕を組んだまま身を乗り出して言った。

「俺らはな、あの女にたどり着いてるで」

 河村は僅かに目を細めた。
「あんたがそうやって我が身をなげうってくい止めてるつもりでも、
残念ながらもうたどり着いてるんや。時間は掛かったけどな」
「……何の話や」
 河村は迷惑そうに言った。鍋島は構わず続けた。
「ほんで、じきに全部暴き出す」
「……そんなことが出来るんか? 警察のあんたらに」
 河村は低い声で言った。僅かに右目の下が引きつっていた。
「関係あるか。こっちは二人も死にかけとるんや」
 鍋島は凄んだ。「甘く見るなよ。相手がどこの誰やろうと、どうって
ことあらへん。たかが素人の女一人やないけ」
 そんな彼のただならぬ気配に驚いたのか、それまで入口脇の
机に向かってじっと二人のやりとりを聞いていた制服警官が
ゆっくりと振り返った。
 鍋島は彼と目を合わせると、相変わらず肝の据わった眼差しで
射るように見つめ返し、そして告げた。

「おわり」

 思わず立ち上がった河村に振り返ろうともせず、鍋島は
できる限りの早さで部屋を出ていった。
 
 

 刑事部屋の来客用ソファに美弥を座らせ、芹沢は彼女の
ために庶務担当の婦警に頼んでホットココアを入れてもらった。
 婦警の私物らしきテディ・ベアをあしらったクリーム色の
マグカップを持ち、芹沢は美弥の前にやってくるとまたあの
笑顔でにっこりと笑った。
「どうぞ」
「あ──どうも」
 美弥は両手で芹沢からココアを受け取った。芹沢は美弥の
向かいに腰を下ろし、個別包装されたクッキーの袋を二つ
差し出した。
「食べる? 誰かの差し入れらしいんだけど」
「ありがとうございます」
 美弥は俯いたままクッキーを受け取った。
「どうしちゃったのさ、あらたまって」と芹沢は少し訝しげに
美弥を見た。
「いやあの……この前と、だいぶ感じが違うから」
「俺が?」
「うん」と美弥は頷いた。「なんかその、眼鏡掛けてるし、髪
とかも伸びてて──違う人みたい」
 なんだそんなことか、と芹沢は軽く笑ってソファに体を預け、
ココアに手を差し伸べた。「冷めないうちに飲みなよ。外、
寒かったろ?」
 美弥はこくんと頷くとまた両手でカップを取った。
「今日は一人? 本山茂樹くんは?」
「ゲーセンで遊んでて喧嘩に巻き込まれて、停学くろてん。
それでとうとう親がカンカンに怒って、家から一歩も出られ
へんようになってしもて」美弥は不満げに口を尖らせた。
「鈍(どん)くさいにもほどがあるわ」
「そりゃ災難だな」と芹沢は苦笑した。「それで、今日はどんな
用件で来たの?」
 頼むから面倒な話はやめてくれよと思いながら、芹沢は訊いた。
「あたし──実は、ちょっと思い出したことがあって」
「何を?」
「この前、交番で見せられた写真の男の人のことなんやけど
──あたし、 あの人を別の場所で見たことがあるのを思い
出したんです」
 美弥は表情を堅くして言った。
 交番で二人に見せたのは杉原刑事の写真だ。
「警官の制服着てた人のこと?」
「そう。その人」
「どこで見たって?」
「それが──」
 美弥は口ごもって俯いた。警察の方から彼女を呼びつけた
わけではないのだ。自らの意志でここへ話をしに来たはずなのに、
明らかに言い淀んでいるようだった。
 その様子を見て、芹沢にはピンときた。と同時に、まさか
そんなはずはと自分の考えを疑った。それでも彼は訊いた。
「……ラブホ?」
「うん、そう」
 芹沢は溜め息をついた。「……本山くんと一緒だったの?」
 美弥は大きく首を振った。明らかに迷惑そうな表情をしていた。
どんなときでも自分と茂樹を一括りにして考えられることが不満
なのだろう。
「──私らが部屋から出てきたとき、向かいの部屋のドアが
急に開いて、女の子が大声で泣きながら飛び出して来たん。
びっくりしてその部屋の中を見たら、くたびれたワイシャツ姿の
中年の男が、ぽかんとした顔でこっちを見てて──慌てて後ろ向いた
けど、あたし、何でか知らんけど、その人の顔が忘れられへんって
いうか、ものすご記憶に残って。それであたし──」
「いつ頃のこと?」
「日にちは覚えてないけど、夏休みやったと思う」
「じゃあ、交番で写真を見せたときには気づいてたってこと?」
 美弥は黙って頷いた。
「さっき、思い出した、って言ったのは間違いなんだ」
「あ、うん……そう」
「つまり、交番では本山くんと一緒だったから、言えなかったん
だね。別の相手とホテルに行ったのがばれちゃうから」
「……うん」と美弥は俯いた。「ごめんなさい」
「まったくだよ」と芹沢は額に手を当てて溜め息をついた。
そしていささか冷めた目で美弥を見た。
「だけど、どうしてひと月もたった今になって話そうと思った?」
 美弥は考えるようにして首を傾げていたが、やがてひょいと
肩をすくめると言った。
「茂樹が家から出られんようになったから」
「だから内緒の話もできるって?」
「そう。それに最初は別にたいしたことやないって思ってたん。
けど一ヶ月のあいだに考えて、何かちょっと、それも違うかなあ
って。おっさんの警察官がうちらとそう変わらへん年頃の子と
ラブホにいてるやなんて、ひょっとしたら普通やないのかもって」
「……なるほどな」
 芹沢は呆然と言ってソファに身体を預けた。美弥がまだ何か
喋っていたが、そんなことはもうどうでもいいような気分だった。
 杉原刑事が若い女とホテルに。それが本当だとしたら、
状況から考えられるのは援交というやつか。少年課の刑事
である杉原が知り合うとすれば、相手はやはり──  
「──それにあたし、茂樹とは別れるつもり」
 美弥がそう言って、芹沢はようやく我に返った。
「へえ、そう」と芹沢は生返事をした。「彼が停学になったから?」
「それもあるけど、うちらもう高二やもん。そろそろ本気で受験
勉強せなあかんし」
 美弥はもっともらしく言って自分の言葉に頷いた。
「進学するんだ」
「もちろん」
 美弥は言って芹沢を見つめた。彼がなぜそんな言い方を
するのかが不思議なようだった。
「親は短大で十分やて言うけど、あたしは四大に行きたいねん。
短大は単位取るのが忙しいてあんまり遊ばれへんらしいから、
そんなん嫌やもん」
「ふうん」
 芹沢は頷くとゆっくりと立ち上がった。「岡部さん、ありがとう。
貴重な話が聞けて良かった」
「あ──はい」
 美弥は意外そうに芹沢を見上げた。もういいの? とでも
言いたげな顔だった。しかし相手の表情に容赦のない
素っ気なさを感じ取ると、仕方なく席を立った。

 美弥と一緒に廊下に出ると、芹沢はまた最初の親しげな
笑顔に戻って彼女に振り返った。
「じゃあまあ、勉強頑張って」
「……はい」
 美弥は名残惜しそうだった。合コンでお目当ての相手に
自分をアピールするときのように、わざとらしいさり気なさで
芹沢に熱い視線を送っていた。
「それから、本山くんと仲良くな」
「えっ?」
 きょとんと目を丸めた美弥に、芹沢は口の端に嫌味たっぷりの
笑みをたたえて彼女を見下ろし、言った。
「あいつ、いいやつだぜ。きっときみにはもったいない」
 美弥の顔がカッと赤くなった。それを見られるのが恥ずかしくて、
俯いて唇をぎゅっと噛んだ。勝手な妄想を膨らませ、心躍らせて
ここへやって来た自分と、そんな彼女の気持ちをまるで顔の
周りを飛ぶ小さな虫を追い払うかのようにあっさりと台無しに
した芹沢に腹が立った。
 何かひとこと言い返してやろうと思い、顔の火照りがおさまるのを
待って美弥は顔を上げた。
 しかし、そこにはもう芹沢はいなかった。
 泣きそうになるのをこらえて周囲を見回すと、廊下と部屋を
仕切るカウンター越しにココアを入れてくれた婦警と談笑している
彼の姿があった。彼はまたあの胸がキュンとなるような笑顔で
婦警を見つめていた。
 美弥は廊下を帰っていった。

 


目次へ                            
第六章 3

 


 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]