忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第五章  4 ~


             4

 
 興和銀行の十一月のキャンペーンは、ローン推進キャン
ペーンだった。
 銀行というところは、いつも何かしらのキャンペーンを
展開している。ただ、銀行の変わっているところと言えば、
その多くが客に向けてアピールされるような性質のものでは
ないということだ。
 つまりキャンペーンと言っても、客にとって興味をそそられる
特別な商品やイベントが登場するわけでもなく、要するに支店
同志を競わせ、銀行の利益を上げるための行内キャンペーンが
ほとんどなのだった。

 それでも行員たちは年中このキャンペーン活動に振り回されて
いた。その都度本部から設定されたノルマを達成するために
日々働いていると言っても過言ではなかった。
 というのも、ノルマを達成できるか出来ないかでその支店の
行員全員のボーナス支給額が変わってくるし、役席の出世も
違ってくる。だから支店長は自分の出世のために部下を
死ぬほど働かせるし、部下たちはそんな上司を恨みながらも、
より多くのボーナスのために必死で働くのだった。

 そう言う意味では、この時期に萩原が四億円の新規融資を
実行させたことの功績は大きかった。
 かつての華やかなりしバブルの時期とは違って、ほとんどの
銀行がその本業であるところの融資業務における様々な損失と
問題の掃除に追われ、同時に金融庁の縛りも厳しくなった今は、
ただ保身のために極めて消極的な経営戦略をとらざるを得なく
なっていた。そんな状況にあって、今回のキャンペーンは
上層部も営業店に対してあまり大きな成果は期待していなかった。
むしろ、このような時期だからこそ、小規模でも健全な融資先の
確保さえ出来れば良しとしようと、それだけを狙ってキャンペーンを
打ったのだ。
 そこへこの四億の融資だ。萩原はそれまで自分の手掛けていた
仕事からすべて手を引き、ふた月掛かりでやり遂げたこの案件は、
それだけでも価値のあるものと言えるだろう。
 それが折からのローン推進キャンペーンの波に乗り、彼の仕事は
高い評価を受けた。その点では、萩原は運の強い男と言えた。

「──萩原くん、きみにこの仕事を任せて良かったよ」
 部長室の大きなデスクの席に着き、本田営業部長は満足げに
言って笑った。
「はぁ……」と萩原は気のない返事をした。「でも、青山くんも
頑張ってくれましたから」
「そうだな。しかし、キャンペーン期間は今日で終わりだから、
正直言ってそれに間に合うかどうか心配しとったんだ。四億の
仕事に変わりはないが、キャンペーン中に実行するのとしないのと
では、本部の評価がまるで違ってくるからな」
「ご心配かけて申し訳ありませんでした」萩原は丁寧に頭を下げた。
「いずれにせよ、きみの仕事に間違いはなかったわけだ。その歳で
係長のポストに就いただけのことはある。同期ではまだきみだけ
だろう?」
「いえ、国際資金管理部の小笠原(おがさわら)くんがこのあいだ……」
「ああ、彼か。彼なら私も知ってるが、どうも駄目だ。京大出だが、
理論派だからな。実践派のきみの方が営業畑での仕事に期待が
持てる。法人部に行っても、きみとは折に触れての意見交換を
望みたいね」
「──はぁ」あまり褒められたような気がしなかった。
「まあ、これからを楽しみにしているよ」
 部長は萩原の今ひとつの反応に戸惑いながらも、清々しい
笑顔を崩さなかった。

 部長室を出た萩原は、溜め息をつきながら廊下をゆっくりと
歩いた。
 彼にとって今や出世は何の魅力もないものだった。銀行員と
いう職業には特に不満はなかったが、今の仕事には満足して
いなかった。だからその仕事が評価されても、それほど
嬉しいとは思わなかったし、もっと上を目指してやろうという
欲も沸かなかった。こういう性格は学生時代から変わっていない。
興味のないことには、彼はいたって愛想がないのだ。

 それどころか、今の彼には出世コースへの近道となる部署への
転属もあまり有り難くない話だった。美雪を引き取ろうと思った
ときにはそうでもなかったのだが、この前麗子や鍋島に男手での
育児の難しさを指摘されてから、出世は美雪を引き取って育てる
上で、時間的にマイナスであるように思えてきたからだ。
 それにしても、曲がりなりにも一児の父親であることには
変わりない自分が、子供を産んだことも産ませたこともない二人に
忠告されるなんて── しかも、それぞれの立場に立った彼らの
発言は妙に説得力があった──いかにも皮肉な話だと思った。

「あの、萩原主任」
 振り返ると、青山が営業鞄を持って立っていた。
「あ、なに?」
「この前来られた女性の方がお見えです。えっと──」
「日下?」
「ええ、その方です。すいません、名前思い出せなくて」
「店頭に?」
「いいえ、今、外で。筋向かいの喫茶店で待ってらっしゃるって」
「子供も一緒やった?」
「いえ、お一人でしたけど」と青山は首を振った。「どうしましょう。
僕の方から課長に断っておきましょうか?」
「いや、訊かれたらでええよ」萩原は時計を見た。「……まあ
ええか。五時は過ぎてるんやし」
「そうですね」と青山は笑った。

 銀行を出た萩原は、筋向かいのビルの地下へと下りた。
 分厚いガラスのドアを開けたところで、すぐ正面のテーブル席に、
智子が一人で座ってこちらを見ているのが目に入った。
 萩原は智子を見据えたまま、黙って席に着いた。
「──通用口の前まで行ったら、この前のあの人が戻って
来ゃはったから」
 智子は俯き加減で言った。
「仕事は?」萩原は煙草に火を点けながら訊いた。
「今日は休んだの。どうしてもあなたに逢って話がしたくて」
「美雪は?」
「母のところ」
 萩原は内心ほっとした。再婚相手と一緒にいるかと思って
いたのだ。
「何か、疲れてるみたいやけど──大丈夫?」
「ここんとこずっと忙しかったから。ようやく解放されたんや」
「そう……大変やね」
「で? 何の話?」
 萩原はわざとらしく訊いた。
「あ、ごめんなさい。お仕事中やもんね」
「美雪のこと?」まだ素っ気なかった。「俺に思い直してほしいん
やろ?」
「……あかんかしら?」
 萩原はゆっくりと煙を吐いた。「──俺のこと、あの娘の
父親やと認めてくれてるよな?」
「もちろんよ。そんなこと今さら何で──」
「なら分かってくれよ。あの娘が俺以外の男を父親と呼ぶのが
どんなに辛いかってこと」
「それは分かってるつもりよ。あたしかて、あなたの立場に
立って考えたら、やっぱり辛いと思うやろうから。あの娘には
ちゃんと言い聞かせてるわ。あの娘の父親はあくまであなた
やってこと」
「……そうなんか?」
 驚いてそう言った萩原の顔を、智子は見ると小さく笑った。
「五歳にもなったらね、少しは分かるのよ。自分には父親と
呼ぶ人が二人いることになるんやって。確かに、今はあなたの
ことしか見てないけど」
「……そうか」
 萩原は俯いた。美雪がそう思ってくれているのが嬉しかったのだ。
「お願い、分かって。美雪に逢わせるのをやめるなんて言うて
悪かったわ。つい感情的になって──あなたが再婚のことで
美雪に何か良からぬことを言うんやないかと思って……
いやらしいわね」
 萩原は黙って智子を見つめていた。自分と一緒だった頃と
違って、今は彼女の大部分が母親としての姿なのだと思った。
そう考えると、彼は智子がもうずっと遠くの存在になってしまった
ことを思い知らされるようだった。
「再婚相手はどんな人?」
 萩原はぽつりと言った。
「え?」
「俺が訊くのもおかしいか」
 そう言って笑った。
「ううん」と智子は首を振った。「三十三歳で、神戸に住んでて──
花屋をやってるの」
「へえ」
「働き者で、真面目だけが取り柄みたいな人で。あんまり面白味は
ないけど、一緒にいるとなんか──あたしも安心するって言うか」
 自分とは正反対だと萩原は思った。
「美雪のことも分かってくれてて。結婚しても、子供は美雪だけで
ええって。本気でそう考えてるって。そこまで言うてくれる人、
ちょっとないと思ったわ」
「そうか」
「──だから、どうか考え直して。自分でも勝手なこと言うてるって、
よう分かってるの。でも、美雪がこれからずっと寂しい思いを
背負っていくのかと思うと……」
 萩原は黙っていた。鍋島や麗子が言ったことを思い出していた。

 ──そうや。自分の気持ちより、美雪のこれからのことだけを
考えるんや。いくら辛くても、それが勝手に家庭を放棄した者の
受けるべき罰なんや……。

「──ちょっとの間、考えさせてくれ」
 萩原はようやく答えた。
「ほんま……?」
「かと言うて、必ずええ返事が来ると期待されても困るけど」
「……ごめんね」
 智子は小さく頷いた。
 二人はそれから何も言わず、ただボンヤリとお互いの胸元の
あたりを見つめていた。そのとき、地上から差し込んだ車の
ヘッドライトの光が、智子の長い睫毛を濡らしている涙を輝かせた。

 彼女を愛していた頃の自分に戻りたいと、萩原はこのとき
初めて思った。

 


目次 へ                                      
第五章 5 へ




 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]