忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第二章  4 ~


         4

 西天満署単独で扱う事件としては今までにない、規模の大きな
捜査チームが結成された。専従の捜査員は刑事課一係からの
七人を中心とするものの、杉原が所属していた少年課からも六名が
加わり、また刑事課の他の班、そして生活安全課からも応援を得て、
合計二十名の布陣となった。
 杉原刑事がどういう理由で襲われたのかが分からないことから、
捜査がどの方向に向かってもスムーズに進むよう、守備範囲に幅を
持たせようというのだ。

 全員が出席しての初めての捜査会議には署長以下、副署長、刑事官、
刑事課・少年課・生活安全課の各課長が顔を揃え、署長のいつになく
力の入った訓示で始まった。
 実際に捜査の指揮を執るのは植田刑事課長と城戸少年課長で、
それぞれ、強行班のプロとしてのプライドと、可愛い部下を半殺しの
眼に遭わされたという怒りを各々の腹の底にどっかりと据えて、部下に
ハッパをかけるのである。

 それからすぐに現在の捜査状況についての報告。今のところ判明
事項は少なく、発見の経緯、杉原の現在の容態、昨日自宅を出る際の
分かっている限りの行動、最近の様子などが報告された。しかし
それらはすべてありきたりで注目すべき点は少なく、従って有力な
手がかりは見当たらなかった。杉原刑事はもう六年間、西天満署に
配属になった当初から少年課に身を置いている。そこで、当面は
その六年間で彼が関わった少年事件の当事者かあるいは関係者が
今回の一件に関わって可能性が高いとみなし、そこに的を絞って
捜査を進めて行くしかないであろうという指揮官たちの意見は、その場に
いた全員から当然のように賛同を得た。
 ただ、一番恐れなければならないのは被害者である杉原信一自身が
何らかの犯罪に手を染めたか、もしくは犯罪に絡んでいて、それが
こじれて今回の事件が起こったという事実が判明した場合の警察と
しての責任の取り方だと指揮官たちが言い出したときは、刑事たちは
みな一様にやりきれなさそうな溜め息をついた。
 確かに、警察官の不祥事が明るみに出ると、今後の自分たちに
対する市民の心証が悪くなることに間違いはないが、自分たちはそんな
ことのためにこの事件に臨むのではないと彼らは思っていた。
 同僚が半殺しの目に遭った。考えたくはないが、このまま帰らぬ人と
なってしまうかも知れない。だからやった奴を突き止めて、そいつを
塀の向こうへ送ってやる。そして家族に心安らかな暮らしを取り戻して
もらい、傷ついた同僚にも快復に専念してもらいたい。いつか自分と
自分の家族にもまた、同じような不幸が訪れないとも限らないからだ。
 そんな一念が自分たちを過酷な捜査活動へと駆り立てるのだと、
そう思っていた。それが現場の刑事なのだ。お偉方はなにも分かっちゃ
いないだろうが。

 やがてそれぞれに仕事が割り振られ、一回目の捜査会議は
終了した。


 署の駐車場に停めた車で芹沢を待つ間、鍋島はゆうべ麗子を
マンションの玄関まで送っていったときのことを思い出していた。
 昨夜、到着したタクシーが袋小路になっているマンションの前で
方向変換するのを待つあいだ、麗子は鍋島にぽつりと言った。

──あたしのことは、気にしないでいいわ。

 鍋島は何も答えなかった。麗子が酔っ払って突然押し掛けてきた、
そのあたりの事情のことを言っているのだと思ったし、あるいは真澄の
ことを言いたいのだとも思った。
 自分のことは気にするな。麗子はそれを言いに来たのか。男と何が
あったって、あたしは大丈夫、元気にやって行くわ。勝也なら分かって
くれるでしょ。それから、真澄の気持ちを考えてあげて。あたしのこと
なんか気にせずに。それだけが言いたかったというのか。

 やがて、彼女がタクシーに乗り込んでこちらを振り返ったのを見て、
彼がようやく言った言葉と言えば──

──ボストン帰るんやったら、その前に一回連絡くれよ。

 それだけだった。麗子は頷き、運転手に行き先を告げるために前に
向き直った。その様子を見て、鍋島は何だか自分が麗子をひどくがっかり
させてしまったように感じた。

 はたして麗子は、俺にどうして欲しかったんだろう。

 あいつのことは何でも分かっているつもりだったけど、近頃ときどき
分からなくなることがある。九年来の親友。腐れ縁の女友達。いや、
それ以上かも知れない。でも決して、恋人じゃない。
 分身──そう、俺の分身だと思っていた麗子。だからお互い、相手が
次に何を言うかも分かったし、どんなことを良しとして、何を嫌うか、
すべてが手に取るように理解できていた。そんな自信があったけど──

 最近、ちょっと遠く感じるのは俺だけだろうか。
 おまえは、どう思ってる?

「──なに深刻な顔してんだよ」
 運転席に乗り込んできた芹沢が言った。
「──あ、いや、べつに」
 鍋島は我に返った。
「アホづらと紙一重だけどな」
 芹沢は言うとエンジンを掛けてギアを入れた。「昨日の電話の娘(こ)
ことか」
「え? 電話って?」
「忘れてんのか。じゃあ違うな」
「……ああ、思い出した」
 鍋島は本当にこのとき、昨日真澄が署に電話を掛けてきたことを
忘れていたのである。


 杉原信一巡査部長がその橋脚の陰に倒れていたという鉾流橋
(ほこながればし)は、西天満署とは通り一本隔てた真向かいにある。
京都方面から大阪湾に流れる淀川(よどがわ)が東淀川区の柴島
(くにじま)浄水場の手前で二手に分かれ、支流となった川は大川
(おおかわ)と名前を変えて南へ向かう。大川はしばらく行くと今度は
大きく西に進路を変え、中之島を挟んで北の堂島川と南の土佐堀川に
別れる。そして再び合流したときは安治川(あじがわ)と名乗って
大阪湾に流れ込むのだが、大阪市街の北の中心を横切るこの河には、
従って多くの橋が架かる。鉾流橋もその一つだが、中之島を越えた
あとに四つ橋(よつばし)筋や御堂筋などの大きな通りに繋がる他の
中心的な橋とは違って比較的小ぶりで、交通量も少ない。天満側から
中之島に渡った周辺は中央公会堂と市立東洋陶磁美術館が静かに
佇み、緑も多く、都会の喧噪の中にぽっかりと出来た静寂と憩いの場で
あると言っていいだろう。

 そのせいなのか、杉原はどうやら長い間そこに横たわっていても
誰にも気づかれなかったらしい。
 橋を中心として対岸も含めた堂島川周辺の目撃者探しは、地域課
からの応援を得て大量の人員をつぎ込んだ割には成果は得られなかった。
 当然、捜査範囲は広がる。杉原は傷を負った際にどこかの地点から
何らかの理由で河に身を投じ(あるいは投げ込まれ)、そして鉾流橋
付近の川岸に流れ着いたのだろうという推察から、それは河上へと
伸びた。時間はおそらく深夜。人数は──杉原も含めておそらく三人以上。
怪我の状態がリンチによるものと言って良かったし、たいていの場合、
子供は群れるからだ。

 そしてようやく、有力と思われる情報が寄せられた。
 それは、大川が堂島川と土佐堀川に別れるあたりで目撃されていた。
 天満橋─天神橋間の北岸にある南天満公園の一角で、昨夜の十時半頃、
一人の中年男が男たちに「フクロにされて」いたというのだ。
 目撃者は二人の高校生だった。彼らはその様子を二十メートルほど
離れた場所に建つ歌碑の陰から見ていたらしい。

 最初はただのオヤジ狩りだと思い、面白がって高見の見物をして
いたが、およそ三十分ほど掛けていたぶられ、ぼろ雑巾のようになった
中年男が最後には河に投げ込まれたのを見ていよいよ怖くなり、
男たちに見つからないように逃げ出したのだった。

 そして今朝、登校してきた二人はお互いの顔を見るとおのずとあの
落とされた男のことが気になり始め、二時限目が終わると学校を抜け
出して現場に戻ってきたのだ。

「──そんな時間に、何しにあんなとこにいてたんや?」
 天神橋の西詰にある交番で、鍋島は金髪の少年・本山茂樹(もとやましげき)
に訊いた。皮肉にも南天満公園はこの交番と天満橋東詰の交番──
もちろん両方とも西天満署の管轄だ──に挟まれている。
「なにしにっ……て……」
 茂樹は口ごもり、隣の岡部美弥(おかべみや)をちらりと見た。美弥は
ずっと俯いたままで、長い茶髪に顔が隠れている。
「んなこと訊いてやんなよ」と芹沢が面倒臭そうに言った。「十六歳の
カップルだぜ。決まってんじゃねえか」
「あ」
 鍋島は決まりが悪そうに鼻の頭を掻いて二人から視線を逸らした。
そりゃそうだ。十六歳なら、あのことしか考えない。
「ホテルに行く金がなかったんだよな」
 芹沢が言うと茂樹は首を突き出すようにして頷いた。美弥が顔を上げて、
芹沢はにこっと笑いかけた。
 美弥は本当はこの刑事みたいな男とホテルに行きたいのにと思った。
 さっき、交番に入ってきたこの刑事を見た途端、美弥は茂樹が嫌に
なった。茂樹は子供すぎる。あたしといるときはエッチのことしか考えて
ないし、ゲームばっかりやってバイトもよくサボるからいつもお金ないし、
テストも全部赤点だし、B組の慎司(しんじ)たちには頭あがらないし、
ほんとに頭悪いなと思う。そんな男となんでつき合ってんのか分からなく
なって、あたしまでカッコ悪く思えてきて、だからずっと下を向いていた
のだ。

「──で、その、フクロにされてたっていう男性やけど」
 鍋島はGジャンのポケットから杉原巡査部長の写真を取り出して
二人に示した。
「この人やった?」
 茂樹は写真を覗き込んだ。美弥はちらりと上目遣いで見ただけだった。
「どぉ……かなぁ……似てるような気もするけど、違うような気もする。
暗かったし」
 茂樹は目を細め、首を傾げながら言った。ゲームのやりすぎで視力が
かなり悪いのだ。
「全然違うと思うけど。だってそれ、お巡りの制服着てるもん」
 美弥は素っ気なく言って、髪を指に巻きつけた。
「顔や、顔。顔だけ見たらええんや」
 二人の後ろから制服警官がイライラしたように言った。
公園内をうろつきながら時折川岸に近づいて川底を覗き込んでいた
二人を見つけ、交番まで連れてきたのが彼だ。報告を受けた捜査
チームから鍋島と芹沢が差し向けられたのだが、どうやら彼は
刑事たちが到着するまでの間、この二人にかなり手を焼いていたようだ。
「暗かったし分からへんって言うてるやん、分からんかぁ?」
 美弥は怒ったように言って制服警官をじろりと見上げると、ふんと
鼻を鳴らして背を向けた。このお巡りとなんか喋りたくない。あたしは
こっちの刑事と喋りたいの。警察は親や先生たちと同じくらいキライだけど、
この刑事なら全然オッケー。
「この──」
 制服警官はカッと顔を赤くして美弥の肩を後ろから掴み、自分の方を
向かせようとした。
「痛い! やめてよ──」
「あ、まぁま」と芹沢が制服警官を制した。美弥を見て、「急に掴まれたら、
びっくりだよなぁ?」と微笑んだ。
 美弥は嬉しそうにこくんと頷くと、たちまちあどけない少女の表情を
浮かべた。
 それからちょっと物欲しそうな上目遣いで芹沢を見つめ、鼻に掛かった
猫撫で声で訊いた。
「ゆうべの男の人、警官なん?」
「その人がこの写真の男の人だとしたらね。そこを君たちに訊いてるんだ」
 芹沢は優しい口調で言い、そばのデスクに頬杖をついた。
 鍋島はポケットから煙草とライターを取り出すと、デスクの隅っこに
寄せてあった灰皿を自分の前に引き寄せ、少しだけ椅子を後ろに
引いて子供たちから距離を置いて煙草に火を点けた。少女の相手を
すっかり芹沢に任せることにしたのだ。
「違うと思うわ」
 美弥は言った。
「でも、暗くて分からなかったんだろ。はっきりと顔を見たの?」
「見てない」
「じゃあどうして、この男の人じゃないって思う?」
「だって昨日の男の人、すごい勢いで転げ回りながら逃げてきたもの」
「どっちの方向から?」
「天神橋の方から」
 ここで茂樹が答えた。美弥が芹沢に対してしなを作っているのが
気に入らないらしい。至極当然の感情だ。だが美弥は迷惑そうだった。
「はじめはオヤジ狩りやと思たけど、よう見たらホームレスのおっちゃんが
いたぶられてるんやなって思い直したぐらい、服とかもボロボロやったし。
誰が見てもお巡りやなかった……なぁ?」
 茂樹は言って美弥に同意を求めた。美弥はプンとふくれっ面で髪を
いじっていたが、やがて何かを諦めたように顔を上げ、そして言った。
「そう。あたしの知ってるお巡り──警察官はもっと偉そうやもん。
あたしらが遊んでたら『早よ帰れ』とか『学校どこや』とか、しつこう言うて
くるくせに。そんなおまわ──警察官が逃げる? ガタガタ因縁つけて
くるヤツには、拳銃ぶっ放してやればええんやわ。それで相手が
死んだかて、罪にはならへんのとちゃうの」
 芹沢は点になった目で美弥を眺めながら、口の端だけで笑った。
 鍋島は咥え煙草のまま目を細め、笑いをこらえるために下を向いた。
「……結局、この写真の人かどうかは分からないってことなんだ」
「うん」
「じゃ、フクロにしてた方のことだけど。何人いた?」
「四人」
「どんな連中だった?」
「ガラの悪い奴ら」と茂樹が吐き捨てるように言った。「親父の借金
取り立てに来る奴らみたいな」
 鍋島が振り返って茂樹を見た。「ヤクザか」
「そんな感じのヤツもいたし、チーマーみたいなのもいた」
「若かったってこと?」
「みんなオヤジよ」
 と美弥が顔を上げ、呆れたかのような溜め息をつきながら言った。
「二十五過ぎたら、みんなオヤジ」
「ありゃりゃ」と芹沢は鍋島に振り返った。鍋島は諦めたように頷いた。
「具体的に、幾つくらいか分かるかな」
「さあ。三十くらいか、もっと上やないの」
「チーマーみたいなやつだけちょっと若かった。二十二とか三くらいかな」
と茂樹。
「一人だけ、手を出さんと見てるやつがいたわ。たぶんリーダーや。
歳も一番上っぽかった」
「何か言ってた?」
「別に。みんながそのおっさんのことをボコボコにしてるの、笑って
見てたけど」
「あ、でもほら」と茂樹は美弥に振り向いた。「最後におっさんを投げ
込むとき──何か言うてたよな。ほら」
「言うてたっけ?」
 美弥は面倒臭そうに茂樹に一瞥をくれた。そろそろ飽きてきたらしい。
「言うてたって。ほら──おせっかいがどうとかこうとか──」
 美弥は黙って首を振った。
「そや、思い出した。『おせっかいがとんだアザになったな』って」
「アザ?」と芹沢が眉をひそめた。
アダでしょ!」
 美弥が声を上げて迷惑そうな顔をした。こんなバカと一緒にいるのが
恥ずかしくてたまらない、と言う感じで、芹沢と目が合うとたちまち
赤面した。
「──んまに、アホなんやから……」
 芹沢はそう言ってやるなよ、と言う表情で美弥に微笑んだ。
「つまり、ただのオヤジ狩りかホームレス狩りとは違うみたいだった
ってことだ」
「そう。それが分かったから、怖ぁなって逃げたん」
「──あの公園ではまだその種の被害は多くありません。繁華街とは
直結していませんし、夜は人通りもほとんどなくなりますから。河に
面していて、風が強いためにホームレスの住処にもなりにくい。
狩りをしようにも、いいカモがいないんです」
 ここで制服警官が初めて意見を言った。美弥はちょっとびっくりした。
明らかに刑事たちの方が年下なのに、敬語を使ったからだ。
「流しの仕事は成り立たないと」鍋島が言った。
「ええ。この二人のようなのがちょくちょく利用するのも、そのせいです」
「自分たちのやってることを誰にも邪魔されたくない連中しか来ないって
いうわけだ」
と芹沢は美弥たちを見ながら言った。
 茂樹が俯いた。美弥はまたがっかりした。なんでその相手が茂樹で、
この刑事みたいないい男じゃないんだろう。

 二人を帰らせるとき、芹沢は思い出したことがあれば連絡をくれる
ようにと、刑事課の直通番号を記した自分の名刺を渡した。鍋島が
「おまえの方が効果がある」と言ったからだ。分かっていたが、美弥の
ような娘にたとえ仕事場の番号でも知られるのは面倒だなと思った。
案の定、美弥は芹沢の携帯電話の番号を訊いてきたが、芹沢は
「持ってないんだ」と嘘をついて教えなかった。

「男前も何かと大変や」
 交番の前に停めておいた車に戻るとき、鍋島が面白そうに言った。
「言うな」
 芹沢は不機嫌そうに吐き捨てて運転席のドアを開けた。
乗り込んでエンジンを掛け、シートベルトを引っ張る。助手席の鍋島が
構わずに続けた。
「いつものことやけど、あんな子供でも取りこぼしなしか」
「ふざけんな。てめえのあの態度は何なんだよ」
 芹沢は鍋島を睨んで言った。普段の口調に戻っていた。
「自分はすっかり手を引いた、みてえにおさまりやがって。ガキの相手は
こっちに押しつけようってのか、ちっとばかり俺が年下だから。え?」
「あの娘(こ)がおまえにしか喋る気がなかったからや」と鍋島は言い
返した。「認めるやろ? それは」
「だからって、いちいち茶化すんじゃねえ」
「ルックスを褒めて怒られるとは心外やなぁ」
 鍋島は大仰に言った。両手を頭の後ろに回し、火の点いていない
煙草を咥えて上下に動かしている。その顔は明らかにまだ面白がっていた。
「俺の身にもなってみろ。結構ツライもんあるで」
「だったら整形でもするんだな」
 芹沢は言って、アクセルを踏んだ。


 若者は泣いていた。
 薄暗い部屋の窓際で、悔し涙にくれていた。自虐的な後悔に襲われ
ながら、抑えきれない怒りに傷ついた身体を震わせていた。汚れた
涙が顔を濡らし、奈落の底から聞こえてくるような嗚咽を止めることが
できずにいた。

──こうなることの方が、可能性として高かったのに。

 なぜやろうとしたんだろう。何で最初からあんなにまずいことになって
たんだろう。
 どこが悪かったんだろう。あの人の言うとおり、俺は行かない方が
良かったのか。
  いや、そもそも俺があの人に相談なんかしなかったら──

 そうしたら、俺と姉ちゃんはどうなってた?

 そうだ。そのことを考えるんだ。もし何もしなかったら、姉ちゃんが
どうなってたか。俺のことずっと守ってくれてた姉ちゃんが、優しい
姉ちゃんが、あいつらのいいようにされて──そう、俺だけじゃないんだ。
たった一人の身内である姉ちゃんまでもが苦しむことになる。
 俺のせいでずっと肩身の狭い思いを強いられて、それでも俺のことを
とても心配してくれて、そして頭を下げ続けてくれた姉ちゃんが、また
辛い思いをすることになるんだ。それだけは、もう絶対にいやだ。

 そう思ったから、あの人に相談したんだ。

 このままじゃ終わらせない。あっちもそう思ってるだろう。
 あの人がどうなったか分からないけれど、いまだに連絡がないところを
みると、きっとひどくやられてしまったに違いない。
 こうなったら、どっちが先に第二ラウンドのゴングを鳴らすかだ。
次はこんな怪我ぐらいじゃ済まされないのは分かっている。だからこそ、
やられる前にやってやるんだ。

──杉原さん。今度は俺一人でやります。

 

目次 へ                                     
第二章 5 へ




 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]