忍者ブログ

およそ【文学】とは言い難いけれど。

みなさまのコーヒーブレイクのおともにでもなれば・・・。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~ 第七章  1 ~

 第七章 Misty
 
             1  

 クリスマス・イヴだった。
 鍋島は刑事部屋のデスクに着き、頬杖を突いて煙草を吹かして
いた。
 外は雨が降っていたが、この暖かさではホワイト・クリスマス
にはなりそうになかった。
 やがて彼は手もとの報告書に目を落とした。先週から三件
続いて起こった夜間の帰宅途中の女性を狙ったひったくりが
ゆうべようやく逮捕にこぎ着け、彼がさっき調書を取り終えた
ところだった。今日のところはこの報告書を書き終えれば終わり。
無罪放免だ。

「巡査部長」
 庶務の婦警が近づいてきて、鍋島に声を掛けた。
「──あ、えっ、なに?」
「あの、今日お誕生日でしたよね?」
「うん、そうやけど……」
「はい、お誕生日おめでとうございます」
 婦警は後ろに隠していた両手を前に出した。「これ、刑事課と
少年課、 生安課の女子からのプレゼントです」
 差し出された両手の中には、綺麗にラッピングされ、ブルーの
リボンを巻いた小さな箱があった。
「あ──ありがとう」鍋島は箱を受け取った。「開けていい?」
「どうぞ」
 箱の中には、黒革のバンドにゴールドの縁取りを施した黒い
フレームのクォーツ時計が納められていた。鍋島は嬉しそうに
婦警に振り返った。
「ありがとう。高かったんと違うか?」
「大丈夫です。八人で割りましたから」
「悪いな。サンキュ」
「ところで巡査部長、今日はちゃんとお相手に恵まれたんですね?」
「え?」と鍋島は困惑顔になった。「何の話?」
「まったく。鍋島さんは分かりやすいんやから」
と婦警は得意げに頷いた。 「鍋島さんがスーツなんて、年に一度
──いえ、きっと四年に一度あるかないかなんでしょうね」
 そう言って婦警は鍋島を眺めた。
 そう、今日の彼はチャコールグレーのスーツに黒の
ドレスシャツをノータイで合わせ、いつもよりずっと高級そうな革靴を
履いていた。
髪も二日ほど前に散髪を済ませており、寝癖などはまだつきようも
ない状態だった。
「ちぇ、目ざといな」
「頑張って下さいね」
 婦警は愉しそうに言うと、自分の席に戻っていった。
 鍋島はその後ろ姿を見送って一息つくと、もらった腕時計を
眺めた。金色の針は四時三十五分を差していた。それから
彼は自分の腕時計を見た。こちらは四時三十七分だった。

 自分の時計を外して時刻を合わせていたとき、デスクの電話が
鳴った。
「刑事課です」
《俺だよ》
 芹沢の声だった。
「ああ。もう博多か」
《いや、まだ新大阪》
「何時の新幹線?」
《もう来る。あと十分くらい》
 芹沢はホームから掛けているらしく、周囲のざわめきのせいか
少し声が大きかった。
「で、何や」
《おまえに言い忘れたことがあったからよ》
「何や。まさかそのまま戻って来ぇへんなんて言い出すなよ」
《……そうだって言ったら?》
 芹沢は声を急にトーンダウンさせて言った。
「おい、待てよ」と鍋島は身を乗り出した。「辞表なんか送って
くるなよ」
《冗談に決まってるだろ。そんなことしようもんならおまえが実家まで
押し掛けてくるに決まってる》
 芹沢は笑っていた。
「……しょうもな」と鍋島は溜め息をついた。
《俺の言いたかったのは、おまえのことさ》
「俺のこと?」
《おまえ、お嬢さんにちゃんと言うんだぞ》
「え?」
《いいか。たとえどんな返事をするにしても、いつもみてえに途中で
面倒臭くなってごまかすなんてことやめろよ》
「分かってるよ」と鍋島は吐き捨てるように言った。
《ほら、それが面倒臭がってるって言うんだ》
「ええから。新幹線来たんとちゃうか」
《それからもう一つ》
「なんや。早よ言え」
《俺は忘れちゃいねえから》
「何を」
《自分が何で大阪(ここ)で刑事やってるか、その理由をさ》
「……ああ」
 鍋島は椅子に背を預けた。そうだ。それを忘れない限り、彼が
警官を辞めて家業を継ぐことはないだろう。
《じゃあな。うちのオリジナル焼酎、楽しみに待ってろ》
 そう言って彼は電話を切っていった。
 鍋島はしばらくのあいだ受話器を見つめていたが、やがてふんと
笑って静かに戻した。

 芹沢の方も携帯のスイッチを切ると、左手に下げていた
ボストンバッグを肩に回し、到着した新幹線に乗り込んだ。
 すぐには席には着かず、乗降ドアの前に立って窓の外を眺めて
いた。
 やがて車輌がゆっくりと動き出した。窓ガラスの向こうで流れる
ホームのスピードも徐々に速くなっていった。
 遠ざかっていく大阪の街並みを眺めながら、彼はこのとき初めて
惜別の情に駆られた。


  麗子は独りでクリスマスを祝うことにした。
 今や彼女には一緒にイヴを祝ってくれる相手はいなかった。
彼女ほどの美貌の持ち主なら、お洒落な店を選んでほんの
三十分もカウンターに向かっていれば、難なく男がそばに
やってくるに違いなかった。しかし、そこまでして誰かと一緒に
イヴを過ごしたいと思うほどあさはかではなかった。
 何も毎年男と一緒だったわけではなかったし、 大学卒業後は
クリスマスを日本で過ごすこともそう何度もあったわけでもなかった。

 麗子は今日の朝から、今夜の料理のことで頭がいっぱい
だった。
 本格的なクリスマス料理を作ろうと決心したのは、彼女に
とってはかなり無謀とも思えたが、とにかくやってみることにした。

 書店を何軒もはしごして料理本を買いあさり、家に帰って
それらを熱心に読み比べ、メニューを決めるのに昼過ぎまで
かかった。そしていつもは滅多に行かない遠くの大きな
スーパーまで車を走らせ、夕方近くになってようやく料理本に
書いてあったすべての材料を揃えた。
 スーパーや商店街はクリスマス・デコレーションのおかげで
賑やかだった。
 ほとんどの客がケーキを大事そうに抱え、袋にいっぱいの
買い物を重そうに下げて自分の車に急いでいた。
 アメリカのアットホームなクリスマスやドイツの宗教色豊かな
降誕祭と違って、日本のクリスマスは一種のお祭りに過ぎない
のだと、麗子はいささか失望を感じながらアクセルを踏んだ。

 家に帰り、キッチンの調理台に買ってきた材料を全部ぶちまけて、
彼女は大きく溜め息をついた。
 そしていかにも頼もしそうに腕まくりをすると、壁に掛けて
あるエプロンを取り、しっかりと身につけてから独り言を言った。

「──さあ、一世一代の大仕事に掛かるか」

 彼女は積み上げてあった真新しい料理本を手に取った。
しばらくのあいだはまた無心に読みふけっていたが、やがて
本をどさりと手もとに下ろし、早くも根を上げたような頼りない
声で呟いた。

「……勝也って、偉いやつだったのね」

 
目次  へ                           
第七章 2 へ




 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ビジター

最新コメント

[05/19 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[05/17 スイーツマン]
[06/24 奄美 剣星  (旧称/狼皮のスイーツマン)]
[05/02 maki]
[10/11 かなる]
[08/18 狼皮のスイーツマン]

お知らせ

日々の暮らしに追われ、長期に渡り記事の更新が滞っている状態です。申し訳ありません。



「佳日の紫丁香花 (ライラック) 〜For Your Splended Wedding〜」完結しました。

★Web拍手ボタンを各記事の下部に設定し直しました。ホメてやろう!という方はクリックお願いします。

縦書きでも読めます




Amazonでましゃ

rakuten

プロフィール

HN:
みはる
性別:
女性
趣味:
映画、読書、福山雅治
自己紹介:
好きな作家 
Ed McBain
Pete Hamill
宮部みゆき 
高村薫 
東野圭吾

好きな役者 
ブラピ 
佐藤浩市

好きなオトコ
福山雅治
        

Nicotto Town

バーコード

Copyright ©  -- およそ【文学】とは言い難いけれど。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]