忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第六章  1 ~

第六章 Red Roses For A Blue Lady
 
 
      1
 
 
 翌朝、鍋島は普段よりも早起きをした。足の具合を考えると
どうしても身支度に時間が掛かってしまうし、そのせいで
職場復帰初日から遅刻したくはなかったのだ。
 ラッシュ時の駅を自由に歩くことにもまだ自信は持てなかった
から、タクシーで出勤した。

 補助杖を頼りに署の玄関から中へと進むあいだ、彼は何人もの
同僚から声を掛けられ、手を貸そうとの申し出を受けたが、彼は
そのすべてを丁寧に断った。いちいち人の手を借りなければ
職場にたどり着けないようなら、アパートのベッドで横になって
いた方がましだ。それにしても、ただ階段を上るだけでも
時間がかかるのに、こんなやりとりまでやっていられない。
さっさと治す必要があるなと思った。

 刑事部屋に入って手荒くも暖かい同僚たちの歓迎をひとしきり
受けたあと、なんとか自分の席にたどり着いて右腕に固定していた
杖を外し、ゆっくりと椅子に腰を下ろそうとしていると、後ろから
芹沢の声がした。
「おい、座るな」
 振り向くと、ゼリータイプの栄養ドリンクを手にした芹沢が
間仕切り戸のすぐ前に立ってこちらを見ていた。
 黒のブルゾンにブラックジーンズというめずらしくカジュアルな
格好で、また眼鏡を掛けていた。無造作に手櫛を入れたやや
長めの髪が、このところの彼の多忙を物語っている。散髪に
行く時間もないのだろう。
「一回座っちまったら、また立つのに時間が掛かるんだろ。
そのままちょっと来いよ」
 そう言うと芹沢は間仕切り戸を出て向かいの会議室に
入っていった。
  仕事上の大怪我とは言え、三週間も休んだ相棒をいたわる
つもりは毛頭ないらしい。鍋島はやれやれと溜め息をついて
杖を取った。


 鍋島が会議室に入ると、芹沢はすぐに話し始めた。
「──昨日、山口紫乃の病室に行ったんだ。ようやく医者の
許可が下りたから」
「なんか聞き出せたか」
 芹沢は首を振った。「先客がいたから、帰ってきた」
「はぁ?」
 鍋島は信じられないと言う顔で芹沢を見た。この男、疲れすぎて
とうとうどうかしやがったか。
 鍋島のそんな思いを分かっているかのように、芹沢は口の端に
微かな笑みをたたえてじっと見つめ返してきた。
 いつになく伸びてしまった髪を持てあまして適当に整えている
のだと思っていたが、それはそれで自然な流れができている。
毛先が跳ねているのは寝ぐせではなく、ワックスか何かで
ちゃんと作っているのだ。カジュアルな服装もそれに合わせたの
だろう。ごく薄く色の入った細い眼鏡は知性を一手に引き受ける
アイテムと考えられなくもない。壁にもたれて腕を組み、長い足を
交差させて立っているその姿は、とても一所轄署のノンキャリアの
刑事とは思えなかった。そう、建築家とか広告ディレクターとか
そんなような、将来有望の若手クリエーターのようだ。
「なんだよ、俺の顔に穴でも開けようってのか」
 芹沢は言った。
「別に。相変わらず嫌味なヤツやなと思ってな」
 鍋島は視線を外すと目の前の椅子を引いて腰を下ろした。
「それで? まわれ右して帰って来た理由は?」
「先客の話してるのを聞いたんだ」
「立ち聞きか。趣味悪いな」 
「黙って聞けよ。その先客は杉原奈津代だった」
「なんやて?」
 煙草に火を点けようとしていた鍋島は顔を上げた。
「そうさ。おまえが家に行ったとき、彼女は山口泰典のことを
ほとんど知らねえって言ったんだ。おまえは信じなかったけど」
「ああ。それでつながりを探ろうとしてた矢先に刺されたんや」
「おまえが入院してる間に、俺も少しは探ってはみたんだけど、
どうもピンと来るもんがねえ。あの姉弟だってああいう状態だしな」
「せやのにあの嫁さんが、山口の姉ちゃんを見舞ってたんか」
 鍋島は灰皿を引き寄せた。「で、なに喋ってた」
「人のこと悪趣味って言うのはよせよ」と芹沢は釘を刺した。
「全部聞き取れたわけじゃなかったけど、要するに、今回のこと
すべてが自分のせいだって言うんだ」
「姉ちゃんが襲われたことか?」
「いや、杉原さんがやられたことも全部さ。取り返しのつかねえ
ことをしたんだって」
 芹沢は腕を解くと、鍋島の斜め向かいの椅子を引き寄せ、
反転させて座った。両腕を背もたれに預けて、やや声を低くして
続けた。
「──つまり、杉原さんと山口が川辺明美のマンションで
河村たちの返り討ちにあったのは、てめえが河村に知らせた
からだとさ」
「どういうことや?」
「……そろそろ頭回転させろよ。出て来た以上、病み上がり
なんて言い訳は聞かねえぞ」
「杉原奈津代が河村とつながってるって……?」
「胸くそ悪りぃが、そういうこったろ」
「おまえ、聞き間違いやないんやろな」
「馬鹿言え、確信もないのにこんな話するかよ。病室の山口
紫乃は相手のことを確かに『奈津代さん』って呼んでたんだ」
 鍋島はじっと考え込んだ。指に挟んだ煙草をくゆらせながら、
同じ手の親指でこめかみのあたりを掻いた。
「話を聞きに行ったとき、確かに何か隠してる感じやったけど
──それがまさか自分に関することやとは思わへんかったな。
杉原さんと山口の間の何かを隠してるんやと思てた」
 鍋島はいくぶん悔しそうに言うと、顔を上げて芹沢を見た。
「他に何言うてた?」
 芹沢は肩をすくめた。「あとはただ紫乃に謝る一方さ。それから
自分を責めるだけ。自分一人が何の傷も負わずにおめおめと
生きてるって、さめざめと泣いてたぜ」
「その二人が河村とつながってるとしたら──山口と杉原さんが
コソコソ動いてたことの説明がつくってことやな」
「ああ。杉原さんは自分の女房と河村の関係を知ってたから、
刑事としておおっぴらに動くわけには行かなかったんだ」
「その関係って、何や」
「それが分かってたら苦労してねえさ」
「せや、河村を叩いたか?」
「もちろん。ゆうべ、かなりシビアに締め上げてやったぜ。けど
やっぱり何も吐かねえ」
 芹沢が『かなりシビアに締め上げた』と言うときは、だいたい
その相手は流血の事態に陥っている。
「──おまえ、あんまりやり過ぎんなよ」
「おいおい、どうしちゃったのさ」
 芹沢はおどけて言った。「三週間も白衣の天使に囲まれて、
てめえまで博愛精神に目覚めちまったってのか?」
「焦るなて言うてるんや。現に河村の完黙は続いてんのやろ。
闇雲に痛めつけたかて、それでは意味がない」
 芹沢は苛立たしげに舌打ちした。長い間待たされ続け、
ようやく戻ってきたと思ったらそんな悠長な台詞を吐く相棒に
腹を立てていたのだ。そうとも知らず、鍋島は訊いてきた。
「このこと、課長に言うたか」
「言うわけねえだろ。具体性がなさ過ぎる」
 芹沢は早口で言うと溜め息をついた。「相手は同僚の女房
だぜ。ちゃんとした裏付けもねえのにうっかり口を滑らせ
ちまったら、ここの全員を敵に回すことになるんだ。ヘタしたら
捜査から外され兼ねないってことくらい分かるだろ」
「……そうか。そらそうやな」
 鍋島は自嘲気味に短く笑った。芹沢はそんな相棒をじっと
見つめていたかと思うと、まるで独り言のように呟いた。
「……冗談じゃねえ。俺はこんなやつのために三週間も一人で
蟻みてえに働かされてたってのか」
 そして立ち上がり、「もういいさ。おまえ、部屋に戻ってみんなに
コーヒーでも淹れてろよ」と吐き捨てた。
「何や、なに怒ってる?」
 鍋島は訳が分からないと言うように肩をすくめた。
「怒ってんじゃねえ。入院してる間にすっかり腑抜けになっち
まったおまえに呆れかえってんだ。それとも、山口みてえな
ガキにやすやすと腹を刺されて死に損なってるくらいだから、
とっくの昔から腑抜けだったってことか?」
「……俺に喧嘩売る気か」
 鍋島は吐いた煙に目を細めながら芹沢を見上げた。
「手負いのおまえなんかとやり合う気なんかねえよ。時間の
無駄だ」
 芹沢は素っ気なく言って鍋島の足を見た。
「どうせ役に立たねえのなら、せめてまともに歩けるように
なってから出てくるんだな」
 そして芹沢は部屋を出ていった。

 刑事部屋に戻っても芹沢の苛立ちは収まらなかった。
ガチャガチャと余分な音を立て、不快感をあからさまにして
デスクの上を片付けていると、向かいの島崎巡査部長が
声を掛けてきた。
「──なあ、おい」
「俺のことですか?」芹沢はまだしかめ面のままで島崎を見た。
「そうや、おまえや」と島崎は頷いた。「気持ちは分かるけどな。
もうちょっといたわってやれ」
「誰をです」
「相方をや。決まってるやろ」
「俺はナイチンゲールじゃないんでね」と芹沢は肩をすくめた。
「こっちだってもう、身体がボロボロなんだ」
「それはおまえだけやない。ここにいるみんなが大なり小なり
疲れてるし、精神的疲労はむしろピークに近い。けどあんな目に
遭うたのはあいつだけや」
「それは分かってますけど──」
「分かってる? ほんまかな?」と島崎は厳しい眼差しで芹沢を
見た。「二十歳かそこらの坊主にいきなり刃物で刺されて、
腹から血がドクドク流れて気ィ失うて──死ぬかも知れん、
でも死にとうないって思たときの怖さ。経験したことのない
俺やおまえに分かると思うか?」
 芹沢は黙って先輩刑事を見つめていた。
「杉原さんがあんなことになって、次は鍋島や。もしもあいつが
三週間の入院では済まへんようなことになってたら、おまえに
とってかけがえのない人間はここには──」
「俺はここに友達を作りに来てるんじゃありません」
 と芹沢は島崎の言葉を遮った。「一社会人としての責任に
おいて、警察官の職務を遂行しに来てるんです。法律に則って、
主任の言う、俺にとってかけがえのない連中とやらをひどい目に
遭わせたやつを探してる。てめえの身体と時間を犠牲にして
でもね」
 今度は島崎が苦々しく芹沢を見つめた。
「その邪魔をして欲しくないってだけです。それが被害にあった
当の本人だろうと誰だろうと、大目に見る気はありませんね」
「そうか」
「ええ」
 芹沢は口の端だけで小さく笑うと、ゆっくりと立ち上がって
ブルゾンに車のキーを突っ込んだ。諦め顔で自分を見上げている
島崎を見下ろして短く溜め息をつき、それから面白くなさそうに
言った。
「──あいつが戻って来たら、車で待ってるって伝えて下さい」
「分かった」
 島崎は苦笑して頷いた。

 芹沢が出て行った直後、鍋島が戻ってきた。右足をかばい
ながら席に着き、上着のポケットから煙草を取り出して口に
咥えたとき、島崎に声を掛けられた。
「鍋島、もうやめとけ」
 鍋島は顔を上げて煙草を抜いた。「はい?」
「ここで一服するのはやめとけ。足がきついのは分かるけど、
もうええやろ。早よ行け」
「ええ、いや、その──」
「おまえ、仕事しに出て来たんやろ?」
「……もちろんです」
 鍋島にはこの先輩が何を言いたいのか分からなかった。
普段から後輩に対しては極めて友好的な態度で接してくれて
いる人物だったので、今のこの厳しい口調が理解できなかった。
「あの、俺何か、主任にまずいこと──」
「芹沢が車で待ってるんや」
 島崎は言って鍋島を見た。「腹刺されてヤバかったのは
おまえや。足かてそうやってまだ完全やない。けど、あいつの
気持ちも分かってやれ。 ここ三週間相当無理してきたんや。
あいつは仕事と言い張ってるが、おまえや杉原さんのために
決まってる」
「……ええ」
「なのにそのおまえが、まだ完治してないとは言え出て来て
のんびり振る舞ってる──つもりはおまえにはないのかも
知れんが、あいつにはそう映るんやろ。それが悔しいんや。
自分がしんどい思いをしたからやない。おまえに早ようもとの
自分を取り戻してもらいたいんや」
「あいつがそう言うてたんですか」
 島崎は首を振った。「言うわけない。けど態度見てたら分かる。
そこがまだあいつのガキっぽいとこやが」
「分かりました」と鍋島は頭を下げた。「心配掛けてすいません
でした」
「俺に謝る暇があったら、さっさと行け。また下まで降りるのに
時間が掛かるんやろ? 俺は手を貸さへんからな」
「分かってますよ」
 鍋島は笑って言うとぎこちなく立ち上がり、上着を羽織ると
杖を使って廊下へと向かった。島崎もにやにやしながら頬杖を
突いてその様子を見送った。
 そこへ高野警部補が戻ってきた。それまでの様子をどこからか
見ていたのか、席に着くなり島崎に言った。
「若いもんには世話焼かされるなぁ」
「ええ。ここ三週間は難しい方の一人だけで済んでたんやけど、
今日からまた不器用な方と二人ですよ」
 島崎は言って、嬉しそうに笑った。

 


 今日の先客こそ、原田の妻だった。
 原田郁子は食堂の昼間の営業が始まる二時間前にやって
きた。カバン一杯に用意してきた着替えと汚れた洗濯物を
交換し、ベッドの周りを片づけたあと、すっかり容態の
落ち着いた紫乃の顔色を覗こうとしていたところへ刑事たちの
訪問を受けた。
 郁子は一瞬戸惑ったようだが、彼らとはすでに面識があったので
すぐに要領をのみ込み、紫乃に一声だけ掛けて帰っていった。
無論、彼女自身もそうのんびりしていられる立場になかったと
いうのもある。何しろ、家庭の主婦とは違うのだ。

「──具合はどうですか、山口さん」
 ベッドのそばに並べた椅子の、紫乃に近い方に座っている
鍋島が言った。 
  外した補助杖を背もたれのパイプに預け、右足をちょうど紫乃の
視界に入るように伸ばしていた。あんたの弟にやられたんだと、
無言の抗議をしているつもりらしい。
 さっき、彼がわざとらしいほどぎこちなく腰を下ろした様子を見た
芹沢は、こいつ、ようやくエンジンを掛けやがったんだなと
心の中で苦笑した。きっと島崎に何か言われたのだろう。
あの主任のお節介もこうして役に立つなら歓迎だ。
「……おかげさまで」
 消え入りそうな細い声で紫乃は言って、薄目に開けた右目の
眼差しを鍋島に向けた。頭部に何重にも巻かれた包帯の下から
伸びる茶色のウェーヴヘアーは緩めのお下げ髪に結ってあり、
先を透き通ったリンゴの付いたヘアゴムで括られていた。
世話をする看護師がせめてものおしゃれにと結んでくれた
ものだろう。掛け布団と顎の間から少しだけ見える首もギプス
らしきもので固定されている。額から左目にかけての顔面も
包帯ですっぽりと覆われていて、その周囲の白い肌にはまだ
青痣が残っている。布団の脇から伸びた、点滴の管のつながった
右腕も、ほとんどが包帯に隠れていた。DVの被害に遭った
女性は何人か見たことがあったが、加えられた暴力が破壊的に
ひどかったことをここまで容易に想像させる被害者は初めてだと
鍋島は思った。

「早速ですけど、あの、お話しづらいのを承知でお訊きするん
ですが、あなたをこんな目に遭わせたのは誰です?」
「それは──警察の方でもう、お調べになってるんと違うん
ですか」
 紫乃はゆっくりと答えた。
「山口さんの口からおっしゃっていただけると有り難いんですが」
 紫乃は小さく頷くと、三週間前の十一月四日未明、数日ぶりに
寮に戻ったところへ後を尾けてきたと思われる岸田という男に
押し入られ、激しい暴行を受けたと言った。
「岸田と言うのは──岸田荘治(きしだそうじ)で間違いないん
ですね?」
「間違いありません」
「面識があるんですか」
「ええ」
「河村忠広との関連で?」
「……はい」
 鍋島は自分の質問の仕方が誘導尋問と受け取られないように
気を遣いながらも、紫乃にできるだけ長く話させないように
心掛けた。自分を含めて何人もの人間の命が危険にさらされた
事件だし、その鍵を握っているはずの紫乃に対してもはや
何の遠慮もしないつもりで彼女のそばに座ったものの、話の
口火を切った途端にその決心は揺らぎ始めていた。そのくらい、
間近に見る彼女の姿は痛々しかったのである。
「河村とはどういう関係なんですか?」
 紫乃は探るような眼差しで鍋島を見た。「それは──その、
私個人と、という意味で訊かれてるんでしょうか」
「そうです。あなたが弟さんを通じて河村と知り合ったのは
分かっていますが、今はとりあえずご自身のことからお訊きします」
「……私が河村に薬を流す代わりに、河村からその──覚醒剤を
──受け取っていました」
「流していた薬というのは?」
「睡眠薬とか、向精神薬です」
「入手先は?」
「私の勤めてた病院に出入りする、製薬会社の人からです」
「それは一人ですか? それとも複数の人物から?」
「一人でした」
「その人物の勤務先と名前を教えて下さい」
「……あの、刑事さん」
「はい」
「その人も河村から脅されてたんです」
「そうですか」と鍋島は頷いた。「それで、どこの会社の何という
人です?」
「……阪神薬品の、土橋充夫(つちはしみつお)という人です」
 手帳を広げて紫乃の証言を書き留めていた芹沢が立ち上がって
病室を出ていった。署に連絡して、土橋という新たなる捜査
対象者の存在を知らせるためだ。紫乃が襲われてから三週間も
経った今のこの時期となれば、そうのんびりもしていられない。

 鍋島は話を続けた。
「代わりに手に入れた覚醒剤は、あなたが自分で使用する
目的のものですね」
「はい」
 紫乃はもう観念したかのように、しっかりと頷いた。
「最初にその取引話を持ちかけてきたのは河村ですか」
「はい、いえ……はい」
「それはいつ頃?」
「九月の初め頃です」
「具体的に、どう言う条件の話だったのか話していただけますか」
「もともと土橋がその手の薬を横流しをしてるという噂が、病院の
同僚の間で囁かれたことがあったんですが、それを私が、その、
河村に話したんです。そしたらあの男はすぐに土橋と接触を
図ったようです」
 話を持ちかけたのは河村かどうかという質問に口ごもった
理由がこれで分かった。
「河村は土橋を脅迫したんですね」
「そうみたいです。病院で私に声を掛けてきたとき、土橋はひどく
焦っていました。あんたが喋ったんやろとすごい剣幕で責められて
……シラを切るのに苦労しました」
「それで、あなたが河村と土橋の仲介をすることになった」
「はい。運び屋のようなことをさせられました」
「その月の終わりにはあなたは宗右衛門町の『ドルジェル』で
働き始めていますね。河村の愛人である川辺明美のいる店です。
それも河村の指示ですか」
「ええ」
「何のために?」
「私にとっての理由は、その──お金が必要だったからです。
はじめは土橋から受け取った薬をそのまま河村に渡してるだけで
良かったんですけど、そのうち河村から覚醒剤を手に入れる
ために、より多くの薬が必要になって──ところが土橋は
限度があると言って渋りました。せやから報酬を上乗せする
必要があったんです」
「ときどき、閉店前に店にやってきてあなたと一緒に帰っていった
男というのが土橋ですか」
「……はい」
 鍋島は溜め息をついた。土橋は金だけでなく、紫乃の体も
報酬の中に含めていたようだ。
「河村にとっても、私があの店で働くことは好ましかったようです。
自分の手で覚醒剤を覚えさせた私を監視する上で」
「あなたが岸田にあんな目に遭ったのは、その取引に関して何か
トラブルでも生じたからですか」
「いえ──あ、ええ、はい。そうだったと思います」
「山口さん」
 と、鍋島は穏やかに紫乃に笑いかけた。紫乃は鍋島を見た。
「嘘は駄目です。正直に話して下さい」
「……すみません」
 そう言って頷くと紫乃は鍋島の右足に視線を移した。
「あの……弟は、その── 」
「傷害容疑で指名手配されています」
 紫乃は絶望的なため息を漏らし、そして弱々しく言った。
「岸田は泰典が自分たちを襲った、その報復だと言っていました」
「これまでのあなた方姉弟と河村の関係についてですが、
できるだけ詳しく話していただけますか」
「──今年の春、弟の勤める食堂に河村と岸田が訪ねてきました。
河村は昔の仲間を集めて、暴力団に対抗するための武装組織を
作ろうとしてたんです。時期こそ違いましたが、弟は昔、河村と
同じ暴走族グループに入ってたことがありました。その当時は
河村はすでに幹部を辞めてましたが、弟と面識はあったようですし、
それで少年院を出た弟を探し出して仲間に引き入れようと
したんです」
「去年、弟さんが少年院を出てすぐの頃にも河村の仲間が彼に
近づいたことがあったそうですが」
「ええ。そのときのことは私は詳しく知らないんですが、弟が
すぐにあの……杉原刑事に相談したようで──うまく話をつけて
追い払って下さったようです」
「なのになぜ、一年以上も経った今こんなことになったんですか」
「河村が泰典のことを諦めてなかった、ということやと思います」
 紫乃は暗い声で呟いた。唇から離れた途端、深い闇の淵に
落ちていく。そんな感じの声だった。そろそろ限界だなと鍋島は
感じ始めていた。
「そのためにあなたを陥れて、彼に仲間に入ることを承知
させようとしたんですね」
「そうです。最初は、言うことを聞いたら弟を見逃してやると
言うてたのに──だから土橋のことも教えたんです。でも、
私にその、覚醒剤を覚えさせて──いつの間にか立場は
逆になっていました」
「最後にもう一つお訊きします。昨日、杉原奈津代さんがここへ
訪ねて来られたようですが、彼女とはどんな話をなさったんです?」
 はっ、という表情で紫乃は鍋島を見た。直後に頬が微かに震え、
彼女は何か言おうとしたが、しかしすぐにその瞳は堅く閉ざされ、
同時にまだ血色の良くない唇も真一文字に結ばれた。話したく
ない、喋るもんかと強く決心したようだ。
「山口さん?」
「……ただお見舞いにきて下さっただけです。杉原刑事が
あんなことになったことも、私たち姉弟のことと無関係やとは
思われてないみたいでしたし」
「どう無関係ではないとおっしゃってました?」
「あの、すいません、少し疲れたんで、もうお帰り下さい」
「お話しいただけませんか」
「話すことは──何もありません」
「この春にまた河村たちが近づいてきたときも、泰典くんは去年と
同じ様に杉原刑事に相談したんじゃないんですか? 河村は
二度までも邪魔をしてくる杉原刑事を疎ましく思ったはずです。
しかもその頃、河村は杉原夫妻とあの食堂で顔を合わせたことが
あるようです。それで河村はあなたと同じようなことを杉原刑事の
奥さんにもやろうとした、そうじゃありませんか?」
「何も知りません。何も」
 紫乃の唇が震えていた。
「山口さん。杉原刑事はもう一ヶ月も意識が戻りません。
そのことは、今あなたもおっしゃったように、あなた方姉弟と
無関係ではないでしょう。あなたもこんなにひどい目に遭われた。
そして泰典くんは僕の腹と足をナイフで刺して逃げている。
これがどういうことかお分かりですか?」
「……ごめんなさい」
「謝ってもらいたいわけではありません。泰典くんが刺したのは
警察官だということなんです。少年院に入ったときのように、
逃げたい一心で刃物を振り回し、その結果相手を傷つけて
しまったというのとはわけが違うんです。俺は警官としては
下っ端の下っ端ですが、警察にとっては、階級がどうであろうと
身内が刺されたことに違いはないんです。しかもそういう意味では、
俺以上に深刻な身内の被害者がこの事件で出ている」
 鍋島は紫乃と話すことをそろそろ限界だと考えていたのが
嘘のように強い口調で言うと、じっと彼女を見つめた。
「弟さんをかばいたいと思われたり、杉原奈津代さんに迷惑を
掛けたくないという気持ちは分かります。あなたを含めて誰一人、
好きこのんで転落していったわけではないでしょう。それ以上に
悪いやつがいるのも事実です。でも、それで犯した罪を帳消しに
できるはずもないんです」
 紫乃の右目からぽろりと涙が落ちた。それがきっかけとなって、
彼女は顔をくしゃくしゃにして泣き出した。
 その様子を見るなり、鍋島は俯いて堅く目を閉じた。まるで
予測のつかないことでも起きたかのように、またたくまに動揺が
全身を走り、耐え難い不安で胸が潰れそうになった。
 紫乃の瞳からは、こぼれてもこぼれてもみるみるうちに涙が
溢れている。小さな、しかしはっきりと聞き取れる泣き声が病室に
漂っては消えた。
 泣くな。頼むから泣かないでくれ。芹沢はどうした? 何をしてるん
やろ、早よ戻ってこいよ──。

 そんな鍋島の心の叫びが聞こえたかのように、芹沢が戻って
きた。
 部屋に入ったときは気づいていなかったようだが、ドアを閉めて
二人に振り返ると、戸惑ったように一瞬立ちすくんだ。
 やがて彼は状況を把握したらしく、こういうことになると決まって
捨てられた子猫のようにぺしゃんこになってしまう鍋島の姿を見て
大きく溜め息をついた。
 そして二人のそばに戻ってきた。
「……杉原刑事と泰典が、河村たちに何か──仕掛けて
いこうとしているのを、河村に知らせたのは──自分だと
──奈津代さんは言うてました。何もかも、自分のせいだと」
 嗚咽で何度も言葉を途切れさせながら、紫乃がようやく言った。
「──そうですか」
 鍋島はまるで気のない返事をした。
「奈津代さんが、私と同じようなつながりを河村と持っていたか
どうかは……それは知りません。誓って知らないんです」
 紫乃はまた大粒の涙を流した。まるでその涙が莫大な威力の
爆弾であるかのように、鍋島の胸に突き刺さった。
「刑事さん、許して下さい。泰典を許してやって──下さい」
 鍋島は紫乃の方を見ないようにして芹沢に振り返った。
彼の方が限界をとうに超えていた。
 行けよ、と芹沢が目で合図をしてくれたので、鍋島は
飛び上がるように立ち上がり、右足を引きずりながら部屋を
出て行った。
 芹沢はふがいない思いでドアが閉まるのを見届けた。
 あいつも俺と同様、アホらしい病気にかかってやがると
思いながら芹沢は紫乃に振り返った。こんな女の涙なんて、
ただの小道具だと思えばいいのに。十五年前に妹が流した
涙と一緒にしやがって、どうしようもねえ単細胞だな。
「山口さん、大丈夫ですよ。落ち着いて下さい」
 芹沢はそう言ったが、本心では、シャブ中の言うことになんか
一切同情を寄せるつもりはないからなと考えていた。


  一ヶ月経っても、夫の意識は戻らない。
 これが自分の望んでいたことなのだろうかと奈津代は思った。
 集中治療室は出たものの、夫は運ばれてきた日と同様、
白い布に包まれてたくさんの機械とつながったまま、 ずっと
眠っている。
 良くも悪くもならない。昨日と何も変わらない。時にはオブジェの
ように感じることさえある。それでも自分は毎日ここへやってくる。
 その、ただ微動だにせず横たわっている姿を確かめる、それが
目的であるかのように。

 こうなることがどうして読めなかったのか。ひと月前のあのよく
晴れた日、自分には何が見えていたのだろうか。
 電話を一本掛けることで、すべてがうまく行くと思っていた? 
 決してそうではない。むしろそれですべてが壊れてしまうかも
知れないと、そう思ってさえいた。それでも自分は電話を掛けた。

 あの悪魔のような男に。いったいなぜ?

 夫とあの少年を、人殺しにしたくはなかったから?

 都合のいい解釈だわと、奈津代は自嘲の笑みを漏らした。
 そのまま五分ほど夫を眺めたあと、彼女は病室を出ていった。

  エレベーターを降り、病院玄関の自動ドアの前までやって来た
ところで、カバンの中の携帯電話が鳴った。
 急いで病院の表に出て電話を取り出し、掛けてきた相手を
確認するために待ち受け画面を見ると、『公衆電話』との表示が
あった。
 奈津代は周りを見回すと、客待ちのタクシーの列に向かって
歩き出しながら電話に出た。
「──もしもし。泰典くんね?」

 

目次 へ                                   
第六章 2 へ

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]