忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第七章  3 ~


         3 

 食事のあいだ中、鍋島は実に他愛のない話をし続けた。
 腹と足を刺されたときは、瞬間的に身体に火が点いたような
感じだったとか、 三日ほど前にやっとリハビリが終了し、ようやく
病院とも縁が切れてせいせいしたとか、芹沢は今度の事件で
肉体的にも精神的にも相当きつい思いをしなければならなかったとか。
 どれをとっても、特に面白い話だとは思えなかった。
 それでも真澄は時には神妙な面持ちで、時にはにこにこ笑いながら
彼の話を聞いてくれた。会話の中味より、自分と二人でいることが
嬉しくて仕方がないのだろうと鍋島には分かっていた。

 そして今二人は、これもまた神戸では昔からお決まりのデート
コースになっているメリケンパークを歩きながら、何となく気まずい
雰囲気になっていた。

 公園にはあまり人気はなかった。まだ少し雨がぱらついていたし、
こんな時間に港の公園を散歩できるほど今年の冬が暖かいわけでは
なかった。だいいち、今日はクリスマス・イヴなのだ。こんなところで
うろうろしているカップルなんかまずいない。みんな今頃ホテルの
暖かい部屋で、ワイングラスでも傾けながら、真実にしろ偽りにしろ、
それぞれの愛を語っているに違いないのだ。

 鍋島も、芹沢にさんざんホテルの部屋を予約するようにとけしかけ
られたが、まるでそんなつもりはなかった。
 そして今頃になって予約を取ろうとしても遅すぎると言って話を
はぐらかそうとしたが、芹沢は大学の後輩が新神戸オリエンタル
ホテルに勤めているから何とかして一部屋取ってもらうように口を
利いてやると、彼にしてはめずらしくお節介を焼こうと食い下がった。
それでも鍋島は断った。いくらなんでも、真澄とは初めてのデート
なのに、いきなり最後まで行ってしまうのは無茶な話だ。彼女の場合、
たとえ相手が鍋島でも、そんなことを考えていると知っただけで、
それこそ絶交ものなのだ。芹沢には理解できないようだった。

 そんなわけで鍋島はこの公園に来た。今や彼にはやるべきことは
一つしか残されていなかった。
 真澄にちゃんと自分の気持ちを伝えることだ。
 これまでは自分でもはっきりとは分からなかったのだが、今夜、
彼女と二人で過ごしてみて、ようやく本当の気持ちが見えてきたのだ。
 それに、見合い話が持ち上がっている彼女に対して、これ以上
意志表示を引き延ばすことは許されないと彼は思っていた。


「──あの、真澄」
 鍋島は思いきって切り出した。
「なに?」
 真澄の方もある程度の心づもりができていたのか、穏やかな
笑顔を見せて答えた。
「あ、その……」
「ええよ、何でも言うて」
「真澄のこと、可愛いと思うよ。確かに好きやって気持ちもある。
けど── どうも俺、あかんみたいや」
 それを聞いた真澄は目を閉じて大きなため息を漏らした。
「おまえはええ女やと思う。そう、せやから俺にはもったいないって
感じで」
「勝ちゃん、そういう言い方は──」
「分かってるよ。卑怯な言葉やってこと。でもほんまやねん。ほんまに
そう思うんや。おまえといると、何かこう、自分の 弱味とか、ええ加減な
とこは見せたらあかんなって、そんなことばっかり考えてしもて。
俺にはそんなとこしかないのに」
「そんなことないわ。勝ちゃんはええ加減な人やないし、弱い人でも
ない」
「そう見えへんように意地張ってるだけなんや。ほんまは違う。いつも
周りの人間の目を気にして、悪う思われんように 気ィつかってる。
悪ぶってるのは表面だけですよ、本当は良識派なんですよって、
つい無意識のうちにそんな信号を送ってるんや。
おまえに対しても、変なこと言うて怒らせんようにって、そんなセコい
ことばっかり考えて──」
「窮屈なんやね」真澄はぽつりと言った。
「──ごめん」
 と鍋島は下を向いた。「俺はこんなヤツやから、相手を安心させる
よりも先に、自分が安心して無茶できる相手でないとあかんみたいや」
「あたしにはきっと、できひんことなんやろうね」
 と真澄は小さく頷いた。 「あたしは──勝ちゃんに守ってもらいたいと
ばっかり思てたもの」
「俺はそんな大きい男やないよ」
「ううん、あたしにとっては大きい人やわ。今まで会うた人の中で
一番」
「違うって」
 鍋島は搾り出すように言うと、もうこれ以上は困らせないで欲しいと
ばかりに顔を歪ませて俯いた。
「それは──真澄の過大評価や」
 その様子を見た真澄は、さっきから自分の言った言葉がただ
彼を困らせるだけの結果にしかなっていないことに気づいた。
 さほど大意のあることとは思っていない発言でも、自分が言うと
すべて彼には重くのしかかるのだ。

 そう、自分はいつも彼を追い込んでいるだけだった。誰にも
負けやしないとの自信があった彼への想いだが、もしかすると
それさえも彼には重荷になっているのだろう。

 そうと分かれば、もう諦めるしかなかった。

「勝ちゃん。よう分かったわ」
「え……」
「よう分かったから。ちゃんと答えてくれてありがとう」
「待たせるだけ待たせといて、悪いと思ってるよ」
 真澄は何も言わずに首を振った。俯いて顔を上げようとしない
鍋島の姿に、本当に自分では駄目なのだということを思い知らされて
いるようだった。
「ねえ、一つ頼んでいい?」
 諦めついでに、真澄には確かめたいことがあった。ものすごく
勇気の要ることだったが、どうしてもはっきりさせておきたかった。
 大きく息を吸い込んで、真澄は言った。
「……最初で最後、一回だけ。ここであたしに、キスしてくれる?」
「えっ……」
「そしたらあたし、きっぱり諦めがつくと思うの」
 心臓が今にも飛び出そうな鼓動を打つなか、真澄はそれを
悟られないようにあえて挑発的とも言える態度で鍋島を見た。
「できる?」
「それは──」
 鍋島は両手をスーツのポケットに突っ込んで視線を逸らせた。
 彼のその様子で自分の考えに確信を得た真澄は、それが自分への
とどめのセリフとなることを覚悟しつつ、言った。

「麗子でしょ」

「えっ?」
「勝ちゃん今、麗子のこと考えたでしょ」
「いや──」
「そうでしょ?」
 真澄はじっと鍋島を見据えた。もう嘘は通らないのよという厳しさ、
それと同時に、隠す必要もないのよという暖かささえこもった眼差し
だった。
 鍋島は項垂れるようにして頷くと、消え入りそうな声で言った。
「……ごめん」
「ええの」
 分かっていたものの、やはり辛かった。そしてその辛さは
隠せなかったが、どうにか笑みだと分かる表情を作り、言った。
「麗子やったらええの」
「アホなやつやと思うやろ。今頃気がつくやなんて」
「あたしは気がついてたわ。それでも──考えへんようにしてた」
「……そうか」
「麗子やったら、本当の自分が出せるんやね」
「たぶんな」
「そりゃそうよね。あたしったら、バカみたい。勝ちゃんと麗子が
今までどんな風につき合ってきたか、そばで見ててよう分かってた
はずやのに。勝ちゃんのこと好きになったりして」
「いや、そんな──」

 だからこそ彼を好きになったのだ。美しくて知性に溢れ、いつも
周囲の羨望の眼差しを一身に集めてきた麗子を、真澄にはとうてい
太刀打ちできないと思っていた麗子を、彼はまるで悪い男友達の
一人のようにしか扱わなかった。
 それでいながら、二人はあくまで堅い友情を育て続けることに
こだわっているようにも見えた。だから真澄は彼に対して強い想いを
抱いたのだ。
 彼なら、自分の良さを分かってくれるかも知れない。そして麗子より
自分を選んでくれるかも知れない。そう思ったのだ。
 女の意地の悪い僻み根性から生まれた不純な恋心だと言われる
かも知れない。しかし今は違う。今ではもう彼しか見えなかった。
他を見たいとも思わなくなっていたのだ。
 だがそれももう、今夜までにしなければならない。

「ねえ勝ちゃん、今から麗子のとこへ行って」
「え、でも」
「あたしはええから。一人で帰れるわ」
「いや、そんなわけには行かへんよ」
 と鍋島は首を振った。「家まで送るから」
「ここ、神戸よ。ここから麗子の家まですぐやない。勝ちゃん、気持ち、
麗子に伝えて」
「そんなこと、今できるわけがないやないか」
 鍋島は一歩前に出て真澄に近づいた。
「じゃあ、何話すの?」と真澄は顔を強張らせて一歩退いた。
「えっ?」
「電車の中で、あたしらどんな話しながら京都まで行くの?」
「真澄……」
「ええから。ね?」
 鍋島はもう何も言うことができなかった。
「じゃあね。今日は楽しかったわ。ほんまにありがとう」
 真澄は精一杯笑って言うと、ゆっくりと背を向けた。
「悪い……」
 鍋島は下を向いて額に手をやり、もう一度言った。
 真澄は何も言わずに歩き始めた。どういうわけか涙は出てこなかった。
 しかしそのうち、ずっと後ろで鍋島の足音が遠ざかり始めたのを
耳にするなり、彼女の瞳はみるみる潤んできた。

「──冗談やない。また麗子に持って行かれてしもたなんて──」

 上を向き、濡れた夜空を見上げた。ライト・アップされて赤く
浮かび上がったポートタワーが歪んで見えた。

 
目次へ                                     
第七章 4 へ




 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]