忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

~ 第三章  2 ~


         2 

 京都に来るのは久しぶりだった。
 大学時代は日常の生活拠点が京都にあった。彼女が
受講を終えて教室 から出てくるのを、パチンコや麻雀で
時間を潰していた鍋島と萩原が待ちかまえていた。それから
よく三人で北山や河原町界隈に繰り出したものだ。
 萩原とつき合っていた智子と四人だったこともしょっちゅう
だった。
 キャンパスは京都御苑の近所にあったので、時には
緑豊かな御苑の芝生に腰を下ろして、鍋島や萩原に試験の
ポイントを教えたこともあった。
 あの頃は良かったな、と麗子は懐かしんだ。今、自分が
仕事場としているのも大学だが、あの頃と今とではそこに
身を置く自分がすっかり変わってしまっている。しかも最近
までは恋愛──あれが本当に恋愛だったのかどうか今と
なっては疑問だが──という、本来の自分の目的とはほど遠い
関係をそこへ引きずり込み、結局はそれもまたとことんのめり
込むまでも行かず、ありきたりの結果を迎えるに至った。
いったい自分は何をしに大学に行っていたのだろうか。

 麗子はあの別れ以来、大学にいるのが辛かった。しかし
仕事は仕事だ。
 彼女は一年生の基礎演習クラスの他に、後期からは新しく
講義を一つ受け持っていた。それだけでも週に二度は大学に
行かなければならないし、自分の研究や講師としての諸々の
用事をこなすとなると、土日以外はほとんど毎日大学に
縛りつけられることになる。
 それもつい最近までは楽しかった。が、今は違う。結局、
女ってものは恋愛におけるコンディションが何よりも先に立つ
生き物なのかも知れない。自分はそうではないと思っていたのに、
なんてことはない、女の典型だったのだ。
 しかも、自分が今取り組んでいる講師としての仕事を勝ち取る
ために、その「大事な」ものを失ったのだ。
 そのうち、男が別れと引き替えに置いていった土産が今の
この仕事なのだとさえ思えてきた。「勉強が麗子の恋人ね」と
言われた大学時代は、その言葉通りに本当に学問がすべて
だった。恋愛にしろ課外活動にしろ、彼女にとっては学業と
引き替えにするほど魅力のあるものではなかったし、それら
すべてをこなせるほど自分は器用ではないと思っていた分、
彼女は潔かったのだ。それが今は何だ。麗子はますます
落ち込んだ。何とも虚しかった。

 北山(きたやま)通り沿いのこのバーも、学生時代にはよく
通ったものだ。ここへは 鍋島とよく来た。黒く、分厚い
カウンターもあの頃のままだ。大学を出てからの五年半を
すべて乗り越え、自分を昔へ戻してくれるような気がして、
麗子は思わず足を運んだのだった。

「麗子」
 店に入ってくるなり、真澄は笑顔で言った。着物姿が入口の
格子戸によく似合っていた。
「ごめん、忙しいのに呼び出して」と麗子も微笑んだ。
「ううん、明日からほら、十一月でしょ。『炉開き』て言うてね、
茶道の世界ではお正月みたいなもんやねん。その準備をしてた
だけやから。それより、麗子の方こそ、京都で仕事?」
「違うの。ちょっと懐かしくなってね」
「ここが? そう言えば麗子、学生の頃はここの帰りやて言うて
ようあたしの家に泊まりに来たっけ」
「そう。遅くなったから終電に間に合わないって」
 バーテンが近づいてきたので、真澄はスコッチのオン・ザ・
ロックを注文した。
「真澄は見かけによらず強いのね」
「麗子は見かけによらず弱いもんね」
 真澄は麗子のカンパリ・ソーダを見て言った。「大学時代かぁ。
あたし、麗子が羨ましかったわ」
「どうして?」
「だってさ、あたしなんかずっと女子校やったから。こんなとこに
男の人と二人で来るなんてこと、なかったもん。せいぜい
合コンの流れでカラオケか喫茶店ってとこ」
「あたしが、みんなと同じような学生生活を送ったと思ってるの?」
 麗子は笑いながら言って真澄を見た。
「あ、そうか。勉強一筋」
「まあね。それに、ここへ来るって言っても、好きな男と二人
なんてことなかったわよ」
「ほんとにぃ?」
「ほんとうよ。そうね──たいてい勝也とばっかり」
「ふうん……」
 真澄はなおさら羨ましくなった。
「ねえ、真澄」
「うん?」
「あたしさぁ、自分のこと過大評価してたみたい」
「なにそれ?」
 突然の話に、真澄は戸惑った様子だった。
「大学を首席で卒業して、大学院でも夢中でやったおかげで
何とか博士号を取ったと思ったら、選ばれた人材だけが可能な
留学にさっさと決まって、帰ってきてすぐに今の研究室に
呼ばれたでしょ。で、今度は講師。ここまでずっと、止まらずに
突っ走ってきたって感じ。振り返ると信じられないけど、どこかで
これがあたしの実力よなんて思ってたわ」
「麗子の実力よ。さっきもうちの母が言うてたわ。『麗子ちゃんは
ほんまに偉いねぇ』って」
「……おばさま、あたしとの電話でもそう言ってた」
「でしょ? 弟なんか、『姉ちゃんも麗子さん見習えよ』やて」
「違う。あたしなんか、ほんとはみっともないだけの人間よ」
「……何のこと?」
「がむしゃらに仕事して、勝ちに行くことばっかり考えて。
つき合ってた男の気持ちなんか察しようともしなかった。相手の
浮気を知っても、尾行するようなことしかできないの。取り乱して
怒ることも、責めることもしないで、カッコつけてばかり。そのうち
男は去っていったわ。疲れて、妬んで、愛想尽かしたのよ」
 吐き出すように一気に言って、麗子はグラスを呷った。
 真澄はそんな麗子をじっと眺めていたが、やがて探るように
訊いた。
「麗子、つき合うてたひと、いたん……?」
 麗子はグラスを置くとふうっと息を吐いた。「そう。つい四日前
まではね」
「そうなんや……」
「意外?」と麗子は笑って真澄を見た。
「う、ううん。だって麗子は綺麗やもん。いてない方が意外」
「いいのよ、そんなお世辞」
「大学の人?」
「ええ。同じ研究室」
「で……別れたの?」
「そうよ。ほんとはずっと前に終わってたの。他に女が出来たのよ。
その相手とじゃ疲れないらしいわ」
 そう言うと麗子はすぐに首を振った。「ううん、違った。その
女性には疲れた顔を見せられるし、疲れたって言えるんだって」
「麗子には言えへんってこと?」
「そう。あたしにはそんな甘えが通用しない気がしたって。
そのくせ、思ったことを全部言わなきゃならない雰囲気が
漂ってたんだって。気を使って嘘をつくことさえ許してくれそうに
なかったそうよ」
「……そんな風に思うなんて」と真澄は唇を歪めた。「麗子の
こと、ほんまは分かってへんのよ。その人」
「真澄──」
「あたしはそう思うわ」
 真澄はにっこりと微笑んだ。暖かい笑みだった。
「ありがとう。でもね、あたしって良く言えばさっぱりしてるん
だろうけど、要するにがさつなのよ」
「そんなことないわ」
「自分だけが遠慮や隠しごとが嫌いなのならいいけど、人にも
それを求めちゃうのよね。正面から気持ちをぶつけ合うのは
大いに平気なくせに、根回しとか気配りが苦手なの。だから
自分と関わる相手にもそうあってもらいたいわけ。アメリカ育ち
って言ってしまえば格好いいけど、ただの単純バカよ。相手が
今どんな気持ちなのかなんて、事前に慮ることができないのよ。
そんな能力持ち合わせてないの。だからフラれたの」
「そこまで言わなくても──」困った真澄はグラスを見つめた。
「勝也にも言われたのよ。分かり易すぎてあさはかやねん、って」
「勝ちゃんに?」
 真澄は驚いて麗子を見た。ここで鍋島の名前が出てくるとは
思いもよらなかったからだ。
「そう。あいつのひとことは的確なのよね」と麗子は苦笑した。
「……麗子、勝ちゃんに会うたの?」
「ええ。酔っ払ってあいつの部屋に押し掛けて、気分悪くなった
からトイレに駆け込んで──考えてみたらこれも無神経よね
──そしたらあいつ、水一杯飲ませてくれた後にすぐに帰れって
言ったわ」
 真澄はじっと麗子を見つめた。すでに胸中穏やかではなかった。
 そんな彼女の気持ちに気づく気配すらない麗子は続けた。
「親友だからって、いちいちあたしの相手なんかできないって。
仕事で疲れてて誰とも話したくないときだってあるんだって。
当たり前よね。あいつの方が肉体的にも精神的にも数倍
過酷な仕事してるのに、あたしったらいつもの調子であいつに
甘えて。何年経っても変わらないと思ってるのよ。あたしと
あいつの間の空気は」
 麗子は言うと小さく首を振った。「──無神経な女」
「麗子……それ、いつ?」真澄は静かに言った。
「いつって、勝也に会ったのが?」
「うん」
「五日前よ」
「何時頃?」
「……よく覚えてないけど、確か十時半頃だったかしら。でも
どうしてそんなこと──」
 そこまで言って、麗子ははっとして真澄に振り返った。
「真澄、あたし──違うのよ」
「違うって、何が?」
 言葉こそ普通だったが、そう言って麗子を見据えた真澄の
表情はもうそれまでとは違っていた。嫉妬という一言では
片づけられない、いろんな負の感情で暗く混濁していた。
「だからごめん、あたし、いま気がついたのよ。そう、そうよね。
五日前って言えば、あんたが勝也に電話した日よね。昼間は
あたしに何度も電話くれてたっていう、あの日。でも誤解
しないで、別にあいつと約束してたわけじゃないし、だから
当然隠してたわけでもないの。あいつだってそうよ」
「分かってる。今さっきそう言うたやない、勝ちゃんの部屋に
押し掛けたって」
「そう、そうよ。嘘じゃないからね」と麗子は真澄の顔を覗き
込んだ。
 その直後、 『時すでに遅し』という言葉が頭に浮かんだ。
「別に何も疑ってへんわ。麗子と勝ちゃんのことはもうずっと
前に理解してる。勝ちゃんかて、麗子とのことであたしに
嘘なんかつかはったことないし、つく理由もないでしょ」
 真澄は平静を装って言った。しかし、声はうわずっていた。
「そうよ。その──だからね、真澄」
「麗子ね」
 と、真澄は強く言った。正面を向いたままだった。
「え、うん」
「さっき自分のこと無神経な女って言うたけど──それ、
どこまで自覚してるの?」
「……してるわよ、じゅうぶん」
「嘘。してない」
「してるわよ。今回ばかりはあたしだって……」
「してない!」
「真澄……」
 麗子は驚いていた。驚くと同時に、ひどくいやな予感が
全身を包み始めているのを感じていた。自分がとんでもない
過ちを犯してしまったことは十分承知していたが、だからと
言って、こういう事態になるなどとは思ってもいなかっただけに、
この先の展開が怖かった。自分はただ、誰かに愚痴を聞いて
もらいたかっただけなのだ。
 真澄は手元のグラスに視線を落とした。そして言った。
「……ひどすぎるわ、麗子」
「………………」
「あたし、麗子のことずっと羨ましかった。今でもそうよ。
麗子は頭がいいし、綺麗やし、いつも自信に満ちてて──
あたしみたいな世間知らずの籠の鳥とは違って行動的で
意志も強いし、欠点なんか何一つないし……麗子とあたしは
雲泥の差、月とスッポンで」
「なに言ってるのよ真澄」
「そやから麗子が勝ちゃんとどういうつき合い方してても、
どう見ても恋人同士にしか見えへんでも、二人が断固として
お互いを親友やて言うのやったらそう思うことにしようと決めた。
麗子はあたしなんかでは当然考えも及ばへんことができる人
なんやと思うから。実際そうやって他にちゃんと彼氏がいたんや
から、やっぱり勝ちゃんとは親友なんやってことが分かった。
でも──」
 そこまで言うと真澄はグラスを口に運んだ。さっきの麗子と
同じように大きな溜め息をつくと、思ったことを忘れないうちに
全部言ってしまおうとしているかのようにまた一気に続けた。
「でも、親友やったら何してもいいの? 九年も前から知ってる
から何でもありってことなん? 自分の従妹がその人のこと
好きって知ってても、自分はその従妹よりずっと前から相手を
知ってるから、辛いことがあったら夜に部屋に押し掛けても
いいと思ってるの?」
「違う、思ってない」
「要するに、自分たちの友情の前ではあたしの気持ちなんて
二の次ってことなんやね」
「真澄、聞いて」麗子は真澄の腕に手を掛けた。
 真澄はさっと腕を引っ込めると、恨めしそうな眼差しで麗子を
睨みつけた。
「……あたしがいつもどんなに不安な気持ちでいたか──」
「ごめん……」麗子は俯いた。
「きっと麗子には一生分からへんでしょうね。自分にはとうてい
勝ち目のない女性が身近にいる普通の女の気持ちなんて。
しかもその女性は自分の従姉で、自分の好きな人と一番
仲良くやってるのよ。愛情じゃなくて友情やとか言って」
 真澄の言葉には、押さえきれない怒りが露わに吹き出して
いた。麗子は必死でそれを鎮めようとした。
「ほんとに愛情じゃなくて友情なんだから。親友ってそういうこと
でしょ。真澄もそれは認めるって今、言ったじゃない」
「言うたわ。けど聞き飽きた」と真澄は吐き捨てた。
「……分かった。この際それ以上なのは認めるわ。親友よりも
親密だけど、真澄が心配してるようなのとはほんとに違うの。
そう、兄妹みたいなもんなのよ」
「でも兄妹じゃないでしょ」と真澄は冷たく言い放った。
「真澄……」
「だったらさっさと気持ちを告白したらええやないって思って
るんでしょ。でもそれができひんから悩むんやない。麗子の
ことは別として、実際にあの人があたしをどう思ってるかなんて
分からへんもの。麗子みたいに、好きになった相手とは確実に
つき合えるような、そんな確率百パーセントの女とは違うのよ、
あたしは」
「あたしのどこが確率百パーセントだって言うの? 現にこうして
フラれちゃったじゃない」
「フラれたって言うけど、ほんとは最初から相手にもして
なかったんでしょ。その人のこと」
「……どう言うこと?……」
「その人が、麗子の前では安らげへんかったってことは、
麗子にその人を受け入れてあげる気持ちがなかったからや
ないの? その人のために麗子は何の用意もしてないって
ことよ。要するに、最初から相手にしてへんかったのと一緒よ」
 真澄は顔を背けた。「……二股かけられて当然やわ」
 グラスを見つめる麗子の顔色が変わった。さらに真澄が言う。
「最初の目的通りにしてたらええのよ。一番大切なのは研究
なんでしょ?そのために大学にいるんでしょ? 男の顔色見に
行ってるんじゃないでしょ? 勝つつもりでやってるんでしょ?」
 真澄は嫌悪感を剥き出しにして言った。険悪な空気が二人を
完全に覆い尽くしていた。
「……真澄もそんな風に思ってたのね。あたしのこと」
 麗子は呟くと淋しそうに──あるいは悔しそうにも見えた
──笑った。
 真澄は黙っていた。自分がかなり辛辣な言葉を投げ掛けた
のは分かってはいたが、撤回するつもりはなかった。
「……そうね。あなたの言うとおり。あたしはたかが恋愛ごときで
自分を変えることなんてできないのよ」
 麗子は煙草を口に運びながら言った。意地になり始めていた。
「たかがって言うけど、生きていく上で大事なものの一つやわ」
「そうかしら」
 麗子は鼻をふんと鳴らした。
「そうよ。あたし、麗子が失恋したって言うから驚いたし、
おまけに相手に別の女がいたなんて事情を聞いたらちょっと
腹も立ったから、精一杯慰めてあげようと思ったけど、そんな
考えなんやったら慰めもしいひんし同情もしいひんわ。たかが
恋愛なんて言う人は、どうせまた同じことを繰り返すに決まって
るもん」
「……またずいぶん哀れまれたもんだわ」
 麗子は下を向いて笑った。「結構よ。きれいごとしか言わない
ガチガチの箱入り娘さんなんかに慰めてもらおうと思った
あたしが確かにバカだったんだから」
「……あたし、帰る」と真澄が立ち上がった。
「そうね、帰った方がいいわ」と麗子も頷いた。「帰って、どう
やったら自分のウジウジした気持ちを勝也に伝えられるか
よく考えることね」
 真澄は黙って財布から千円札を出し、自分のグラスの横に
置いた。そして最後に麗子を睨みつけると、くるりときびすを
返して格子戸へと向かった。
「ねえ真澄」
 麗子が真澄を呼び止めた。真澄が振り返る。
 前を向いたままの麗子は煙草の煙をゆっくりと吐き出すと、
それから真澄に冷たい視線を投げかけて言った。
「……あんた、本当に勝也のことが好きなの? あたしへの
競争心でそう思ってるだけなんじゃない?」

 
 
目次 へ                                         
第三章 3 へ



 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]